Yuki's Sports Arena

女子バレー五輪予選2000 ~精神的支柱の存在・2/2~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「日本チームに、吉原さんがいたら・・・」
 「彼女がいたら、こちらは困ったでしょうね。彼女は今でも日本でNo1のセンター
でしょうに・・・」

 吉原知子選手。バーバラは普段から他のチームの選手について話題にすることは
少なかったけれど、Vリーグを戦っていた期間、吉原さんの名前はよく口にしていたし、
意識していたように思う。世界選手権やワールドカップ等の国際大会で日本チームの
メンバーを告げるとき、吉原さんの名前を確認することもあった。

 「なぜ、彼女はメンバー入りしていないの?怪我?怪我ならチバもたくさん抱えて
いるけれど・・・私もそうよ、ご存知の通り」
 
 にっこりと笑ったバーバラに私もつられて微笑んだ。バーバラの質問には答えずに。

 「チバの部屋に、行ってくるね」
 「うん、私も後で行くって伝えてね」
 
 バーバラと一緒に行かないほうがいいと思って、部屋に残ってお茶を飲んでいた。 

 チバ、彼女がデンソーに所属した期間は1シーズンだった。
 練習でセッターとのコンビが合わないとき、「ああしてこうして!」という口調では
なく「もう少し、こっちがいいかな」という言い方を選ぶ。たとえセッターのミスだと
しても、自分に全く非がないわけではない限り「私が悪かったのよ」と言葉をかける。
そして何よりも、上手くいったときには必ず褒める。セッターに限らず試合中にナイス
プレーが出ると、にっこり笑ってハイタッチをする、声をかける。次のプレーに繋がる
気持ちの安定を作り上げてくれる。

 しばらくしてバーバラが戻ってきたとき、チバも一緒だった。

 「ゆき~、調子はどう?大丈夫?」
 
 抱きしめられたとき、思わず涙ぐんでしまった。 
 「おめでとう」を私から告げる前に(当時理由があって)私の体調を心配してくれる、
そういう人なのだ。

 8年前、クロアチアの精神的支柱だったエレーナ・チェブキナ選手、通称チバ。
 旧ソ連の女子バレー黄金時代を築き上げた1人で、金メダリスト。
 2000年当時35歳で出場したシドニーが最後の五輪となった。彼女はその後引退し、
現在クロアチアの観光名所であるドブロニックで通訳として働いている。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Volleyball
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

女子バレー五輪予選2000 ~精神的支柱の存在・2/2~

 ぽんぽこさん、コメントありがとうございます。
 
 櫻井選手と勘違いされていたとのこと・・・思わず微笑みました。
 サーブ練習のとき、櫻井選手はいつもバーバラのサーブを受けていて、
うまくキャッチできなかったときは、バーバラが勝ち誇ったふり(ふりでは
なく、実際勝ち誇っていたかも・・・)をするので、「もう1本!」と果敢に
挑戦していたことを覚えています。懐かしいです。

 私はぽんぽこさんと異なって、第4セットに興奮しすぎて内容をはっきりと
覚えていないのですが(すみません!)、竹下選手が大懸選手にボールを
集めていたのだとしたら、クロアチア側のサーブによって崩された日本側が
アタッカーにボールを回すしかない状態だったのかもしれませんね。
 
 そうですね、竹下選手は最後になるかもしれませんね・・・。
 女子、男子ともどんな戦いを見せてくれるのか、本当に楽しみです。

女子バレー五輪予選2000 ~精神的支柱の存在・2/2~

yukiさん、私のコメントに返事して頂きありがとうございます。正直言って嬉しいです。
前回のコメントに書ききれなかったことを含めて書きます。

「女子バレー五輪予選2008~精神的支柱の存在~・1/2」のページで「以前から時々話題になっていた日本人
選手のことを。」とありましたが、その時私はデンソーで同僚だった「櫻井選手」のことかと勝手に勘違いしてしまいましたので、吉原選手と知って興味深く思った次第です。

8年前の日本-クロアチア戦の第4セットは今も鮮明に覚えています。クロアチアはバーバラ選手、日本は大懸(現成田)選手にボールを集めた結果、エースの決定力が上回ったクロアチアに勝利の女神が微笑みました。「セッターの背が低いから負けた」わけでなく、「セッターのトスが偏ったから負けた」と思ったのを覚えています(素人考えですが…)。

あれから8年、今回が最後のオリンピックになるかもしれない竹下選手には、大胆なトスワークをして欲しいと思います(話は変わりますが、竹下選手の運動神経は素晴らしいと感心します)。

女子バレー五輪予選2000 ~精神的支柱の存在・2/2~

 ぽんぽこさん、コメントありがとうございます。
 お返事が大変遅れまして、申し訳ありません。

 先日(上記していますエデンさんへのお返事にも)書きましたが、
8年前のことを覚えていらっしゃる方がいることを嬉しく思います。
 私にとって、クロアチアが勝ったことは喜びではありましたが、
同時に日本チームが出場権を落としたことに衝撃もありました。
 クロアチアの内情を詳しく存じてはいたものの、当時こういった
ことを明らかにするのは難しく、後になって書けることもあるのだと、
今更ながらに思っています。

 吉原選手がいたら・・・そうですね、本当に。
 それくらいバーバラも(チバも)吉原さんを意識していました。
 それからもうひとつ付け加えるなら・・・当時はなかったので
どうしようもないことですが、開催国有利の指名試合が可能で
クロアチアを第1戦目の相手にあてることが出来たら、恐らく
日本は勝てたのではないかと思います。 

 竹下選手が主将・・・年月が経つのは本当に早いです。
 五輪では是非メダルを狙っていって欲しいですね。

女子バレー五輪予選2000 ~精神的支柱の存在・2/2~

 エデンさん、コメントありがとうございます。
 お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ありません。

 改めて、はじめまして、です。
 けれども・・・チバのことをよく覚えていらっしゃるという親近感からか、
はじめましてのような気がしません。8年前のことを書き記すときに、
どれほどの方の記憶に残っているか、気になってはいたのですが、
エデンさんの書いてくださったことを読み、大変嬉しく思いました。

 彼女ほど実力と優しさが比例していた女性はいませんでした。
バーバラはどちらかというと、強さやユニークな面を持っていますが、
チバは誰に対しても等しく心を開く・・・本当に優しくて魅力的な
女性でした。彼女のことを悪く言うバレー関係者は1人としていない
でしょう・・・。エデンさんが感じてくださっていた人柄の通りです。

 先日バーバラと会ったとき、チバの話しにも及びました。エデンさんの
メッセージを伝えましたので、バーバラがきっとチバに話してくれると
思います(近いうちに、ちゃんと確認してみますね)。

 

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconyuki93

 Yuki Hattori, Japan
 神奈川県生まれ、東京外国語大学朝鮮語学科卒業。基礎課程で朝鮮語学、3年次以降は主に英語教育学(特に語彙指導)を学ぶ。
 米国高校留学を経て大学時代から通訳を始める。1995年以降、国際大会チーム担当や要人随行、外国人選手・コーチの通訳および規定や契約作成、翻訳等主にスポーツ関係に携わる。90年代後半デンソーに所属し、世界的に活躍したバーバラ・イエリッチの元専属通訳。
 現在は記者を兼ね、欧州と韓国のスポーツ、主にハンドボール事情を追っている。
-------------------------
 原稿・通訳・翻訳のご依頼はコメント欄(非表示設定になっています)からお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:220022

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2018年ワールドカップ・サッカー開催地
  2. 女子バレー五輪予選2000 ~精神的支柱の存在・2/2~
  3. 女子バレー五輪予選2000 ~8年前・クロアチアの状況~
  4. 女子バレー五輪予選2000 ~日本対クロアチア戦~
  5. パク・ジュンギュ選手の涙
  6. 2022年ワールドカップ・サッカー開催地
  7. 韓国 SKハンドボール・フェスティバル各賞 Fin
  8. 北京五輪から世界選手権へ 2/2
  9. スポーツイベント・ハンドボール 2009年4月号
  10. 尹京信選手、ブンデス最後の試合

月別アーカイブ

2011
10
08
2010
12
11
08
06
05
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss