スポーツ よもやま話

1974年の 坂口征二

このエントリーをはてなブックマークに追加

古いプロレスのビデオを見ました

S49年 大巨人といわれた アンドレ・ザ・ジャイアント

が 新日本プロレスに初来襲し 猪木、坂口と

初対決というビデオですが、そのころ小僧だった

自分は 「猪木 対 アンドレ」にばかり気がいって

おり 坂口征二(坂口憲次の父)とアンドレの試合

の印象がなかった。当時 柔道をがっちりやった先輩に

世間は「ブラジルでコーヒー栽培してた猪木や」

「野球くずれの おばけの馬場」なんかをちやほやしてるけど

メキシコのオリンピックで柔道があれば 金メダル候補だった

明治大学柔道部で「血のしょんべん流して地獄の稽古」を

たえぬいて 柔道日本一になった 坂口が 本気でやれば

一番強いのにきまってる。云々と 何度も聞かされた

しかし TVで見る限り 猪木が強い(ように)見えた。

今 ビデオで見直してみると 怪物といっていい A・ジャイアント

が マジで互角に わたりあってるのは「猪木より坂口だな」

と 改めて感じます。

プロレスに「強さ」や「勝負の結果」なんてのは 誰も関心は

ありません。ところどころで見せる 攻防での 実力を

どう感じるか ということですが 「坂口征二 は 本物」と

いうこと 坂口のすごさを 再発見した次第です。

ついでに 最後は巨人症で 背が伸びつずけ 46歳という若さ

で 死んでしまった Aジャイアントですが このころはまさに

全盛期で しっかりしたレスリングもできる状態でした。

とにかく そういうAジャイアントと 遜色ななく対戦してる 坂口

は プロレスラーとして 本当に正当な評価をされていたか?

疑問です が 今のプロレスを見るにつけ 坂口VSギャイアント

の古きよき 時代がなつかしいです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
古きよきプロレス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

モハマドアリ と フレッドブラッシー 【スポーツ よもやま話】

加藤善孝 試合直前インタビュー「打ち勝って来年に弾み。アジアで一番目指したい」【角海老-ボクシングコラム】

またしても‘期待’を裏切らない稀勢の里【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconyumiiku

  • 昨日のページビュー:1225
  • 累計のページビュー:117431

(03月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 琴奨菊の 大関陥落に思うこと。
  2. 2016年末の 格闘技戦戦評
  3. 稀勢の里に栄冠は輝くのか?
  4. NHKも予想できなかった稀勢の里の勝利
  5. S37 大鵬・佐田の山 がダブル「白鵬・稀勢の里」 
  6. 2016年末 格闘技番組を予想する
  7. キンサシャの奇跡から42年
  8. 今場所の照ノ富士は 一味違う
  9. S38年12月 デストロイヤーとヘーシンクの以外な関係
  10. 80年代 BOXING黄金の中量級回顧

月別アーカイブ

2017
03
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss