トラコ好きの虎男

阪神16年ドラフト 超変

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラフト当日の朝に、同僚から阪神の1位指名は誰か聞かれました。私は、田中でいってほしいけど佐々木らしい、でも今年は抽選負けしてもよっぽど変なこと考えない限り失敗しない、と答えました。

その変なこと、超変なことが繰り広げられました。もう結果は皆様ご存知の通りです。

思えば昨年もこんな感じでした。呉の去就が不透明で、福原安藤頼りのリリーフ陣を始めとした投手が補強ポイントでした。また、鳥谷の後継者候補も。ただ私は前々回書いたようにオコエ推しでしたが。

なんで大学外野手?実績あるし抽選勝ちやしまぁええか、次から投手→なんで捕手?2位やで→誰?ケガ?→高校投手、よし、次は地元→誰?大阪桐蔭じゃないの、次こそ地元から→誰?また大学外野手

まさに唖然。小関さんにも12球団最低点と酷評をいただきました。ただシーズンではみんなそれぞれの良さを出し、失敗どころか監督の眼力が証明されたのは周知の通りです。

今年は中継のテレビをつけた時は既に1位確定してました。

へ?……まぁ投手豊作やし2位から→あれ?高橋残ってるのに、まぁ投手とっただけ去年よりましか→よし、地元の高校投手、大器やしこの調子で次は左を→うん?また右の将来性か、高田君や高山君より上かなあ、左投手をそろそろ→社会人内野手?まぁ大山とタイプちゃうし、まだ左は大江君も山口君もいるし右は山崎君も田村君もいる→徳島?高校捕手もそろそろ→大学捕手?石原君じゃなくて??→194㎝投手、誰?

という感じでドラフトは進みました。去年よりは冷静さを保つことができました。

今年も左投手を獲得しませんでした。それよりも1位指名ですね。佐々木という報道でしたが、田中に一旦決まったようです。外れ1位や2位でもとれたというのがガッカリと批判の的です。しかも佐々木の単独指名ができたからなおさらです。

しかし、彼らよりも大山を逃したくなかったということです。投手は代わりがいるけど、大山の代わりはいないということです。こうなったらファンとしては前向きに考えるしかありません。

例えば吉川がダメなら京田、みたいにタイプが同じなら無理する必要はないですが、右で強打のサードは他にいません。2位でとれたかもしれませんが、それはわかりません。現に長距離サードはどこも欲しいですよね。

2位なら阪神より先に指名する球団は、オリ、中日、楽天、ヤクルト、西武でした。中日以外は右のサード長距離砲はできれば獲得したいんじゃないでしょうか。特に西武は。日ハム、ホークスもほしいポイントですね。

ということで、それなりに合理性があると思うようにしました。

他には残ってただけに高橋は2位、ダメでも高山、高田、山口なんかも残ってただけに、やっ獲得してほしかったですね。

疑問は7位の大学生捕手です。昨年も坂本を取り、梅野、原口とほぼ同年代。その上は、清水、小宮山、岡崎とやはり同年代です。捕手という特殊性からなるべく年代はバラけた方がいいと思うので、ちょっとどうかと思います。ひょっとして金本矢野つながりの東北福祉大枠か。

正直いうと、大山には江越感を感じて怖いですが頑張ってほしいです。ただ、ウエスタン二冠陽川や中谷のサード挑戦をどうするのでしょうか。ちなみにフェニックスではセカンド板山でレフト荒木と、もう何がなんやら。

中谷までサード挑戦するなら、センターは江越か横田でいくのかと思案します。

まあ競合数が多くてもサッパリの選手が過去にもそこそいましたので、人気選手が活躍するとは限らないです。なんでそうなるのか私のような素人にはわからないところですが、現時点での評価を覆してほしいですね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

阪神16年ドラフト 超変

金本監督は1年やって貧打に苦しみました。
防御率はセリーグ2位ですが、チャンスでことごとく打てない。
盗塁できる選手もほとんどおらず、盗塁できる選手は出塁できないという悲しみ。
なので、とにかく打てる選手が欲しかったのだと思います。
それが糸井や大山に行く理由でしょうね。
なので、もしドラフトで田中や佐々木が取れたとしても大砲候補の大山を逃せば金本監督的にはドラフト失敗になってたんだと思います。
それなら1位でというのも分かります。

2位は恐らく中塚予定だったのでしょうね。
小野を指名するとき間がありましたし小野を指名したときの金本監督の顔はなんとも言えない顔をしてました。
直前に取られたのが痛かったのでは。
同じく間があったのは7位捕手のときです。
恐らく高校生捕手の帝京 郡を予定してたんじゃないかと思いますね。
原口の後輩ですし。

まぁドラフト前に金本監督がドラフトは即戦力ではなく数年後に活躍できそうな選手を取っていくといってたので、今回も大山含めて素材型が多い先を見越したドラフトになってると思います。

あと、金本監督は出場機会を増やす為に若手に複数ポジションをやらせているので、他のポジションを練習すること自体はいいんじゃないでしょうか。
大山も本職はサードですが高校までピッチャー兼ショートだったこともあり内外野どこでも守れるみたいで、金本監督はまず二遊間で適正を見たいと言っていますしね。

「阪神16年ドラフト 超変」へのコメント

コメントありがとうございます。

仰る通り大砲を育てるのは急務である一方、投手を獲得してほしかった気持ちもあります。

大砲に関しては金本引退以降の課題のままですし、投手も計算できる選手が足りていないです。

糸井選手の情報ですか。獲得の意思も含めてまだまだわからないですね。

ただ、そんな情報が入ったり、来年のドラフト候補を頭に入れてたらとしたら心強いです。ややもすれば、情報網は粗く、来年の候補まで考えてない球団だと勘ぐってしまいますので。

昨年も監督の希望した選手が活躍したので、再度期待しましょう。

阪神16年ドラフト 超変

初めてコメントします。
今回のドラフト大山は、どうしても金本監督が大砲に育てたかった選手であったことは同感できます。
現在の阪神にとって、和製大砲を育てなければならないことは 急務だと思われます。

しかし、もう一つ 裏の事情があったことを勝手に勘ぐります。

来年のドラフトを考えれば、早実・清宮以外にも九州学院・村上など和製大砲の逸材候補ずらり、
来年清宮狙いであれば、3年連続 野手1位となります。

もし、オリックス・糸井をFAで獲得するのであれば、外野の若手使いどころがなく
3塁 候補育てることも良しとし、大砲育成は、清宮狙いからでもよかったと思います。
したがって、今年のドラフトは、投手 佐々木 狙いだったのではないかと思います。

当日 急きょ 事情が変わったのが、糸井 オリックス残留 濃厚 情報が入ったのではないのかな? と
今回のドラフトで、色々なことを考えてしまいました。

ただただ、金本阪神が 将来を見据えた強いチームとなってくれることを期待しています。

こんな記事も読みたい

金本監督、大山選手を1位指名【妻を虎党にさせる-おっさんのブログ】

雑感【no title】

2016日本シリーズ予想。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

【阪神】決して悪くはないのでは【ウル虎ブログ】

■ドラフト戦略に見る金本体制【思無邪の虎】

何を見るかによって現時点の評価は変わるもの【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

運命を蹴飛ばした阪神ドラフト2016 総評【老若男虎】

金本監督のように強い体になりたい!!【一生涯阪神ファンの想い】

ブロガープロフィール

profile-iconys460823_0417

タイガース一筋40年の会社員
  • 昨日のページビュー:325
  • 累計のページビュー:1673882

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 阪神 戦力外選手
  2. 阪神のFA人的補償選手
  3. 阪神 来年の陣容
  4. ドリス退団
  5. 阪神のドラフト戦略への勝手な希望
  6. CSへのシフトを
  7. みるみる貯金がなくなるかも
  8. FA補強について
  9. 今年の阪神投手陣
  10. 阪神16年ドラフト 超変

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss