南国のカープファン

隠れたビッグプレー

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はカープのブログではなくWBCについて 書いていこうと思います。

昨夜のキューバ戦はオランダ戦に続き、 痺れる試合でしたね。 あまりにもポイントとなるシーンが 多くて、非常に見ごたえのある試合だった と思います。

私個人的には4回表の日本の守り。 3アウト目を獲ったシーンが実は非常に 大きかったと思います。 あまり印象に残るシーンではなかったかも しれませんので説明したいと思います。

2-2の同点、4回表キューバの攻撃。 2死満塁から、エース菅野が2点タイムリー を献上し2-4の2点ビハインドに。 タイムリーの流れで1塁ランナーが3塁を 狙いますが、小林の好送球で3アウトチェンジ。

「え?」と思うかもしれませんが、ここに なります(笑。 実はあのシーン、仮にオールセーフで2死1、3 塁でキューバの攻撃が続いていたら、非常に危う かったと思います。

理由としてはいくつか挙げられますが、大きく 分けて2つ。

一つ目は流れが完全にキューバへ傾いた瞬間で あり、あの回で試合を決められたかもしれない ということ。一つ間違えば、試合を決めるだけの 打撃、そして負けたら終わりの覚悟を持ったキュ ーバです。そこに「勢い」や「流れ」を渡してし まっては非常に厳しかったと思います。

二つ目は菅野を変えるかどうかの判断。 昨夜の菅野はボールの質自体、悪くはなかった のですが、明らかに高めに浮いた球が多かった ですね。2点タイムリーも珍しく「抜けたボール」 でした。

あれ以上引っ張るのは危険でしょうし、球数も 制限の80球に迫る球数だっただけに、替え時 だったと思います。勿論、ブルペンは準備して いたでしょうが、この回までは菅野という意識 もかなりあったのではないでしょうか。

もしリリーフの準備が未だだとすれば2死1、3塁 で菅野続投もやむを得なかったかもしれません。 はっきりと言えることは色々な要素が複雑に絡み合 ったシーンであることは間違いなさそうです。

2次ラウンドともなれば、力が拮抗したチーム同士 の対戦ですから、どんなきっかけで勝負を分けるか 分かりませんからね。他にあるだろうと思われる 方もいらっしゃるでしょうが、私はこの場面を選び ました。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
南国のカープファン

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

溝脇 2ラン!【春夏秋冬ドラ応援】

3月14日 オープン戦日ハム戦 濵口投手好投、シリアコ選手猛打賞【YOKOHAMA lover】

加藤拓也は、後で使ってくれ【苦しい今が勝負だぞ】

ブロガープロフィール

profile-iconysysys

物心ついた時からのカープファン。
素人ですが、偉そうにブログを書きます。
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:1098937

(09月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 難しい判断 ~広島カープ~
  2. あまりにも悲しい結末
  3. 投手起用と投資
  4. オンドルセクの抹消に思う
  5. ペナントレース前半戦総括(パート①打撃)
  6. 巨人の補強に思う
  7. ちょっとした雑感 広島カープ
  8. ついに来たかエルドレッド
  9. 新たな動き?~広島カープ~
  10. HR打者の波及効果

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss