専らフィギュアスケート

大相撲における横綱の品格とフィギュアスケートにおける4回転論争

このエントリーをはてなブックマークに追加

大相撲春場所千秋楽結びの一番において、 横綱・白鵬関が立合の変化で日馬富士をくだしたことについて、 あちこちで賛否両論巻き起こっている。 私は、相撲については特に言えることはないので、横綱の立合変化の是非については問わない。 ただ、この賛否両論巻き起こっている感じ……。

「王者なんだから正々堂々と」「作戦の一つとしてあっていい」

というこの二者の理論、このモヤモヤ……なんだかものすごくデジャヴ感を覚える、 と思っていたら、フィギュアスケートにおける4回転論争によく似ているのだ。

2008年の世界選手権においてジェフリー・バトルが、 2010年のバンクーバー五輪においてエヴァン・ライザチェックが、 それぞれ4回転をプログラムに組み込まずに優勝したことで、 プルシェンコを中心とする“4回転派”から一大論争が起こった。 ライザチェックは、「男子の五輪チャンピオンが4回転を跳ばないなんて……」と、 一部のスケート関係者、及びスケオタより大きく批判された。

がしかし、現行のルールでも「4回転ジャンプ」が必須になっていない以上、 別にルール違反を犯しているわけではない。 なのに、「チャンピオンとして」「王者として」という、 曖昧模糊なモラルなのかマナーなのかよく分からない謎ルールにおいて批判される。 相撲においてもフィギュアスケートにおいても、 そこにあるのは「素晴らしい試合が見たい」というファンの期待である。 そのスポーツの限界に挑戦する者同士の対決だからこそ、見る者の胸を打つのだ。 一方で、スポーツとはいえ勝負事なのだから、 “勝ち”にこだわった戦い方をすることが競技人生において1度や2度あってもいいじゃないか、 という見方もある。 バトルとライザチェックは、ここ一番というタイミングでその作戦を使った。 それでも彼らが金メダルを手にする保証はなかった。 金メダルはあくまでも結果であるので、 彼らの作戦を批判するのはナンセンスなのではないだろうか。 (唯一、白鵬関に言えることがあるとすれば、「最近その作戦使いすぎじゃね?」ということだろうか。)

現在、4回転論争には一応の決着がつき、 今や「4回転を跳ばないと勝てない」時代に入っているので、 この議論が蒸し返されることはもうないだろう。 が、10年後か20年後か……5回転ジャンプを組み込む選手がTOPクラスに現れ始めたら、 今度は「5回転論争」が巻き起こるだろう。

フィギュアスケートにおいて、これと似た種類の論争として、 「技術力か表現力か」というものがかつてあった。 90年代~2000年代前半の頃であろうか。 カタリナ・ビットは天才ジャンパー伊藤みどりに対し、 「人々はゴムまりが跳ねるのを見に来たわけではない」と批判しているし、 4回転サイボーグと謳われたブライアン・ジュベールと 屈指の演技派であるフィリップ・キャンデロロの対立は有名である。

これについては、新採点方式に移行した時点でISUとしての見解は表明された、と私は思っている。 当時、技術点と芸術点が同等になるように、 最先端の技術レベルを得点化した際のシミュレーションを行い、 配点を決めたということだったが、 技術の進歩によりいつか技術:表現≠50:50になることは容易に想像できただろう。 そしてソチ五輪を終えて、技術>表現となる時代を迎えている。 平昌五輪では確実に、技術力を競い合う大会となるだろう。 がしかし、過去記事「“表現力”とは何か」でも言及したように、現代のフィギュアスケートにおいて、表現力は技術力の基盤の上に成り立っている。 決してフィギュアスケートにおいて最も大切な要素の一つを棄てたわけではない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
雑談
オールシーズン
その他スポーツ
タグ:
4回転論争
白鵬
大相撲

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

大相撲における横綱の品格とフィギュアスケートにおける4回転論争

eriko_sono様

やはり、長すぎてコメント欄に入らなかったので記事にしました。
以下よりご確認ください。

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/yuhri_rainbow/article/47

「フィギュアスケートの「正攻法」な闘いは、音楽様式を把握した『正攻法』な表現が大前提」ブログ転載について

私のGoogle+のアカウントは、私が、ドイツで YouTube のアカウントを作成した際に、連動して自動的に作成されたものです。フィギュアスケート関係のブログではなく、私が2002年から書いている雑多な分野のネット記事や、ビデオ投稿に対するコメントの寄せ集めに過ぎません。これ以外に、特にブログは書いていません。

Google+のアカウントの表示には、いつも若干、時間が掛かるので、ネット接続環境が悪いと、表示されないのかもしれません。でも、2012年にYouTubeとGoogle+が連携されてからは欧米各国から、2014年末にフィギュアスケート関係のコメントが増えてからは、日本から多数のアクセスがあり、大抵の方は問題なく読めているようです。


私のスポーツナビのブログは、私のGoogle+のアカウントのコメントから、いくつかを転載したものに過ぎません。でも、Google+のアカウントページが表示されないとのことでしたので、そちらに転載しておきました。
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/erika_sono/article/6

大相撲における横綱の品格とフィギュアスケートにおける4回転論争

tricky_hands様

こんにちは、コメントありがとうございます。
確かにプロとアマという違いはありますね。
そこは失念していました。
大相撲の場合は、観客の入場料が直接力士の給料になっているので、お金を払った分の対価として、
“横綱らしい振る舞い”を求めるのもうなずけます。
(しかも相撲の観戦料は他のあらゆるスポーツと比べてもかなり割高です。)

とはいえ、“選手”として活動する場合はアマチュアとなるスポーツは他にもたくさんあります。
日本では陸上などがそれに当たりますね。
野球やサッカーはプロスポーツなので、例えばペナントレースやJリーグの試合において、
観客は“対価”を求めることができますね。
しかしこれが日本代表戦となったらどうでしょうか。
どこの国の選手もプロとして戦っているとは言えないと思います。
でもやはり、スポーツマンシップに則っていない選手は批判されますよね。

また、テニスやゴルフの選手はプロですが、彼らの主な収入は賞金と広告なので、観客の入場料が直接収入になっているわけではありません。
なので、観客が“対価”として王者らしい振る舞いを求めることに正当性があるかというとちょっと疑問です。

逆にフィギュアスケートの場合、プロならばお金を払った分の対価としてきっちりと素晴らしい演技を見せてほしいですよね。
それは必ずしもすごいジャンプを跳ぶことだけではなく、演技全てにおいてですが。
往年のスケーターでジャンプなしでも充分に魅せてくれる選手はたくさんいますよね。

大相撲における横綱の品格とフィギュアスケートにおける4回転論争

erika_sono様

コメントありがとうございます。
が、リンクのURLを見てみたのですが、どうしても表示されず内容を確認することができませんでした……。
(Google+の画面が一瞬出るのですが、すぐに何もない真っ白な画面になってしまいます。)
すみませんが、記事を書いたブログのURLを直リンクで貼っていただくか、複数回に分けて直接コメントをお願いします。
お手数をおかけしてすみません。

こんな記事も読みたい

2015-2016全日程終了致しました!【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

LS北見が日本・初の銀メダルをもたらす! 決勝はスイスが3たび、立ちふさがる!(世界女子カーリング選手権2016)【0 to zeroのhorizon】

LS北見がロシアとの接戦に勝利! 21大会目にして初のメダルを日本にもたらす! 決勝は3たびスイス戦!(世界女子カーリング選手権2016)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconyuhri_rainbow

コメント書くためにアカウント取って、せっかくなので自分も記事を書いてみています。
20年以上のフィギュアスケートファン。
基本的に、フィギュアの記事しか書きません。

好きな選手、元選手

●男子シングル:フィリップ・キャンデロロ(仏)、エフゲニー・プルシェンコ(露)、高橋大輔、羽生結弦、宇野昌磨
●女子シングル:安藤美姫、鈴木明子、荒川静香、本郷理華、ポリーナ・エドモンズ(米)、李子君(中)、エリザベータ・トゥクタミシェワ(露)
●ペア:申雪&趙宏博組(中)、于小雨&金揚組(中)、クセニア・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ組(露)
●アイスダンス:マリナ・アニシナ&グウェンダル・ペーゼラ組(仏)、メリル・デービス&チャーリー・ホワイト組(米)、マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ組(米)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1627850

(10月16日現在)

関連サイト:@yuhri_rainbow

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何があった!と6人全員に突っ込みたい。GPF男子シングルSP
  2. “表現力”とは何か
  3. 羽生結弦を孤独から救ったハビエル・フェルナンデスの初優勝―世界選手権2015
  4. 全日本フィギュア表彰台と、世界選手権代表予想
  5. マスコミは本田姉妹を潰してはいけない
  6. フィギアスケート解説陣、の解説
  7. 15-16シーズンへの展望――世界編
  8. 今年も大荒れ!全日本選手権
  9. 国別対抗戦でメディアが「優勝」と煽るのはいい加減やめてほしい
  10. 羽生結弦にかかる300点超えの期待

月別アーカイブ

2017
10
09
04
2016
10
08
03
2015
12
11
10
08
07
04
2014
12
11
10
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss