0 to zeroのhorizon

錦織がラモス ビノラス(33位)に快勝、96年ぶりのメダルへ向けて好発進! 2回戦は75位ミルマン戦(リオ五輪・男子テニス)

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本テニスにおいて、唯一、メダル獲得をしたのが1920年の五輪でした。この時は、熊谷一弥が、シングルス、ダブルスで銀メダルを獲得しています。 そして、96年の時を経て、日本代表の錦織圭が、メダル獲得に挑戦します。

錦織は男子テニスのオープニングマッチ、センターコートに登場。 話しがそれますが、リオ五輪の開会式では、ナダル、マレーなどが旗手をつとめました。また、開会式ではスタジアムに聖火を持ってきたのが、元テニスプレイヤーのグスタボ・クエルテンでした。 テニスが世界でも人気のあるスポーツであることを感じました。 そういう状況で、トップとして錦織が登場したのは、すごいと感じました。

この日の試合会場はだいぶ暑そうでしたが、良いプレーに観客がわき、雰囲気は良さそうでした。 ただ、風があり、錦織は1stサーブの入りに苦しみました

対戦相手はスペインのレフティー、アルベルト・ラモス ビノラスでした。 現在のランキングは33位、2016年の全仏はベスト8に入るなど、スペイン勢らしくクレーを得意にしています。 ツアー対戦成績は、錦織の3勝1敗です。 試合前には、ラモスのストローク力を警戒した錦織が、「長いラリーはちょっと怖い」と語っていました。 しかし、いざ試合が始まると…                                                       

試合結果 第1セット 錦織6-2ラモス ビノラス 第2セット 錦織6-4ラモス ビノラス (試合時間1時間19分) トータルポイント 錦織57-40ラモス ビノラス ネットプレー 錦織「4/5」 ラモス ビノラス「0/3」 マッチサマリー

                                                

…以上で、錦織が見事なストレート勝利となりました。 状況的にはプレッシャーがかかる初戦でしたが、錦織は落ち着いており、貫録さえ感じさせた試合でした。                                                    

スタッツでは、錦織は1stサーブの入りは「55%」、1stサーブのポイント獲得率は「85%」、2ndサーブのポイント獲得率は「68%」でした。 ウィナー数は、錦織が「20」、ラモス ビノラスが「6」でした。 また、ブレークチャンスでは、錦織が「3/4」と持ち前の勝負強さを発揮、一方のラモス ビノラスは「0/1」とチャンスを作れませんでした。                                                  

第1セット

                                                 

第1セットは、錦織が第3、第7ゲームでブレークに成功し、6-2で取りました。 脇腹痛の影響が心配されましたが、サーブではスピードも出ていました。 ただ、風の影響もあってか、第1セットは1stサーブが入りませんでした。それでも、2ndサーブの展開からポイントが取れていました。この1stサーブの精度は、勝ち上がっていく上でのポイントになってくるかもしれません。 このセットは、錦織の良さが目立ちました。コートカバーリング力、ダウンザラインの速い仕掛け、ラリーではチャンスになると前に踏み込んで相手の時間を奪いました。 また、ドロップショットをうまく使うなど、前後左右への揺さぶりが決まっていました。 加えて、左利きのラモスにとってのバックサイドになる、錦織のバックのダウンザラインは効果的でした。 スタッツでは、錦織が1stサーブを入れるのに苦労していたのがわかります。                                               

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リオ五輪テニス
タグ:
J・ミルマン
シングルス
マッチサマリー
スタッツ
アルベルト・ラモス ビノラス
錦織圭
1回戦
男子
オリンピック
2016
リオ五輪
テニス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

錦織 リオ五輪初戦快勝!日本の他競技苦戦の五輪初日で魅せてくれた!杉田、ダニエルが続く!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

勝利の為ならコートマナーなんて蔑ろにしていいものなのか【女子テニスも熱い】

コロンビア戦に勝つために~その1~【キキアシワアタマ】

【ドロー解説】2016リオ五輪の展望【two-set-down】

2016:U-23代表:リオ五輪グループリーグ1戦目:中立:vsナイジェリア「OAを含め世界標準に戸惑い守備崩壊するも才能で対抗」【蹴鞠談議2】

リオ五輪が開幕! 注目の開会式、最終聖火ランナーは…意外な人物…!? 【0 to zeroのhorizon】

日本代表・世界と戦う基礎テクニック ディフェンスの「寄せ」「予測」「勢い」【フェイントシュート】【フェイントシュート の 「日本代表~進化への布石」】

ナイジェリア戦(Uー23) 【 なぜ機能してこなかった「4-1-4-1」を選択したのだろうか? 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、錦織圭・テニスを始め、卓球、バドミントンなど様々なスポーツ情報・速報を配信しています。
また、ここでしか読めないコラムもあります。
スポーツの好きな方に楽しめる内容にしていきたいと思っております。
随時、アンケートも行っております!
  • 昨日のページビュー:952
  • 累計のページビュー:17751093

(12月13日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss