◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎

♠GO!SPURS!

スパーズの宝

 ここのところ、PSGとアトレティの試合ばかり追い掛けていたが、この週末に久しぶりにスパーズの試合を目にした。特にクロアチア人たちがいなくなって以降、かつて毎週のようにチャンネルを合わせていたのが嘘のようにすっかり遠ざかってしまっていたが…。  久しぶりにチャンネルを合わせたのは、ズバリ!ギャレス・ベイル目当てである。  心境著しいウェールズ出身のこの若者が今シーズン素晴らしいプレー......続きを読む»

注目対決はシティがスパーズを振り切る!

 期待と予想に違わぬ好ゲームだった。  一時の勢いが衰えてきたようにも感じられるシティと、好調を維持するスパーズ。  勝ち点5差での対戦は即ち3位のスパーズが勝利を収めれば、首位のシティに勝ち点2差にまで肉薄し、首位奪取も射程圏内に入るというシチュエーションになる。  シティはFAカップで退場処分になったコンパニが出場停止、くわえてアフリカ・ネーションズカップでトゥーレ・ブラザ......続きを読む»

スパーズが面白い!

 スパーズが面白い。  とにかく面白い!  識者たちの評価も上がる一方だが、それも大いに頷ける今季のプレミアでの戦いぶりだ。  開幕からマンチェスター勢に完膚なきまでにヤられる連敗を喫し、いったいどうなることかと思われた今季のスタートだったが、その後は負けなしの10勝1分!今節ボルトン戦でも完勝を収め、目下のところ6試合連勝中という絶好調ぶりなのだから、賞賛の声が高まるのも当然といえば......続きを読む»

GO!SPURS! ~TOP4フィニッシュ!~

 シーズン最終戦となったアウェーのバーンリー戦は、ギャレス・ベイルとルカ・モドリッチのGOALで先制し、優位に試合を進めながら、その後4GOALを喰らい何と!2-4で逆転負け。やや残念な形でのシーズン締め括りとなってしまった。  とはいえ、シーズン全般を振り返れば、概ねよくやったといって良いだろう。  現実的な目標として、TOP4入りを掲げていた今季。  BIG4にヴィラ、シティ、エヴァー......続きを読む»

GO!SPURS! ~直接対決でシティを下しCL出場権獲得!~

 チケットはソールドアウト!CL出場権を掛けての直接対決は、両チームにとって決勝戦のような雰囲気の試合となった。  結果はスパーズが1-0でマンチェスター・シティを下し、プレミア・リーグでの4位以内を確定させ来季のCL出場権を獲得した。  中4日のミッドウィーク開催。疲労の回復度合いが心配されたが、立ち上がりから思いのほか動きが良く、アウェーながらも積極的に攻勢を仕掛けペースをつかんだ。 ......続きを読む»

GO!SPURS! ~ボルトンを下し4位をKEEP!~

 38分、ブノワ・アスー・エコットがエリア外中央から右へ流したボールを、トム・ハドルストーンがダイレクトミドル!元々パンチ力に定評はあるが、GOAL右隅へ突き刺さったという表現がピッタリのすごい弾道だった。  GOALはこの1点だけだったが、ボルトン・ワンダラーズを下したスパーズが依然として4位の座をキープしている。  このカード、前半戦では10月初めに対戦、アウェーとはいえ常に先手を取......続きを読む»

GO!SPURS! ~BIG4の3タテは成らず!~

 アーセナル、チェルシーと連破して迎えたBIG4対決3連戦の3本目。70分に現在絶好調男ギャレス・ベイルが左から上げたCKを、レドリー・キングがヘッドでGOALに突き刺した時には、逆転は厳しいにしても何とかドローでは締め括れそうだと感じたが、80分以降に2失点を喫し万事休す。  正直、前の2戦以上に相手との力の差を感じさせられた敗戦となった。  勝ち点1差で首位チェルシーを追いかけるマン......続きを読む»

GO!SPURS! ~前節に続いてBIG4を撃破!~

 スパーズがチェルシーを2-1で下した!  スパーズもプレミア全体で見ればそれなりの戦力は抱えているので、BIG4相手の連勝も金星だとか『GIANT KILLING』とまでは言わないが、それでもこのチェルシー戦で勝利すると考えた人は、戦前果たしてどれだけいたことだろう??(6節では0-3で完敗!)  かくいう私も、前節のアーセナル戦は、ノース・ロンドン・ダービーという試合の性質上......続きを読む»

GO!SPURS! ~野戦病院対決のノース・ロンドン・ダービーを制す!~

 注目のノース・ロンドン・ダービーはスパーズが2-1でアーセナルを下した。何とか優勝戦線に残りたいアーセナルにとっては痛い一敗となった。  或いは“プレステ・メッシ”にチンチンにやられまくり完敗を喫したCLのショックがあったのだろうか…。  スパーズのほうも前節はサンダーランドに完璧に叩きのめされ、続くFA杯のポーツマス戦では延長までもつれ込む戦いを落としている。  ともに心身に多大な疲労......続きを読む»

GO!SPURS! ~サンダーランドに完敗!連勝は5でSTOP~

 開始37秒でいきなり叩き込まれた。  CKからのフレイザー・キャンベルのヘッドを一度はGKゴメスが弾いたものの、零れた先にいたダレン・ベントに押し込まれての失点。まるで目が覚める前に強烈なビンタを食らったかのような一撃に、スパーズは完全に浮き足立ってしまった。  その後もサンダーランド・ペースで試合は推移していく。スパーズが時折好機を得ても、GKクレイグ・ゴードンの好守の前にGOALに......続きを読む»

GO!SPURS! ~好調パヴリュチェンコが活躍!~

 スパーズが苦しみながらも難敵エヴァートンを下し4位の座をキープした。  前半戦では12月の始めに対戦、終始優位に試合を進めながらもタイプアップが視野に入りそうな86分に、ティム・ケーヒルに同点弾を喰らいドローで試合を終えている。この日も前半で2点のリードを奪いながら後半浅い時間帯の55分に、ナイジェリア代表のヤクブ・アイェグベニに1点差に迫られるGOALを決められた。  徐々に足が止ま......続きを読む»

GO!SPURS! ~ヴィラを崩しきれずドロー~

 ホワイト・ハート・レーンに同じくTOP4圏内を狙うアストン・ヴィラを迎えての一戦はスコアレスのドローという結果に終わった。11月最後の試合だった前半戦での対戦でも、アストン・ヴィラのDFがかなり粘り強く、簡単にGOALを割れそうにない印象があっただけに、実はこの結果は予想の範疇でもあったが…。  崩されそうな際どい場面はあるものの、とにかくDFで最後の集中力が切れない。アストン・ヴィラの前節......続きを読む»

GO!SPURS! ~詰め甘くドローでタイムアップ~

 粘って左から抉りギャレス・ベイルが上げたクロスを、ピーター・クラウチが201cmの長身を目一杯屈めて頭で擦らし、中央のジャーメイン・デフォーがダイレクトで思い切り良く蹴り込んだ先制GOALが決まったのが69分。  打てども打てどもGOALが決まらなかったスパーズにしてみれば、ようやくスコアを動かすことができたという待望の先制弾だった。  後はこのリードを守りきって…といきたいところだっ......続きを読む»

GO!SPURS! ~2010年リーグ戦初勝利!~

 0102  4-0  (H) ピーターボロ(FAカップ)  0116  0-0  (H) ハル・シティ  0120  0-2  (A) リヴァプール  0123  2-2  (H) リーズ・ユナイテッド(FAカップ)  前回の『GO!SPURS!』以降のスパーズの成績である。ホームに格下を迎えたFAカップのピーター・ボロ戦こそ快勝を収めたものの、アウェーのアンフィールドでは低迷す......続きを読む»

GO!SPURS! ~モドリッチが帰ってきた!ヤァ!ヤァ!ヤァ!~

 週末フルアム戦はGKゴメスの好守もありスコアレスでのドロー。間髪入れず?中一日!で迎えたのがこの日のウェストハム戦だった。  毎度のことながら、年末年始のプレミアのスケジュールのハードさは驚きモノ。他国は軒並み?クリスマス休暇なんぞがあったりするが、心中それが羨ましいと思っている選手もきっと多々いることだろう。  さて…。  試合前、入場を控え通路で待つ選手の列にルカ・モドリッチの姿を発......続きを読む»

GO!SPURS! ~手応えを掴んできた予感…~

 16節のウルヴスの対戦では終始優位に試合を進めながら、下位に低迷する相手に早々に許した1点を挽回できずに敗戦。長く戦列を離れていたルカ・モドリッチが交代出場で久しぶりにピッチに立ったのは明るい材料だが、ややフラストレーションの溜まる負け方だった。  それだけにミッドウィーク開催のマンチェスター・シティ戦にはかなりの気合いが入っていたようだ。立ち上がりから終了の笛が鳴るまで、一貫して集中してい......続きを読む»

GO!SPURS! ~スパーズ、今節も勝ちきれず~

 先制GOALが入ったのは後半開始早々の47分。左のニコ・クラニチャルからのクロスをピーター・クラウチがGKと競ったそのクリアボール。これを右で拾ったアーロン・レノンが狙い澄まして上げた低くて速いクロスを、ジャーメイン・デフォーが左足ダイレクトで合わせてGOAL!  記憶にも新しいウィガン戦で大爆発したレノン→デフォーのホットラインは、現在のスパーズの誇る最大の武器といって良い。このGOALで......続きを読む»

GO!SPURS! ~ヴィラを圧倒するも勝ち越せず~

 77分、波状攻撃を仕掛けたGOAL前での零れ球を、胸トラップしたマイケル・ドーソンがそのままボレーSHOOT!鋭い弾道がGOAL上方を滑るようにネットに突き刺さり、ようやくスパーズが同点に追い付いた。  50分を過ぎた頃からしばらくの間、相手陣内で圧倒的に押し続けながらなかなかGOALを奪えなかっただけに、本当に“ようやく”という感じだった。  今季好調なアストン・ヴィラも良い戦いぶり......続きを読む»

GO!SPURS! ~デフォーの5GOALなどでスパーズ歴史的大勝!~

 スパーズFANにとっては、まさに「THAT'S ENTERTAINMENT!!」  いやはやスゴイ試合だった。。。  勝ったチームが1試合で9GOALも奪った試合など観たこともないし、両チームで10GOALも入った試合も記憶にない。4月にリヴァプールとアーセナルが4GOALずつあげた“撃ち合い”ぐらいしか思い浮かばない。9GOALをあげての爆勝は、1992年にプレミアが生まれてから......続きを読む»

GO!SPURS! ~ゴメス様々~

 開幕直後の快進撃の勢いもどこへやら…。  前節はアーセナルとのノース・ロンドンダービーで完敗!故障者や不調選手の影響が大とはいえ、気が付けば失速してきた感もあるスパーズ。  それでも前節終えてまだ5位というのは結構ビックリ!だ。良くいえば多くのチームに可能性がある混戦といえなくもないが、その実は栄華を誇った頃のユナイテッドのように圧倒的に抜きん出たチームがないというのが、今季ここまでの......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconyug_10_pixy

◎→JIN18◎◎◎
『寝テモサッカー、覚メテモサッカー』というくらい?サッカーと音楽♪をこよなく愛しています。

特に!伊W杯でPIXYに魅せられて以来、旧ユーゴ系には並々ならぬ情熱を注いでいます。

国内海外問わず、気になる蹴球事について、気ままに綴っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:40
  • 累計のページビュー:2238385

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. レスターがマン・シティに快勝! -夢物語が現実に成る可能性を感じた日-
  2. +今季のPSGが強い3つの理由+
  3. ペップは本当に名将なのか!?
  4. 最後まで走りきったボルシアMGがバイエルンにセンセーショナルな快勝劇!
  5. 「もしかすると、PSGはズラタンがいないほうがむしろ良いサッカーをするのではないだろうか!?」
  6. 最後のスペイン代表!?
  7. メッシよりも!ネイマールよりも!イニエスタに魅せられたヘタフェ戦!
  8. ズラタン加入で俄然!注目度と期待度が増すPSG!
  9. レスターがスウォンジーに快勝し遂にプレミア制覇に王手!
  10. 最終節はモンペリエに4-0で快勝!PSG選手の今季を採点・総括してみる

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss