専らフィギュアスケート

スポーツ観戦は年を重ねるほどに面白くなる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お久しぶりです、虹風憂璃です。 オリンピック観戦と夏バテで寝不足の日々ですが、皆さんはいかがですか。 フィギュアスケート以外のスポーツについては、 語れるほどのものは持っていないので基本投稿はしないのですが、 今回のオリンピックは本当に感慨深いなあと感じることが多く、久々にパソコンへ。 とはいっても、個別の競技についての専門的な言及はしません。

今回のリオ五輪では、これまで長く続いてきた日本の各競技の歴史を振り返って熱くなることが本当に多い。 30代も半ばともなると、人によって差はあるだろうが 大体3~6回分のオリンピックの記憶がある。 私の最も古いオリンピックの記憶は、 冬季は92年のアルベールビル、夏季は96年のアトランタだ。 ソウルとバルセロナはやっていたことは憶えているが、競技自体の記憶はほぼない。 むしろ、漫画の『YAWARA!』を読んでいたので、 後追いで記憶補正しているという部分の方が大きい。 しかしオリンピックは4年に1度。 3回分ともなればその間8年が経過しているわけで、 一人の選手が世界デビューし競技人生の最盛期を迎え、引退するまでには充分な期間だ。 過去大会の記憶があるからこそ、リオ五輪に出場している選手たちの活躍に余計に胸が熱くなる。

例えば競泳。 前回のロンドン五輪で松田丈志がメドレーリレーでの銀メダル獲得後に言った

「康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない」

という名言。 この言葉だけでも感動ものだが、北島康介がアテネ・北京と“2大会連続二冠”という偉業を成し遂げた人物であることを知っているか知らないか、リアルタイムで見ていたかどうかで、松田の言葉から受ける印象は全く変わる。 そして今回、今度は20代前半の若い選手たちが

「松田さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない」

と結束している、というのも胸アツである。 とても残念だったのは、この言葉が試合後の選手のインタビューで選手自身の口から出たものではなく、レース前にマスコミによってバラされてしまったエピソードだということだ。 あと1日、いや数時間、報道を待ってくれても良かったのに。

例えば柔道。 残念ながらメダルには手が届かなかったが、 昨日女子柔道63kg級に出場していた田村未来選手は、谷本歩実の教え子である。 谷本は、アテネ・北京五輪で同階級を二連覇している。 しかも日本柔道史上初、かつ唯一のオール一本勝ちでの五輪二連覇だ。 当時、“女三四郎”の異名を受け継いだと報じられていた。 (ちなみに初代?女三四郎はソウル五輪銅メダリストの山口香) そして、谷本のコーチだったのが“平成の三四郎”と呼ばれた古賀稔彦。 師から弟子へ、連綿とその真髄が受け継がれている。 この流れを知っているか知らないかでも、 田村未来にかかる期待の大きさは変わっていくだろう。

また、オリンピック三連覇の野村忠弘がフジテレビの五輪中継を担当しているが、 男子60㎏級で銅メダルを獲得した高藤へのインタビューがすごかった。 開口一番、「悔しいよな」。 その後も「4年後は金やで」など、高藤を激詰め。 女子57kg級で銅メダルを獲得した松本薫には 「俺、銅獲ったことないから分からへん」と(笑)。 知らない人から見れば「何様!?」と言われそうな発言だが、彼がアトランタ・シドニー・アテネと、前人未到の五輪三連覇を果たしたのを見ていた者としては、ある意味感動ものだ。 「やっぱり野村は凄かったよなあ」と再認識してしまう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリンピック
その他スポーツ
タグ:
リオ五輪
福原愛
卓球
体操
野村忠弘
田村未来
谷本歩実
柔道
松田丈志
北島康介
競泳

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スウェーデン戦だよ!スタメン&キーマン予想!【キキアシワアタマ】

メダルはなくても、それ以上の価値がある4位でした【Armar know Jack Bigwild】

「薬物使用者」発言は表現の自由!今回に関してはIOCの決断は正しかった。【spoloveブログ】

坂井聖人0.04秒差で銀メダル!フェルプスに迫る!渡辺一平五輪新記録1位で明日決勝へ!早大先輩を超える金へ!52年ぶりも!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

リオ五輪男子体操団体の感動は、日本が強すぎた故、アテネの感動よりも小さく……【スポ感の記憶】

第98回選手権・大会第3日の4試合【高校野球観戦日記】

リオ五輪 競技3日目:体操ニッポン念願の団体王座奪回【スポーツ えっせい】

2016夏の甲子園 第3日【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconyuhri_rainbow

コメント書くためにアカウント取って、せっかくなので自分も記事を書いてみています。
20年以上のフィギュアスケートファン。
基本的に、フィギュアの記事しか書きません。

好きな選手、元選手

●男子シングル:フィリップ・キャンデロロ(仏)、エフゲニー・プルシェンコ(露)、高橋大輔、羽生結弦、宇野昌磨
●女子シングル:安藤美姫、鈴木明子、荒川静香、本郷理華、ポリーナ・エドモンズ(米)、李子君(中)、エリザベータ・トゥクタミシェワ(露)
●ペア:申雪&趙宏博組(中)、于小雨&金揚組(中)、クセニア・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ組(露)
●アイスダンス:マリナ・アニシナ&グウェンダル・ペーゼラ組(仏)、メリル・デービス&チャーリー・ホワイト組(米)、マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ組(米)
  • 昨日のページビュー:625
  • 累計のページビュー:1581771

(04月29日現在)

関連サイト:@yuhri_rainbow

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何があった!と6人全員に突っ込みたい。GPF男子シングルSP
  2. “表現力”とは何か
  3. 羽生結弦を孤独から救ったハビエル・フェルナンデスの初優勝―世界選手権2015
  4. 全日本フィギュア表彰台と、世界選手権代表予想
  5. マスコミは本田姉妹を潰してはいけない
  6. 15-16シーズンへの展望――世界編
  7. フィギアスケート解説陣、の解説
  8. 今年も大荒れ!全日本選手権
  9. 国別対抗戦でメディアが「優勝」と煽るのはいい加減やめてほしい
  10. 羽生結弦にかかる300点超えの期待

月別アーカイブ

2017
04
2016
10
08
03
2015
12
11
10
08
07
04
2014
12
11
10
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss