0 to zeroのhorizon

錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)

このエントリーをはてなブックマークに追加

クレーシーズンに入り、確かな結果を残している錦織、準決勝の相手は絶対王者ジョコビッチ(1位・セルビア)となりました。対戦成績は錦織の2勝8敗となっています。 現在、ジョコビッチに対して7連敗中、2016年は3度戦い、3敗しています。また、ジョコビッチからセットを取った試合は、実に1年前の今大会・準々決勝まで遡ります。 しかし、この試合では、錦織がジョコビッチをあと一歩まで追い詰める激闘となりました。                                              

試合結果 第1セット 錦織6-2ジョコビッチ 第2セット 錦織4-6ジョコビッチ 第3セット 錦織6-7ジョコビッチ マッチサマリー

ああ

                                              

…以上となり、3時間01分の熱戦は、ジョコビッチの勝利となりました。 まず、試合を通したスタッツでは、ジョコビッチは1stサーブの入りが「72%」としっかり入れてきました。 ウィナー数はジョコビッチが「32本」、錦織が「39本」でした。 マドリードで敗戦した試合では、アンフォーストエラーが、ジョコビッチが「18」、錦織が「27」と差が付きました。この試合では、両者とも「34」でした。 また、ブレークチャンスでは、ジョコビッチが「2/14」、錦織が「3/8」でした。錦織はピンチを招くも、多くをしのいだ展開となりました。 そして、ネットプレーは、ジョコビッチは「9/14」、錦織が「6/15」となっています。錦織のネットプレーを、ジョコビッチが読んだ展開もありました。                                                                                             第1セット

あ

                                         

第1セットは、ジョコビッチにいきなりのアクシデント。第1ゲームのサービスキープ後、左足首の豆?をつぶしてしまいます。クレーではシューズについた土をはらうため、ラケットで靴を叩く光景はおなじみですが、ジョコビッチはあやまって痛めていた箇所を叩いてしまったようです。 この状況が錦織に優位に働い、第3ゲームでいきなりブレークに成功。 ジョコビッチはバックサイド側に振られると痛めた左足を気にし、集中力も少し落ちているようでした。錦織はうまくドロップを使って、前後にも揺さぶりました。 さらに、サービスゲームでは、第2、第4、第6ゲームでデュースまでいく展開も、錦織がサービスをキープし続け、第7ゲームで再びブレークに成功。第1セット奪取につなげました。 錦織は落ち着いており、集中力も高かったと思います。バックのダウンザラインがこの試合でも、効果を発揮していました。                                               第2セット 

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
BNPパリバ・オープン2016
タグ:
テニス
ノバク・ジョコビッチ
準決勝
ローマ
マスターズ
2016
BNLイタリア国際
試合結果
錦織圭
マッチサマリー
スタッツ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)

 あかつきさん初めまして、いつも楽しく拝見させて頂いてます。スポナビブログの中では一番読みやすく、いつも選手を優しく見守っている感じがします。テニスの知識を自慢するかのように、専門用語を連発し、上から目線の記事にはほとほと嫌気がさしますし、読みにくくてどうしようもありません(というかほとんどがそれ)。しかし、あかつきさんの記事にはいつも愛を感じますし、わかりやすいです。これからもどうか体に気を付けて良い記事をお願いします。

錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)

錦織は明らかに問題点があります。ネットに詰めるタイミングです。いつも少し遅い。もし、ネットとるのならもう少し早くいかないと、錦織とネットとの隙間が空いてパッシングショットの餌食になります。自分のショットが強烈に相手に刺さってもう一歩ってところでも、詰めるのではなく少し前に出てストロークをつづけたほうがいいと思います。これは、今日に限ったことではなく、最近ネットプレーを盛んに始めたばかりなので、この大会通じて怪しかったです。詰めるタイミングがいまいちつかめてないので、QFの相手とは実力差があってごまかせてましたが、これは危ないなと思ってみてました。やはり錦織は各プレーが少しトップでも通用するプレーかどうかというのが、いまいち経験不足から、感覚がつかめてないみたいですね。あとはスライスとドロップショットをお互いにフェイクになるように、もっと攻撃的に使えばいいと思いました。意識して使っているのが今日見えたので、ますます今後回数が増えていくと思います。あとはいうことないですね。しいて言えばロブのワンバウンドを待つぐらい余裕をもつぐらいです

こんな記事も読みたい

【2016ローマQF】若手筆頭の1人、今期ブレーク中のティエムを抑えてSF進出【"テニス"感覚観戦】

対ジョコビッチ第4戦、BNLイタリア国際SF【change-the-flow】

難敵ガスケとティエムを下した錦織。SFでジョコビッチと今シーズン4度目の対戦。【Fight!! Kei NISHIKORI】

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、錦織圭・テニスを始め、卓球、バドミントンなど様々なスポーツ情報・速報を配信しています。
また、ここでしか読めないコラムもあります。
スポーツの好きな方に楽しめる内容にしていきたいと思っております。
随時、アンケートも行っております!
  • 昨日のページビュー:1247
  • 累計のページビュー:17728838

(11月14日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss