0 to zeroのhorizon

4本のMP握るも、錦織がモンフィスに痛恨の初戦敗退…次はウエスタン&サザンOP(ロジャーズ・カップ2017・2回戦)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2回戦から登場した錦織圭、今大会は第5シードに入っています。 ドローは序盤から厳しい組み合わせとなっています。

2回戦の対戦相手は、G・モンフィス(フランス・22位)となりました。 2016年はツアー・ファイナルにも出場している実力者で、サーブも強力、コートカバーリング力も高く守備能力も優れた選手です。また、隙があるとフィジカルを活かしたハードヒットが飛んできます。 今シーズンは膝の故障などもあり苦戦、今大会はノーシードのため、早くも2回戦で対戦となりました。 この試合でモンフィスは、サービスゲームではサーブを軸にテンポの早い攻め、リターンゲームでは粘り強いラリー戦を展開してきました。                                              試合結果(02:41) 第1セット:錦織7-6モンフィス 第2セット:錦織5-7モンフィス 第3セット:錦織6-7モンフィス マッチサマリー トータルポイント 錦織116-108モンフィス ネットプレー 錦織:15/23 モンフィス:7/10 ウィナー数(サーブを除く…) 錦織(フォア:20/バック:4) モンフィス(フォア:19/バック:3)                                           …以上、強い風の中の試合でしたが、錦織は4度のマッチポイントを握り、トータルポイントでも上まりながらの逆転負けとなってしまいました。 また、昨年に準優勝している大会での初戦敗退は、ポイント的にも痛いものになりました。

気になるスタッツは、アンフォーストエラーは、錦織が「40」、モンフィスが「51」でした。 そして、勝負に影響してしまった錦織のダブルフォルトは「7本」でした。                                              第1セットは、強風に苦しみフォアでミス(このセットは13本)が続く錦織が、第2ゲームでブレークされるも、第3ゲームですぐにブレークバック。 その後、錦織が第11ゲーム、モンフィスが第12ゲームをブレーク。 タイブレークは錦織が7-4で制しました。                                               第2セットは第2、第6ゲームで錦織がブレーク。 しかし、5-2からモンフィスに第9、第11ゲームでブレークを許すなど5ゲームを錦織が連続で失ってセットを落としました。 このセットは、モンフィスの1stサーブのポイント獲得率が「47%」でしたが、2ndサーブのポイント獲得率は「71%」でした。                                            第3セットは、第8ゲームで錦織がブレーク、しかし、第9ゲームでモンフィスがブレークバック。 タイブレークにもつれるも、錦織がポイント6-2として4度のマッチポイント。 勝負ありと思いましたが、モンフィスが驚異の粘り。 ロングラリーでエース級の錦織のショットを何度もしのぎ、ウィナーで返すなど観客も味方につけました(第2セット途中より、ローランギャロスで響くあの独特の掛け声、声援が起きた時から嫌な感じは受けましたが…)。 結局、6-2から、モンフィスが6連続でポイントしました。 タイブレークは錦織6-8モンフィスで、モンフィスが劇的な逆転勝利。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ロジャーズ・カップ2017
タグ:
マッチサマリー
試合結果
2回戦
ガエル・モンフィス
カナダ
ロジャーズ・カップ
マスターズ
錦織圭
2017

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

4本のMP握るも、錦織がモンフィスに痛恨の初戦敗退…次はウエスタン&サザンOP(ロジャーズ・カップ2017・2回戦)

敗戦原因は、セカンドサーブの自信がないからです。グリップお薄くして,羽子板うちからラケットヘッドが背中に回るバックスイングに変えない限りこれからも同じように、ダブルフォールで負けるでしょう。錦織君のサーブの構えおよく見てください、ラケット面は手首お異常に曲げ上向けですが、手平は面の後ろ側です。手のひらが上にくる薄いコンチネンタルにすれば、解決です。背中から回るので、体の回転、肘の伸展が大きくなり、スピード、スピンともアップします。ネットお高く越えドロップして入り、キックも大きくなります。とにかくグリップチェンジが、緊急の課題です。サーブの出来が試合運びに影響します。しかし最も重要なことは、ダブルフォールトしてしまうメンタルです。セカンドサーブに錦織君のような選手が、絶対の自信がないのです。そしてメンタルが崩れる原因です。以上、錦織君がグリップお変えることおねがいます。

こんな記事も読みたい

ランキング1位カロリーナ・プリスコバ戦に向けて勝敗をわける重要な1つのポイントについて。(祝大坂なおみWTAカナダベスト16進出)【女子テニスも熱い】

大逆転許し錦織は初戦敗退!トップ10史上最弱?のメンタル!錦織 モンフィースにやり返される!ティーム刷新で復活は!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

シュワルツマンがティームに勝利して3回戦へ/デルポトロと新鋭が激突/フェダル登場/モントリオール2日目【Ready...Play!】

ブロガープロフィール

profile-iconzerostart

あかつきスポーツ☆18ニュースを運営しています。
スポーツのサイトで、錦織圭・テニスを始め、卓球、バドミントンなど様々なスポーツ情報・速報を配信しています。
また、ここでしか読めないコラムもあります。
スポーツの好きな方に楽しめる内容にしていきたいと思っております。
随時、アンケートも行っております!
  • 昨日のページビュー:707
  • 累計のページビュー:17752616

(12月15日現在)

関連サイト:あかつきスポーツ☆18ニュース

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織が日本人最多の10勝目をあげる優勝! ビックサーバー、イズナーを攻略! (シティ・オープン2015決勝戦)
  2. BNPパリバ・オープン2016ドロー発表 錦織は比較的良い組み合わせか!?
  3. 錦織がナダル超えをはたし、BIG4全員からの勝利達成! 準決勝で3位のマレーと対戦!(ロジャーズ・カップ2015 準々決勝)
  4. 錦織の心揺さぶる試合に観客も涙 最終セット、タイブレークまでもつれるも、 王者ジョコビッチに一歩及ばず…(BNLイタリア国際2016)
  5. 錦織がリミットブレーク、優勝候補本命マレーをフルセット撃破でベスト4進出!(全米OP2016・準々決勝)
  6. 全仏オープン2016 ドローが発表! 注目の錦織、ジョコビッチの組み合わせは!?
  7. ロジャーズ・カップ2015 錦織は強敵・D・ゴファンと3回戦! 序盤戦でシード選手が次々に敗れる波乱!
  8. マイアミ・オープン2016 ドローが決定 錦織はマレーとベスト8で当たる組み合わせに!
  9. ジョコビッチの1強時代到来か…!? イタリア国際、決勝でフェデラーを破る!
  10. 錦織が体調不良に苦しむも、トロイツキ(24位)に見事な逆転勝利! 3回戦は再びガスケと対戦か!?(BNLイタリア国際2016)

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
06
05
2011
07
03
01
2010
03
02
2009
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss