専らフィギュアスケート

GPF2017に見る平昌五輪男子シングルの戦い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

GPF男子シングルが終了した。 今大会、5人の選手が4回転を組み込み、 更に上位3名は複数種類の4回転を最高5回組み込むという、高難度プログラムで挑んできた。 が、完璧に滑りきった選手は誰もおらず、優勝得点は286点台という、 近年の男子シングルの成績としてはあまりパッとしない結果に終わってしまった。 そもそもソチ五輪前から、4回転を複数組み込む選手が増えた結果、 男子の大会はほとんどが大自爆大会になっている。 それでも数年前までは4回転ジャンプはせいぜい1回、多くて2回だったので、4回転を決めた上でいかに他のミスを減らすか、GOEでプラスをもらうか、という戦いだったように思う。

しかし今シーズン、4回転をショートで2本、フリーで5本組み込むという挑戦をしている選手が少なくとも4人いる。(羽生・宇野・ネイサン・ボーヤン) もちろん決まれば得点、プログラムともにものすごいことになる。 だが現状、全てをクリーンに決めるにはかなりの体力・技術を要し、ポロポロとミスがあった結果、全体的にプログラムが大味な印象になってしまうことが否めない。 今大会、解説の織田氏も指摘していたが、ネイサンは4回転5本を組み込んだため、 助走のためにトランジッションが荒くなる傾向にあり、PCSも8点台後半と伸びなかった。 (但し、4回転が全て決まればPCSも変わってくるだろう。) 急遽プログラムを変更し、合計6本組み込んだ4回転のうち、 GOEでプラスをもらったのはたったの2本。 ネイサンのショート・フリーの合計得点は286.51で、 ショートで101点台をマークしている宇野が普通に滑れば十分に射程圏内だった。 しかし宇野もネイサンと同じようなミスを繰り返し、0.5点の僅差で2位。

ここで宇野の悪い癖が出た。 宇野は、コンボを予定していたジャンプの1本目が上手くいかずコンビネーションにできないと、他のジャンプにコンボをつけずにそのままスルーしてしまうことがよくある。 今回も4回転のミスが響いて、3A+1Lo+3Fの1回しかコンビネーションを跳べなかった。 確かに他のジャンプはこらえた着氷が多かったので、3Tをつけるのは難しかったろうが、 最後に決めた3サルコウを何故コンボにしないのか。 ここで3サルコウという比較的簡単なジャンプを入れているのは、 コンボが抜けた時のための保険ではないのか。 3サルコウのあとコレオシークエンスまであまり間がないので、 構成的に余裕がないのかもしれない。 だが、今大会どこかのジャンプに2Tでもいいからつけていれば、 ネイサンを上回っていたかと思うと惜しくて仕方ない。

今年のGPFはオリンピックの前哨戦である。 日本の羽生をはじめ、スペインのフェルナンデス、中国の金博洋、カナダのパトリック・チャンと、五輪メダル候補が軒並み出場していないので、五輪本番ではどう転ぶかわからない。 だが、近年の男子シングルの争いを見ていると、 平昌五輪もある程度の自爆大会になることが予想される。 そうなった時に、確実に金メダルを獲るための戦略は4回転の本数を“減らす”ことだろう。 バンクーバー五輪の時は、4回転を跳ばなかったライザチェックが金メダルを獲り大論争になった。 しかし、4回転を5本組み込んでポロポロミスのあった選手と、4回転3本含め全てのジャンプをクリーンに決めた選手では、後者が上位に立つことはこれまでの大会で証明されている。 特に羽生と宇野は、4回転3本含め全ての要素をクリーンに決めればフリーで200点超えは確実なので、今大会のような試合展開になり、更に滑走順がTOP6のうち後半であれば、敢えて4回転を減らす、というのも金メダルを狙うための戦略としては十分ありなのではないかと思う。 もちろん、自分より後ろに4回転5本を組み込んでいる選手がいたらこの作戦は使えないが、今大会の宇野のように、「普通に滑れば優勝」という場面なら、「普通に滑る」スキルを磨いておくことも重要ではないだろうか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
グランプリ・ファイナル
オリンピック
タグ:
男子シングル
平昌五輪
GPF2017
宇野昌磨

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「GPF2017に見る平昌五輪男子シングルの戦い方」へのコメント

観てる側の我々はどうしても金メダルへの期待からそう思ってしまいますが、選手にはそういう打算は無いのでしょうね。そしてその歯痒さとかもどかしさが魅力でもあります。羽生選手がソチの金メダルに納得してないのは周知であり、構成落として金メダル取ってもきっとモヤモヤするんだろうなと思います(そもそと完成度が低い4Lzを組み込んで来たのは彼らしくないですが)。

こんな記事も読みたい

不確定要素が自分の中にもあるから、スポーツはドキドキするんです【Armar know Jack Bigwild】

グランプリファイナル プレビュー【情熱的氷滑芸術】

連載第66回・スケート部【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

オリンピックのメダル予想してたら大変なことになってきた【俺は本当はデブじゃない】

フィギュアスケート Road To 平昌 いよいよGPファイナル・風雲急を告げているのかいないのか【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

卓球と陸上競技が1・2位、最近注目し始めたスポーツ競技ランキング【スポーツマーケティングレポート】

フィギュアスケート Road To 平昌 GPシリーズ・樋口、三原はファイナルに行けるのか?【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

「期待」「リーダーシップ」「責任感」…、五輪アスリートのイメージ調査【スポーツマーケティングレポート】

ブロガープロフィール

profile-iconyuhri_rainbow

コメント書くためにアカウント取って、せっかくなので自分も記事を書いてみています。
25年以上のフィギュアスケートファン。
基本的に、フィギュアの記事しか書きません。

好きな選手、元選手

●男子シングル:フィリップ・キャンデロロ(仏)、エフゲニー・プルシェンコ(露)、高橋大輔、羽生結弦、宇野昌磨
●女子シングル:安藤美姫、鈴木明子、荒川静香、本郷理華、ポリーナ・エドモンズ(米)、李子君(中)、エリザベータ・トゥクタミシェワ(露)
●ペア:申雪&趙宏博組(中)、于小雨&金揚組(中)、クセニア・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ組(露)
●アイスダンス:マリナ・アニシナ&グウェンダル・ペーゼラ組(仏)、メリル・デービス&チャーリー・ホワイト組(米)、マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ組(米)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1653534

(01月16日現在)

関連サイト:Fleur de Noir

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何があった!と6人全員に突っ込みたい。GPF男子シングルSP
  2. “表現力”とは何か
  3. 羽生結弦を孤独から救ったハビエル・フェルナンデスの初優勝―世界選手権2015
  4. 全日本フィギュア表彰台と、世界選手権代表予想
  5. マスコミは本田姉妹を潰してはいけない
  6. フィギアスケート解説陣、の解説
  7. 15-16シーズンへの展望――世界編
  8. 今年も大荒れ!全日本選手権
  9. 国別対抗戦でメディアが「優勝」と煽るのはいい加減やめてほしい
  10. 羽生結弦にかかる300点超えの期待

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
04
2016
10
08
03
2015
12
11
10
08
07
04
2014
12
11
10
08
07
06

このブログを検索

https://twitter.com/yuhri_rainbow

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss