0 to zeroのhorizon

内山・西岡組が敗れ、コロンビアが昇格に王手 追い込まれた日本は、錦織、太郎が出場予定(デビス杯2日目 )

このエントリーをはてなブックマークに追加

デビス杯の2日目は、ダブルスの1試合が行われました。 日本からは西岡良仁・内山靖崇組がダブルスにのぞんでいます。 両者は昨年のアジア大会で何試合か組んでいます。

                                           西岡はデビス杯初出場、今季の全米OPでは、グランドスラム本戦での初勝利をマチューからあげるなど、着実に力をつけています。170㎝と日本選手の中でも小柄ですが、リターン力、ストローク力、闘志あふれるプレーなどでカバーしています。個人的には、日本選手としてトップ100を切っていってほしい、成長を期待している選手です。 ダブルスのランキングは920位、シングルスは145位となっています。 そして、西岡とコンビを組む内山は、デビス杯ではダブルスでおなじみの選手です。過去には伊藤、添田、錦織などと組んで、ダブルスを戦っています。ランキングはダブルス217位、シングルス222位となっています。                                           

試合の方は… 第1セット 日本7-6コロンビア 第2セット 日本2-6コロンビア 第3セット 日本3-6コロンビア 第4セット 日本2-6コロンビア                                             

……と、1-3で西岡・内山組が逆転負けを喫しました。 相手のカバル(ダブルス27位)、ファラ(ダブルス29位)は、ダブルスのスペシャリストで、昨年に2大会で優勝。今季も2大会(クレー)で優勝するなど、実績があるコンビです。 そのコンビネーション、ネットプレーは完成されていました。両者とも200キロを超えるサービスを持ち、派手さはなくも、隙はなく、勝利のためのプレーを確実に積み上げるというテニスを展開しました。サーブが良いので、サービスゲームが安定していました。                                              

第1セットは両国ともにサービスゲームが良く、互角の展開。さらにタイブレークで西岡、内山のウィナーなども決まり、第1セットを奪取します。西岡はデビス杯・初出場ながら堂々とプレーし、内山はサービスが良く、息も合ったスタートとなりました。                                           

しかし、第2セットになると、雲引きが変わり、実力あるコロンビアコンビは、日本の弱点を突いてきます。出場する4人の中で、サーブで劣る西岡のセカンドサーブで、攻撃を仕掛けて、リターンで強打を放ってきます。結果、第3、第7ゲームをブレークされてしまいました。 これがきっかけで、完全に主導権を握ったコロンビアのコンビが、第3セットは第7、第9ゲームをブレーク、第4セットは第4、第8ゲームをブレークして、3セット連取して勝利となりました。主に西岡のサービスゲームをブレークされてしまい、日本は敗戦となりました。                                           コロンビアの2人は、2015年にATPツアー21大会に出場するなど、洗練され、戦略、コンビネーションも上回っていました。 デビス杯初出場の西岡には苦いデビューとなってしまいました。しかし、課題が色々見えたと思うので、さらに練習を積んで行ってほしいと思います。内山はサービスも良く、声も出してよく引っ張っていたと思いますが、終盤は調子も落としてしまいました。                                           

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
デビスカップ
タグ:
ファン・セバスティアン・カバル
ロバート・ファラ
内山靖崇
西岡良仁
ダブルス
デビスカップ
デビス杯
2015
プレーオフ
ワールドグループ
テニス
日本
コロンビア
3日目
2日目
ラバー3
錦織圭

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「内山・西岡組が敗れ、コロンビアが昇格に王手 追い込まれた日本は、錦織、太郎が出場予定(デビス杯2日目 )」へのコメント

はじめまして。

内山と西岡のペア、第二セットで見切りをつけてしまいました。

第一セットは何とか食らいついてのタイブレ奪取でしたが、第二セットはあかつきさんの指摘通り西岡が圧倒的に狙われたというか、まぁ彼のサービスをキープできる予感がしないというか、、現時点ではダブルスで力を発揮できるタイプでは無い、と強く感じました。
内山は彼自身が望む望まないを別として、ダブルスプレイヤーとして定着してきた感があるので、あと一枚、磐石のダブルススペシャリストがいれば、ワールドグループでも上手く行けばベスト4くらいまでは狙えるのかも知れない、と思いました。

何と言っても、今年の決勝はイギリス(マレー)とベルギー(ゴファン)の戦いという、どちらの国も一人のトップシングルスプレイヤーandダブルス、という構成なので、日本もタブルスが計算できれば、と思う今日この頃ですm(_ _)m

こんな記事も読みたい

東レPPOテニス2015のドローが決定! 奈良は土居と初戦 その他、ウォズニアッキ、イバノビッチ、ムグルザなどが参加!【0 to zeroのhorizon】

錦織が123位のファリャ相手に7-6、7-6、7-5で勝利をおさめる!(デビス杯コロンビア戦)【0 to zeroのhorizon】

デビス杯 第1試合は、ダニエル太郎がコロンビアのエース・59位のヒラルドを追い詰めるも惜敗【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、錦織圭・テニスを始め、卓球、バドミントンなど様々なスポーツ情報・速報を配信しています。
また、ここでしか読めないコラムもあります。
スポーツの好きな方に楽しめる内容にしていきたいと思っております。
随時、アンケートも行っております!
  • 昨日のページビュー:273
  • 累計のページビュー:17794467

(01月16日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss