0 to zeroのhorizon

錦織が健闘も敗戦、フェデラーが24本のエース、83本のウィナーで猛攻(全豪オープン2017)

このエントリーをはてなブックマークに追加

全豪オープン2017は、4回戦に入りました。 錦織の対戦相手は、ロジャー・フェデラー(スイス・17位)。 グランドスラムの優勝は17回、全豪は4回の優勝があり、WOWOWでは生ける伝説と紹介。 昨シーズンは腰と膝の怪我などがあり、欠場が多かったフェデラー。 そのためランキングを下げ、錦織とは早くも4回戦で戦うことになりました。 過去の対戦成績は、錦織の2勝4敗です。 この日は、35歳にしてなおテニスへの情熱が衰えないフェデラーの凄みが発揮された試合となりました。                                                 

試合結果(3:23) 第1セット:錦織7-6フェデラー 第2セット:錦織4-6フェデラー 第3セット:錦織1-6フェデラー 第4セット:錦織6-4フェデラー 第5セット:錦織3-6フェデラー マッチサマリー トータルポイント 錦織142-170フェデラー ネットプレー 錦織圭:19/30 フェデラー:29/44                                             

…以上、フルセットの末、錦織が4回戦で敗れました。 スタッツをご覧になるとわかるように、フェデラーがサービスエース「24本」、ウィナー「83本」と猛攻したゲームになりました。 第1セットの入りは錦織が素晴らしい立ち上がりでしたが、「自分のプレーは悪くなかった、それに、これ以上悪くならない」と考えたフェデラーは、徐々に立て直していきました。 その冷静さや落ち着きぶりは、やはり経験がなせる技なのかもしれません。

                                             第1セットは錦織が連続ブレークなどせ4ゲーム先取。 アンフォーストエラーもなく、リターンも決まっていました。 アグレッシブな姿勢で、積極的にフェデラーのバックサイドを攻めていました。コースを攻め、深くショットが決まっていました。 「フェデラーのバランスを崩すのが大事」という陣営の言葉通り、錦織はラリーに持ち込んで、フェデラーを動かしていました。 しかし、錦織が5-1としてスムーズにセットを取れそうな気配になってから、フェデラーが連続ブレーク。このあたりから、フェデラーのプレーもどんどん良くなっていきました。 強引にでも前に入って攻撃的に来ることで、短いポイントが増えて流れを変えていきました。 このセットは、錦織がタイブレークの末、何とか取ることに成功しました。                                              しかし、第2セット、第3セットはフェデラーが連取します。 第4セットは、第4ゲームで錦織がサービスゲームでピンチでしたが、7度のデュースをしのぎました。 すると、第5ゲームでブレークに成功、第4セットを取りました。 しかし、フェデラーの早い攻撃の前に、左右に動かされ続けた錦織は、足に来る様子もあり、疲労の色を感じさせる場面もありました。 腰の痛みから、第5セットにはメディカルタイムアウトもとりました。 第5セットに入っても、フェデラーは攻勢を続け、錦織も粘って健闘は見せたものの第2ゲームをブレークされて、敗戦となってしまいました。                                               終始、サーブの威力が衰えなかったフェデラーは、サービスゲームの安定感がすごかったです。特に1stサーブはスピード、球種、コースが良く、リターンが難しい状況でした。 復帰戦の大会であり、35歳にしてここまでできるとは、やはり偉大なプレイヤーです。 試合としては、錦織も本当に最後まで諦めず粘ったと思います。 この敗戦を糧に、次につなげてほしいゲームでした。 錦織の次戦は、2月13日のアルゼンチンオープンに出場予定となっています。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
全豪オープン2017
タグ:
ベスト16
マッチサマリー
ロジャー・フェデラー
試合結果
4回戦
2017
全豪オープン
テニス
グランドスラム
錦織圭
スタッツ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

錦織の力を信じ続ける為にフェデラーは優勝してくれ!ショックから立ち直るのに今度ばかりは数日かかるだろう【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ビッグ4の衰え【無題】

錦織と次戦で当たる可能性があった第1シード・マレーが50位に敗れて4回戦で姿を消す!(全豪オープン2017)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、錦織圭・テニスを始め、卓球、バドミントンなど様々なスポーツ情報・速報を配信しています。
また、ここでしか読めないコラムもあります。
スポーツの好きな方に楽しめる内容にしていきたいと思っております。
随時、アンケートも行っております!
  • 昨日のページビュー:952
  • 累計のページビュー:17751093

(12月13日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss