美城丈二@魂暴風;Soul storm *a martial art side

☆A manager;Jyouji Yoshiki【SINCE/2007・01・24】All glory and failures;My mission is to write it down without leaving them over.

yoshiki812

☆A writer: 美城丈二 〔よしきじょうじ〕 1966年3月、 宮崎県生まれ。 文筆家。 美城丈二の筆名は 筆者が文筆分野、 主に格闘技関連コラム 執筆の際に用いる通称名。 他筆名にて 詩文・小説・戯曲 もっと見る
  • 昨日のページビュー:24
  • 累計のページビュー:1197210
  • (10月23日現在)

最新の記事

筆者・美城丈二よりの謹告『ファイト!ミルホンネット版魂暴風*a martial art side』電子書籍化について

*プロレスの神は、泣いているか!? ある序文という名のひとり語り  平成の世も、早、幾年、19年という歳月を経て、私もいまや、けっして若くは無い年輪を重ねてしまった。いくつもの悔恨と未練、様々な出会いと執着する思いが為、未だに振り返りたくはない、過去の代物というものも確かに存している。だが、そういうジレンマの最中にあって、自身の往時を懐かしむ以外に、ふと私の中で翳ってきたもの、それが、あの10......続きを読む»

時代の目撃者・シリーズ“あのアングルの向こう側”「これぞ、熱き時代の産物!?新日・暴動史“TPGと海賊男”

        “叫び”はひとを、時に絶望の淵に堕とす。   “叫び”はひとを、時に慰撫する感情にも似たり。    TPG=たけしプロレス軍団。  ビリー&ガスパー=海賊男。  アントニオ猪木率いた“プロレス格闘集団・新日本史”において、一大汚点とも言うべき“暴動”大事変は、このふたつに極まる。物が飛び交い、怒号渦巻く館内。火をつける者さえ現れ、いつ果てるともしれない館内にあっ......続きを読む»

プロレスの在り処が問える!?船木誠勝復活劇の舞台に猪木氏IGF浮上!?対戦相手はあの・・・!?

   何やら、スポーツ紙の“見出し”みたようで、誠にすみません(苦笑)・・・。  やはり、書かざるを得ないと申しましょうか(苦笑)、猪木氏IGF絡みのお話しは当分、自分なりに秘しておこうと思っていたのですが、なにやら、あの船木誠勝氏の身辺がまたぞろ慌しい雰囲気を呈し、一部で噂されている復帰の舞台が、あの猪木氏IGFであるという、偽説!?に振り回される(!!)段に及んで、私なりに思う事柄、感慨......続きを読む»

“何処へ!?”猪木、IGF、未だ先が見えぬ!?様々な憶測と非難が飛ぶ、現状

   恐縮ながら、私なりの一言・・・。  様々な方々から、猪木氏の新団体、IGFについてのコメントを求められて弱る。私は市井のもの書きに過ぎず、だから公式コメントもありようがないが、かつての行動、言質、書き記したものに類する影響力はやはりはなはだ大きいらしく、私がまるで猪木氏IGF関係者であるかのごとき、感覚でもの吐かれる方もおられて、こうです!!とも論じきれない。  実際、五里霧中、......続きを読む»

魂暴風・異文『死して尚、栄光と影』

   2005・2 筆者HP掲載文  在京の友人が編んだ、マリリン・モンロー関連の著作を紐解く。死する二週間前からの彼女の行動を仔細に調べ、その死に関する私見を述べた上で、大胆に謎とされる、その死に関する検証を行っている。分厚い本だが、モンロー、本国でも出版され静かなムーブメントを興しているのだという。  時代を席巻した国民的英雄、この類いに関しては、各年代、ジャンルを問わず、様々な憶......続きを読む»

“まだら狼”上田馬之助・真剣を懐刀として忍ばつつ、ヒールに徹した氏の特異性

 実力を有していながら、プロレス特有の“ギミック”に徹する。私が好むプロレスラーの在りよう、私が知る限りにおいて、日本人トップヒールとは、“まだら狼”上田馬之助を指す。  日本プロレス時代、その実力は一目置かれ、氏の語るところに拠れば、「練習の虫」であった猪木のひたむきさを好み、親友の間柄でもあったという。その猪木が日本プロレスを追われることとなった事件、このことに関する論考はみなさん、百もご......続きを読む»

12歳の疾走“ミル・マスカラスに想いを馳せた、片路48km”いまもきっと胸に棲む、青春の瞬間(とき)。

   片路48キロkm、走破!!街路標識から48km表示だったとのことですから、実際はそこまでの、自宅からの距離も勘定に入れるべきですし、何より平坦な行路ではなく、ひとやまふたやま越えていきました、とのことでもありますから、果たして‘なんとも、その想いのほどは凄まじかったのであろう’と思案しばし・・・。尽きせぬ、あの日のあるプロレスラーへの憧憬、そして滑走。随分、昔の思い出話しなのですが、この物語......続きを読む»

脆さと優柔不断ぶり“師に反発し、師をこよなく愛した両雄”藤波辰爾とジャンボ鶴田

 藤波辰爾とジャンボ鶴田。ある意味、このふたりほど、その師・馬場と猪木の、生き様の弊害をもろに受けたレスラーもいないのではないか!?  “王道”と“過激なプロレス”、一見、相反しているかのように思えるリング上のスタイルではあろうが、その根には“対戦相手との信頼関係”における“敢えて受ける”という、プロレス特有の、暗黙の了解なるものが無論、存しており、ただふたりの性格上の違いから、その“アングル......続きを読む»

桜庭和志の今後と、未だに忘れられぬ、あの“中井VSゴルドー”死戦

 今一度、PRIDE格闘絵巻に酔いしれたいなどと書いておきながら、その一方では今後の格闘技、その在りように危惧感を抱き、私の中で相反する二律性がまた、もくもくと、もたげ来る。桜庭にパンチドランカーの兆し、在り。私も含め、ファンとはなんと残酷な精神を有していることか?かつてあの猪木にも感じた、強さの象徴とでもいうべき存在であった者への、  あまりのせつなさ、淋しさと絶望感、そして、最期は華々しく......続きを読む»

桜庭VS田村、UFCの処し方“鉄は熱いうちに、打て!!”

 PRIDEが、UFCに飲み込まれ、新しい時代が来た。表向きは、選手のギャラ高騰や運営費の大幅赤字で、そのつけを清算する形での“買収”だが、財力あるものが、弱った獲物をここぞと飲み込むさまは世の常とはいえ、はかないものだ。PRIDE自体は残る形だが、先のミルコ移籍といい、ノゲイラ転出といい、PRIDEの規模縮小は避けられぬ情勢で、今後、あの“クオリティ”の高さを維持できるか、はなはだ、疑問だ。 ......続きを読む»

『ジ・アウトローズ』から華麗なる!?変身“アメリカン・ドリーム”ダスティ・ローデス

 あの“狂虎”シンからは「白豚」と罵られ、あの“黒い呪術師”ブッチャーからは「キザ野郎」と嘲笑われる。80年代の悪玉・凄玉たちに散々、揶揄非難されたにも関わらず、彼らを向こうにまわし、当時、昭和プロレス黄金期、もっとも銭を稼いでいた、つまりギャランテイの高かったレスラーとは、まさしく“アメリカン・ドリーム”ダスティ・ローデスであったという、事実。  何しろ、新日本来日時、ギャランティが高すぎて......続きを読む»

『時代は回天せず』私が“接見”した「凶虎」時代のシン、それらへの追憶

 敬称略にて。  思い出すことなど。  猪木と“死闘”を演じている頃、つまり私の十代時分前半、“凶虎”タイガー・ジェット・シンは確かに怖ろしく近寄りがたい、存在だった。毎週、繰り返される悪行の限り。大の大人が興奮し、絶叫していた時代。ほとんど技らしい技をしかけず、リング外に猪木を引きずり込んでいたぶる、蹂躙する、やりたい放題。リングに戻れば“虎の爪”コブラ・クローを繰り出し、まさに必死の形......続きを読む»

もはや甦ることは無い“人間山脈”アンドレ・ザ・ジャイアントの微笑

 私は、猪木VSアンドレ戦を好まなかった。「怪物退治」その有り様が色濃く感じられて、それはつまりアンドレの強さを薄々、認識していた証拠だろうが、攻められる際の、あの悲痛な表情がまた物悲しく感じられて、注視に耐えられなかった。  公式のプロフィールとしては、身長が7フィート4インチ(約223センチ)、体重が520ポンド(236kg)とあり、これではあまりの“巨人病”そのものではないか!?(けっし......続きを読む»

陽はまた登らず“革命途上”で冥土に臥されたブロディの終末

 1988・7・17、かの元祖・超獣ファンには忘れられぬ日だろう。ブルーザー・ブロディ、自ら名付けた『ブロディ革命』その途上、彼は、興行主によってドレッシングルームで刺され、尊き命を散らした。プエルトリコ、バイヤモンスタジアムでの惨劇悲惨。だが、裁判では、その現場に居合わせたレスラー達が揃って証言を拒否したとされ、挙句、興行主、ホセ・ゴンザレスは無罪判決を言い渡されたという。  私たちが知るブ......続きを読む»

『偶像的傾斜から、意識が覚醒した瞬間』我が青春の“夢のあとさき”UWF目撃嘆 その第二稿

   「アントニオ猪木なら、何をやってもいいのか!?」前田日明氏の有名悲痛な叫び。    「・・・あのとき、ざわつく観客をオレは“猪木さんがきっと来る”と信じて必死になってなだめた。だけど猪木さんは来なかった。オレは悲しくてね。未だにあのときの感情は忘れ難い」それは前田氏が、のち回顧したUWF誕生の日、蔵前の、リング上の哀感暗澹。    *続きは是非、こちらにて読了くだされば幸いに存じま......続きを読む»

時代の目撃者・シリーズ‘あのアングルの向こう側’「国際の華!!“人間風車”ビル・ロビンソンが一度だけ遭遇した“燃える闘魂”アントニオ猪木戦」

   “人間風車”VS“燃える闘魂”  もはや帰らぬ名勝負、ここに極まれり!!  片や同日、12月11日、力道山13回忌追善特別大試合と題し、オープン選手権開催シリーズの最中、日本武道館 にて、あの馬場氏が全日本プロレスあげての興行を行っていた。シリーズ開催前から、当時のプロレス専門誌・紙を賑わせた馬場氏、猪木氏の確執、論戦。オープン選手権シリーズに新日本勢の参戦を呼びかけたが、H.ホフマ......続きを読む»

衝撃の川崎劇場!!あのブッチャーが最後に煌いた、IWGP主旨賛同、参加表明宣言

 黒いサングラスに白いジャケット姿、まさに千両役者といった面持ちで、すっくと第4回MSGシリーズの開幕戦、川崎市体育館のリング上に勇躍馳せた者こそ、あの「黒い呪術師」と謳われ、当時、人気絶頂だった外国人プロレスラー、アブドーラ・ザ・ブッチャー、そのひとではありました。  リング上にて猪木氏と視察戦。猪木氏が提唱したIWGP(インターナショナル・レスリング・グランプリ)の主旨に賛同、自身の持って......続きを読む»

『偶像的傾斜から、意識が覚醒した瞬間』我が青春の“夢のあとさき”UWF目撃嘆

   *ひとによってはたわいのない、お話しです。されどひとつふたつと、私は私なりに思いを込めて書かせて頂きます。    「表層部分は固いたまごの殻と同じさ(笑)。割れば中には、‘従来のプロレス’というしろみがあって、目指すべき黄身がある。そのうちきっと、どでかい格闘技の時代が来るよ。僕らもそろそろ発想の展開をはからないと。いつまでも“猪木の時代”じゃないってことなんだろうな。今日、見ていて......続きを読む»

「ゴング」誌よ!!高らかに復活せよ!!いまこそ、美城流声援歌

 あの『ゴング』が、休眠した。『ゴング』すなわち、プロレス専門誌、『週刊ゴング』誌、休刊の報。『週刊ファイト』紙廃刊といい、プロレス界にはいまや逆風しか吹かぬ。殊更に大袈裟にものごとを論じるつもりはない。が、プロレス専門誌はこれにて一誌、のみ。やはり、この事態は、良くはない。識者、論じる通り、情報の一極集中化を招くからだ。情報は恒に、是があって非があって議論を招き、ファンを沸騰させうるからおもしろい......続きを読む»

初代タイガーマスクの影で、ひっそりと咲き、泣いた花!!そしてSWS転出!!流転の人生“ザ・コブラ”ことジョージ高野の意気っぷり

 ひとに歴史在り。  いくつかの‘あの時代’の証言者たちによる「回顧録」を紐解く。「回顧録」すなわち、転じて「未来への提言、主張」。売らんが為の商業誌ならではのまさに扇情的なタイトルは致し方ないとして目を瞑るが(特にそれはプロレス物の「回顧録」なるものに多いのだが)、「いまだからこそ明かそう」式の‘暴露本’的内容の書物には嫌悪感が、まず先に立つ。自身のみの感慨かもしれぬが、やはり「夢を破られた......続きを読む»

故・井上義啓氏に捧ぐ!!『我が、シュトゥットガルト(Stuttgart)の惨劇』

 昨年、12月13日、元『週刊ファイト』編集長で、I(アイ)理論として名高い、井上義啓氏が永眠、なされた。私が並み居るプロレス記者の方々の中で、その書かれる記事において、もっとも信頼を置く、‘活字プロレスの祖’とも知られた、お方だった。ネット上ながら、そのご冥福をこころよりお祈り致したき所存。  そんな氏の存命、私の幼き頃から『週刊ファイト』紙上で繰り広げられるところの、‘ファイト・ドキュメン......続きを読む»

時代の目撃者・シリーズ‘あのアングルの向こう側’「俺はおまえの噛ませ犬じゃないぞ!!」維新の雄たけびが旋風を呼び込んだ、あの瞬間。長州力、俺たちの時代!!

 いまはされど、新日本の男。長州力。かつて、彼の一挙手一投足に歓声を上げた熱狂的長州信者も多い。時代を創り、そして自ら壊し、そのフライング的言動によって同業者、すなわち、レスラー達にそっぽを向かれたり、自身、離合集散を繰り返した。  だが、かくいう私も10代の頃、長州の生き様に易々と感化は受けずとも少なからずこの心、動かされた者のひとりだ。もう20年以上前になるが、当時、あの“ファイト”紙......続きを読む»

あの‘全盛時’猪木の牙城を崩した男「サーベルとカウベル・凶虎と不沈艦」T・J・シン、S・ハンセン、‘魂暴風サイト’にいよいよ登場!!

   *過去HPコラム・加筆訂正稿    牙城を崩した=猪木に、認められた。正しくは、そういう表現が‘プロレス的’ではあろうけれど・・・。  ハンセンが振り回すカウベルと、シンが銜(くわ)えるサーベルはまさにギミックがギミック足りえた時代の象徴であり、ゆえに脅えおののき逃げ惑う観客に、さらに罵声をあびせ、怒号渦巻く館内には、‘リアリティー’なる、まことにプロレス的な一種、独特の雰囲気......続きを読む»

加熱する、MMA勃興・ブームの先に訪れるもの。

       *過去コラム、訂正加筆稿。  少しでも格闘技なるジャンルを実際に身を持ってかじったものなら、人間の(それも鍛え上げた肉体であればあるほど)肘、膝がいかにひとを殺す道具になりえるか、察しがつく。UFCは肘を了承し、PRIDEは膝を解禁とした。金網と四角いリングなる違いはあれど、一歩間違えばいつか死人が出る!?  強さを追求するが為、己を戒め、修練に努める。「誰が一番強いのか......続きを読む»

危ぶめば道は無し!?アントニオ猪木・新団体「IGF(イノキ・ゲノム・フェデレーション)」の見えざる正体!?

 「いまにプロレスというジャンルは、消滅する」  「細々と、やれ保守的にコップの中の争いばかり。何故、打ち出そうとしない!?格闘技界という大海原に!!」  「世間の耳目を牽くほどの大花火をいまこそ打ち上げないと、もはやプロレスというジャンルの再生は無いですよ」  「一年後、二年後、プロレスなるものを全く見なくなる輩は多いだろうけれど、反対に世界的なMMA勃興、ブームで興味を持って見......続きを読む»

時代の目撃者・シリーズ‘あのアングルの向こう側’「初年度IWGP決勝戦・猪木舌出し失神事件」

 プロレスに‘アングル’は付き物である。‘アングル’とはつまり、その興行を成功裏に進める為の手段、手管、企て。 では、この本来ならば世間に喧伝されてはならない性質のものが、いついかなる形で流失し始めたかと申せば、どの辺りから?となるや!?  初代タイガーマスク、佐山氏の『ケッフェイ』辺りからか、或いはミスター高橋氏の『流血の魔術、最強の演技』辺りからか・・・  とは想い巡らしてみても、要......続きを読む»

浄土で彼が見守っている‘橋本真也・名も実もある花’

 プロレスラー・橋本真也があの世に召されてから、あと半年余り2年が経つ。‘時の魔術師’によって歳月の移ろいは脆くも早いが、未だに彼の熱狂的ファンだった者には、‘何故!?なにゆえ!?突然の訃報’ということになるのであろう。  私も彼には忸怩たる想いがあって、それは‘闘魂三銃士’以前より注目し続けてきたひとりでもあったという想いであり、だからこそ度々、自身のHPで取り上げる段及んで、きつい事柄を書......続きを読む»

ささやかなる、いくつかの私なりの提言‘クリーム塗付’‘胴着着用’‘増強剤乱用’その第一稿

 或いは、そこかしこで論じられておりますので、今更感は拭えないのかも知れませぬが、この辺りで私なりに想う、総合格闘技界に対する疑問点、提言を、いくつか述べさせていただこうかと想います。  そのひとつめは、先の「K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!」(京セラドーム・大阪)VS桜庭戦における秋山成勲選手の所謂‘クリーム塗付’問題についての私なりの補足。  柔道家時代から何か......続きを読む»

俺はアントニオ猪木の子供だから、あのダメ親父を叱る権利がある。

  *コラム初出/2005・2  「俺はアントニオ猪木の子供だから、あのダメ親父を叱る権利がある。」  今週号(3月2日号)の週刊ゴングは、読み応えがありました。表紙に謳ってあるとおり、これまでの常識を覆す、驚異の頁数を前田日明、ひとりの為に割いております。巻頭ではGK金沢氏の前田氏へのインタビュー、そしてこのひとこそ、最強の二枚舌論客と言われるターザン山本氏の前田論。長州選手自身......続きを読む»

長き憂憤の果て“初代タイガーマスク、その勇姿の名は佐山聡”

     *HP記事初出/2004・6   ‘少年の日に見た、いまでも忘れがたき情景。それは地方の暖房などというものは無い、ガタガタと震えるようなかじかむ寒さの最中、見上げればすっくとコーナーポストに聳え立っていた一人の偶像的象徴。ただきらきらと照明に煌いて、僕のこころは憧れだけを際立たせていた。’  佐山聡氏と言えば、格闘技分けても80年代プロレスファンにはお馴染みの、初代タイガーマ......続きを読む»

1 2 3 5

このブログの記事ランキング

  1. あのハンセンに、マスカラスが仕掛けた!?マスクマンとしての悲哀、隠れざる“シューター”としての実力
  2. 桜庭和志の今後と、未だに忘れられぬ、あの“中井VSゴルドー”死戦
  3. “殺人風車”ゲーリー・オブライト「リング上では別人!!を地でいったフルネルソンの驚愕」
  4. “狂虎伝説”を忘れてはいけませんよ。
  5. プロレスラーとしての誇り、意地!!“原爆頭突き”大木金太郎、師を偲ぶ、荒ぶる野心
  6. “超獣”『ブルーザー・ブロディ 私の、知的反逆児 』、そして私は盟友、スタン・ハンセンのその後をも思った。
  7. 『爆弾貴公子』ダイナマイト・キッド“思わず、私は誰彼となく問いかけてしまいそうになる。「誰が為の・・・・」”
  8. FBより『小橋選手について』
  9. その想いはまさに猛々しき“世界の荒鷲・坂口征二”その人柄に隠れた異相
  10. 初代タイガーマスクの影で、ひっそりと咲き、泣いた花!!そしてSWS転出!!流転の人生“ザ・コブラ”ことジョージ高野の意気っぷり

このブログを検索

月別アーカイブ

2013
12
2012
12
11
10
04
01
2011
12
11
07
06
2010
11
10
09
08
05
03
01
2009
06
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss