0 to zeroのhorizon

おめでとう、LS北見! 本橋麻里、藤澤五月、吉田知那美、鈴木夕湖、吉田夕梨花が日本代表に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は個人的なことを書いていきたいと思います。

初めてカーリングをしっかり見たのはソチ五輪の時で、北海道銀行が健闘した大会でした。 それまでルールも知らず、「カーリングはスポーツ?」という声に同調していましたが、見てみると選手たちの懸命なプレー、チームとして戦う姿勢などに興味を持ちました。 その中でも、気になった選手がセカンドの吉田知那美選手でした。 吉田選手はリザーブでしたが、セカンドの小野寺選手がインフルエンザになり、代りに五輪に出場していました。

その吉田知那美選手はその後、所属が決まらない時期を経てLS北見に移籍しました。 この時にチームに誘ってくれた本橋麻里選手には、何度も感謝を述べています。

LS北見は本橋麻里選手が中心に、カーリングの街「常呂町」に7年前(2010年)に作ったチームです(創設からいるメンバーは、本橋麻里、吉田夕梨花、鈴木夕湖)。 本橋選手は2度の五輪に出場している経験が豊富な選手です。

そのLS北見に藤澤五月選手が加わったのが2015年になります。 藤澤五月選手はアグレッシブで能力の高いスキップで、中部電力では日本カーリング選手権を4連覇しています その時のチームメイトには、今回代表を争った松村千秋選手、清水絵美選手がいました 中部電力はソチ五輪まであと少しというところで敗退、その後はメンバーもやめるなど低迷、藤澤五月はLS北見に移籍しました。

こうして今のメンバーがそろったLS北見は、世界選手権2016で大きな花を咲かせました。 失うものはないチームは、大舞台に出場する喜び溢れるプレーと共に、快進撃を見せました。 LS北見は強豪国を次々に破り、日本史上初の銀メダルを獲得しました。 この大会では、それぞれの選手が調子が良く、とにかくポジティブで明るいプレーが印象に残りました。 また、しっかりと準備できたことが、勝因につながったとのこと。

日本のトップチームに躍り出たLS北見ですが、その後はチームが低迷しました。 アジア・パシフィックでは3位になり、2017年の世界選手権の代表の座を逃してしまいます。

さらに、4人のメンバーが誰になるのかは、決めるのが非常に難しい状況ではなかったかと思います。 産休だった本橋選手が復帰、経験と実績がある選手であり、チームを作ったのも彼女です。 一方で、吉田夕梨花、鈴木夕湖、吉田知那美、藤澤五月は世界選手権で2位になった実績を誇ります。

結局、五輪の代表の座がかかる日本カーリング選手権2017では鈴木がリザーブとなりました。 リードが吉田夕梨花、セカンドが吉田知那美、サードが本橋麻里、スキップが藤澤五月でした。 このチームも予選では8連勝、プレーオフも勝って全勝で決勝に進出。しかし、決勝で中部電力に敗れたことで、今回の代表決定戦へと続くことになりました。

そして、それから半年ほどの間は、非常にメンタル的に厳しい状況ではなかったかと思います。 代表決定戦のメンバーは、再び世界選手権で銀メダルを取ったメンバーに戻し、3勝1敗で代表の座を勝ち取りました。

この大会では、第3試合後の吉田知那美選手の言葉が印象的でした。 プレッシャーがかかかるスキップの藤澤選手の代わりに、難しいショットも自分が引き受けたい…という内容を話していました。 今大会ではサードの吉田知那美選手が素晴らしい活躍でしたが、チームメイトを思う気持ちというのが、プレーにも影響していたのかもしれません。

さらに、藤澤五月選手は、ビックプレーや、タフなショットを決めた後、集中力が切れてしまう、メンタル的な隙ができてしまうというところがありました。 第2試合ではそういった傾向もあり、序盤にミスが出て負けにつながりました。 しかし、その後の3時間で考えたという藤澤選手、第3試合、第4試合ではそういった油断、甘さはなくなっていました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
カーリング
タグ:
女子
カーリング
平昌五輪
ピョンチャン・オリンピック
本橋麻里
藤澤五月
吉田知那美
ロコ・ソラーレ
LS北見
日本代表決定戦

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対慶大1回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

2017年8月度 新村選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

壁が壊れた今こそチャンス! 流れに乗らなきゃ【Armar know Jack Bigwild】

五輪2連覇ほぼ手中にした 羽生結弦【フィギュアスケートと,体操と,サッカーと】

LS北見が平昌五輪の日本代表に決定、中部電力を破る、吉田知那美が藤澤五月にうまくつなげた!(女子カーリング)【0 to zeroのhorizon】

9/10に決着 平昌五輪・日本代表決定戦 LS北見が2勝、中部電力が1勝で最終日へ…第4試合は9:00~(女子カーリング)【0 to zeroのhorizon】

平昌五輪・日本代表決定戦 第1試合はLS北見が中部電力に先勝、第2試合は9/9 9:00~(女子カーリング)【0 to zeroのhorizon】

2017年8月度 谷口選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、錦織圭・テニスを始め、卓球、バドミントンなど様々なスポーツ情報・速報を配信しています。
また、ここでしか読めないコラムもあります。
スポーツの好きな方に楽しめる内容にしていきたいと思っております。
随時、アンケートも行っております!
  • 昨日のページビュー:3234
  • 累計のページビュー:17601083

(09月19日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss