0 to zeroのhorizon

左足を痛めた錦織がデルボニス(57位)を破る! 準々決勝はフォニーニ(40位)と対戦!(マイアミ・オープン2017)

このエントリーをはてなブックマークに追加

対戦可能性があったシード勢が次々に敗れるなど、良い流れの大会になっている第2シードの錦織。 4回戦の対戦相手は、F・デルボニス(アルゼンチン・57位)となりました。 ツアー初対戦ですが、今大会は2日連続で練習しているプレイヤーです。 26歳のレフティで、クレーの大会で優勝経験があり、マレー、フェデラーから勝利した経験もある油断できない選手です。 この試合、錦織は非常に良い入りとなりましたが、その後は左膝を痛めるなど、かなり厳しいゲームになりました。

                                            試合結果(2:13) 第1セット:錦織6-3デルボニス 第2セット:錦織4-6デルボニス 第3セット:錦織6-3デルボニス マッチサマリー トータルポイント 錦織94-81デルボニス ネットプレー 錦織:10/12 デルボニス:5/11 ウィナー内訳(サーブをのぞく) 錦織(フォア:14/バック:11) デルボニス(フォア:11/バック:1)                                           

スタッツでは、錦織の1stサーブのポイント獲得率は「82%」と高かったですが、アンフォーストエラー「41本」、ダブルフォルト「7本」など通常よりミスが多い試合でした。 一方でネットプレーは10/12と良い判断ができており、第1セット、第3セットは高い集中力で試合をしていた印象です。 試合後に錦織は「大変な試合でした。ファイナルセットで気持ちを切り替えてできた」「(足の痛み)2セット目から膝が痛くなった。」「最後は自分のテニスを取り戻せた」と語っています。                                                  第1セット…高いトスを上げ、二段モーションで放つ独特のデルボニスのサーブ(1stサーブは200キロを超える)に対し、錦織は序盤から対応できていました。 第7ゲームでブレークすると、第9ゲームでもブレークして畳み掛けました。 途中までストローク戦でも良さを見せていたデルボニスですが、錦織はドロップショットを効果的に使って前後に揺さぶりました。 錦織はチャンスと見ると時間を奪う素早い攻撃などを見せました。 一方のデルボニスはブレークを許した後は、やや単調なプレーに陥りました。

                                           第2セット…良い流れで第1セットを取った錦織ですが、第3ゲームでミスを重ねてブレークを許してしまいます。 デルボニスはスピン系のショットを使うことで、ペースを握っていきました。 さらに、第5ゲームでは錦織が左膝の痛みを気にするそぶりを見せ、タイムの時にトレーナーを呼んで治療も受けました。 流れはデルボニスに傾き、勢い付いたデルボニスが第2セットをものにしました。 途中、ブレークポイントを握られた時も、良いサーブ、サーブからの3球目攻撃などで得点してブレークを許しませんでした。                                           第3セット…劣勢となった錦織でしたが、メンタルの強さを発揮しました。 第1ゲームでは4本のダブルフォルトを出すも錦織がキープ。 しかし、第3ゲームでミスが出て先にブレークを許す苦しい展開。 それでも、ここから本領を発揮し、第4ゲーム、第6ゲームでブレークに成功、勝利につなげました。 錦織はブレークされた後からギアを切り替え、フットワークも良くなり、ストロークで本来のプレーが出るようになりました。 逆にデルボニスは、勢いを失ってしまった印象です。                                             準々決勝に勝ち進んだ錦織ですが、過去2勝0敗のF・フォニーニ(イタリア・40位)と対戦します。 ストローク力があり、負けん気が強い選手です。 過去にかなり苦戦した試合もあり、勢いづかせると厳しい相手です(直近の対戦は昨年のマドリードです)。 また、左膝を痛めた錦織ですが、休みを挟まずに連戦となります。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
マイアミ・オープン2017
タグ:
マイアミ・オープン
2017
マスターズ
4回戦
試合結果
マッチサマリー
スタッツ
錦織圭
テニス
フェデリコ・デルボニス
ファビオ・フォニーニ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ベルダスコを破って4R進出の錦織。次はデルボニス!【Fight!! Kei NISHIKORI】

マイアミ・オープン2017 ベスト16決定 錦織のいるボトムハーフ・ドローはシード選手3人のみ!【0 to zeroのhorizon】

錦織は開花するのか それでも勝ち切ることが大切 マイアミ・オープン2017 R32【change-the-flow】

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、錦織圭・テニスを始め、卓球、バドミントンなど様々なスポーツ情報・速報を配信しています。
また、ここでしか読めないコラムもあります。
スポーツの好きな方に楽しめる内容にしていきたいと思っております。
随時、アンケートも行っております!
  • 昨日のページビュー:177
  • 累計のページビュー:17658829

(10月21日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss