0 to zeroのhorizon

LS北見は準優勝、優勝した中部電力と9月に日本代表選考会へ…日本カーリング選手権2017レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

今大会の特徴は、ドローがなかなか決まらない難しいアイスというものがありました。 そんな中、地元の利を活かし、いち早く適応に成功した中部電力。 若いセットアップの石郷岡・北澤を、サード清水、スキップ松村が引っ張り、優勝にたどりつきました。 大会の成績は、予選は7勝1敗で2位、プレーオフでLS北見に敗れるも、準決勝で北海道銀行に、決勝でLS北見に勝利・・・9勝2敗でした。 一方、LS北見は予選8勝0敗、プレーオフも勝利するも、決勝で中部電力に敗退、9勝1敗という成績でした。 こう見ると、中部電力は負けることが許される予選、プレーオフで敗退するも、勝負所で勝って優勝にたどりついたと言えます。 逆にLS北見は、大一番となった決勝で負けたことで、優勝すれば得ることができた平昌五輪の日本代表の座を逃したことになります。                                           

この大会は、(藤澤に限らず)スキップにかかるプレッシャーは大きく、五輪がかかる独特のプレッシャーに各チーム苦しんでいました。 そういう中でも、中部電力の松村は落ち着いており、試合を通したゲームをマネジメント、攻める場面、守る場面、失点しても点数を抑える決断など、バランスのとれた判断をしていた印象です。 また、サードの清水はプレーオフ以降ミスも多少ありましたが、常に目の前の一投に対し気迫のこもったプレーが目立ち、失敗を引きずらない気持ちの強さを感じさせました。 この2人に引っ張られ、セットアップの2人も安定感あるプレーを見せていました。 まさに勝つことで自信を得て、勢いに乗った状況でした。                                              

決勝戦

                                            

それが決勝でも出たという結果だったかもしれません。 失うものがない挑戦者だった中部電力。一方、前年度優勝して、2連覇すれば五輪代表の座を得られるLS北見は、追われる立場にありました。 ですが、各選手の技術が高く予選は全勝で終えました。 ただ、その予選でも、プレーオフに進出した強豪に対しては…

LS北見5-3中部電力 LS北見9-7富士急 LS北見7-5北海道銀行

…と競った展開が多かったです。 さらに、プレーオフ以降では…

LS北見9-8中部電力(プレーオフ) LS北見5-7中部電力(決勝)

…という結果でした。

予選からNHKのネット、テレビで見られるLS北見の試合は見ました。 藤澤には相当プレッシャーがかかっていたというのが印象でした。 そのため、強豪との試合では、大きく突き放すチャンスという場面でのミスが目立ったように思います。 ここで1投決めれば突き放し、楽になる展開…そういうところで、やや気が抜けたミスがあった感じがあります。 そういう時に決め切らないと後でそれが響いてしまう、相手に巻き返す隙を与え、反撃される…というのは、スポーツでは多々あります。

決勝では、藤澤のドローが長くなって、相手に2点をスチールされ3-5となった第6エンドが、キーポイントになりました。 その後、LS北見は難度の高いショット選択が増えていき、藤澤も難しいショットが迫られる展開になってしまいました。 ただ、第6エンドで2点取られ、追う立場になったことで、LS北見の選手の心に向かっていく気持ちが出てきた…とも感じました。 やはり、追われる立場は簡単ではない、そう思わせる試合でした。 加えて中部電力は、勝負所の後半でも大きなミスはなく、高い集中力で素晴らしいプレーを続けて隙を与えませんでした。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
カーリング
タグ:
結果
決勝戦
女子
カーリング
2017
中部電力
LS北見
藤澤五月
日本カーリング選手権
日本代表選考
平昌五輪
ピョンチャンオリンピック

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ジャンプ女子W杯・第14戦 高梨沙羅が3連勝! 通算52勝で歴代最多タイ記録に王手!【0 to zeroのhorizon】

ジャンプ女子W杯 高梨沙羅が第13戦で優勝、第14戦もヒンツェンバッハ大会、3連勝なるか!?【0 to zeroのhorizon】

平昌五輪・日本代表選考も佳境…LS北見と中部電力が決勝で対戦!(日本カーリング選手権2017)【0 to zeroのhorizon】

LS北見が中部電力との全勝対決を制して首位浮上…プレーオフ進出に向けて予選リーグも佳境(日本カーリング選手権2017)【0 to zeroのhorizon】

流した汗と涙の量が感動の大きさの違い【Armar know Jack Bigwild】

平昌五輪の日本代表は!? 日本カーリング選手権2017・開幕から3連勝を飾ったのはLS北見、中部電力、富士急の3チーム!(女子)【0 to zeroのhorizon】

ドーピングのなくなる日は来るのか…?【日本のスポーツを元気に!!!】

ふかし過ぎに注意!【Armar know Jack Bigwild】

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、主にプロ野球、日本代表、錦織圭の情報を配信しています。
野球、サッカー、錦織選手の試合の速報もあります。
また、ここでしか読めないコラムもあります!
スポーツの好きな方には楽しめる内容だと思います。
  • 昨日のページビュー:10083
  • 累計のページビュー:15094617

(03月25日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss