0 to zeroのhorizon

リオ五輪サッカー日本代表 オーバーエイジ枠を考える…(過去の大会の招集メンバーは!?)

このエントリーをはてなブックマークに追加

リオ五輪のアジア最終予選で、見事に準決勝のイラク戦に勝利した日本代表。前評判が芳しくない中で、善戦を続け、6大会連続の五輪出場権を獲得しています。                                              

これから注目されるのは、手倉森監督がオーバーエイジ枠を採用するかどうか、採用する場合、誰が招集されるのか……大いに注目が集まるところです。これから、このオーバーエイジに関して、色々考えていきたいと思います。 参考:サッカー日本代表 五輪での過去の成績と、オーバーエイジ枠の選手、主力選手を掲載                                           

このオーバーエイジ枠が採用されたのは、アトランタ五輪からになります。すなわち、23歳未満しか出場できない中で、例外として3人の選手が、年齢に関わらず招集できることになりました。 また、予選では23名が代表メンバーとなりますが、本戦では18人にしか出場ができません。つまり、オーバーエイジ枠を採用すると、今の23人のうち、15人しか五輪に行けないということになってしまいます。 予選から共に戦い、団結を深め、チームとして絆を深めて代表権を勝ち取ってきている監督にとっては、オーバーエイジ枠を採用するかどうかは、とても難しい判断になります。そのため、過去には、不採用した世代もありますし、2枠のみにするなど、限定的な採用を取った場合もあります。                                            

1996年のアトランタ五輪で日本代表を率いた西野朗監督は、オーバーエイジ枠を利用しませんでした。この世代は、中田英寿、前園真聖、川口能活などが中核メンバーで、ブラジルに1-0で勝利するマイアミの奇跡を演じています。グループリーグは2勝1敗ながら突破できなかったという点でも、印象に残る大会となりました。                                             

続く2000年シドニー五輪の監督はトルシエでした。中田英寿、稲本潤一、中村俊輔など中盤のタレントは屈指でした。いわゆる黄金世代で、ベスト8まで進んでいます。オーバーエイジ枠では、GK楢崎 DF森岡隆三など3枠を積極的に利用して、結果も出しました。                                          

2004年アテネ五輪は、解説でおなじみの山本昌邦監督が率いました。成績は1勝2敗でグループリーグ敗退。闘莉王、阿部勇樹、大久保嘉人など、南アフリカW杯の決勝トーナメントで活躍した選手を輩出しています。オーバーエイジ枠は、2枠を利用して、小野伸二などを招集しました。                                          

2008年北京五輪は反町監督が率いるも0勝3敗と、ここ5大会で最悪の結果でした。オーバーエイジ枠も不採用。しかし、召集されたメンバーは、本田、内田、岡崎、長友、香川、吉田麻也など、現在の日本代表の中心メンバーが目立ちます。結果は残せずも、大きな経験を得て、その後につなげた世代です。                                                

そして、2012年ベスト4という快挙をなしとげたロンドン五輪。関塚隆監督が採用したオーバーエイジ枠は、吉田麻也など3人(GK林はバックアップメンバーで、帯同せず)。メンバーでは山口蛍、清武弘嗣など、A代表にも昇格しています。一方で、A代表に定着できない選手も多い世代になっています。                                           

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リオ五輪アジア最終予選(男子)
リオ五輪サッカー
タグ:
成績
五輪
過去の選手
オーバーエイジ枠
手倉森監督
2016
サッカー
リオ五輪
日本代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

リオ五輪サッカー日本代表 オーバーエイジ枠を考える…(過去の大会の招集メンバーは!?)

こんにちわ、ご指摘ありがとうございました。

「リオ五輪サッカー日本代表 オーバーエイジ枠を考える…(過去の大会の招集メンバーは!?)」へのコメント

コメント失礼します情報に誤りがあったのでご指摘させていただきます。ロンドン五輪があったのは2012年。オーバーエイジ枠はGKに林、DFに吉田、徳永と、三人採用しています。

こんな記事も読みたい

おめでとうございます.  でも,不必要な反則はやめよう【アントラーズ魂】

U23日本vsU23イラク  リオ五輪最終予選準決勝【球マニアのBLOG】

【侍青の風】「ドーハの悲劇」の舞台でロスタイムの決勝点を決め、見事リオ五輪出場権獲得!(イラク戦 2-1)【サムライブルーの風】

原川の劇的アディショナル弾! 日本がイラクに2-1で五輪出場を決める!(リオ五輪アジア最終予選)【0 to zeroのhorizon】

6大会連続、ではなく初めてのオリンピック出場【千葉からスポーツを語る】

したたかに道開く【編集長ぐーの徒然草 スポーツ用別館】

システム変更で評価がボケてしまったサウジ戦【サッカーバカのブログ】

タイ戦でスタメン6人替えたのは正解なのか?【サッカーバカのブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、錦織圭・テニスを始め、卓球、バドミントンなど様々なスポーツ情報・速報を配信しています。
また、ここでしか読めないコラムもあります。
スポーツの好きな方に楽しめる内容にしていきたいと思っております。
随時、アンケートも行っております!
  • 昨日のページビュー:920
  • 累計のページビュー:17749103

(12月11日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss