トラコ好きの虎男

さらば大和

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は本当に本当に寒かったですね。

今さらながらですが、大和がFAで横浜に移籍しました。抜群の守備力は もちろんのこと、スイッチ挑戦に目処が立ちさあ来年からというタイミングだっただけに残念です。

阪神は昨年、今年と連続で守備が崩壊しました。守備固め、若しくはスタメンで大和が守備についた時の安心感はなんとも言えないものがありました。北條がポロリとしたり、糸原が追いつけなかったり、上本が握り直しでゲッツーを取れなかった時に、もっと大和を使ってほしいと思ったものでした。

打撃に関しても前述の通り、スイッチ挑戦が成功といってもいい、打率.280を残しました。

ただそれでもスタメン、いわゆるレギュラー扱いとは言い難く、北條が不調で2軍落ちした時も糸原が優先され、糸原故障後も北條を起用したり、「なんや俺じゃないのか」と不満に思ってもなんら不思議じゃないです。私からみても、CS最終戦で交代させられたのはなんだか不憫でした。

横浜、オリックスに阪神も含めた争奪戦になり、自分で納得できるチームに移ったのなら、それは素晴らしいことですし頑張ってほしいです。

阪神がもっと得点能力が高い打線だったら、大和の扱いも変わったでしょう。金本監督の起用もどうかと思うこともありますが、やはり点が取れない打線で、長打力はもとより出塁率や得点圏打率、年々少なくなる盗塁やバントなど、どれか一つでもインパクトがあればと思いますので、監督の采配も理解できます。

来年も阪神にいればレギュラーに1番近いとは思いますが、もう一つの特徴がなければ、やはり打線との兼ね合いになってしまうのかなと思います。そういう意味では、阪神とはタイミングがズレてしまっているのかもしれませんね。生え抜きということもあり残念なのは間違いないですが、どうしても替えのきかない必要不可欠な選手とまでも言えないのも事実だと思います。痛いですが、他の選手の奮起に期待しますし、獲得した尾仲投手も楽しみです。

レギュラーとして期待できるのはオリックスかと思いますが、横浜も強力クリーンアップがいるので起用しやすいチームでしょう。ただポジションはショートでしたら倉本がいるし、セカンド柴田は打力向上を期待させるCSでした。外野陣も強力ですし、簡単にレギュラーとはいかないかもしれません。しかしいつの間にか、横浜は選手層が厚くなっていますね。

それとは別に、阪神からFAで争奪戦になるような生え抜き選手が出てきてくれたのが嬉しいです。他球団からFAで獲得したのは12球団で3番目に多い球団ですが、今まで阪神からFAで出た生え抜き選手は5人。野手では藤本以来ですが争奪戦って感じじゃなかったので、そういう意味では新庄以来じゃないでしょうか。

もちろん主力選手の流出は痛いですが、こういう他球団からも欲しいと思われる選手が増えると、チーム力も上がるはずです。残った選手も他球団から欲しいと言われるよう頑張ってほしいです。その上で移籍じゃなく阪神でずっと頑張ってほしいです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

大野の人的補償を考えてみる【FF】

スワローズの名選手【池山隆寛】【ファン歴44年 神宮の杜】

映画FOR REALから、プレーには伏線があったと再認識(僅かにネタバレあり) 【暇な時横浜ベイスターズについて書くブログ】

阪神タイガース 背水の選手たちの挑戦 ~野手編~【ラテンアメリカの虎】

上本博紀の評価【ラテンアメリカの虎】

頑張れ大和!【タイガースを応援しよう】

阪神タイガース2018 新入団選手背番号決定!【ラテンアメリカの虎】

DeNA/大和は阪神タイガースの脅威になるのか?【ラテンアメリカの虎】

ブロガープロフィール

profile-iconys460823_0417

タイガース一筋40年の会社員
  • 昨日のページビュー:39
  • 累計のページビュー:1729559

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 阪神 戦力外選手
  2. 阪神のFA人的補償選手
  3. 阪神 来年の陣容
  4. ドリス退団
  5. 阪神のドラフト戦略への勝手な希望
  6. CSへのシフトを
  7. みるみる貯金がなくなるかも
  8. FA補強について
  9. 阪神16年ドラフト 超変
  10. 今年の阪神投手陣

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss