w's lab. in sponavi◆加油!中国棒球

【アジア野球選手権2012】第5日 中国-日本

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジア選手権中国代表(中華民国棒球協会)


●12/2
中国1-10日本

試合詳細・ボックススコア等(中華民国棒球協会公式)

・スタメン
8 崔 暁(北京)
6 安 旭(北京)
4 李 磊(北京)
3 褚夫佳(江蘇)
2 孟偉強(広東)
7 陸振洪(江蘇)
9 頼競峰(広東)
D 王 偉(北京)
5 杜暁磊(江蘇)

P 李 鑫(天津)3回1/3 →陳 坤(四川)2/3 →李文明(天津)2回 →冉 松(四川)1回 →呂建剛(天津)1回 →李 帥(河南)1回

[試合経過]


1裏 日本の守備の乱れから出したランナーを、孟偉強がタイムリーで返し中国先制1-0

2表 李鑫が乱れる。右翼手・頼競峰が目測誤り気味のライトオーバー、さらにはタイムリーを打たれ一挙4点を失う1-4
2裏 中国は満塁のチャンスを作るも無得点

3表 李鑫は牽制悪送球で進めたランナーをタイムリーで返され、更に犠牲フライで失点。しかし李鑫はなおも続投。1-6

4表 林に2ランを叩きこまれたところで投手交代。陳坤が登板。1-8
5表 中国は陳坤から李文明にスイッチ
6表 李文明はタイムリーと犠牲フライで2失点。1-10

7,8,9回、中国は冉松→呂建剛→李帥と1イニングずつ登板、いずれも抑えコールドは回避。1-10で試合終了。
日本はこの勝利で今大会の優勝と、アジア選手権5連覇が確定。


[気になった選手]
安旭 初回、オーバーランの走者を素晴らしい三塁ベースカバーでアウトにする好プレー。しかし打撃は相変わらず。速球・変化球ともにファールで対応する力は持っているが、グラウンド内に飛ばないのが・・・
頼競峰 (たぶん)真後ろの打球の目測を誤ったミスがひとつ。崔暁同様俊足で広い守備範囲は持つだけに、実戦経験がやっぱり問題かと。

王偉 なぜか8番DHでの出場、3安打猛打賞。すべて三遊間へ引っ張ったという安打の内容はともかく、このバッティングは流石と言わざるをえない。

杜暁磊 捕手出身ながら非常に俊足。今代表は上から下まで俊足揃い。守備ではやはり横の打球に弱い気がするのは気のせいか。

[投手]
李鑫 MAX137。直球は見るからに初回から走っておらず、良い球・悪い球がはっきりしていた。カーブを中心に変化球でカウントを整えるも、甘く入った直球をきっちり捉えられるという状態であった。
台湾の社会人相手に好投した海峡杯とは対照的に、アジアシリーズ・アジア選手権と先発で打たれて、レベルの差を感じているかもしれない。
大差がついても交代がない修行モード。本人にとっては良い経験だったとは思うが、これは吉と出るのか凶と出るのか。

李文明 アジアシリーズの時の立ち投げから少し元のフォームに近くなったか。序盤はコントロールが良くなく、次第に持ち直したものの2イニング目に失点してしまった。
そして特筆すべきは、以前から噂されていた(筆者はナックルカーブを投げることは知っていたので、当初はナックルカーブのことだと思っていたのですが)ナックルを多投したこと。この日はMAX133の直球とナックル主体の投球であった。
李文明はおそらく中国球界初の本格的なナックルボーラーではないかと思います。

冉松 韓国戦の登板から少しフォームを修正。右足を上げた際に少しタメを作るようになった。このフォームのほうが安定しているように見える。
ハーストコーチ就任後、李帥などもタメを長く作るようになった。これんもコーチの方針か。現在のところは功を奏している印象だ。


走者を何度も得点圏にすすめるも得点できず。一方の日本がきっちり犠牲フライ、タイムリーを打てる姿と対照的であった。先発の李鑫しかり、「勉強」になった試合だったのではないだろうか。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球中国代表
タグ:
野球日本代表
野球中国代表
アジア野球選手権

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

☆『第1回ちびマッチ選手権大会』 二日目(12月2日):二次リーグの全試合詳細結果【☆ちびマッチHP】

WBCタイ代表としての挑戦は未来も見据えて、ジョニー・デイモンの現在【物書き屋のサッカーを笑うな】

現役MLBトレーナーが伝授! 現場で使える肩・肘リハビリ・ケアセミナー(上級編)【ベースボールコミュニケーション 野球セミナーブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconzhongguodui_jiayou

生まれも育ちも日本。中国渡航経験なし。
大陸の野球がただ好きなだけ。国際野球全般に興味アリ。
最近は中国版ツイッター"weibo"で情報収集しています。
最新の情報はTwitterでつぶやいていますので、こちらはまとめのような形になることが多いですが、悪しからず。
■ホームページ:http://www.geocities.jp/west1ine/
■お気軽にどうぞ→weilian1526@gmail.com
  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:119145

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【アジア野球選手権2012】第2日 中国-韓国
  2. WBC中国暫定メンバー 戦力分析①
  3. WBC中国暫定メンバー 戦力分析②
  4. 【アジアシリーズ】チャイナスターズロースター発表
  5. チャイナスターズ展望・予想
  6. 中国と台湾の対抗戦「2012海峡杯」、24日開幕
  7. 【アジア野球選手権2012】第5日 中国-日本
  8. 【アジア野球選手権2012】初日 中国-パキスタン
  9. 【アジア野球選手権2012】第4日 中国-フィリピン
  10. 2013中国野球選手権(棒球錦標賽)結果と考察

月別アーカイブ

2015
06
2013
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
02
2011
12
11
07
06
05
04
03
2010
11
09
08
07
06
05
04
03
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss