◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎

劇薬は良薬に近し!?-ハリルの起用法に感嘆-

このエントリーをはてなブックマークに追加

 一昨日、日本代表がホームでオーストラリア代表を2-0で下し、6大会連続のW杯本大会出場を決めた。試合自体は観れていないので、特にどうこう触れることはできないのだが、とりあえず一つの期待に応えてくれたことには、素直に安堵の気持ちを覚えるものがある。

 時として、世界の中において、蹴球後進国としての劣等感やそこからくる自身卑下意識がなかなか抜けない我が国の蹴球民(ある一定の年代以上だけかもしれないが…)だが、世界各地域間のレベル格差はひとまずさておき、6大会連続出場という歴史の積み重ねは素直に誇っても良いのではないだろうか。

 2014年ブラジルW杯出場国を見ても、6大会連続で出ていた国といえば、ブラジル(20大会連続)、アルゼンチン(11大会連続)、ドイツ(16大会連続)、イタリア(14大会連続)、スペイン(10大会連続)、アメリカ(7大会連続)、メキシコ(6大会連続)、そしてお隣りの韓国(8大会連続)ぐらいである。  参加するという意味においては常連になったともいえるし、それなりにマークされる存在になったと捉えても良さそうだ。

 もちろん、世界一を狙えるトップレベルの強豪国とは比べるべくもないが、先のオーストラリア戦の招集メンバーを見ても、本場欧州を中心として海外組がズラリと顔を揃えている。各クラブにおける日々の激しい競争で研鑽した技と経験値を、少なからず代表チームにももたらしているはず。  やり方(戦い方)さえ間違えなければ、よほどの“死の組”にでも入らない限り、決勝Tに進出できる可能性は結構あるのではないかと思う。

 そんな期待的楽観論を思い浮かべるのは、ヴァヒド・ハリルホジッチ監督の存在も大きい。

 ここも戦術論だの細かい云々はさておき、就任当初から性格的なものや手法に至るまでパーソナリティな意味合いで“劇薬”ぶりが伝えられ懸念する声もあったが、もしかすると、それが良い方に作用するのではないかと感じるのだ。

 オーストラリア戦での日本のスタメンは… 【GK】  川島永嗣 【DF】  酒井宏樹  昌子源  吉田麻也  長友佑都 【MF】  井手口陽介  山口蛍  長谷部誠 【FW】  浅野拓磨  大迫勇也  乾貴士

 翻ってベンチスタートとなった面々… 【GK】  中村航輔  東口順昭 【DF】  槙野智章  酒井高徳  三浦弦太 【MF】  本田圭佑  柴崎岳  香川真司  小林祐希 【FW】  原口元気  岡崎慎司  久保裕也

 一瞬、スタメンを見て、それからベンチ組の顔ぶれを目にした時、表と裏が入れ替わったのか!?と思いそうにもなったし、本田、柴崎、香川、原口、岡崎、久保…etc、見た目は控え組のほうが強そうに見えるではないか!とすら思った。  結果は、キャップ数の少ない浅野と井手口が見事に起用の期待に応えるGOALをあげたわけだが、この起用ができる、それを貫き通せるという点でハリルホジッチはスゲェなぁ…と感じるものがあった。日本人は元より、外国人でもこれまでの指揮官にはできない起用法だと映ったからだ(オシムは例外)。

 ジーコやアルベルト・ザッケローニあたりは親善試合やそれほど重要でない東アジア選手権あたりでも、ほぼ常にベストメンバー的な臨み方をしていたと記憶する。もしかすると、起用法に関してはスポンサーとの絡み等々もあったのかもしれないが、新しい選手呼んでも全く使わないんじゃ意味がナイ!と何度も思ったものだし、この試合でこんな最強メンバー揃えてやる意味あるのか!?と思ったこともしばし。

 ハリルホジッチはブラジルW杯で率いたアルジェリア代表においても、かなり斬新で思い切った手法や抜擢でチームを作ったというが、自分が旬だと感じた選手を迷うことなく起用できるあたり(時には間違いもあるのだろうが)には、個人的には感心させらるものがあった。  「選ばれたら使われる」となれば、日ごろから選手もそこを意識したプレーができようというものだし、間違いなく競争の原理は働くはず。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
○蹴球雑記系
タグ:
日本代表
ハリルホジッチ
井手口陽介
大迫勇也
浅野拓磨
W杯
香川真司
本田圭佑
ブラジル
アルジェリア

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

リバプール vs アーセナル / ジャパン vs オーストラリア【くうねるサッカー アラウンド】

オーストラリア戦 【 まだゼロ地点に到達していない。ゼロ地点はW杯でのグループステージ突破。 】【FCKSA66】

日本代表 オーストラリア代表 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

ブロガープロフィール

profile-iconyug_10_pixy

◎→JIN18◎◎◎
『寝テモサッカー、覚メテモサッカー』というくらい?サッカーと音楽♪をこよなく愛しています。

特に!伊W杯でPIXYに魅せられて以来、旧ユーゴ系には並々ならぬ情熱を注いでいます。

国内海外問わず、気になる蹴球事について、気ままに綴っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:81
  • 累計のページビュー:2236356

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. レスターがマン・シティに快勝! -夢物語が現実に成る可能性を感じた日-
  2. +今季のPSGが強い3つの理由+
  3. ペップは本当に名将なのか!?
  4. 最後まで走りきったボルシアMGがバイエルンにセンセーショナルな快勝劇!
  5. 「もしかすると、PSGはズラタンがいないほうがむしろ良いサッカーをするのではないだろうか!?」
  6. 最後のスペイン代表!?
  7. メッシよりも!ネイマールよりも!イニエスタに魅せられたヘタフェ戦!
  8. ズラタン加入で俄然!注目度と期待度が増すPSG!
  9. レスターがスウォンジーに快勝し遂にプレミア制覇に王手!
  10. 最終節はモンペリエに4-0で快勝!PSG選手の今季を採点・総括してみる

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss