カープファンの日常日記

侍ジャパンを振り返る

このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりの投稿になります。

引っ越しなどで忙しく中々ブログを書く時間がありませんでしたが、今日からまた再開したいと思います。

侍ジャパン、快進撃ですね!!

組み合わせ的に準決勝までは行くだろうとは思っていましたが、6連勝とは予想外でした(笑)。

その原動力として挙げられるのは打線でしょう。

打線は過去3大会を見ても最強クラスの切れ目のなさを誇ります。

スピードボールに強く国際試合向きで、足もある復調した最強のリードオフマン山田。

何でもでき、ツボにくれば長打も出る、現役セカンドナンバーワンの守備を誇る”魔法使い”菊池。

唯一のMLBプレイヤーで、当たりはまだ出ていないがこれからの戦いでその経験を生かしてくれるであろう青木。

日本の4番として、効果的なホームランや適時打を放ってきた頼れる主砲の筒香。

筒香をサポートしつつ、抜群の勝負強さを見せる中田。

抜群の守備力と、プルヒッターながら右にも打てるスーパーショート坂本。

まだ本調子ではないが、スピードボールに強いためここからの戦いで必要になるであろう”神ってる”鈴木。

ムードメーカーで、一定水準を誇る守備に一つ間違えば一発長打の魅力を持つ松田。

今大会のラッキーボーイで、ボールを前に飛ばすと何かが起きる小林。

これに加え内川、秋山が控えており、大谷や柳田がいたがどうなっていたのだろうというメンツです。

投手陣は先発陣は苦しんでますが、リリーフがいい仕事をしています。

今大会で最も株を上げた投手の千賀は、相手の流れを止めるストッパーとしての役割を果たしつつ、先発としてチームを準決勝に導く投球を見せるなど文句のつけようのない投球です。

平野も早い回に投入され、きっちり火消しし、その後の攻撃につなげる好リリーフを見せています。

牧田はクローザーとして難しい役割ですが、高低をしっかり使えボールに力もあることできっちり相手の攻撃を断ち切る投球ができています(疲労からイスラエル戦はさすがにボールが走ってなかったですが)。

その他のリリーフ陣も自分の仕事をきっちりこなしています。

継投も相手の打順や流れや前の投手のタイプなどを総合的に考て最適な判断ができていると個人的には思います。

イスラエル戦の9回に牧田を登板させたのは、国際試合だと相手に隙を見せるとやられるというプレミア12の反省を踏まえたものなのだと理解しています。

まあ個人的には則本で行ってもよかったと思っています。

もしかしたら首脳陣の中で、本戦で使うよりリスクのない強化試合で何か試そうとしているのかもしれません。

ここまで苦しみながらの勝ち上がりでしたが、ここからはもっと手強いチームを相手しないといけません。

圧倒的な質と物量えお誇る優勝候補筆頭のドミニカ。

大会ナンバーワンの内野守備にどこからでも長打の出る打線、MLBの一流プレイヤーを揃えたアメリカ。

モリ―ナを軸としたインテリジェンスと、前回より増した野手の力が光るプエルトリコ。

三冠王カブレラやサイヤング賞のキングなど攻守にタレントを持つベネズエラ。

ただ勝てない相手ではありません。

首脳陣がどう知恵を絞って策を練ってくるのか、今から楽しみです!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

がんばれ石川歩! そしてイスラエル代表との試合について私がどうしても言いたいこと【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

WBCは要るか要らないか?小休止の間に問うてみる。【願)カープVSライオンズの日本シリーズ】

侍、海を渡る。【辛口G党の戯れ言】

ブロガープロフィール

profile-iconyuma

  • 昨日のページビュー:9920
  • 累計のページビュー:118693

(03月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. カープの今季を展望する②
  2. カープの今季を展望する③
  3. カープの今季を展望する①
  4. 大丈夫かこれ?
  5. カープの今季を展望する④
  6. 侍ジャパン対阪神戦雑感
  7. 侍ジャパンを振り返る
  8. 快勝!!と言いたいが・・・

月別アーカイブ

2017
03
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss