東京ドーム of dreams

阿部慎之助 大黒柱

このエントリーをはてなブックマークに追加

2000本のヒットを積み重ねる。文字にすれば簡単だが、並大抵な記録ではないことは少しでもプロ野球について知っている方であればすぐにわかるだろう。 8月13日、夏休みも中盤に差し掛かろうとしている夜にジャイアンツの背番号10は史上49人目の偉業を達成した。 マツダスタジアムいっぱいに詰めかけた広島カープファンまでもが立ち上がり、阿部に声援を送ったのはただの記録達成の祝福が理由ではないだろう。

大学も夏休みに入り、甲子園からプロ野球をはしごするような青春を満喫している筆者のお気に入り漫画「キングダム」にこのような内容が書いてあった。 「敵に嫌われるということは、その人物がどれだけの恐怖を与えてきたのかを示している。多くの敵に死を望まれる武将であることは、その者が歴史に名を残すことを敵が認めているということなのだ。」 プロ野球という戦場を長く生き抜いてきた阿部慎之助の姿が、この言葉にぴったりとあてはまるような気がした。

今年で23になる筆者にとって、ジャイアンツの捕手は阿部慎之助以外にいなかった。 古田、城島、谷繁、矢野といった打てるキャッチャーたち相手に一歩も退かず戦い続けた阿部の姿はどこまでもカッコよく見えた。 正直言って阿部だけは、巨人ファンの踏み込んではいけない聖域だと思う。 横浜ファンにとっての三浦のように、広島ファンにとっての黒田のように馬鹿にされたら黙っちゃいられない。 それほどまでに巨人ファンの心の奥底に住み着いているのが阿部慎之助だと思うんだ。 原政権の強い巨人を引っ張り、高橋政権の低迷する巨人をぼろぼろになりながら見届けている。

誰もいつまでだって全盛期の自分でいられるわけじゃない、昨シーズンで鈴木尚広も引退し気づけば生え抜き最年長。 プロ野球全体のキャッチャー黄金期を共に支えた選手たちはとっくにユニフォームを脱いだ。 そんな中、ファーストに移り体中にけがを抱えながらでも野球を続ける理由はなんなのだろうか。 坂本を除いて、誰もレギュラーに定着できない野手を残して引退することの不安? 8月にもなって誰一人20本も打てない長打力不足の打線の穴埋め? そりゃその二つは懸念されるけど理由なんてどうだっていいんだ。 阿部は圧倒的な実績を持つ選手だけに許された権利を使っているだけに過ぎない。 そう、引退のタイミングを決める自由だ。 ジャイアンツ一筋で大卒2000本に300を超えるホームラン、挙句ポジションはキャッチャーだ。 誰がこの男に引退を薦められようか?

ちなみに筆者は阿部の引退試合なんて見た日にはほぼ間違いなく号泣する、逆に泣かない理由がないほどだ。 たとえ同棲している彼女に引かれようが、どこぞの議員に人に自分の人生のっけんなと言われようが俺にとって、いや巨人ファンにとって阿部の存在の大きさとはそれほどのものなのだ。 この感覚を他人に分かれなんてよう言わない。分かるはずがないのだそもそも。 9回裏、東京ドームの左バッターボックスに背番号10がバットを軽く動かしながら歩いてくる姿を見つめるあの感覚が。 BGMにはセプテンバーが流れ球場全体の気温が数度上がるような、一段と大きくなった外野応援席のファンのあの表情が。

正直、この2000本をきっかけに阿部の出場機会は減っていくだろう。 来シーズンに話を移せばファーストを守れる外国人大砲の補強は間違いないと思われる。 CSさえも逃しそうな、変革を迫られるジャイアンツの首脳陣にいずれ阿部慎之助が組み込まれるのは間違いないはずだ。 でも、その前に高橋監督が担っていたあの役割があいているではないか。 そう、ここ一番での代打の役割が残っている。たった一振りで球場全体の雰囲気を変えてしまうような選手にはすでになっているはずだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
阿部慎之助
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

○ カープ 4-1 ジャイアンツ@マツダ現地観戦【2017/08/13】【スライリィーと愉快な仲間たち ~広島カープ優勝までの軌跡~】

8月13日(日)横浜戦 惨敗・・【不惑を過ぎて惑うおっさんのブログ】

濱口好投、筒香2発で連敗ストップ!【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

【2000安打遊戯】阿部慎之助「巨人のたったひとつの共通言語」【プロ野球死亡遊戯】

* カープのファンよ、ありがとう。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

阿部選手2000本おめでとう、4-1で敗北【ジャイアンツ大好き! 小吉のブログ】

メモリアルな試合に勝ちをつける事ができず【巨人応援隊】

若手が着々と育つチームとそうでないチーム【アバウトG、アバウト・・・】

ブロガープロフィール

profile-iconzenki

ひとつよしなに
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:75276

(08月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大田泰示 かつての55番を背負った男
  2. 大竹寛 FA戦士が見せた意地
  3. 嗚呼栄光の巨人軍 CS1stステージ敗退から見えること
  4. 常勝軍団に返り咲く ジャイアンツのストーブリーグ
  5. 小林誠司 ジャイアンツの捕手として
  6. 重信慎之介 大卒二年目の代走屋
  7. 亀井善行 34歳の天才外野手
  8. WBC 世界と戦うジャイアンツ戦士たち
  9. 鈴木尚広 走り続けた20年 
  10. 陽岱鋼 台湾の英雄

月別アーカイブ

2017
08
06
01
2016
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss