0 to zeroのhorizon

錦織がベルダスコとの2:44のタフマッチに辛勝、4回戦もレフティ・デルボニス(57位)戦!(マイアミ・オープン2017)

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイアミ・オープン2017、2回戦を快勝した錦織圭。 3回戦の対戦相手は、フェルナンド・ベルダスコ(スペイン・30位)となりました。 ベルダスコは33歳のベテランのレフティ、トップスピンをまじえたフォアが強力な選手で、錦織も過去に苦しめられた経験があります。 また、1stサーブの入りが安定した選手です。 対戦成績は2勝2敗、直近の全仏オープン2016・3回戦では、フルセットで錦織が辛勝しています。 この試合でも過去に苦戦させられたベルダスコ相手にタフな展開となりました。                                           試合結果(2:44) 第1:錦織7(7)-6(2)ベルダスコ 第2:錦織6(5)-7(7)ベルダスコ 第3:錦織6-1ベルダスコ マッチサマリー トータルポイント 錦織124-107ベルダスコ ネットプレー 錦織:12/17 ベルダスコ:8/15 ウィナーの内訳(サーブ以外) 錦織(フォア:16/バック:14) ベルダスコ(フォア:13/バック:7)                                           

…以上、再びベルダスコ相手にフルセットにもつれる厳しい試合になりましたが、錦織が勝利しました。 フォアのトップスピンを多用し、大事なポイントでしっかり打ってきたベルダスコに対し、「リードしながら逆転を許す場面も多く難しかった。スピンの量も多くて、高いボールや色々な球種を混ぜられて難しかった」と錦織は語っています。

スタッツでは、ブレークチャンスで錦織は「5/15」、ベルダスコは「3/13」と互いにチャンスを作った試合でした。 また、アンフォーストエラーは、錦織が「48本」、ベルダスコが「53本」と互いにミスが多い試合でもありました。                                           第1セットは、錦織が第2ゲームでブレークして良いスタートになるも、第7、第9ゲームをベルダスコにブレークされる嫌な展開となります。 それでも、錦織は10ゲームですぐにブレークすると、タイブレークでは2連続のバックハンドウィナーを決めて制しました。 序盤は錦織が早い仕掛けで先に振る展開でリード、しかし、中盤からその早い仕掛けがうまくいかずミスが目立ち、リズムも悪くなりました。しかし、ベルダスコもリードしてからネットに出る展開を増やすとポイントが取れず、互いにしっくりこない印象でした。 第1セットはアンフォーストエラーが両者とも「20本」、ネットプレーでは、ベルダスコは2/7と不発でした。                                            

第2セットも第3ゲームで錦織がブレークして先手を取りました。 しかし、疲労からか腕のマッサージを受けるベルダスコでしたが、粘り強いプレー、しぶとさを見せました。 第10ゲーム、取れば錦織が勝利というところでミスが重なり、ベルダスコがブレークに成功。さらに、タイブレークも取りました。 このセットは、ブレークチャンスでベルダスコが「1/9」でしたが逆転しました。 アンフォーストエラーは、ここでも並び、両者「19本」でした。                                             第3セットになると、ベルダスコは疲労の色が目立ちました。 錦織が第4、第6ゲームとブレークを重ねて勝利しました。 このセットでは、錦織が「82%」の1stサーブのポイント獲得率でした。                                           4回戦に勝ち上がった錦織ですが、次はノーシードのフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン・57位)とツアー初対戦となります(予選で対戦したことはあり)。 デルボニスとはマイアミ・オープンに入ってから練習しています。 というのもデルボニス同様レフティのため、対策を兼ねてのことです。 粘り強く、バックハンドからの展開も良い選手で、過去にはマレー、ワウリンカ、フェデラーなどから勝ったこともある選手です。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
マイアミ・オープン2017
タグ:
フェデリコ・デルボニス
4回戦の対戦相手
テニス
錦織圭
フェルナンド・ベルダスコ
スタッツ
マッチサマリー
試合結果
3回戦
マスターズ
2017
マイアミ・オープン

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

錦織がベルダスコとの2:44のタフマッチに辛勝、4回戦もレフティ・デルボニス(57位)戦!(マイアミ・オープン2017)

ベルダスコにデルポニス 準々決勝でヤングとあたって、準決勝でナダルとあたったら見事にみんなレフティですな。

こんな記事も読みたい

ホップステップジャンプでワンツースリー マイアミ3Rへ【ノータイトル!】

2回戦終了、シードダウンは14人、錦織は3/27午前0:00~ベルダスコ(30位)との3回戦へ!(マイアミ・オープン2017)【0 to zeroのhorizon】

超危険な男が行く手を阻む!錦織はベルダスコを倒し、ドリームロードに突入できるか?! ~2017マイアミ3回戦PV~【KEI ENERGY】

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、錦織圭・テニスを始め、卓球、バドミントンなど様々なスポーツ情報・速報を配信しています。
また、ここでしか読めないコラムもあります。
スポーツの好きな方に楽しめる内容にしていきたいと思っております。
随時、アンケートも行っております!
  • 昨日のページビュー:952
  • 累計のページビュー:17751093

(12月13日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss