ゆきちのすぽーつこらむ

社会人野球日本選手権代表決定。組み合わせ抽選は10月6日。

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人野球日本選手権の代表が出揃った。 最後に、代表に滑り込んだのは、前回優勝の『ヤマハ』だった。 ヤマハは、ジャイアンツにドラフト4位で指名された池田駿の抜けた穴が大きかったのか都市対抗野球にも出場できなかったが、今年最後の大会には出場することができた。しかも、32番目に決まった代表である。

さて、地区最終予選枠での出場チームについて、すでに終わっていた東北代表以外について予想したがその結果について検証してみる 北海道 JR北海道 (X)室蘭シャークスと予想 北信越 フェデックス(X)信越野球クラブと予想 関東   東芝 (◎)      明治安田生命(X)鷺宮製作所と予想     JR東日本(◎)     新日鐵住金鹿島 (X)三菱日立パワーシステムズと予想     JX-ENEOS(X)セガサミーと予想 東海  三菱自動車岡崎(X)JR東海と予想     王子(X)西濃運輸と予想    ヤマハ(◎) 近畿 日本生命(◎)    大阪ガス(◎)    パナソニック(◎)    新日鐵住金広畑(◎)    三菱重工神戸・高砂(◎) 中国  JR西日本 (X)JFE西日本と予想    三菱重工広島(◎) 四国  JR四国(◎) 九州 沖縄電力(◎)    JR九州 (◎)

敗者復活戦での代表順を考えなければ、12勝8敗ということで、6割の正解となった。 10月30日からということで、ドラフト会議後の開催なので、ここでの活躍は、来年以降のドラフト会議の参考材料となったり、指名された選手にしてみれば契約金の上乗せ材料になったりする。 大会要項には、『※大会期間については、プロ野球オリックス球団との協議により決定する。』とある。 来年、オリックスが、クライマックスシリーズや日本シリーズ出場となれば、グリーンスタジアム神戸やわかさスタジアム京都(西京極球場)などで、大会が開催になるのかもしれない。甲子園球場で社会人野球日本選手権となると面白そうだが。 今年は、 地区最終予選枠の21チーム、JABA大会優勝10チーム、都市対抗野球大会優勝チーム、全日本クラブ野球選手権大会優勝チーム の32チームで優勝を争う。 昨年準優勝、今年の都市対抗野球も準優勝の日本通運が優勝に一番近いと思う。これに続くのが、都市対抗野球優勝を補強選手に助けられながら優勝したが、西村投手、渡辺投手、福田内野手がいるNTT東日本、そして、佐竹投手がいるトヨタ自動車と見る。 組み合わせ抽選は、10月6日だ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
社会人野球
タグ:
グリーンスタジアム神戸
オリックス
ヤマハ
NTT東日本
トヨタ自動車
日本通運
西村天裕
福田周平
甲子園球場
社会人野球日本選手権

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【カナダ高校野球セレクションツアー2017】<7日目>【ベースボールコミュニケーション 野球長期留学ブログ】

【カナダ高校野球セレクションツアー2017】<6日目>【ベースボールコミュニケーション 野球長期留学ブログ】

軟式野球部・東都学生軟式野球秋季リーグ戦 対東洋大川越戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconyuki_chi

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:867807

(10月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第87回選抜高校野球のベスト8から優勝校までを大胆予想
  2. 第89回選抜高校野球のベスト8から優勝校を予想
  3. 第99回全国高校野球選手権のベスト8に進むチームを予想
  4. 第87回選抜高等学校野球大会出場校予想 ~特別優遇処置発動で兵庫から代表校~
  5. 第86回選抜高校野球大会優勝校予想
  6. 第99回全国高校野球選手権のベスト8予想の検証
  7. 未完の大器(大器晩成)大田泰示が自分のスタイルを確立しないと・・・
  8. 幕下附出から1年で大翔丸が新十両、あと一歩の正代 大卒の実力者は、幕下附出でも前相撲からでも下積み生活の期間はほぼ同じなのか
  9. 次の2000本安打達成者は、福浦か荒木かそれとも井端?
  10. 日本人の新横綱・新大関

月別アーカイブ

2017
09
08
05
03
02
2015
07
06
05
04
03
02
01
2014
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss