カムイ空

【F's Draft】記事の99%はドラフトとは関係の無い話ですので

このエントリーをはてなブックマークに追加

久々のブログ更新&ファイターズのスカウト情報!
早速、記事を紹介します。


日本ハムが“東北のダル”大谷に熱視線
日刊スポーツ

 日本ハムが今秋ドラフトで“東北のダルビッシュ”の異名を取る最速151キロ右腕、花巻東(岩手)の大谷翔平投手(2年)を1位指名候補に挙げていることが2月29日、分かった。山田正雄ゼネラルマネジャー(GM)は「一級品。腕の振りが柔らかく、直球には角度もある。他の高校生と比べても頭1つ抜けている存在」と高く評価。今年から東日本担当スカウトが増員されたことも有利に働き、編成部門一丸となって長身の速球派を徹底マークしていく。

 高校生では群を抜く存在だ。山田GMは今年の大学生NO・1右腕、亜大・東浜巨投手(3年)と比較し「東浜はもちろん大学生なので即戦力だが、大谷は高卒でもひょっとしたらシーズン中には1軍に上がって4勝くらいするんじゃないか、という魅力がある」と言う。昨年までエースとして活躍したダルビッシュ(レンジャーズ)も、東北(宮城)から入団1年目は5勝。193センチの長身と剛速球から“東北のダル”と称されることが多い大谷だが、実績でも本家と同じくらいの勝ち星を見込める逸材というわけだ。

 高校時代のダルビッシュと同じように成長痛に苦しみ、昨秋の公式戦登板はゼロ。それでも「入団後即、勝ち星を挙げることも大切なポイントだが、将来的にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)代表で活躍できるような選手が欲しい」(山田GM)という日本ハムにとって、将来性NO・1の大谷は、今秋ドラフト候補の中で最もその条件に近い。21日開幕のセンバツでも、徹底マークで熱視線を送る。


ファイターズも他球団の例外なく大谷を1位指名候補としてリストアップしている、という記事です。まあ、コメント云々を見る限り東浜と大谷のどちらかでしょうね。

そして、ここからがIXIの本領発揮!妄想の時間です(笑


『入団後即、勝ち星を挙げることも大切なポイントだが、将来的にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)代表で活躍できるような選手が欲しい」(山田GM)という日本ハム』


何故、ファイターズがWBCで活躍できる選手をほしがるのか・・・?
もちろん、純粋に「WBCで活躍できる選手は、チームの主力選手」という原理もあるでしょうが、その裏で「WBCで活躍すれば、メジャーの注目も集まる」ということもあるのでは・・・(深読みしすぎか)。

それでは「WBCで活躍すれば、メジャーの注目も集まる」ということがどういうことか?

①メジャー球団からの評価が高くなる
→選手が移籍する際、より高額なお金が動く
 →ポス移籍の際、移籍金が高額になる(球団の利益が大きくなる)

②日本国内での注目度も上がる
→スター選手として世間の認知度が広まる
-おそらく、日本シリーズなどでMVPを取るよりも、WBCで殊勲打を打った選手の方が世間では圧倒的に注目されると思う。日本シリーズはあくまでも野球ファンしか見ないだろうが、WBCとなると普段野球を観ない人も見るだろうから-
 →選手に人気が上がれば、その選手の所属球団の認知度も高くなる

という二つの考えがあります。もちろん、他にも考えはあるでしょうが、僕の頭の中では、大切なのはこの二つ。

*改めて、これはIXIの妄想でございますので(汗

さて、ここでようやく「何故、ファイターズがWBCで活躍できる選手をほしがるのか・・・?」という疑問に立ち戻ります。

①は書いたとおり、選手がポスティングで移籍すれば球団には利益があるわけで、その利益が高ければ高いほどいいのは当たり前、という話です。
多くの日本の球団にしてみれば、FAでメジャーに移籍するのと、ポスティングでメジャーに移籍するのとでは、その利益の違いから後者の方法で移籍してほしいという気持ちが少なからずあると思います。というか、赤字だ黒字だと騒いでいる経営者ならば、そういう考えがある方が健全。
つまり、ファイターズは「どうせメジャーに行きたいのなら、ポスティングで早く行かせてあげるから、その代わりに、大活躍して移籍金はたくさん残してね」ということだと思う。
ちなみに、大谷も強いメジャー志向の選手のようなので、この条件は「メジャー移籍はFAまで待ちなさい」という球団よりも有利かもしれない。


②WBCというのは「プロ野球ファン」「特定球団のファン」という枠とは別の「WBCファン(ナショナルチームファン)」というところのファン層を獲得するには非常に魅力ある大会であると思う。
日本シリーズにしろ、オールスターにしろ、結局は、前述の二つのファンは関心があれど、WBCファンにはそれほど関心のある出来事ではない。
ただし!その例外となってくるのが、WBCファンの中でも「そういえば、あの選手って、○○の球団の選手だったっけ」と思う人。おそらく、そういう人が新たなプロ野球ファンであり、ファイターズファンになってくれる人だと思う。
「興味」が「好意」に変われば、それは間違いなく恋の始まりファンの始まりだ!
つまり、WBCでの選手の活躍は、球団のファンを増やす絶好の機会だといえるのです。
ちなみに、このファン獲得の方法は「アマチュア野球ファン」にも適応できると思う。ドラフト会議で選手の実力と同じくらい世間の人気面を重視するのも、そういう意図があると思う。
ファンが増えるということが、様々な分野で良い影響が出てくるということは、皆さん周知のことだと思います。

WBCでの選手の活躍は、そういった意味でも大きな価値があると思うのです!



ああ、なんだか取り留めの無い文章(笑
というか、ファイターズのドラフト関係ない!そのことを期待して記事をクリックしてしまった方々ごめんなさい・・・

まあ、今回は「ファイターズ球団の考察」という感じでしたね(汗



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファイターズスカウト情報
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【F's Draft】記事の99%はドラフトとは関係の無い話ですので

>魑魅魍魎さん
まあ、昨今の野球界を見る限り「メジャー志向」でない選手の方が珍しいですけどね(笑

大谷は確かにいい投手ですが、背番号11はまだ取っておいてほしいですね。手前味噌にもダルビッシュは退団会見で「帰ってくるならファイターズが…」なんていってくれましたし、それが10年先でも背番号11を空き番にしていてもいいと思ってます。

【F's Draft】記事の99%はドラフトとは関係の無い話ですので

山田GMの言動を観るに付け九分九厘1位指名は大谷の様な気がしますね。個人的には背番号11番が一番似合う選手だと思っています。
 
ファイターズのフロントは北海道移転後の相次ぐ主力の移籍等で選手に対しても柔軟な考えを持っていると思いますね。
選手のモチベーションに成るならそれもお互いにとって良い事です。育成をチームコンセプトに掲げている以上常に新しい選手を育てないと低迷するという危機感が有っていいのかもしれません。

仮に大谷がメジャー志向でもそれが嫌で競合する球団が減るのはファイターズにとってはイイことですよね。

【F's Draft】記事の99%はドラフトとは関係の無い話ですので

>フムフムさん
確かに高卒4勝は吉川ですね…
いや、吉川だってきっとこれからファイターズのエースになってくれるはず!山田GMもそれを見越した発言でしょう(汗

日本ハムのフロントはいろいろな意味で楽しませてくれますよね(笑
日本ハムの「ファンサービスファースト」という理念が全てに通じていますよね。極論を言えば「144試合全試合負けても、ファンを満足させられる」ことが最大の目標かもしれません。

【F's Draft】記事の99%はドラフトとは関係の無い話ですので

>sasasasaさん
日本に限ってみればWBCファン、というかナショナルチームファンはかなり多いでしょう。サッカーファンには失礼かもしれませんが、僕をはじめ「日本代表は見るけど、Jリーグは見ない」という人は多く感じます。
しかも、WBCという大会では日本代表は2回連続で優勝していますから、その注目度はかなり高いです。
アメリカや他国のことは置いといて、日本国内でのファンを獲得する上で、日本人の注目が集まるWBCは大きなイベントとなりえるはずです。

それと今後、野球が世界的に発展していく上で「国際的な大会」というものは重要になってきます。WBCも今はまだ2回しか行われていない大会ですが、今後10年、20年と続いていくうちに大会自体に力をつけてくるでしょう。
何事も長いものにはそれなりに力が備わるものです。

こんな記事も読みたい

まだ我慢【千葉のエース】

久々の更新【お気楽に楽しく】

オープン戦初勝利!【白瀬の阪神ブログ】

なつかしの左腕【fighters life】

イトイマン【ハンサム村日記】

ファイターズ、斎藤佑樹に期待する【HIT! RUN! WIN!】

シーズン到来【fighters life】

本拠地オープン戦【ハンサム村日記】

ブロガープロフィール

profile-iconyukimasa

管理人:IXI
好きな球団:北海道日本ハムファイターズ
好きな選手:ダルビッシュ、斉藤和巳、小坂誠
 *ファイターズ選手は無条件で好き(笑

北海道生まれ北海道育ち妄想癖あり。
基本的にはファイターズとドラフト関連の記事を書いていきますが、気分次第(笑
  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:2717436

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【F】糸井・八木で面白くなったスタメン予想
  2. 【F】ドラフト第一報と人事
  3. 【Fs】ドラフト雑感
  4. 【Fs】「頑張れ」って他人事みたいな言葉だけど、やっぱり他人事なんだよね、きっと
  5. 【Fs】新入団選手たち
  6. 【F】今年のドラフト1位は・・・
  7. 【Fs】今後の戦略に刮目せよ
  8. 【F】未来のスターたち
  9. 【F】なぜ、即戦力野手に萌えるのか?
  10. 【F】・・・・・・

月別アーカイブ

2013
03
02
01
2012
12
11
10
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss