美城丈二@魂暴風;Soul storm *a martial art side

“殺人風車”ゲーリー・オブライト「リング上では別人!!を地でいったフルネルソンの驚愕」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 既に伝説化しつつある。時代の移り変わりは速い。

 彼のことをリアルタイムで目撃した世代も遠のきつつ、ある。
 それだけ吸引力を失くしたプロレス界ということになるのであろう。
 まさしく“活況”が無い。彼はそんなジャンルの最期の煌花か!?

 見知らぬファンも増えつつある。だが、いまは良い時代だ。ネットではからずもその一端を望むことは出来る。



 
 相手を後方から羽交い絞め、フルネルソンに捕らえただけでどっと観衆は沸いた。彼特有だったのは強引に倒れこんでいる相手でも持ち上げ、そのまま投げ落としたことだ。

 その速さは、全盛時のロビンソン、ボックのそれを連想させ、時の識者は“殺人風車”とネーミングした。

 かつて、ゴッチはスープレックスなるものは後方から胴をクラッチし、反り投げたあとブリッジして固めることこそスープレックスだと自身の編み出したジャーマンスープレックスホールドを誇った。厳密に、この言説に頼れば彼のスープレックスはサルトということになり、相手の両腕を前から掴んで投げるものがスロイダーだと仮説されたりもするのだが、ええーい、そんなこんなの講釈は要らぬ、彼のスープレックスの前では問答無用!!見る者をして驚愕足らしめる、確かに怒涛の破壊力を存分に発揮していた。

 “必殺技”が文字通りまかり通った最後の凄技かも知れない。

 “敢えて受ける”プロレスなるジャンルの特有性を超え、必死にあがなっても公称191cm、160kgの巨体から発揮される、まさに“むんずと力任せに強引に”ぶん投げるさまは誠に“絵”になっていた。

 当時、試合終了後、会場をあとにしつつ、「あれをこの路上でやったらどうなるんだろうねぇ?」と友人は自身で答えを悟っているかのように頷きつつ、ひとり呟いていたものだ。

 Uインターも皆々一致あげて高田戦の前に作り出した、いわばファンの幻想を膨まらせる為の所業、或いは虚像だったのだと揶揄する向きがあるとしても、私には当時の対戦相手、その失神の山の連続にそんなこんなのこざかしい誹謗・中傷の類いを超えた、見る者に迫り繰るプロレスリングなる世界の“弩級性”、ひいてはかつての、多くのスープレックスの使い手達を連想させる“ノスタルジー性”をも思わずにはおれなかった(それだけUインターの面々が“受けの猛者”だったという反証にもなるが・・・)。

 リングの華はやはりスープレックスにあるのだと、私たちはつぶさにくいいるように幼き時分から見てきたその破壊力とともに起こる神秘性、華麗という仮面の下に隠された受身を取らせまいと思えばそうしてもかまわぬ壮絶さなるものに酔わされ続けてきた。

 相手をマットにぶちのめしても必ずクラッチをはずす必要は無い、なのに投げっぱなすというスタイルで彼ほど説得力を有したスープレックスを放つ強者もそうそういなかったように私は思うのだ。

 ネブラスカ大学時代にNCAA(グレコローマン)レスリング選手権スーパーヘビー級を三度制覇。このバックボーンはやはり伊達では無かった。多くのスープレックスの担い手達が腰に負担のかかるスープレックスを敬遠、または滞空時間を長めにすることでその“破壊力”を貶めてしまう中、彼は繰る日も繰る日もあの“殺人風車”を繰り出し続けた。そうして或る日遂に訪れた頚椎への病の元。併せて襲い来る糖尿病という、格闘家としては致命的な病巣。

 癌に侵され臥した父を想い、金メダル確実とされたロス・オリンピック出場を断念。その金メダルに輝いた男とは彼の友人でもあったジェフ・プラトニック、そのひと。オリンピック選考会にてさもあっさりとピン・フォールした相手でもあった。そんなバックボーンともいうべきアマレス仕込の“反り投げ”を放つことが出来なくなった時、彼のレスラー人生は儚く尽きてしまったのかも知れない。

 プロ転向後は、新日本、そうしてUインター、全日本とまさに請われるままに来日を続けたが、重度の糖尿病に冒されてしまった彼にとっては、毎日毎夜、各地を巡業するスタイルの全日本ではスタミナの消耗は甚だしく遂に彼は彼自身がそうと呟いた“メジャー・リーグ”全日本で本領を思う存分に発揮するという段階までには至らなかった。特にその独特の間合いに上手く順応することも至らず、1996年3月に三沢光晴選手の保持する三冠ヘビー級王座に挑戦、このあたりまでが彼の“域”ともいうべき片鱗が垣間見えた時期でもあろうと考える。

 当時の新聞報道に拠れば2000年1月7日、米ペンシルベニア州で行われた試合中、相手の技を受けた彼はまさに大木が崩れるようにダウン。そのまま息を引き取ったとされる。享年36歳の若さであった。死因は急性心不全だが、彼の身体に以前から“異変”があったことは様々な書物群、関係者の証言によって明白であろう。だが、そこまでして彼は何故、リングに向かい続けねばならなかったのか?その本当の理由を私は定かには知らない。既に黄泉のひとである。知らぬとも、あの“フルネルソン”を思うだけで私には彼へのはなむけだと信じて疑わない。

 「Mr、ゲーリー。スープレックスの“驚愕”を有り難う。」

  ☆ご指摘を受け、文章を一部改めました。ご了承ください。 

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロレス、この果て無き浪漫
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Re:“殺人風車”ゲーリー・オブライト「リング上では別人!!を地でいったフルネルソンの驚愕」

  指導者さん、コメント、誠に有り難うございます。

 “強い、うまい、投げっ放しだからではなく
落とす角度がアマチュアのままだった事が悲しいです。はい”

 全日本参戦時、あの故・馬場氏が囁いたとされる逸話ですね。それほどUインターの選手たちがプロレスの“凄み”を引き出そうと躍起になっていたという側面もみてとれるとは思うのですが・・・。

 コメント、誠に嬉しかったです。丈

Re:“殺人風車”ゲーリー・オブライト「リング上では別人!!を地でいったフルネルソンの驚愕」

でも、投げ方がいけませんでしたね…

プロレスたるもの毎回対戦相手の身体を壊してしまうのはいけませんね。
強い、うまい、投げっ放しだからではなく
落とす角度がアマチュアのままだった事が悲しいです。はい

Uインターのリングは硬いですからね、プロレスなのに…

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconyoshiki812

☆A writer:
美城丈二
〔よしきじょうじ〕
1966年3月、
宮崎県生まれ。
文筆家。
美城丈二の筆名は
筆者が文筆分野、
主に格闘技関連コラム
執筆の際に用いる通称名。
他筆名にて
詩文・小説・戯曲・脚本等
文筆分野、
多岐に渡り多くの執筆発表を
経る。
著作多数。

☆YAHOO! JAPAN認証サイト

☆尽きぬ、日々一縷、
温かいご声援メールに
心より深謝致します。
孤軍執筆の糧に致しております。
有難うございます。

☆筆者プロ格関連
デジタル版ミルホンネット発
〔拙作目録〕
2010・11最新作上梓出来!!
[[|yoshiki812-202984.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代2』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=511]]
[[|yoshiki812-64693.jpg]]
⇒[[『美城丈二のセミファイナル』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=338]]
[[|yoshiki812-50946.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風6伝説光臨篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=316]]
[[|yoshiki812-40819.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=292]]
[[|20080422-01.jpg]]
⇒[[『魂暴風anthology-Act1 The best selection』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&cPath=2_8&products_id=266&]]
[[|yoshiki812-40820.jpg]]
⇒[[『魂暴風Anthology Act・1』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=226]]
[[|yoshiki812-40821.jpg]]
⇒[[『ファイト!ミルホンネット版魂暴風*a martial art side』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=161]]
[[|yoshiki812-40822.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風2感涙のトップ外国人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=163&zenid=1a34c123bdcd615af5041becf19e11ad]]
[[|yoshiki812-40823.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風3忘れ難き青春の日本人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=167]]
[[|yoshiki812-40824.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風4最強神話“流転”篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=202]]
[[|yoshiki812-40825.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風5優しみと矜持を持つ男達篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=216&zenid=4a043d7657a8595da15c57f0d9b58ae1]]

☆☆☆筆者・美城丈二への
ご要望、お問合せ、並びに
コラム、エッセイ等の
執筆に関する仕事上の事柄など、
特にご連絡をご希望される方は
☆下記メールアドレス宛て
ご依頼を受け付けております。
☆筆者宛てご連絡用メールアドレス
⇒jyouji512@yahoo.co.jp
【スパムメール対応の為、
ご面倒でも
jiを抜いてご送信ください。
こちらから追ってご連絡させて
いただきます。】

☆尚、当該コラムにおいて
事実誤認等ございましたら
是非、お知らせくださいませ。
至急、事実を確認し
訂正させていただきます。

☆SINCE/2007・01・24☆
presented byJyouji Yoshiki

☆ひとりでも多くの方々に
読んでいただきたい
主旨のもと、
基本的に当該相互リンクサイトは
受付リンクフリーとなっております。
自己責任にてお入りくださいませ。
⇒[[『相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/menu.html]]
⇒[[『一頁版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/links.html]]
⇒[[『フレーム版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/]]

【ご注意願います。筆者からのお願い】
当ブログ内に掲載されているあらゆる文章の無断転載、転用はけっしてなさらないでください。筆者・美城丈二の記す、全ての文章は日本の著作権法並びに国際条約によって保護を受けております。 Copyright 2001〜2012 Jyouji Yoshiki.The copyright belongs to the writer. Please never reprint it without permission. In addition, at first please inform the writer of the matter about the sentence. Sincere give a response.

  • 昨日のページビュー:31
  • 累計のページビュー:1197756

(11月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. あのハンセンに、マスカラスが仕掛けた!?マスクマンとしての悲哀、隠れざる“シューター”としての実力
  2. 桜庭和志の今後と、未だに忘れられぬ、あの“中井VSゴルドー”死戦
  3. “殺人風車”ゲーリー・オブライト「リング上では別人!!を地でいったフルネルソンの驚愕」
  4. “狂虎伝説”を忘れてはいけませんよ。
  5. プロレスラーとしての誇り、意地!!“原爆頭突き”大木金太郎、師を偲ぶ、荒ぶる野心
  6. “超獣”『ブルーザー・ブロディ 私の、知的反逆児 』、そして私は盟友、スタン・ハンセンのその後をも思った。
  7. 『爆弾貴公子』ダイナマイト・キッド“思わず、私は誰彼となく問いかけてしまいそうになる。「誰が為の・・・・」”
  8. FBより『小橋選手について』
  9. その想いはまさに猛々しき“世界の荒鷲・坂口征二”その人柄に隠れた異相
  10. 初代タイガーマスクの影で、ひっそりと咲き、泣いた花!!そしてSWS転出!!流転の人生“ザ・コブラ”ことジョージ高野の意気っぷり

月別アーカイブ

2013
12
2012
12
11
10
04
01
2011
12
11
07
06
2010
11
10
09
08
05
03
01
2009
06
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss