Yuki's Sports Arena

尹京信選手、ブンデス最後の試合

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先週末、トヨタ・ブンデスリーガは最終節を終え、07/08シーズンの幕が下りました。

 5月17日15:00に開始された対ギュッピンゲン戦は、ハンブルグにとって最後のホーム
ゲーム。
 またこの試合は、12年間ドイツでプレーを続けた尹京信選手(韓国出身・ハンブルグ
所属)にとって、ブンデス最後の試合でもありました。
 ブンデスリーガでプレーしていた間に彼の成し遂げた偉業の全てを書ききれません
が、一昨日の試合で2908となった総得点数はブンデスリーガ史上最高記録です。

 尹選手は大学在学中にあった数多くのオファーの中からドイツの名門チームである
グンマースバッハを選び、ドイツに渡りました。10年間、グンマースの中心選手として
活躍し、2年前の06/07シーズンにハンブルグに移籍。
 昨年07/08シーズンが始まって間もなく、今季限りで韓国へ戻る意志を公にし、今年
初めには韓国のハンドボールチームのひとつである斗山と契約しています。
 今後3年間は斗山で現役を続けながら、大学院でスポーツ・マーケティングを学ぶ
予定です。

 2年前、グンマースバッハで最後の試合を終えた尹選手には、彼への別れを惜しむ
大きなイベントが用意されていました。
 今季最後の試合、その勝利と共に来季のチャンピオンズリーグへの出場権を手に
したハンブルグ。カラーライン・アリーナには12132名のサポーターが集いました。
そしてやはり試合終了後には、尹選手の功績を労うセレモニーが催されました。

 公式戦は17日が最後となりましたが、今日19日にベルリンで催されるオールスター
ゲームに出場予定となっており、その後帰国準備に入るとのこと。

 最後に、とても印象に残っている、尹選手の言葉のひとつを記します。
 「あなたにとって、ハンドボールは?」という質問に対しての彼の答えです。

 「ハンドボールがなければ、自分は何者でもなかった」



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Handball World Info
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

尹京信選手、ブンデス最後の試合

 handzoneさん、コメントありがとうございます。
 お返事遅れて申し訳ありません。

 YouTubeの画像は私も拝見していましたので、その印象がおあり
だったのかなとは思いました。定かではありませんが、恐らくTV局側
に韓国の(アジアで起こった出来事であるという)イメージを持たせる
意図があって、あえて通訳者を介したのではないかと思っています。
 オフィシャルウェブサイトは韓国の方にあると(本人以外の方)から
聞いたことがありますが・・・私は確認していません。
 私個人の意見ですが、インターネットによる情報公開は利用者側
には便利で嬉しいものではありますが、それが全てではないので・・・
オフィシャルサイトも本人が必要と感じるか次第だと思います。

尹京信選手、ブンデス最後の試合

そうでしたか、教えていただきありがとうございました。
以前にyoutubeで観た、中東問題について特集されていたドイツの番組では終始韓国語で話されていたので。 問題が問題だけに慎重な言葉選びが必要だったのでしょうね。
世界的なスターなのにオフィシャルウェブサイトが存在しないことは寂しいですね。

尹京信選手、ブンデス最後の試合

 コメントありがとうございます。

 尹選手はドイツ語がとても堪能ですよ。
 ブンデスリーガやチャンピオンズリーグ等のインタビューも全てドイツ語で
行いますし、現地の友人や選手たちも彼のドイツ語を褒めていました。
 選手としての評価も、ドイツ国内だけでなく欧州でとても高いです。

尹京信選手、ブンデス最後の試合

有り難いブログです。
そうですか、大学卒業から直接ドイツへプロ選手として渡っていたんですね。
彼の偉業はもの凄いのですが、インタビューなどもドイツ語でしていたら、もっともっとドイツ国内での評価が高かったのではないでしょうか。
もちろん、滞在年数が長いので理解度は高いのでしょうけれど。

こんな記事も読みたい

女子バレー五輪予選2000 ~8年前・クロアチアの状況~【Yuki's Sports Arena】

94 Interview【 左腕坊主   ハンドボール 櫛田亮介】

94Tube【 左腕坊主   ハンドボール 櫛田亮介】

ブロガープロフィール

profile-iconyuki93

 Yuki Hattori, Japan
 神奈川県生まれ、東京外国語大学朝鮮語学科卒業。基礎課程で朝鮮語学、3年次以降は主に英語教育学(特に語彙指導)を学ぶ。
 米国高校留学を経て大学時代から通訳を始める。1995年以降、国際大会チーム担当や要人随行、外国人選手・コーチの通訳および規定や契約作成、翻訳等主にスポーツ関係に携わる。90年代後半デンソーに所属し、世界的に活躍したバーバラ・イエリッチの元専属通訳。
 現在は記者を兼ね、欧州と韓国のスポーツ、主にハンドボール事情を追っている。
-------------------------
 原稿・通訳・翻訳のご依頼はコメント欄(非表示設定になっています)からお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:220022

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2018年ワールドカップ・サッカー開催地
  2. 女子バレー五輪予選2000 ~精神的支柱の存在・2/2~
  3. 女子バレー五輪予選2000 ~8年前・クロアチアの状況~
  4. 女子バレー五輪予選2000 ~日本対クロアチア戦~
  5. パク・ジュンギュ選手の涙
  6. 2022年ワールドカップ・サッカー開催地
  7. 韓国 SKハンドボール・フェスティバル各賞 Fin
  8. 北京五輪から世界選手権へ 2/2
  9. スポーツイベント・ハンドボール 2009年4月号
  10. 尹京信選手、ブンデス最後の試合

月別アーカイブ

2011
10
08
2010
12
11
08
06
05
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss