美城丈二@魂暴風;Soul storm *a martial art side

“魂暴風”popular request column

“プロレスの凄みを引き出す”猪木、天龍、小橋が体現してみせたvs“不沈艦”スタン・ハンセン戦

 “魂暴風” popular request columu  初出;2007・5  或いは異名が“ブレーキの壊れたダンプカー”。見知らぬ人々は何を連想するというのか!?  実は、繰る日も繰る日も“受け”続けることによって、その“宝刀”ウエスタン・ラリアットの凄みをもっとも引き出したのは、あの“長州力”だったのだ、とは若かりし頃の私の弁。  ・・・とは、申せ、ハンセンにはやはり......続きを読む»

はじめに道ありき-新日本プロレス道場編

 *“魂暴風”popular request column  HP掲載時、ご好評を賜った、格闘技コラムをこちらのカテゴリー欄にて再掲致します。  『はじめに道ありき-新日本プロレス道場編』初出/HPブログ記事/2004・8  まったくの私心シリーズ PART1  かつて格闘技界最強とうたわれた集団があった。その名はアントニオ猪木率いる新日本プロレス。道場長、山本小鉄。藤原、佐山......続きを読む»

“80’S・プロレス黄金狂時代”Act25「ジャンボ鶴田の“自制”」

 “魂暴風”popular request column  初出;2008・12 『美城丈二の“80’S・プロレス黄金狂時代 ~時代の風が男達を濡らしていた頃”』  Act25「ジャンボ鶴田の“自制”」  中央大学法学部在籍時におけるレスリング部入部不許可のいきさつはミスターポーゴ、関川哲夫氏の『ある極悪レスラーの懺悔 第1章』に詳しい。  これまで通説とされてきた事柄がい......続きを読む»

“歩く、ひとり民族大移動”まさに私達は見た!!プロレス界が誇った『最強の大巨人』アンドレ・ザ・ジャイアント

   初出:2007・6  (筆者注;このコラムは2007・6、当サイト掲載文です。不定期にて過去コラムにおける多数の筆者宛てコメントメールを賜った上位作を再掲載しております。)  モンスター・ロシモフ、言うまでも無くのちに“人間山脈”とネーミングされた、アンドレ・ザ・ジャイアントの初来日時(1970年)、国際プロレスでのリングネームである。  この初来日時に、あのバーン・......続きを読む»

“超獣”『ブルーザー・ブロディ 私の、知的反逆児 』、そして私は盟友、スタン・ハンセンのその後をも思った。

 (筆者注;このコラムは2008-03-29当サイト掲載文です。不定期にて過去コラムにおける多数の筆者宛てコメントメールを賜った上位作を再掲載しております。)  ☆『ブルーザー・ブロディ 私の、知的反逆児』バーバラ・グーディッシュ&ラリー・マティシク/共著 田中雅子/訳(東邦出版刊)を読ませていただいてつらつらと思ったこと。  おそらく、妻で無ければここまでは語れまいと思われる告白......続きを読む»

アンドレやハンセンの影でひっそりと煌いた“流星”その名はマスクド・スーパースター

 初出:2007・9  空前のスカイ・ハイブームを生み出した“仮面貴族”ミル・マスカラス人気への嫉妬心からだったのか!?、或いは女子プロ人気に対する敵愾(てきがい)心もその影ではあったかも知れぬ。とにかくひとつひとつのシリーズを好評のうちに終わらせねばならぬ。時の新日本プロレスは『流星仮面』マスクド・スーパースターの売り出しにかかった。  既にその名はスーパースター、  入場時にはお茶......続きを読む»

シリーズ“讃歌”『“四角いジャングル”は未だこの胸に潜む』

 筆者注;本稿は、  シリーズ“讃歌”「いまでもこの胸に“棲む”離宮の飛来人、その名はミル・マスカラス」初出;1998・6の抜粋改訂稿です。    それら、一葉一葉の写真を見る度に、強く焦がれた頃の幼い自分の在り様が思い出される。時代がいくら回天してもひとの心に棲む憧憬人はなかなか離れ難いものだ。いくつかの、後世のひとびとが後付する時代なるものを経てみてもまたその時代を軽々と超え、懐か......続きを読む»

あのハンセンに、マスカラスが仕掛けた!?マスクマンとしての悲哀、隠れざる“シューター”としての実力

    ☆竹内宏介氏のご病気の快癒を心より祈念致しております。筆者    私がずっと先より敬意を払う先達の名士に、『魂のプロレス仕事人』と称される竹内宏介氏という方がおられる。かのお方は『月刊ゴング』『別冊ゴング』等の編集長をなされたり、編纂をなされていたお方で、元『週刊ファイト』の編集長であられた、故・井上義啓氏共々、業界人特有の切り込んだ視点、何より慈愛溢れる文筆群をものされ、また竹内氏......続きを読む»

“アルバトロス殺法”キラー・カーン『あほうどりが奏でたプロレスラーとしての矜持ゆえの夢』

   体躯としてはゆうに190cmを超えており、スキンヘッド、けっして美男とは言い難い風貌に(スミマセン!!)後頭部のみ髪を束ねる辮髪(べんぱつ)スタイル、入場時には毛皮であしらわれたモンゴル風帽子に毛皮のベスト、まさにモンゴル族出身というギミックで一部、熱狂的な支持を集めたキラー・カーンというプロレスラー。  氏は本名を小沢正志といい、生粋の日本人であった。プロフィールによれば、新潟県西蒲......続きを読む»

プロレスラーとしての誇り、意地!!“原爆頭突き”大木金太郎、師を偲ぶ、荒ぶる野心

 *(この稿は、故・大木金太郎さんの逝去の報に接し、HPに書き綴ったものの、改訂稿です。初出2006・10)     思い出すことなど。  敬称略にて。    国際空手道連盟極真会館の創始者で名誉総裁、初代館長でもあった、あの故・大山倍達存命の折り、果敢にも喧嘩を売った、日本人プロレスラーが居た。ひとりは云わずと知れた“燃える闘魂”アントニオ猪木。そうしてもうひとりが、あの本名・金一“キム......続きを読む»

12歳の疾走“ミル・マスカラスに想いを馳せた、片路48km”いまもきっと胸に棲む、青春の瞬間(とき)。

   片路48キロkm、走破!!街路標識から48km表示だったとのことですから、実際はそこまでの、自宅からの距離も勘定に入れるべきですし、何より平坦な行路ではなく、ひとやまふたやま越えていきました、とのことでもありますから、果たして‘なんとも、その想いのほどは凄まじかったのであろう’と思案しばし・・・。尽きせぬ、あの日のあるプロレスラーへの憧憬、そして滑走。随分、昔の思い出話しなのですが、この物語......続きを読む»

もはや甦ることは無い“人間山脈”アンドレ・ザ・ジャイアントの微笑

 私は、猪木VSアンドレ戦を好まなかった。「怪物退治」その有り様が色濃く感じられて、それはつまりアンドレの強さを薄々、認識していた証拠だろうが、攻められる際の、あの悲痛な表情がまた物悲しく感じられて、注視に耐えられなかった。  公式のプロフィールとしては、身長が7フィート4インチ(約223センチ)、体重が520ポンド(236kg)とあり、これではあまりの“巨人病”そのものではないか!?(けっし......続きを読む»

故・井上義啓氏に捧ぐ!!『我が、シュトゥットガルト(Stuttgart)の惨劇』

 昨年、12月13日、元『週刊ファイト』編集長で、I(アイ)理論として名高い、井上義啓氏が永眠、なされた。私が並み居るプロレス記者の方々の中で、その書かれる記事において、もっとも信頼を置く、‘活字プロレスの祖’とも知られた、お方だった。ネット上ながら、そのご冥福をこころよりお祈り致したき所存。  そんな氏の存命、私の幼き頃から『週刊ファイト』紙上で繰り広げられるところの、‘ファイト・ドキュメン......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconyoshiki812

☆A writer:
美城丈二
〔よしきじょうじ〕
1966年3月、
宮崎県生まれ。
文筆家。
美城丈二の筆名は
筆者が文筆分野、
主に格闘技関連コラム
執筆の際に用いる通称名。
他筆名にて
詩文・小説・戯曲・脚本等
文筆分野、
多岐に渡り多くの執筆発表を
経る。
著作多数。

☆YAHOO! JAPAN認証サイト

☆尽きぬ、日々一縷、
温かいご声援メールに
心より深謝致します。
孤軍執筆の糧に致しております。
有難うございます。

☆筆者プロ格関連
デジタル版ミルホンネット発
〔拙作目録〕
2010・11最新作上梓出来!!
[[|yoshiki812-202984.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代2』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=511]]
[[|yoshiki812-64693.jpg]]
⇒[[『美城丈二のセミファイナル』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=338]]
[[|yoshiki812-50946.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風6伝説光臨篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=316]]
[[|yoshiki812-40819.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=292]]
[[|20080422-01.jpg]]
⇒[[『魂暴風anthology-Act1 The best selection』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&cPath=2_8&products_id=266&]]
[[|yoshiki812-40820.jpg]]
⇒[[『魂暴風Anthology Act・1』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=226]]
[[|yoshiki812-40821.jpg]]
⇒[[『ファイト!ミルホンネット版魂暴風*a martial art side』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=161]]
[[|yoshiki812-40822.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風2感涙のトップ外国人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=163&zenid=1a34c123bdcd615af5041becf19e11ad]]
[[|yoshiki812-40823.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風3忘れ難き青春の日本人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=167]]
[[|yoshiki812-40824.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風4最強神話“流転”篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=202]]
[[|yoshiki812-40825.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風5優しみと矜持を持つ男達篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=216&zenid=4a043d7657a8595da15c57f0d9b58ae1]]

☆☆☆筆者・美城丈二への
ご要望、お問合せ、並びに
コラム、エッセイ等の
執筆に関する仕事上の事柄など、
特にご連絡をご希望される方は
☆下記メールアドレス宛て
ご依頼を受け付けております。
☆筆者宛てご連絡用メールアドレス
⇒jyouji512@yahoo.co.jp
【スパムメール対応の為、
ご面倒でも
jiを抜いてご送信ください。
こちらから追ってご連絡させて
いただきます。】

☆尚、当該コラムにおいて
事実誤認等ございましたら
是非、お知らせくださいませ。
至急、事実を確認し
訂正させていただきます。

☆SINCE/2007・01・24☆
presented byJyouji Yoshiki

☆ひとりでも多くの方々に
読んでいただきたい
主旨のもと、
基本的に当該相互リンクサイトは
受付リンクフリーとなっております。
自己責任にてお入りくださいませ。
⇒[[『相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/menu.html]]
⇒[[『一頁版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/links.html]]
⇒[[『フレーム版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/]]

【ご注意願います。筆者からのお願い】
当ブログ内に掲載されているあらゆる文章の無断転載、転用はけっしてなさらないでください。筆者・美城丈二の記す、全ての文章は日本の著作権法並びに国際条約によって保護を受けております。 Copyright 2001〜2012 Jyouji Yoshiki.The copyright belongs to the writer. Please never reprint it without permission. In addition, at first please inform the writer of the matter about the sentence. Sincere give a response.

  • 昨日のページビュー:24
  • 累計のページビュー:1197187

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. あのハンセンに、マスカラスが仕掛けた!?マスクマンとしての悲哀、隠れざる“シューター”としての実力
  2. 桜庭和志の今後と、未だに忘れられぬ、あの“中井VSゴルドー”死戦
  3. “殺人風車”ゲーリー・オブライト「リング上では別人!!を地でいったフルネルソンの驚愕」
  4. “狂虎伝説”を忘れてはいけませんよ。
  5. プロレスラーとしての誇り、意地!!“原爆頭突き”大木金太郎、師を偲ぶ、荒ぶる野心
  6. “超獣”『ブルーザー・ブロディ 私の、知的反逆児 』、そして私は盟友、スタン・ハンセンのその後をも思った。
  7. 『爆弾貴公子』ダイナマイト・キッド“思わず、私は誰彼となく問いかけてしまいそうになる。「誰が為の・・・・」”
  8. FBより『小橋選手について』
  9. その想いはまさに猛々しき“世界の荒鷲・坂口征二”その人柄に隠れた異相
  10. 初代タイガーマスクの影で、ひっそりと咲き、泣いた花!!そしてSWS転出!!流転の人生“ザ・コブラ”ことジョージ高野の意気っぷり

月別アーカイブ

2013
12
2012
12
11
10
04
01
2011
12
11
07
06
2010
11
10
09
08
05
03
01
2009
06
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss