美城丈二@魂暴風;Soul storm *a martial art side

魂暴風【pickup report】

FBより『小橋選手について』

   ノア・両国大会でもう一試合限定での“引退表明”とのこと。残念ですが、あれだけのひとですから有終の美を飾ってほしいですね。もともと大柄なプロレスラーが“魅せる”為に理に適わないムーンサルトとかマシンガンチョップを放ち、一見のお客さんにも解り易いプロレスを提供したわけです。膝がガクガクになるのは武藤選手同様、プロレスに賭ける情熱あってこそでしょうし、私なんぞが一々説明しなくても多くのファンの......続きを読む»

我が“鬼軍曹”

 私にとって“道場”とは  新日本プロレス上野毛道場。  あの猪木さんが自宅を改装して作った、  あの“道場”。  その道場内、  朦朦たる湿気と蒸気の狭間で  まさに鬼の形相をして  腕組み、  ギロリと睨みを利かせていたのが、  山本小鉄さんだった。  “道場”とは  その道を極める為に設置された居所。  その“道場”  の論理を必死に......続きを読む»

小鉄さん、逝く。

元プロレスラーで 現 ・新日本プロレス顧問、 山本小鉄氏が  28日午前6時42分、  低酸素性脳症の為、お亡くなりになったとの報を  受けました。  享年・68歳。  ☆2010年08月29日   【訃報】新日本プロレスリング、山本小鉄さんが逝く   新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS- ...続きを読む»

暗闇でしか無い!?“いや、ならば己で光を手繰ってやろう”小川直也が往く!!『ジャンボ鶴田☆三度目の夢』

『ジャンボ鶴田☆三度目の夢』の著者・高尾淳氏と小川直也選手(著者の承諾を得て掲載)  あの小川直也選手が筑波大学大学院へと“進学”した。  この“進学”をお膳立て、  プロデュースしたのは  我が知人で作家の高尾淳氏である。   ...続きを読む»

黙祷・哀悼の意

 現プロレス界の至宝、プロレスリング・ノア代表、三沢光晴社長の未だ信じがたい訃報に接し、こころより哀悼の意を述べさせていただきます。  「どうか御霊が安らかであられますよう」 合掌                      美城丈二 ...続きを読む»

【筆者謹告】ある極悪レスラーの懺悔“ミスター・ポーゴ”自叙伝

☆魂暴風【pickup report】Once again  『ある極悪レスラーの懺悔』  ミスター・ポーゴ著   武道・プロレス・格闘技ファイト!ミルホンネット配信  その、事のもともとの起因は様々な形でプロレス界に関わりを持たれる山本雅俊氏が、ミルホンネットさんに推薦され、今回、配信開始としていよいよ上梓される運びとなったもの。  ⇒『ヤマモブログ・My Dear Li......続きを読む»

遂に来たーッ!!“キン肉万太郎”総合デビュー!!時空を超えて夢を繋ぐ格闘大河浪漫

 【本年も残すところ、あと僅かとなりました。ご愛読賜り、まことに嬉しく、また多くの暖かいメールコメントも頂戴し、有難うございました。明くる年は文筆業様々、少しづつでも結実していけたらと思案致しております。今後とも宜しくお見知りおきくださいませ。皆様の明くる年、より良き年であられますよう、心より祈念致しております。良いお年を! 筆記2008・12・29 美城丈二】    まさしく、その......続きを読む»

石井 慧の育て方で求められる総合格闘技界の“明日を見据えた指針”

   21歳、若くしてのプロ格闘家への転進。                       【写真提供;ミルホンネット】  業界の未来を担う逸材として筆者も興味が沸き立つ。  公称では181cm、110㎏、  2004年に講道館杯全日本柔道選手権100㎏級で優勝、  2006年には全日本柔道選手権大会で  史上最年少初出場・初優勝、  2007年では嘉納治五郎杯東京国際柔道......続きを読む»

【雑感】“王道”の世界がつぶさに検証される時代が訪れた!?『G SPIRITS』全日本&NOAH特集号に見る光と影

   「マニアに贈る全日本プロレス&NOAH研究」と副題が付された最新号の『G SPIRITS』を読了させていただいた。ご存知、元『週刊ゴング』から二派に分かれた専門誌の一誌であり、私が毎号、楽しみに発売を心待ちにしている雑誌である。1300円という値段を高いと見るか安いと考えるかは昨今の出版事情を考慮に入れた上では微妙なところだろうが、それだけの値打ちを感じる専門誌ならではの切り口は識者......続きを読む»

ここまで歩んでみたけれど“ひとそれぞれの黙示録”ブロディ死して20年

 ミスター・ポーゴ、いや、関川哲夫氏の回想録が佳境へとさしかかったようだ。  13年振りの新日本プロレス・IWGPタッグリーグ  ブロディ・20年目の真相告白  FMW始動・大仁田厚との遭遇                           「山口敏太郎事務所・くまき由佳画伯」  不思議な感覚が私の胸中に去来する。  幼少時からまずどのようなジャンルであろうとも興味を抱い......続きを読む»

ジャンルでは無く個々の同一性が問われる時代“中邑真輔”総合参戦再び!!

   新日本プロレス・中邑真輔が揺れている。  再びの総合挑戦のとき。「大晦日あたりかな?」と既に時期を示唆している為、出場の可否は問うまでもなく、大筋での合意はなされ、あとは対戦者が誰になるのか?ギャラに関する契約等済ませれば、本年暮れには地上波でその勇姿が見られるということになるのだろう。  総合は無論、勝利を確約されたものではないから、4年ぶりの参戦は文字通り、中邑真輔の“個として......続きを読む»

プロレス・エキスポ!?彷徨えるプロレス界に朗報、来る!?

   観客動員減に苦しみ、未だ復興への糸口が見出しかねる状況を続ける、まさに“彷徨(さまよ)えるプロレス界”にあってこの報道は朗報なのであろうか!?「プロレス・エキスポ」各社報道から新日本プロレスHPを覗いて見た。  ⇒新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-「「Pro Wres Expo 2008 in Japan」」について  私みたいな昭和からのプロレスファンにとって......続きを読む»

この先、“新・全日本”の道を繋ぐ者「四角いジャングル・その光と影」

 あくまでも、一プロレスファンの戯言として。  新日本プロレス、08・04・27「大阪府立」武藤敬司、99年12月10日、天龍源一郎に敗れて以来の3061日ぶり、“新日本至宝”IWGP戴冠劇。まずは、この戴冠劇を受けてこの後の動向が注目される人物とは、かつて“闘魂三銃士”のひとり、蝶野正洋だろう。 ...続きを読む»

“君がまだ見ぬ武者よ!!”極真「新怪物」テイシェイラ、いよいよK-1参戦!!

   “空手”という武道に魂を懸けた者が居る。それは安っぽい、薄っぺらい、まずは相手の心根を計るかのような、いかにも腹黒い心情を思わせるかのような眼差しで話しかけてくる若者たちが増えた、そんなこのご時勢にあっても。人知れず、黙々と空に向ってその両の拳を突き出す。次は右足だ。または拳だ。今度は左上段。誰も居ない風景。しんとした辺りの静寂を破るかのように漢が発した気が響き渡る。     ...続きを読む»

『戦極-SENGOKU-』は「火の玉ボーイ」“五味隆典”の為に在る。我れ、取留めも無く、雑感。

   栄枯必衰を繰り返す格闘技界。  「果ては散りぢりにならねば良いが・・・」  先達てのワールドビクトリーロード主催の格闘技イベント「戦極」の各試合を見ての感想がまず、そうであった。    五味隆典選手を獲得したことで一部“勢いづいた”と論評された「戦極」。その五味選手、やはり格闘技に懸けるひたむきさが画面からも伝わってきた。煽りVを見ていてそう思ったわけでは無く、闘う時の面構......続きを読む»

“リアルとアンリアルの狭間で”ブロック・レスナー、UFCデビュー

   アマチュア時代も含め、プロレスラー転向以来の実績も申し分無い、ブロック・レスラーのUFCデビュー戦。多くの識者が関心の他では無かったようで、思い思いの勘考のもと、記事になされておられる。    ...続きを読む»

エヴェルトン・テイシェイラという、漢。

 異種格闘技の覇を極めんとする者たちが、他種格闘技の闘いに打って出るのは不毛なことだ、とする論評は未だに根強い議題のひとつだ。    だが、たとえば総合格闘技の舞台においても黎明の時期「バーリ・ツゥード」を経てルール整備化され、異種ジャンルの猛者たちが同一のルールのもと覇を争うことにより、関心が高まり隆盛を見たように、やはり異種ジャンルの猛者たちが集い闘うさまは一格闘技ファンならずとも興......続きを読む»

三崎vs秋山戦について、一言。

 秋山選手はもうこれ以上は無い?(真剣勝負を謳うリング上では)と思わせるかのような壮絶な負け方を見せて敗れた。「さて、ここからどう、這い上がってくるのか?」そう見る者に思わすだけの説得力を秘めた負け振りであった(試合後、鼻骨骨折が判明)。  制裁はこれで済んだのだ。そういう意識こそ、かつての私にこそ持て!!と私は私に問いかけてみたい。まして世界観含め決して好む選手ではないのだから嘲りを起こした......続きを読む»

敢えて受けることの痛みを知らぬ!?ミルコ・クロコップのハイキック。

   新年明けましておめでとうございます。旧年中は多くの識者の方々より、温かい激励のコメント及びメールをお寄せくださり、誠に筆者恐縮、感激致しております。有難うございます。本年も私なりに文筆業、一途に邁進、励んで参りたいと思いますので引き続き宜しくご指導賜りたく存じあげます。縁り良き一年であられますように、心から。                                   筆者・美城丈......続きを読む»

プロレスラー・安田忠夫、嘯く。「これでも少しは大人になりました(微苦笑)」

   “安田忠夫はこのままでは終わらない・美城流声援歌その第1稿”  ☆プロレスラー・安田忠夫、嘯(うそぶ)く。「これでも少しは大人になりました(微苦笑)」    来る12月20日、IGFプロレスリング「GENOME2」において本日現在(12月11日)、事前対戦カード が唯一、発表されている。  安田忠夫vsレネ・ローゼ  2001・8・19「K-1 JAPAN GP」......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconyoshiki812

☆A writer:
美城丈二
〔よしきじょうじ〕
1966年3月、
宮崎県生まれ。
文筆家。
美城丈二の筆名は
筆者が文筆分野、
主に格闘技関連コラム
執筆の際に用いる通称名。
他筆名にて
詩文・小説・戯曲・脚本等
文筆分野、
多岐に渡り多くの執筆発表を
経る。
著作多数。

☆YAHOO! JAPAN認証サイト

☆尽きぬ、日々一縷、
温かいご声援メールに
心より深謝致します。
孤軍執筆の糧に致しております。
有難うございます。

☆筆者プロ格関連
デジタル版ミルホンネット発
〔拙作目録〕
2010・11最新作上梓出来!!
[[|yoshiki812-202984.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代2』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=511]]
[[|yoshiki812-64693.jpg]]
⇒[[『美城丈二のセミファイナル』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=338]]
[[|yoshiki812-50946.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風6伝説光臨篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=316]]
[[|yoshiki812-40819.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=292]]
[[|20080422-01.jpg]]
⇒[[『魂暴風anthology-Act1 The best selection』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&cPath=2_8&products_id=266&]]
[[|yoshiki812-40820.jpg]]
⇒[[『魂暴風Anthology Act・1』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=226]]
[[|yoshiki812-40821.jpg]]
⇒[[『ファイト!ミルホンネット版魂暴風*a martial art side』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=161]]
[[|yoshiki812-40822.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風2感涙のトップ外国人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=163&zenid=1a34c123bdcd615af5041becf19e11ad]]
[[|yoshiki812-40823.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風3忘れ難き青春の日本人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=167]]
[[|yoshiki812-40824.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風4最強神話“流転”篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=202]]
[[|yoshiki812-40825.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風5優しみと矜持を持つ男達篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=216&zenid=4a043d7657a8595da15c57f0d9b58ae1]]

☆☆☆筆者・美城丈二への
ご要望、お問合せ、並びに
コラム、エッセイ等の
執筆に関する仕事上の事柄など、
特にご連絡をご希望される方は
☆下記メールアドレス宛て
ご依頼を受け付けております。
☆筆者宛てご連絡用メールアドレス
⇒jyouji512@yahoo.co.jp
【スパムメール対応の為、
ご面倒でも
jiを抜いてご送信ください。
こちらから追ってご連絡させて
いただきます。】

☆尚、当該コラムにおいて
事実誤認等ございましたら
是非、お知らせくださいませ。
至急、事実を確認し
訂正させていただきます。

☆SINCE/2007・01・24☆
presented byJyouji Yoshiki

☆ひとりでも多くの方々に
読んでいただきたい
主旨のもと、
基本的に当該相互リンクサイトは
受付リンクフリーとなっております。
自己責任にてお入りくださいませ。
⇒[[『相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/menu.html]]
⇒[[『一頁版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/links.html]]
⇒[[『フレーム版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/]]

【ご注意願います。筆者からのお願い】
当ブログ内に掲載されているあらゆる文章の無断転載、転用はけっしてなさらないでください。筆者・美城丈二の記す、全ての文章は日本の著作権法並びに国際条約によって保護を受けております。 Copyright 2001〜2012 Jyouji Yoshiki.The copyright belongs to the writer. Please never reprint it without permission. In addition, at first please inform the writer of the matter about the sentence. Sincere give a response.

  • 昨日のページビュー:24
  • 累計のページビュー:1197187

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. あのハンセンに、マスカラスが仕掛けた!?マスクマンとしての悲哀、隠れざる“シューター”としての実力
  2. 桜庭和志の今後と、未だに忘れられぬ、あの“中井VSゴルドー”死戦
  3. “殺人風車”ゲーリー・オブライト「リング上では別人!!を地でいったフルネルソンの驚愕」
  4. “狂虎伝説”を忘れてはいけませんよ。
  5. プロレスラーとしての誇り、意地!!“原爆頭突き”大木金太郎、師を偲ぶ、荒ぶる野心
  6. “超獣”『ブルーザー・ブロディ 私の、知的反逆児 』、そして私は盟友、スタン・ハンセンのその後をも思った。
  7. 『爆弾貴公子』ダイナマイト・キッド“思わず、私は誰彼となく問いかけてしまいそうになる。「誰が為の・・・・」”
  8. FBより『小橋選手について』
  9. その想いはまさに猛々しき“世界の荒鷲・坂口征二”その人柄に隠れた異相
  10. 初代タイガーマスクの影で、ひっそりと咲き、泣いた花!!そしてSWS転出!!流転の人生“ザ・コブラ”ことジョージ高野の意気っぷり

月別アーカイブ

2013
12
2012
12
11
10
04
01
2011
12
11
07
06
2010
11
10
09
08
05
03
01
2009
06
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss