南国のカープファン

ysysys

物心ついた時からのカープファン。 素人ですが、偉そうにブログを書きます。
  • 昨日のページビュー:17
  • 累計のページビュー:1104949
  • (11月23日現在)

最新の記事

高みを目指すステップに

「カープ終戦。」 まずはベイスターズの皆さん、おめでとうございます。 数年前はお互いBクラスが定位置でしたが、2年連続 でCSファイナルのカードでぶつかるというのは感慨 深いですね。今回は完膚なきまでにやられましたので 素直に「負け」を認めざるを得ないです。 CSの制度や所謂、下克上に異を唱える方もいらっしゃい ますが、現行制度上、ディスアドバンテージを抱えながら 勝ち抜いたのですから、セ・リーグ......続きを読む»

若さが出たなあ

昨夜の敗戦のポイントは初回の4失点。 簡単に2アウトを獲ってからの4失点。 非常にマズイ獲られ方だった。 0-9から逆転された試合をはじめ、岡田投手は 崩れたら止まらない「弱さ」を克服しないといけない。 ボール自体は非常に良いものを持っているので、 もっと自信を持って投げ込めば良いと思うのだが、 相手とてプロ。私たちには分からないプレッシャー があるのだろう。でもこれに打ち勝たなければ もっと上の......続きを読む»

うまくやりくりしたなと。

4-5でサヨナラ負けという結果は残念でしたが、 個人的にはうまくやりくりした試合だと思う。 カード勝ち越しを決めた状況であり、見ている 側も穏やかな気持ちで観戦できた。 特に一岡、中崎、今村を温存できたことが 大きい。この時期に3連投は避けたかった。 贅沢を言うならば、中田を使わずに終えれた ら最高だったが、それは望み過ぎか。 彼らを温存したことで、ジャクソンとブレイシアの 好投という収穫もあっ......続きを読む»

隙を見せるな!

今日は阪神との天王山。 今季の対戦成績もほぼ5分でゲーム差8.5。 三連敗しなければ良いチームと三連勝が必須 のチーム。面白い試合になりそうだ。 カープにとって朗報なのは甲子園ではなく 京セラドームでできること。 暑さが厳しい時期にドームで試合ができるのは 大きいのと、独特の雰囲気がある甲子園で試合 をしないで済むのは有難い。 また相手チームの先発は小野、藤浪、秋山が予想 されるが、2名は1軍へ......続きを読む»

替わった選手が活躍!

試合序盤に安部選手と松山選手の離脱を受けたカープ。 どちらも主力野手で左の3割打者。 並のチームであれば試合を投げたくなるような状況。 でも今年のカープは違う。 替わって出場した新井さんが同点タイムリー、西川君は 決勝の犠牲フライと1安打、そしてお立ち台。 多少の離脱者が出ても替わりの選手がきっちり仕事を できる選手層の厚さ。これが今年のカープの強さだなあと しみじみ感じた試合になった。 まだ抹......続きを読む»

横綱相撲

昨夜の試合を形容するにふさわしい言葉は 「横綱相撲」だと思っている。 相手先発はエース格のブキャナン。 対するカープはジョンソンの離脱により出番と なった九里。予告先発だけ見ればいささか不利 な戦況を予想したが何のその。 7-1の快勝。非常に強い内容だった。 前カードで10点差をひっくり返すという 荒業を成し遂げ、3連勝でマツダスタジアム に乗り込んできたスワローズ。現在最下位の チームとはいえ侮......続きを読む»

最高の2勝1敗ではないか?

今季お得意様としているジャイアンツさんに 2勝1敗で終えた3連戦。 昨夜のゲームは敗れたとはいえ、苦手の田口 から3点は獲れた事と、勝ちパターンの中継ぎを 温存できたのは良かった。 憂うべきことは中村祐太がローテに定着するチャンス を逃したことと、8回マシソン、9回カミネロに簡単に やられたことくらいか。 まあそんな簡単に3つ獲らせてくれはしないし、 貯金を1つ増やしたのだから、良しとしよう。 残......続きを読む»

これで良かった

5-3とリードしながらも、雨天には敵わずノーゲーム。 「5回が成立すればなあ。」と思われるカープファンも いらっしゃるでしょうが、5回表に追いつかれたり、逆転の 目もあったわけですから、痛み分けということで良いのでは ないでしょうか。 むしろこの時期に怖いのは「選手の怪我」です。 カープも丸や菊池といった要の選手が万全では ありませんし、彼らが離脱となればどうなるか想像も したくありません。それは......続きを読む»

ジャクソンスマイルをもう一度

4-7で敗戦。勝率はホークスと12勝6敗で並ぶものの、直接対決で 負け越して「交流戦優勝」とはなりませんでした。 選手の口からも「交流戦優勝」は目標としていたので、 残念でしたが、交流戦だけで貯金を6つも作ったわけです。 選手を褒めてあげましょう。 さてペナントレースは通常の組み合わせに戻ります。 いきなり2位の阪神と3連戦です。 先発投手はどういった組み合わせになるのか、 バティスタは?西川と安......続きを読む»

相手を大きく見過ぎではないか

「相手を大きく見過ぎではないか」 3-5で敗れた昨夜の試合、最初に感じたことだ。 王者ソフトバンク。絶対的な戦力は多くの主力を 欠きながらも、交流戦では好調。決してチーム状態 が良いとは言えない状況でペナント、交流戦で2位 につけている手ごわいチームだ。 しかしどうだろうカープは昨日の試合開始前で ペナント、交流戦共に首位。相手を見下すことは なくとも、見上げる必要もない。そんな状況下で 行われた......続きを読む»

運とは?

正直、終盤逆までの展開で カープが劣勢だったことは否めない。 薮田も6回3失点ではあったが、 先頭四球や勝負所でボールが高く 痛打される内容でピリっとしなかった。 そんな中で味方になったのは札幌ドームの 高い高い外野のフェンス(笑 大野、大田とあわやHRの打球を跳ね返して くれた。もしどちらか入っていたら、 おそらく負けていた試合だと思う。 逆に先週のロッテ戦ではマツダスタジアムの 低いフェン......続きを読む»

DHバティスタ

今日の対日ハム戦非常に楽しみがある。 DHバティスタが見れるかもしれないのだ。 相手先発は左腕の加藤投手。 起用が濃厚だ。 このブログを見ている方にバティスタの紹介は 不要だろう。彼を現地で見れるファンが羨ましい。 日ハムバッテリーは2つのHRを見て、おそらく インコースを厳しく攻めてくることが予想される。 それに対して彼がどういった反応を見せるか注目 したい。 少し気が早いとは思うが、交流戦が......続きを読む»

バティスタ!

バティスタ選手がド派手なデビューを飾った。 ちょっと怖くなるくらいの満点デビューだ。 育成時代が長く、支配下登録されてから2日目 に一軍昇格と代打デビュー。そして逆転ツーランを 打つなんて、マンガでもやりすぎなくらいの話だ。 首脳陣としては来週の6連戦がDHで行われるため、 慣らす意味での昇格という意味合いだっただろう。 それが値千金の逆転HRデビューとは嬉しい誤算だ と思う。勿論、彼の打撃が素晴......続きを読む»

さあ交流戦だ!

29勝19敗1分の貯金10で首位。 現在5連勝中という最高の形で交流戦を 迎えることができた。去年は交流戦3位 と好成績を残し、その後一度も首位を譲らぬ まま優勝。明らかに交流戦がキーになっていた。 今年も同様に交流戦での健闘いや、優勝を目指そう ではないか。去年3位なのだから、その上を目指す のは当然。最後のカードがマツダスタジアムでの ホークスと3連戦。ここが天王山になる展開を 望みたい。 ......続きを読む»

明確な狙いがあったマイコラス攻略

マイコラスをうまく攻略しての勝利。 こう表現して差し支えない試合だった。 勿論、岡田の好投があっての勝利でもある。 ただここでは「マイコラス攻略」について。 昨夜のマイコラス。序盤は手がつけられない ほど完璧で三振の山。小林も的を絞らせない リードだったと思うし、カーブとストレート の緩急にきりきり舞いのカープ打線だった。 しかし、カープ打線は制圧された序盤でも 明確な狙いがあったと思う。 まと......続きを読む»

快勝!

9-2の快勝で首位阪神とのゲーム差は1.5差。 不甲斐ない一昨日の逆転負けが嘘のような快勝で 苦手DeNA相手に今カードは2勝1敗の勝ち越し。 今季通算対戦成績も5勝6敗として、良かったのでは ないでしょうか。 打線の好調さに先発の中村祐太も乗せられたような 投球。初回に2失点こそしましたが、要所を締める 内容で6回2失点のQS。日程の関係などで次回の 登板は未定のようですが、是非先発で起用して欲......続きを読む»

鬼門へはずみを

巨人との3連戦は1試合が雨で中止。 2戦2勝で終える最高の形となりました。 2試合とも終盤にきっちり追加点を獲れて 良い勝ち方でした。やはり先発が粘ると、 心強い打線が何とかしてくれますね。 ホームのマツダスタジアムも後押しして、 相手チームからすればまさに「魔境 ズムスタ」。 明日からもホームで横浜を迎えて3連戦です。 苦手DeNAは今年も払拭できないのでしょうか。 カープが苦手にするタイプとし......続きを読む»

スライド登板

1勝5敗で終えた正に「死のロード」明けの ホーム初戦。雨天順延がもたらす影響はいかが なものかという思いも杞憂に終わった。 11-2の完勝。7回2失点で勝ち投手になった ヒーローはプロ2年目にて初のスライド登板を 経験した岡田明丈だ。 スライド登板の難しさは憶測であるがかなり難しい と思う。「心」と「体」を一度ピークへ持って行って 試合開始時刻後に中止の決定。ここからクールダウン して、また翌日に......続きを読む»

負け試合の作り方

完敗。 中盤までは一進一退の攻防であったが、 終盤に息切れして惨敗。 なんとなく神宮の石川を攻めあぐねるなあ という印象が強い。カープ打線が老練な投球に やられているのだろう。次はきっちり攻略したい。 福井は監督のコメント通り、立ち上がりは良かった。 徐々に失点を重ねて、6回にとどめを刺された。 どことなく自信がなさげで、頼りなく映った。 弱気の福井が出てしまったのか。四球連発という 崩れ方ではな......続きを読む»

落ち着こう

ゴールデンウィーク終盤はカープファンにとって 辛いものとなりました。詳細を書くつもりはありません。 起きたことは過去のことです。振り返る間もなく明日から 試合が始まります。各選手とも今一番大事な事は切り替える こと。「また新しい1週間が始まる。先週は5割だったから良し。」 これで良いのです。 去年のこの時期も7回辺りを投げる中継ぎ不在で試合をいくつか 落としてきました。今年はヘーゲンズ、中崎の不在......続きを読む»

背筋が凍る

「背筋が凍る」 基本的には悪い出来事が目の前で 起きて、おぞましい様子を表す言葉 だが、昨日は良い意味で背筋が凍った。 日本語がおかしいかもしれないが、 そう表現するしかない光景を目の当たり にしたのだ。そう、8回裏に飛び出した 西川の同点ホームランだ。 彼のポテンシャルが高いことは周知の 事実だが、あのホームランはヤバい。 通常内角をホームランするにはホークス の松田選手の様にポイントを前にし......続きを読む»

今永攻略

「今永攻略」 これが昨日の試合の至上命題だった。 前回の対戦で屈辱の1安打完封を食らった 相手。続けてやられるわけにはいかない。 彼をどう攻略するか注目の一戦だった。 その結果が出たのは試合開始後すぐで あった。田中が初球をヒット。菊池が これまた初球をライトスタンドへHR。 2球で2点を先制する。その後もHR攻勢 で追加点を挙げ、6-1の勝利。 見事リベンジを果たした。 「今永攻略」は単純明快......続きを読む»

走塁

「首位攻防戦」 この時期に大袈裟な表現かもしれないが、 その名に恥じない名勝負だったと思う。 両先発投手が試合を作り、虎の子の1点を 守ったカープの勝利。このカードを2勝1敗 とし、首位をキープした。 0-1、7-6、1-0と全て1点差での勝利。 紙一重の戦いが続いた。 昨夜の試合を語るうえで避けられない場面が ある。7回表の「ビデオ判定」のシーンだ。 判定の是非についてはここで申し上げるつもりは......続きを読む»

野村 対 菅野

「野村 対 菅野」 今季2回目の顔合わせ。 巨人さんは当然今季もエースをカープに ぶつけてくるだろうなとは思っていたけど、 4月で2回目ですか(笑 このクラスの投手になると温存とか慣れられる とかじゃない。菅野で打倒カープということ ですかね。WBCの絡みで菅野が開幕投手では 無かったという「巡りあわせ」の問題もあるけど、 去年同様、ローテを崩してまで当ててくる可能性 も今後有り得るだろう。 ......続きを読む»

中継ぎの力

ようやく勝った。四連敗でしばらく 勝利の味を忘れていた。辛かったけど、 来週からまた良い形でスタートできる。 今週2勝4敗なら大きく崩れたとはならな い。1勝5敗とは天と地の差だなあと改めて 感じる。 今週の6連戦は横浜、ヤクルト共に左右 のエース級をぶつけられてしまった。 その4試合を全て落とした形だ。全敗は いただけないが、そう考えると過剰に 「打てない」と騒ぐのは少し違う気がする。 今日の......続きを読む»

野球を変えるな!

雨が降りやんでも、恐らく結果は 変わらない。必然的な4連敗だと思う。 打てない。まあそんな時期もあるさ と思うくらいのメンタルで野球をして くれれば問題ないのだが。 昨日の試合、一回表で嫌な予感がした。 点が入らなかったからではない。 先頭の田中が四球で出塁。 いつものカープなら一気加勢に走るか、 強行かの場面で送りバントだった。 「そんな、弱気にならなくても。」 明からに連敗の影響により、怯ん......続きを読む»

焦るでない

「12勝6敗1分」 どう考えても順調な滑り出しだ。 「3連敗」という字面を見れば、顔をしかめたく なる気持ちも分かる。でもこんな時期はどんな チームでも訪れるし、去年優勝しているチーム相手 にエース級の先発をぶつけてくるのは当然の事だ。 10連勝中と比べて明らかに得点力が落ちているの は事実。でもあの時の得点力を年間で維持するのは 不可能な話。あの時が異常なのだ。まあ今が正常とは 言えないが、あの......続きを読む»

どうしようもない

昨夜は色々な事が重なり、「どうしようもない」試合に なってしまった。相手先発の今永は昨季から苦手にして いたカープ打線ですので、ある程度の苦戦は予想してい ましたが、1安打完封されるまでとは思いませんでした。 昨季のCSで苦手意識を少しは払拭できたのかなと淡い期待 を寄せましたが、ここまで完璧にやられるとは・・。 次はやり返しましょう。何らかの対策は講じてくれるはずです。 それと「誤審」の件につ......続きを読む»

初顔合わせ

過去の記事で再三、「この時期は勝ち負けよりも チームのカタチをつくる時期だ」と主張してきた。 勿論、勝ち負けが2の次というわけではない。 それぐらいチームの基礎を作るのに重要な時期と 位置づけているのが、ペナントレースの序盤という事だ。 ところが昨夜の試合は個人的に負けられない試合 と位置付けていた。こちらは右のエース野村、 相手はルーキー左腕の濱口。この組み合わせで 落とすわけにはいかないし、第......続きを読む»

明確なコンセプト

「コンセプト」意味としては概念。 それが明確に見える最近のカープの試合。 多くのカープファンは気づいていると思うが、 「先発を1イニングでも多く投げさせる。」 というもの。 このフレッシュな時期に先発ができるだけイニング を喰うことで、中継ぎへの負担を減らし、 後半戦へ余力を持たせようという意図が見える。 どちらにせよ、夏場以降は先発陣が長いイニングを 投げれないケースが出てくると思うので、 それ......続きを読む»

1 3 4 5 6

このブログの記事ランキング

  1. 難しい判断 ~広島カープ~
  2. あまりにも悲しい結末
  3. 投手起用と投資
  4. オンドルセクの抹消に思う
  5. ペナントレース前半戦総括(パート①打撃)
  6. 巨人の補強に思う
  7. ちょっとした雑感 広島カープ
  8. ついに来たかエルドレッド
  9. 新たな動き?~広島カープ~
  10. HR打者の波及効果

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss