◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎

◎世界蹴球雑記系

コンフェデ杯を観て -メキシコに抱く期待-

 ドイツが半端ない。  ロシアで開催された先のコンフェデ杯にはB代表で挑んだにも関わらず、決勝でフルメンバーのチリを1-0で下しての優勝。遡ることその一日前には、ポーランドで行われていたU-21欧州選手権で、V候補筆頭と見られていたタレント揃いのスペインを同様に1-0で破り、同カテゴリーでは8年ぶりとなる戴冠を得た。  かつてのブラジルなんぞは、「常に同レベルの代表チームが二つ三つ作れる」と、そ......続きを読む»

「メッシは家で晩御飯を食べているときでさえ、違いを生み出せる決定力がある!?」

 劇的な幕切れの影響もあるにせよ、なかなかに面白い試合だった。  23日にマドリードのサンティアゴ・ベルナベウで行われたエル・クラシコである。  3-2というスコアがまたちょうど良い。  同じ1点差でも2-1では攻撃的というには物足りないし、だからといって4-3だといくら攻撃が素晴らしくてもそれだけ喰らった守備の脆さを無視できない。  ジダン采配的中!とばかりに、86分にハメス・ロドリゲスが交代......続きを読む»

微妙すぎるW杯出場枠の48ヶ国への拡大

 10日、FIFAから2026年のW杯より出場枠を48ヶ国に拡大することが発表された。  Groupリーグを1Group3チーム×16とし、1位のチームのみが決勝T進出することで、出場国が増えても勝ち上がった国の最大試合数は現行と変わらない!だから、各国にこれまで以上に大きな負担が掛かることはない…というのが一つのウリらしい。  しかし、3チームでGroupリーグを争うということは毎節1チームは......続きを読む»

-クライフに捧ぐ-

 空飛ぶオランダ人が天に帰した。  プレーヤーとしても監督としても、ピッチの現場を離れたとしても、その存在感は絶大だった。  現役時代はリアルタイムではないので、後年、試合の映像を数試合観たぐらい。 1974年西ドイツW杯準決勝・ブラジル戦と決勝・西ドイツ戦の録画と、あとは北米リーグでのプレーを記録映画かダイジェストで目にした程度だが、それでもそのプレーは脳裏に焼き付くものがあった。  一......続きを読む»

メッシよりも!ネイマールよりも!イニエスタに魅せられたヘタフェ戦!

 年末のクラブW杯決勝で眼前のMSNのプレーに度肝を抜かれて以来、週末のリーガにおけるバルサ戦を出来る限り観ずにはいられなくなりつつある今日この頃。  今節のヘタフェ戦は4日後にCLアーセナル戦が控えてることもあってか、ルイス・スアレス、セルヒオ・ブスケッツ、イヴァン・ラキティッチやハヴィエル・マスチェラーノといった本来の主力ともいえる選手が幾人かピッチに立たなかったが、それでも彼らの不在を感......続きを読む»

-☆-ただ、ひたすら“MSN”に魅せられた夜-☆-

   『M』essi    『S』uárez    『N』eymar  それぞれの頭文字を取って呼ばれるトリオ名は人呼んで“MSN”  各々については今さら説明の余地なしだが、確実にいえるのは、世界中に数多のクラブが在る中で、当代最強3トップと言い切れるということ(人によってはBBCやレヴィー&ロッベリーのほうが…という意見もあるかもしれないが)。今やMSNといえば、マイクロソフトネット......続きを読む»

最後まで走りきったボルシアMGがバイエルンにセンセーショナルな快勝劇!

 かつて“ティキタカ”ポゼッションで無双を誇ったバルサの打倒法を問われた幸谷秀巳氏が、その方法として「90分間、前線からハイプレスを掛け続けること」と言っていたことがあった。  自由を与えないことでお得意のパス回しを寸断するという意があるわけだが、一方で「それを90分間遂行するのは(現実的には)難しい」とも付け加えていた。時間の経過とともに当然体力は低下していく。動きの量や質が落ちてプレスの精......続きを読む»

久しぶりにビッグトーナメント本大会出場を果たしたハンガリー代表に寄せる想い

 ハンガリーがEURO2016本大会への出場を決めた!  A代表のビッグトーナメント出場は実に1986年のメキシコW杯以来になる。オリンピックに関しては1996年のアトランタ五輪出場が最後だが、日本と同居したGroupDの最終戦で、アディッショナルタイムに上村健一と前園真聖が連続GOALを決めて日本が劇的な勝利を飾った試合で、日本の引き立て役となってくれたことが、まだ、頭の片隅に残るところでは......続きを読む»

Sリーグ初観戦! -アルビレックス新潟シンガポールがホウガン・ユナイテッドFCを下しリーグ首位に-

 世界で一番人気のあるスポーツといわれるサッカー - FOOTBALL。  ということは、世界中どこへ行ってもサッカーは(ほぼ)在るわけで。  このGWに訪れたシンガポールにもSリーグが存在する…となれば、蹴球ジャンキーとしては足を伸ばさないわけにはいかない!  5月1日、アルビレックス新潟シンガポールvsホウガン・ユナイテッドFCの試合を観戦してきた。スタジアムはアルビレックスホームのジュロ......続きを読む»

グリーズマンがメッシやクリロナよりもスーペルに映った日!?

 赤から青のチームへ移籍して以降、プレーにかつてのスーペルさがなくなったこともあり“エル・ニーニョ”ことフェルナンド・トーレスへの興味を徐々に失していたのだが、この度、彼が生まれ育ったアトレティコ・マドリードへの復帰を果たしたことにより、再び彼に対して、アトレティコに対して大きな関心を抱くようになった。  現状はマリオ・マンジュキッチとの併用(というか控え?)という形だが、先のコパ・デル・レイ......続きを読む»

。。。ドローに終わった注目の首位決戦を観て、何となーくスペインのW杯連覇が厳しいように思えた。。。

 問題はメッシがいつ使われるか!?そして、使われたとしてどのくらいの影響力をピッチで発揮できるか!?  だと思えた。  負傷明けだけにそれほど無理はさせられない。といってもアレクシス・サンチェスやペドロ・ロドリゲスがここのところ好調なプレーを披露していたとしても、このレベルの相手と対するとやはり!リオネル・メッシがいないとなかなかGOALをこじ開けるには至らない。  それはこの......続きを読む»

+バイエルンがクラブW杯制覇!+ ~ペップは確かに“名将”なのかもしれない!?~

 モロッコで開催されていたクラブW杯決勝は、欧州代表バイエルン・ミュンヘンが開催国枠代表のラジャ・カサブランカを2-0で下し、見事優勝の栄誉に輝いた。  ブンデス、CL、DFBポカールを制し、ドイツ史上初の3冠を達成したチームを率いたユップ・ハインケスが退任し、新指揮官にジョゼップ・グァルディオラが就任した今季のバイエルン。  これ以上はない!というくらいの成果を残したチームにグァル......続きを読む»

◇◇◇スアレスとリヴァプールとウルグアイ◇◇◇

 いつになくリヴァプールが好調だ。クリスタル・パレスをホームに迎えた週末の試合でも前半にGOALを連ね3-1の快勝。首位のアーセナルがウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンと引き分けたことから同勝ち点で並び、得失点差も同じことから総得点の差で2位という好位置に付けている。  何れも指揮官が替わったマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシーの優勝候補三強は、軒並み本来の圧倒的......続きを読む»

ドイツの時代は渡さない!CL決勝を争った二強が効果的な補強敢行中!

 今月12日、マリオ・ゴメスのフィオレンティーナへの移籍が決まった。昨季は新加入したマリオ・マンジュキッチにレギュラーの座を奪われる形で、リーグ戦での先発出場はわずか9試合(交代出場12試合)に止まった。それでもチーム内ではマンジュキッチとトーマス・ミュラーに次ぐGOALをあげるのだから大したものだが、より多くの出場機会を求めたということだろう。  まだ、正式に決まってはいないが、兼ねてか......続きを読む»

コンフェデ杯2013 ⑩ 【そこにスペインは存在しなかった】

【 ウルグアイ 2-2 イタリア (PK3-2) 】     0-1  24' アストーリ(イタリア)     1-1  58' カヴァーニ(ウルグアイ)     1-2  73' ディアマンティ(イタリア)     2-2  78' カヴァーニ(ウルグアイ)  メインは後述する決勝なので手短に触れる。  組織的な堅守と鋭いカウンターを武器にするという似た者同士の対戦となった3位......続きを読む»

コンフェデ杯2013 ⑨ 【スペインが延長PKを制し決勝へ!大方が期待した顔合わせが実現!】

【 スペイン 0-0 イタリア (PK7-6) 】  120分の死闘でも決着が付かず突入したPK戦では、こちらも6人ずつ終わって全員が成功!と両雄全く譲らない。  イタリアの7人目、レオナルド・ボヌッチが噴かして枠から外してしまい迎えたスペインのキッカーはヘスース・ナヴァス。  プレッシャーの掛かる場面だったがGOAL左へキッチリと決め、長かった戦いに終止符を打った。  PK......続きを読む»

コンフェデ杯2013 ⑧ 【ブラジルが苦しみながらも決勝進出!】

【 ブラジル 2-1 ウルグアイ 】     1-0  41' フレッジ(ブラジル)     1-1  48' カヴァーニ(ウルグアイ)     2-1  86' パウリーニョ(ブラジル)  14分、セットプレーのDFの際、エリア内でダヴィジ・ルイスがディエゴ・ルガーノを倒したとしてウルグアイにPKが与えられた。  刹那、何となーく脳裏に、“マラカナンの悲劇”のフレーズが浮かん......続きを読む»

コンフェデ杯2013 ⑦ 【攻撃は最大の防御!?】

【 ウルグアイ 8-0 タヒチ 】     1-0   2' エルナンデス(ウルグアイ)     2-0  24' エルナンデス(ウルグアイ)     3-0  27' ディエゴ・ペレス(ウルグアイ)     4-0  45' エルナンデス(ウルグアイ)     5-0  61' ロデイロ(ウルグアイ)     6-0  67' エルナンデス(ウルグアイ)     7-0  82' ス......続きを読む»

コンフェデ杯2013 ⑥ 【ブラジルがガチンコでイタリアに完勝!/メキシコに敗れた日本は3連敗で大会を去る】

【 ブラジル 4-2 イタリア 】     1-0  45' ダンテ(ブラジル)     1-1  51' ジャッケリーニ(イタリア)     2-1  55' ネイマール(ブラジル)     3-1  66' フレッジ(ブラジル)     3-2  70' キエッリーニ(イタリア)     4-2  88' フレッジ(ブラジル)  前半30分の段階で負傷から早くも2人目の選手......続きを読む»

コンフェデ杯2013 ⑤ 【抜かずの裏スペインがタヒチに記録的大勝!】

【 スペイン 10-0 タヒチ 】     1-0   5' フェルナンド・トーレス(スペイン)     2-0  31' ダヴィド・シルヴァ(スペイン)     3-0  33' フェルナンド・トーレス(スペイン)     4-0  39' ヴィージャ(スペイン)     5-0  49' ヴィージャ(スペイン)     6-0  57' フェルナンド・トーレス(スペイン)  ......続きを読む»

1 3 4 5 6

ブロガープロフィール

profile-iconyug_10_pixy

◎→JIN18◎◎◎
『寝テモサッカー、覚メテモサッカー』というくらい?サッカーと音楽♪をこよなく愛しています。

特に!伊W杯でPIXYに魅せられて以来、旧ユーゴ系には並々ならぬ情熱を注いでいます。

国内海外問わず、気になる蹴球事について、気ままに綴っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:14
  • 累計のページビュー:2238447

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. レスターがマン・シティに快勝! -夢物語が現実に成る可能性を感じた日-
  2. +今季のPSGが強い3つの理由+
  3. ペップは本当に名将なのか!?
  4. 最後まで走りきったボルシアMGがバイエルンにセンセーショナルな快勝劇!
  5. 「もしかすると、PSGはズラタンがいないほうがむしろ良いサッカーをするのではないだろうか!?」
  6. 最後のスペイン代表!?
  7. メッシよりも!ネイマールよりも!イニエスタに魅せられたヘタフェ戦!
  8. ズラタン加入で俄然!注目度と期待度が増すPSG!
  9. レスターがスウォンジーに快勝し遂にプレミア制覇に王手!
  10. 最終節はモンペリエに4-0で快勝!PSG選手の今季を採点・総括してみる

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss