スポーツ よもやま話

1966年(S41年)の G 馬場

このエントリーをはてなブックマークに追加

1966年(S41年)のG・馬場を振り返る G・馬場にとっては 最も脂の乗り切った時期であったろう。 1965年暮れに 力道山ゆかりの復活インターナショナル チャンピオンになり、何かと 馬場人気に嫉妬していた  日プロ社長の豊登が 公金横領で 日本プロレスを退社する   1月 に 28歳となった G・馬場は名実ともに日本プロレス の 大看板のエースレスラー件 日プロ役員となる。 G・馬場を 不動のエースにするため インターナショナル 選手権の2度目の防衛戦(実質的には初防衛戦)の相手として 力道山と死闘をくりかえした、実力者ルー・テーズを招聘する。  2月 インター防衛第②戦 ルー・テーズ(1966.2.28)  ルー・テーズを 2-1で下し 力道山の正当な後継者 は G・馬場であることを 満天下に示すこととなる。 3月 日プロの仕打ちに豊登は新規プロレス団体を旗揚げを 決意し米国からの帰国途上にあった A・猪木をハワイで ジャックする。 4月 第8回Wリーグ開幕 馬場と手の合う Pモラレスや Wスナイダー Aハッサン等が参戦  5月 Wリーグ決勝で W・スナイダー破り初優勝 まさに TVプロレスの 馬場時代の到来であった。 A猪木が 馬場に挑戦状を突きつけたものの まだ旗揚げも していないプロレス団体の 猪木の挑戦を完全に無視していた。

7月 インター防衛第③戦 キラー・カール・コックス(1966.7.5) を退け インター王座は安泰であった。 9月 東京プロレス旗揚げし A・猪木は Jバレンタインと名勝負 を展開し 世間から 猪木が強いのか 馬場が強いのかと言われた ものの あいかわらずの無視を通していた。 10月 インター防衛第④戦 ゴリラ・モンスーン(1966.10.20)     インター防衛第⑤戦 ゴリラ・モンスーン(1966.10.28) NY時代からの ライバル Gモンスーンと2連戦を行い 防衛する。 東京プロレスの息の根を止めるため、当時 まだ見ぬ強豪であり アメリカの ビッグネームであった フリッツ・フォン・エリック を招聘する。 11月 インター防衛第⑥戦 フリッツ・フォン・エリック(1966.11.28) 日本プロレスは 東京プロレスとの大阪興行決戦を制する。  12月 インター防衛第⑦戦 フリッツ・フォン・エリック(1966.12.3) 結局  東京プロレスは事実上 12月で崩壊していく。 1966年(S41年)は G・馬場が 気力・体力・人気 でも 最盛期 の 年であった。

今思うと プロレス天国時代であった、 真剣勝負ではないとわかて いても 「プロレスラーは強い」という 幻想がまだまだ生きていた時代 であった。 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
古きよきプロレス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

テリーの復活! こんなうれしいことはない!!【タイガース応援・千葉のオバサン】

苦しい局面でも負けない稀勢の里関。安定した足腰が心に余裕を生んでいる【独断と偏見の相撲ランキング】

素直に稀勢の里を応援できたらどんなに楽なんだろう、って思う日々【ピノキオ〜「クビ差」で「クビ」になったはずなのに、舌の根も乾かぬうちに再開した厚顔無恥なブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconyumiiku

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:175435

(06月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 琴奨菊の 大関陥落に思うこと。
  2. もういいでしょう 高橋監督
  3. 2016年末の 格闘技戦戦評
  4. 稀勢の里に栄冠は輝くのか?
  5. NHKも予想できなかった稀勢の里の勝利
  6. 巨人 広島に敗れる
  7. 今日の巨人「ベンチが○○やから」野球やってられんな
  8. S37 大鵬・佐田の山 がダブル「白鵬・稀勢の里」 
  9. 巨人 連敗街道まっしぐら。。
  10. 阪神 広島相手に怒涛の3連勝

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss