0 to zeroのhorizon

月別アーカイブ :2016年09月

2016年 錦織圭 10月のスケジュールは!? 東京(楽天ジャパンOP)、上海、スイスと続く…

夏の過密スケジュールが終わり、秋へと向かっている昨今。 デビス杯プレーオフでは日本チームが、ウクライナ相手に躍動、見事に3連勝で制し、ワールドグループに残留しました。 来年はフランスとホームで対戦することが決まっています。 世界トップクラスの強力な選手層を誇るフランスが相手なので、厳しい戦いなりそうですが、楽しみでもあります。 ウクライナとの対戦では、疲労があった錦織がダブルスの1試合のみの出場な......続きを読む»

大坂なおみが躍進の準優勝、元世界1位のウォズニアッキは高い守備力を見せて優勝!(東レ・パンパシフィックOP2016)

土居美咲、チブルコバ、サスノビッチ、スビトリナを破り、決勝にコマを進めた大坂なおみ(66位)。 トップ20の選手2人を破るなど、快進撃を続けています。 対するは初対戦となる、キャロライン・ウォズニアッキ(28位)、元世界ランク1位のプレイヤーです。 今季は怪我があり結果が出ていませんでしたが、全米OPでは復活を印象付けるベスト4という結果を出しました。 今大会では、厳しいドローでしたが、見事に勝ち......続きを読む»

大坂なおみが、20位スビトリナに逆転勝利で決勝進出! ウォズニアッキ(28位)と対戦へ!(東レ・パンパシフィックOP2016)

快進撃を続けている大坂なおみ(66位)が、準決勝に進出しました。 日本の大会で、大きな期待に応えています。 ここまで大坂は…                                             今大会の結果 1回戦:大坂2-0土居美咲(34位) 2回戦:大坂2-0チブルコワ(12位) 準々決勝:大坂2-1サスノビッチ(107位)                         ......続きを読む»

天皇杯2016 ベスト16決定、実業団で唯一勝ち残ったチームは…!? 4回戦の組み合わせ抽選は10月4日!

2017年の1月1日の決勝に向けた天皇杯も、いよいよ全チームが登場する4回戦に向かいます(4回戦は11月9日、12日)。 ベスト16に残ったのはどのようなチームでしょうか!? まず、3回戦までを免除、4回戦から登場するのが、ACL出場の4チームとなります。 シード勢:サンフレッチェ広島、ガンバ大阪、浦和レッズ、FC東京 そして、J1で残ったチームは… J1:大宮アルディージャ、湘南ベルマーレ、......続きを読む»

快進撃を続ける大坂なおみが、自身初のツアー4強! 準決勝はムグルサ(3位)と対戦の可能性も!(東レ・パンパシフィックOP2016)

雨続きの大会となっている東レ・パンパシフィック・オープンですが、大坂なおみが快進撃を続けています。 準々決勝に進んだ大坂なおみは、自身初のツアー4強をかけて、予選から勝ち上がってきたアリャクサンドラ・サスノビッチ(107位)と対戦しました。 試合後には「ランキングが上の選手の方が楽ですね、(ランキングが下の選手は)プレッシャーがかかる」と語った大坂でしたが、終わってみれば見事な勝利をおさめました。 ......続きを読む»

大坂なおみが世界12位相手に猛チャージ、シード撃破で8強! 生観戦してきました…(東レ・パンパシフィックOP2016)

ジャパン女子OPの1回戦に続き、大坂なおみ選手(66位)の試合を観戦してきました。 観戦したジャパン女子OPでは、コンタベイト(129位)相手に6-0、6-2で完勝でした。 得意のサーブを軸に、ストロークでも次々とウィナーをきめて、対戦相手に何もさせない試合で、まさにコートを支配しているという雰囲気さえありました。                                          ......続きを読む»

東レ・パンパシフィックOP2016 ドロー決定 大坂なおみは、土居美咲との初戦に勝利!

2016年、東レ・パンパシフィックオープンテニスのドローが決定しました。 9/19~東レ・パンパシフィックOP2016 ドロー、組み合わせ すでに、シングルスでは本日2試合が行われました。 大坂なおみ(66位)と土居美咲(34位)の1回戦は、6-4、6-4で大坂が勝利しました。 2回戦では、チブルコワ(12位)VSサファロバ(43位)の勝者と対戦になります。 なお、3回戦では第3シードのプリスコバ......続きを読む»

錦織&杉田が完勝、日本がウクライナから圧巻の3連勝! 楽天ジャパンOPにもはずみ!(デビスカップ2016)

ウクライナを大阪に迎えて行われているデビスカップ2016・プレーオフは、2日目を迎えました。 1日目の第1試合はダニエル太郎(88位)がスタコウスキー(105位)に3-0、西岡良仁(96位)がI・マルチェンコ(50位)に3-1で勝利、2連勝ではずみをつけました。 今までは、まず錦織の2勝という前提があった感があるデビスカップでしたが、若手2人が勝利したことは、大きな意味がありました。 また、植田実......続きを読む»

日本がウクライナに2連勝! 錦織を温存も、ダニエル太郎、西岡良仁、2人の若手が躍動!(デビスカップ2016)

英国とのワールドグループ・1回戦に敗れた日本代表は、プレーオフに回りました。 対戦相手のウクライナ代表を、大阪に迎えての試合となります。 ウクライナといえば、代表的な選手はA・ドロゴポロフ(58位)ですが、最近は試合を棄権することも多く、コンディションが良くないようで不出場となりました。 そのため、ウクライナのエース格はI・マルチェンコとなりました。                        ......続きを読む»

9/14卓球・中国OP2016が開幕! 早田ひな、石垣優香、丹羽孝希らの組み合わせが決定!

スーパーシリーズの中国OPが開幕しています。 リオ五輪では、男女とも、シングルス、団体で金メダルを獲得した中国。 今大会には、金メダリストの丁寧、馬龍が出場するなど、レベルが高い大会となります。 日本からは、女子では、早田ひな(19位)、石垣優香(31位)、浜本由惟(37位)ら7人が出場します。 早田は初戦で、LIN Chia-Hui(TPE)と対戦します。3回戦では、中国の陳夢と対戦する可能性が......続きを読む»

9/16~デビス杯2016 大阪の陣 日本代表は錦織、杉田、西岡、ダニエル太郎! 対するウクライナの選手は…!?

夏の過密の日程が終わり、錦織は大坂でのデビスカップに出場予定となっています。 ワールドグループ残留のためのウクライナ戦は、9月16日~18日の日程で行われます。 2015年もワールドグループ・プレーオフに回った日本でしたが、その時はコロンビアに3-2で勝利して残留を決めています。 この時は錦織が2勝するも、ダブルスとダニエル太郎がシングルスを落として2勝2敗となり、第5戦へ。 5戦目はダニエル太郎......続きを読む»

車いすテニス 男女ともメダルに向けて前進 国枝慎吾は8強、上地結衣は4強進出!(リオ・パラリンピック)

リオで行われているパラリンピックですが、男女とも、メダルに向けて、トーナメントを勝ち進んでいます。 まず、シングルスですが、パラリンピック3連覇がかかる国枝慎吾(6位)は、J・GERARD(2位)と準々決勝で対戦します。 グランドスラム単複合わせて、40回の優勝を誇る国枝ですが、年間グランドスラムは5回も達成しています。 また、三木拓也(10位)も8強を決めており、第1シードのS・ウデ(フランス・......続きを読む»

ワウリンカこそSTAN THE MAN(男の中の男) 王者ジョコビッチとの壮絶マッチを制して、全米OP初優勝!(2016年)

全米OP2016は、決勝戦を迎えました。 決勝戦は準決勝でモンフィスを破ったジョコビッチ(1位)、錦織を破ったワウリンカ(3位)の対戦になりました。 両者のツアーでの対戦成績は、ジョコビッチの19勝4敗となっています。 ジョコビッチは、全米OPへの出場を悩むなど、コンディションに問題がありました。 また、最近の大会ではウィンブルドン3回戦でクエリーに敗退、リオ五輪ではデルポトロに1回戦で負けるなど......続きを読む»

9/12開幕のジャパン女子OP2016のドローが決定! 土居美咲、大坂なおみ、奈良くるみらの組み合わせは!?

男子は錦織を先頭に、今季はダニエル太郎(101位)、杉田祐一(82位)、西岡良仁(85位)の3人がトップ100を切るなど、徐々に他の選手の活躍も目立つようになりました。 一方の女子は今季、土居美咲(32位)がウィンブルドンで4回戦進出 大坂なおみ(81位)は全豪、全仏、全米で3回戦進出と、存在感を見せています。 そして、男子は9月16日からデビス杯が大阪で行われ、女子は9月12日からジャパン女子......続きを読む»

消耗激しい錦織が、無尽蔵のタフさを発揮したワウリンカ(3位)の前に力尽きる 決勝はジョコビッチVSワウリンカ(全米OP2016)

準々決勝でのマレーとの激闘を勝ち抜いた錦織圭。 準決勝の対戦相手は、「STAN THE MAN」こと、第3シードのスタン・ワウリンカ(スイス・3位)となりました。 2人の対戦成績は、錦織の2勝3敗です。2016年の直近の対戦では錦織が勝利しています。なお、ハードコートでは2勝2敗です。 ワウリンカの代名詞といえば世界最高峰の片手バックハンドが有名ですが、サーブも強力、パワフルでアグレッシブなプレイ......続きを読む»

リオパラリンピック 車いすテニス・ドロー 日本選手の組み合わせが決定! 国枝慎吾、上地結衣らがメダルを目指す!

リオパラリンピックが開幕しましたが、車いすテニスのドローが決定しました。                              まず、男子シングルスでは、国枝慎吾(6位)、眞田卓(9位)、三木拓也(10位)、齋田悟司(24位)の4人が出場します。 1回戦で、齋田悟司はBERDICHEVSKY(46位)と対戦します。 その他の3選手は、1回戦を免除となります。 注目は、パラリンピック3連覇がかかる......続きを読む»

錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)

大会は10日目、佳境へ入っていきます…。 8強に残った錦織の準々決勝は、この夏、最も勝っている第2シードのA・マレー(英国・2位)となりました。 最近のマレーは、 AEGON選手権、ウィンブルドン、リオ五輪で優勝、ウェスタン&サザン・オープンでこそ決勝でチリッチに敗れましたが、「本当に良いテニスをしていて、ほとんどナンバー1。今はジョコビッチより上かもしれない」と錦織が語るように、今大会でも優勝候補......続きを読む»

運も実力!? 手負いの絶対王者ジョコビッチの対戦相手が次々と棄権(5試合中3試合) 10年連続ベスト4!(全米OP2016)

全米OP2016も2週目に入り、トップハーフの準々決勝が行われました。 モンフィス(12位)VSプイユ(25位)のフランス勢対決は、モンフィスに軍配、6-4、6-3、6-3のストレート勝利となりました。 そして、ジョコビッチ(1位)VSツォンガ(11位)の注目のカードは、ツォンガの途中棄権となりました。 この結果、ジョコビッチは10年連続で、全米OPベスト4に進出しました。             ......続きを読む»

錦織が会心の勝利で8強! ビックサーバー・巨人カルロビッチをストレート攻略!(全米OP2016・4回戦)

全米OP2016は、セカンドウィーク・4回戦に入っています。 錦織の対戦相手は、37歳、23位のカルロビッチ(クロアチア)となりました。 カルロビッチは現役を代表するビックサーバーです。 強烈なスピード、パワーに加え、長身を活かした高角度のビックサーブで、エースを量産してきます。 対戦成績は、錦織の1勝2敗となっています。 錦織とっては、気の抜けない強敵でしたが、この試合では素晴らしい集中力を見せま......続きを読む»

ベスト16の対戦カードが決定! 錦織は4回戦で、ビックサーバーのカルロビッチと対戦!(全米OP2016)

いよいよ2周目、4回戦に突入する全米オープン2016。 ベスト16の戦いに入っていきます。 全豪、全仏を制した後、やや勢いを失っているジョコビッチ、反比例して強さを見せているマレー、怪我あけのナダルなど、優勝争いの行方に注目が集まります。 また、リオ五輪で活躍したデル・ポトロ(銀メダル)、錦織圭(銅メダル)の活躍も楽しみな大会となっています。 一方、優勝候補の1角だった第5シードのラオニッチ(6位......続きを読む»

錦織がダブルス1位のニコラ・マユに逆転勝利 16強進出!(全米OP2016・3回戦)

2回戦のK・カチャノフ戦では、苦戦を強いられながらも勝利をおさめた錦織圭。 3回戦の相手は、ダブルス世界ランク1位、フランスのベテラン、ニコラ・マユ(42位・34歳)と対戦となりました。 両者は初対戦となります。 サーブ&ボレーを得意にするマユは、ダブルスの名手であり、試合巧者でもあります。 序盤はそのマユのプレーに苦しんだ錦織ですが、その後は見事に修正しました。                  ......続きを読む»

錦織が驚異の20歳・新鋭カチャノフのビックショットに大苦戦も、中断の雨を恵みに…3回戦はN・マユと対戦(42位)!(全米OP2016)

全米オープンは2回戦に突入、錦織の相手は、カレン・カチャノフ(95位)となりました。 ロシアの若手選手であり、ATPが選ぶ期待の若手10人の1人に選ばれています(キリオス、チョリッチ、ズべレフ、西岡など)。 カチャノフは198㎝と大型のビックサーバーですが、メンタルも含め安定感があり、集中力も高いプレーを見せました。時に210キロを超えるサーブは威力があり、角度がついて、錦織を苦しめました。 バッ......続きを読む»

3日目までのシードダウン…姿を消した選手、錦織の組み合わせへの影響は!? ラオニッチが120位ハリソンに敗れるも波乱も!(全米OP2016)

大きな大会では特にプレッシャーがかかり、思わぬ敗戦が起きることもあります。 全米OPでは、昨年、錦織がB・ペールに1回戦で敗戦しました。 また、リオ五輪でジョコビッチが、まさかの1回戦敗退を喫し、涙でコートを去りました。 ジョコビッチのキャリア・ゴールデンスラムを打ち砕いたのは、デル・ポトロ(142位)でした。デル・ポトロはジョコを破って勢いもつき、銀メダルを獲得しました。 そして、今年の全米OP......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、錦織圭・テニスを始め、卓球、バドミントンなど様々なスポーツ情報・速報を配信しています。
また、ここでしか読めないコラムもあります。
スポーツの好きな方に楽しめる内容にしていきたいと思っております。
随時、アンケートも行っております!
  • 昨日のページビュー:438
  • 累計のページビュー:17658068

(10月17日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss