トラコ好きの虎男

FA補強について

このエントリーをはてなブックマークに追加

メジャーリーグはカブスが108年ぶりの優勝を決めました。108年ぶりって、…改めてアメリカ野球の歴史の深さを感じました。やっぱり凄いです。そして優勝パレードに500万人って…ホンマかいな、思わずつぶやきました。そりゃ108年ぶりですからね。やっぱりメジャーリーグは凄いです。

阪神は新助っ人に元楽天のマギーをリストアップしているという報道がありました。本人も日本でのプレーを希望しているとのことです。マギーは補強ポイントの一つであるサードが任せられるスラッガーです。まあリストアップ位は本当にしてるんでしょうが、交渉に入るんでしょうか?獲得となればいい補強になると思います。

そしてオリックスの糸井へのアタックは、もう決定事項のような報道です。

ここで改めて、阪神の来季への懸念材料を考えてみました。まずは予想メンバーから。 投手陣 先発 メッセ、藤浪、岩貞、能見(基本5回まで) 青柳、秋山、横山、岩田

4本を軸に、若手3人と実績ある岩田が5番手以降を争い活気があります。特に青柳は巨人に強いイメージがあり、横山は岩貞のような成長を期待します。

リリーフ陣 抑えマテオ、サタホワ、高橋、岩崎、安藤、球児、松田、金田、島本、石崎、山本、榎田、歳内

結果的にマテオが好成績でしたが、数字程の安定感を来季は感じることができるか。岩崎、松田が7、8回を任せられる投手となれるかに注目です。

捕手 原口、梅野、坂本、岡崎

一長一短ありますが、なかなか活性化されてていいんじゃないでしょうか。もちろん1番手は原口で。

ファースト ゴメス セカンド 上本、大和、荒木、板山、森越 サード 鳥谷、陽川、中谷、今成、良太 ショート 北條、植田

新人は今は挙げていませんが、大山がサードに入ってくれたら嬉しいです。西岡も今は挙げていません。いかんせん、板山や中谷など流動的な選手が多いです。原口ファースト案もあります。

レフト 高山 センター 中谷、横田、江越、横山、俊介、大和、ハヤタ ライト 福留

中谷、大和とともに、板山もここでの出番があると思います。

というメンバーから、順番に懸念材料は、 ①能見の衰え、藤浪が本当に昨年にような投球ができるか、岩貞は実質1年の実績で来季はまだわからない

②5番手以降の候補者は楽しみだが頭数が不足、横山の故障グセ

③マテオの安定感

④中継ぎ岩崎が未知数で、松田が伸び悩むと安藤、球児の負担増で崩壊の危険性まで

⑤実際ゴメスをどうするのか、長打力不足は未解消

⑥鳥谷は復活するのか、このまま下降するのか

⑦福留の出場試合数

⑧内外野ともに守備力が向上するのか

⑨原口、高山、北條の2年目のジンクス

まだ挙げれそうですがもうやめておきます。今年はとにかく若手が見れて、しかもそこそこの結果を出した選手も複数いて良かったのですが、誰も突き抜けた活躍ではなかったです。来季更にステップアップするかといえば、やはり不安です。来季は壁にぶつかり、再来年が勝負という気がします。高山のバッティングは不安がないですが、守備と走塁に課題が残ります。

全体的にとにかく未知数です。もちろん今年の経験を生かして期待感が膨らんでいますし、その通りに更に成長してくれれば何の問題もないですが、そんなにうまいことはいかないはずです。

今年の経験が無駄になるはずも無く、何も悲観している訳ではないです。ただその成果が早速来年表れる選手もいれば、再来年になる選手もいると思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「FA補強について」へのコメント

コメントありがとうございます。

仰る通り、戦力は未知数というか実質1年だけの実績であり、それを支える主力が本来の力を発揮していない状況が投打ともに見られます。

こんな状況だけにFA獲得に対して、とにかく反対というつもりは無いです。ただ岸や森福のような投手が市場に出るからには、獲得に向けて優先して動くべきだと思います。

もちろん糸井や陽が加入しても戦力アップすると思います。何しろ弱点だらけの戦力です。

ただ、現実は十分理解しているつもりですが、やっぱり補強無しのチーム作りもいいなぁと思う次第です。

FA補強について

全て生え抜き選手で戦ってほしいという気持ちは分からないでもありません。

しかしながら今シーズンチームの軸と期待したゴメス、鳥谷、福留はおせじにも機能したとは言えません。
ゴメスは今の時点でも来シーズンチームにいるかどうかもわかりませんし、鳥谷もポジションが獲れるかどうかすらわからない状況です。
唯一仕事をしたと言える福留に至っても休み休み使っていただけに来シーズンは40を迎える年齢を考えてもチームの大黒柱として期待するには無理があると思います。

あなたがおっしゃられているように阪神の外野には期待の若手が意外と多くいるように見えますが、現時点で即チームの軸に据えれるというような選手はまだ現れてきてはいません。
これもあなたが言われていることですが、今シーズン活躍した選手たちにも2年目のジンクスというものも懸念されるので過度の期待は禁物だと思います。

なので今のチーム状況を考えるとチームの中軸となる選手の獲得は必要不可欠なのではないかと考えます。
新外国人は当たり外れが激しいですし、今の時点で計算に入れない方がいいと思っています。
噂されているマギーにしてもパリーグに1年いただけですし、その後の成績をみても太鼓判を押すわけにはいかないと思われます。

今年のドラフト上位で即戦力の投手を獲りに行かなかったことから考えてもFAでの投手獲得を考えたいのはわかります。
自分も獲得できる戦力がいたら獲ってほしいと思います。

しかしながら弱いと言われる打線のことなど考えるのなら、今年失ったチームの軸をどうするか考えるのも大変大事なことではないでしょうか。

人的補償で戦力となる投手を獲られないことも大切だと思いますが。

こんな記事も読みたい

選手を語る㉜ 由規【歓喜の時へ ~燕戦士達の遥かな夢~】

未来のスター選手を占う? 「高卒一年目選手」の二軍成績比較【でっかい花道がどーーーーん】

ドラフト入団拒否問題について~ドラフト6位入団選手はどれほど活躍したのか2012年編【東都大学リーグを応援しながらスポーツについて語るブログ】

今季追想と来季変貌へ【坂本誠志郎編】【老若男虎】

今季追想と来季変貌へ【高山俊編】【老若男虎】

FA獲得した場合 プロテクト対象考察 阪神タイガース【明日は今日より素晴らしい】

今季追想と来季変貌へ【福留孝介編】【老若男虎】

阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【投手編】【ラテンアメリカの虎】

ブロガープロフィール

profile-iconys460823_0417

タイガース一筋40年の会社員
  • 昨日のページビュー:81
  • 累計のページビュー:1728691

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 阪神 戦力外選手
  2. 阪神のFA人的補償選手
  3. 阪神 来年の陣容
  4. ドリス退団
  5. 阪神のドラフト戦略への勝手な希望
  6. CSへのシフトを
  7. みるみる貯金がなくなるかも
  8. FA補強について
  9. 阪神16年ドラフト 超変
  10. 今年の阪神投手陣

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss