専らフィギュアスケート

エフゲニー・プルシェンコ引退に寄せて

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシアのエフゲニー・プルシェンコが現役引退を表明した。 時は世界選手権真っ只中。 日本女子は3枠獲れるかどうかの正念場、男子も各国の4回転スケーターが熾烈な争いを繰り広げており、多くのスケオタが「今それどころじゃないから!」と華麗にスルーしていた(笑)。 何故彼がこのタイミングで発表したのか分からない。 目立ちたいのならもっとフィギュア界が静かな時期に発表するはずで、次々とフィギュア関連の記事が更新されるタイミングでひっそりと引退したかったのかもしれない。 世界選手権も落ち着いたタイミングで、改めて彼の偉業を振り返ってみたい。

プルシェンコのことはシニアデビューから知っている。 当時、私の中での彼のイメージは、絵画の「笛を吹く少年」。 羽生が髪型を真似していたという謎のおかっぱ頭、時代錯誤なビラビラの衣装。 ジャンプばっかりやたら凄いけど演技どうなの? 男子なのにビールマン・スピンてきもい! (今でこそ珍しくないが、当時はプルくらいしかやっていなかった。) という感じで、あまり好きな選手ではなかった。

その後、ソルトレークシティー五輪で日本でも空前の“ヤグプル・ブーム”。 そんな状態だったので、私は当然ヤグディン派である。 しかし、実際にオリンピックでプルシェンコの演技を見たら圧倒された。 当時プルシェンコは18歳。 少年は青年になりつつあり、大分違う印象を受けたのを覚えている。

トリノ五輪ではついに金メダルを獲得する。 金を獲ったのであまり気づかれていないが、 実はプルシェンコのピークはソルトレークシティ後の2シーズン。 この時期には、今の“真4回転時代”ですら、まだ誰も決めていない4-3-3のコンボを跳んでいた。 しかし、五輪前年の世界選手権を怪我で途中棄権。 トリノ五輪には何とか間に合わせたが、トリノのフリーを見た後の私の感想は、

「ソルトレークシティの時の方がすごかったなあ」

というものだった。 しかし、もともと無双状態の人は多少落ちても勝つものである。 2013年世界選手権でのパトリック・チャンが既に下り坂に差し掛かっていたのに、 何とか金メダルに踏みとどまったように。

スポーツ選手には2種類の人間がいる。 栄華を極め、競技人生のどピークか、ちょっと落ち始めたくらいで引退してしまう選手と、 ボロボロになるまで続ける選手だ。 プルシェンコは本当は前者のタイプだと、今でも私は思っている。 しかしトリノ以後、引退が頭をよぎった時、彼は思ったのではないか。

「今、俺が抜けたらロシア男子やばくね?」

実際、トリノ・バンクーバーともに二番手で出場しているロシア男子のことは記憶にない。 トリノに出場していたイリヤ・クリムキンなどは、 今や“クリムキン・イーグル”の生みの親としての方が有名である。 プルシェンコの同世代にはメンショフが、少し下にボロノフがいるが、 彼らは二人とも遅咲きで、頭角を現すのはバンクーバー以降。 結果、プルシェンコはバンクーバー五輪にも出場し、銀メダルを獲得する。

この時起こったのが、あの有名な「4回転論争」である。 そもそも2008年の世界選手権で12年ぶりに4回転なしでの世界王者誕生となり、 大きく物議をかもした。 当時はまだ4回転に懐疑的なスケーターが多く、 パトリック・チャンも4回転不要派だったらしい。 バンクーバーでも4回転なしで完璧な演技を魅せたライザチェックが金メダルとなり、 4回転に挑んだプルシェンコと高橋はそれぞれ銀・銅メダル。 しかし、「男子のフィギュアスケートには4回転が必要」というプルシェンコの主張はともかく、バンクーバー五輪男子フィギュアでのメダルの色に限って言えば、私はライザチェックに利があると思っている。 何故なら、プルシェンコはバンクーバーのフリーで4回転はおろか、 トリプルアクセルにすらミスがあった。 あの時、プルシェンコが全てのジャンプを完璧に決めた上であの主張をしていたのなら、 私はプルシェンコを支持しただろう。 しかし、ジャンプにミスがあったのに、「4回転に挑戦しないでチャンピオンになるなんて」というのは、どう考えても言いがかりである。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
注目選手
タグ:
真4回転時代
エフゲニー・プルシェンコ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

カーリング男子世界選手権2017が開幕! 日本代表のピョンチャン五輪出場の可能性は…!?【0 to zeroのhorizon】

オリンピックの枠を獲っただけでメダルを獲った訳ではないので。(世界フィギュア)【観戦のすゝめ】

2017 世界選手権 過去最高ずくめの歴史に残る大会【スコッチを片手に】

ブロガープロフィール

profile-iconyuhri_rainbow

コメント書くためにアカウント取って、せっかくなので自分も記事を書いてみています。
20年以上のフィギュアスケートファン。
基本的に、フィギュアの記事しか書きません。

好きな選手、元選手

●男子シングル:フィリップ・キャンデロロ(仏)、エフゲニー・プルシェンコ(露)、高橋大輔、羽生結弦、宇野昌磨
●女子シングル:安藤美姫、鈴木明子、荒川静香、本郷理華、ポリーナ・エドモンズ(米)、李子君(中)、エリザベータ・トゥクタミシェワ(露)
●ペア:申雪&趙宏博組(中)、于小雨&金揚組(中)、クセニア・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ組(露)
●アイスダンス:マリナ・アニシナ&グウェンダル・ペーゼラ組(仏)、メリル・デービス&チャーリー・ホワイト組(米)、マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ組(米)
  • 昨日のページビュー:148
  • 累計のページビュー:1584899

(05月12日現在)

関連サイト:@yuhri_rainbow

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何があった!と6人全員に突っ込みたい。GPF男子シングルSP
  2. “表現力”とは何か
  3. 羽生結弦を孤独から救ったハビエル・フェルナンデスの初優勝―世界選手権2015
  4. 全日本フィギュア表彰台と、世界選手権代表予想
  5. マスコミは本田姉妹を潰してはいけない
  6. 15-16シーズンへの展望――世界編
  7. フィギアスケート解説陣、の解説
  8. 今年も大荒れ!全日本選手権
  9. 国別対抗戦でメディアが「優勝」と煽るのはいい加減やめてほしい
  10. 羽生結弦にかかる300点超えの期待

月別アーカイブ

2017
04
2016
10
08
03
2015
12
11
10
08
07
04
2014
12
11
10
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss