w's lab. in sponavi◆加油!中国棒球

中国スポーツ最大の大会、第12回全国運動会が開幕間近

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、今日は4年に1回の中国スポーツ界にとって最も重要な大会、全国運動会の開幕日です。
省対抗形式で行われるこの大会は野球にとっても例外ではなく、4年間この大会に照準を合わせて練習を続けています。よく「日本の国体に相当」とも言われますが、勝つか負けるかによってそのスポーツと省チームの中国スポーツ界における地位と名誉が全てかかっていて、まさにオリンピックさながらなのです。

リーグ戦が開催されていた時もリーグ戦以上に重要な大会であったことは間違いなく、この大会に勝つために海外からコーチを招聘し、キャンプを組み、練習試合をこなして大会に向けて各チームが仕上げています。
2009年の11回大会は山東で行われ、広東が初優勝を果たしました。12回目を迎え、遼寧省で行われる今大会はレギュレーションが変わり、予選を勝ち抜いた5チーム+開催地遼寧という参加チームに。

・予選の様子はこちら
2013第12回中国全国運動会・予選 展望・予想
2013第12回中国全国運動会、本戦出場チームが決定

本戦出場チームが減った今大会は非常にシビアな戦いであり、事実予選ではCBL参加チームから2チームが自動的に脱落するという中、上海と河南が本戦出場を逃しています。

●本戦日程
球場:大連金州新区(大連大学)棒球場
※時間は現地時間

9/1
09:30 北京‐遼寧(1号場)
14:00 天津‐四川(1号場)
19:00 江蘇‐広東(1号場)
9/2
14:00 天津‐江蘇(1号場)
14:00 遼寧‐広東(1号場)
19:00 北京‐四川(1号場)
9/3
09:30 遼寧‐天津(1号場)
14:00 北京‐広東(1号場)
19:00 四川‐江蘇(1号場)
9/4
14:00 四川‐遼寧(1号場)
14:00 北京‐江蘇(2号場)
19:00 広東‐天津(1号場)
9/5
09:30 江蘇‐遼寧(1号場)
14:00 広東‐四川(1号場)
19:00 北京‐天津(1号場)
9/6
予備日
9/7
09:30 5位決定戦(1号場)
13:00 3位決定戦(1号場)
18:00 決勝    (1号場)


●各隊ロースター ★=予選と登録変更された選手
詳しい紹介は上記の予選の記事にもありますので、そちらと併せて読んでみてください

【北京隊】
投手:劉宇、于磊、孟慶遠、楊海帆、賈金超、毛磊、李龍達、黄権、李夕俊
捕手:王偉、董偉、楊洋
内野手:李磊、安旭、程賛、国濤、李澤源、賈昱冰、李斌
外野手:崔暁、王超、李晨、翟源凱、張賽

投手は予選で安定した投球を見せた19歳の楊海帆(2013WBC代表)が軸。孟慶遠、劉宇との代表トリオで大半のイニングを担うことになりそうだ。
かつて代表経験のある、速球派の于磊の復活も朗報だが、一時の主戦格で、フォームの迷走が続く毛磊の状態が気になる。
野手は予選で控え遊撃手の程賛が活躍する嬉しい誤算。代表格をずらりと揃えるレギュラー陣と加え、層の厚さも増している。
タレントが揃いながら優勝から長らく遠ざかっている北京、今回こそ悲願達成なるか。


【天津隊】
投手:呂建剛、孫建増、李文明、李梓踉、蘇長龍、★趙士華、許雲龍、李鑫
捕手:張振旺
内野手:張皓玥、聞磊、李洪鑫、楊国剛、王凱、王靖超、侯鳳連
外野手:楊順意、★鄭顕龍、高強、劉国、劉志成、劉若律、古汶鑫、賈龍
[予選からメンバー落ち:P袁景成、C杜孝慈]

中国一の層を誇る、左右ベテラン若手バランスよく揃った投手陣だが、一部怪我人や状態の上がらない投手の情報もあり、不安が残る。直前に行われた大会では若手左腕の趙士華、右の先発孫建増が状態を上げてきており、実績豊富な他の投手だけでなく、こちらも注目したいところ。
野手陣は控え捕手を外し、鄭顕龍を入れる攻めのメンバー構成。王靖超(元横浜育成)が攻守に復調気味、楊国剛・侯鳳連・劉志成のベテラン陣もカギとなる。
控え外野手の劉国が急成長して好調な一方、低空飛行の若きスラッガー劉若律の復活は懸案事項である。


【江蘇隊】
投手:張徳洋、高健、祁迪、虞駿岩、張想、劉尤煒、胡洪雨、孫友亮、鄭超群
捕手:張凡
内野手:余尭、陸毅、褚夫佳、杜暁磊、桑忠文、陳彪、張小天、劉超、曹雨、★劉昶
外野手:陳浩、曹暁峰、陸晨傑、陸振洪
[予選からメンバー落ち:P陳晨]

投手は絶対的な存在がいないだけに、張徳洋・張想・孫友亮の3先発の出来次第。特に張想は昨年から好調を維持しており、今大会も期待される。
野手は大きいのを打てる選手が少なく、俊足巧打タイプが売り。
予選好調な選手が多かったが、予選にほとんど出場できなかった褚夫佳の怪我?が痛い。復帰した張小天(09WBC代表)や、予選では調子がイマイチのベテラン余尭らで穴を埋めることになりそうだ。
陳晨、朱経昊らが外れているメンバー構成にも驚いたが、下馬評を覆して安定感で上位に食い込むのがお得意の江蘇。初の全運会決勝進出も夢ではない。


【広東隊】
投手:劉凱、孫国強、湯淼 、王培、頼国鈞、魯超、陳俊毅、陳誠飛
捕手:孟偉強、梁永楽、馬輝利
内野手:馮毅、劉広標、唐煒、孫富龍、黄逸暉、林暁帆、潘文彬、賈徳龍
外野手:頼競峰、那闖、李新雄、斉択
不明:★藺超然
[予選からメンバー落ち:P林喜源]

前回王者として負けられない広東は全チームで唯一、海外転戦で調整を続けてきた。予選では登板のなかった湯淼、陳誠飛にも目処が付いたことで、ベテラン4本柱を支える投手陣の体制も盤石だ。その4本柱では、日本遠征で不調が目立った陳俊毅(09WBC代表)の調子が唯一の気がかりか。
野手陣にも攻守ともに隙がないが、遠征で細かい怪我が相次いでおり、その点は心配。日本人の原田勝美コーチが試す、外野に林暁帆や馮毅を置く攻撃的布陣を敷いた場合の外野守備には若干の不安も残る。
ベテランが多く、多くの選手が今大会で引退すると予想されるだけに、モチベーションも高く、連覇を狙う。


【四川隊】
投手:冉松、張偉、祝万雲、羅夏、陳坤、殷炳賢、王蒙豪
捕手:李又林、郭俊、金利民
内野手:馮飛、周攀、黄可、張国臣、翟学浩、朴攀、李寅、王皓
外野手:祁磊、肖俊、范傑、鄧海軍
不明:★唐克洋

投手は今大会で引退を表明している陳坤(WBC代表)を中心に、同じく代表入りしている左の冉松と、WBC日本戦でも好投した右の羅夏の3人でほとんどのイニングを投げることになりそうだ。しかし予選では冉松・羅夏ともに打ち込まれており、ここが踏ん張らない限り非常に苦しい。
野手では不動の4番馮飛(09WBC代表)に加え、一塁のポジションをつかみ直前の大会でHRを放ってノッている周攀がカギを握りそう。予選絶不調だったベテラン・黄可は調子を取り戻せるか。
本戦から登録された謎の選手、唐克洋も気になるところだ。
上海と河南を下して本戦進出を果たしたが、上の4チームに比べ戦力的には厳しい戦いが予想される。


【遼寧隊】
投手:王萌、趙博、丁福元、楊浩辰、李立人、張皓
捕手:蘆崢、張晨、馮帥
内野手:崔育豪、梁歓、呉暁宇、劉子豪、左新琛、朱天琪
外野手:閻春暉、朱君、杜京生、魏文魁
不明:喬超、張亮亮、殷博瑞、王鵬、郝文博

前回の全運会終了後、北京の二軍チームを中心に結成され、主催地枠として必死の練習を積んできた。10代の選手も多く、4位以上を狙う。
予選に出場していないためデータが殆どないが、昨年の中国棒球選手権では四川を1点差で破る大金星を挙げており、簡単には侮れない。
主戦格は王萌、野手では北京でCBL登録経験もある朱君が中心選手。ユース世代として出場した選手のデータを見るに、捕手の守備力に課題か。



中国最大のスポーツの祭典で行われる野球は、オリンピック競技から外れた野球を強化対象にとどまらせる最大の原動力であり、野球という競技を中国全土に示す働きがあるといえます。
つまり各チームのこの大会での戦い方次第で、今後の中国野球のあり方が大きく左右されるのです。
選手の意気込みも当然相当高く、多くの涙が見られる全運会。今後の中国野球のためにも熱い戦いを見せて欲しいですね。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
中国球界事情
タグ:
全国運動会
中国野球
全運会
十二運

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

『流浪のベースボールアーティスト 小林亮寛トークライブ』10月福岡で開催!【室井昌也『ソウルはいつも野球愛』】

ヨーロッパ球界関連情報【欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)】

体験練習会開催にあたって【倉俣監督BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconzhongguodui_jiayou

生まれも育ちも日本。中国渡航経験なし。
大陸の野球がただ好きなだけ。国際野球全般に興味アリ。
最近は中国版ツイッター"weibo"で情報収集しています。
最新の情報はTwitterでつぶやいていますので、こちらはまとめのような形になることが多いですが、悪しからず。
■ホームページ:http://www.geocities.jp/west1ine/
■お気軽にどうぞ→weilian1526@gmail.com
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:119115

(11月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【アジア野球選手権2012】第2日 中国-韓国
  2. WBC中国暫定メンバー 戦力分析①
  3. WBC中国暫定メンバー 戦力分析②
  4. 【アジアシリーズ】チャイナスターズロースター発表
  5. チャイナスターズ展望・予想
  6. 中国と台湾の対抗戦「2012海峡杯」、24日開幕
  7. 【アジア野球選手権2012】第5日 中国-日本
  8. 【アジア野球選手権2012】初日 中国-パキスタン
  9. 【アジア野球選手権2012】第4日 中国-フィリピン
  10. 2013中国野球選手権(棒球錦標賽)結果と考察

月別アーカイブ

2015
06
2013
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
02
2011
12
11
07
06
05
04
03
2010
11
09
08
07
06
05
04
03
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss