美城丈二@魂暴風;Soul storm *a martial art side

その想いはまさに猛々しき“世界の荒鷲・坂口征二”その人柄に隠れた異相

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 %size(2){“坂口征二最強説”有識者において、この論説を唱えた者は数知れない。実際に戦ったプロレスラー自身においても、そう賞賛なさる御仁は甚だしいほどに多い。“坂口征二最強説”そのことを論じることはまたある側面、プロレス界の裏面史を語ることでもあろうと思う。

 vsUWF戦士攻防戦、坂口氏は、かけた前田氏や藤原氏のアキレス腱固め等、いわゆる“足関”技をひょいとさも大儀なく立ち上がって防ぎ、見守る観客のどぎもを抜いたものである。あの当時、私はそれが自身、携わってきたプロレススタイルに対する誇り、そうして対戦者への意気地に感じられて、見ていて爽快でさえあった。無論、終始、痛がる真似もできたはずで、されど坂口氏は“この野郎”とばかりに仁王立ちし、当時、既に現役のレスラーとしては“眠りかけていた意気地”から目覚めたかの如く、聳え立ってみせた。

 あれはもしや、かつて“日本柔道界最強”と謳われた、“真剣勝負”の場で培われた“意気地”にも通じるものであったのかも知れない。プロレスというジャンルの特有性、プロレス界デビュー当初、“敢えて受ける”という流儀にお世辞にも順応しているようには思えなかったという有識者の声、声、声。にも関わらず、その自身が携わってきたスタイルなるものの根底をも揺さぶらん勢いで、UWF戦士が挑みかかってきた時、その眼前で立ちふさがったのは・・・誰あろう、坂口征二、そのひとではなかったか!?

 UWFこそ本物のプロレスだ!!
 いや、待てよ。この“俺”を忘れてもらっては困る・・・。

  ☆お蔭さまで誠に多くの有識者の方々からご支持の声を賜っております。是非、この続きはこちらにて読了いただければ幸いに存じます。
   美城丈二著作・ミルホンネットタイアップ
   ⇒ 『魂暴風5/優しみと矜持を持つ男達篇』 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロレス、この果て無き浪漫
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Re:その想いはまさに猛々しき“世界の荒鷲・坂口征二”その人柄に隠れた異相

 Jさん、

 “裏でとんでもない大物が動いている気配が・・・。”

 ・・・元祖・過激な仕掛け人!?あのおひとかな!?なんて(笑)。いずれにせよ有能なる識者が参謀としてお付きになられてはおられるご様子。まだまだ旗上げ日まで予断は許しません。私は期待して期待せず、その日をじっと睨んでおります。

 abcさん、
 先達ても、同じようなご質問の方がございました。僭越なる物言いではございましょうが、私には少なくとも現行のプロレスをも含め“やらせ”なるそういう感覚のもと、昔から従えてはおりません。それはまさしくあなたさまがお答えを添えられておられますよね。

 “…でもこれだけファンがいるってことはそうではないのかなとも思います。”

 世間ではいろいろな従え方があって良いと思います。私は蔑視の目に対し、もはや声高に反論する気もございません。その理由は是非、私の過去コラムを仔細にお読みくださればお察しいただけるかと思われます。私は私の信じた目、35年来、見てきた思いのもと、今後も書き綴ってまいろうと思っております。

 御二方、コメント、誠に有り難うございます。丈

Re:その想いはまさに猛々しき“世界の荒鷲・坂口征二”その人柄に隠れた異相

単純にお聞きしたいのですが、プロレスってやらせではないのですか?私が見た限り最初から勝負が決まってる演劇に見えるのですが。友達に尋ねてもやらせに決まってるやろーて言われるのですが…でもこれだけファンがいるってことはそうではないのかなとも思いします。教えてください。お願いします。

Re:その想いはまさに猛々しき“世界の荒鷲・坂口征二”その人柄に隠れた異相

>IGF道場は、藤原喜明氏のコーチ就任が決まりました。レフェリーはケロさんになる可能性があるそうで、どちらにせよ昭和新日派の好む匂いがますます漂ってまいりました。

そうなんですか?驚きです。チケット購入して良かった、良かった。

裏でとんでもない大物が動いている気配が・・・。
それも含め、当日までおもいっきり楽しみたいとおもいます。

Re:その想いはまさに猛々しき“世界の荒鷲・坂口征二”その人柄に隠れた異相

 Jさん、
 故八田一朗氏は本当にプロレスに理解力のあられるお方でしたね。猪木氏のvsアリ戦、いっとう最初の仕掛け人でもあられますし・・・。IGF道場は、藤原喜明氏のコーチ就任が決まりました。レフェリーはケロさんになる可能性があるそうで、どちらにせよ昭和新日派の好む匂いがますます漂ってまいりました。期待せず期待致したいと思います(笑)。

 りこさん、
 引く力は、尋常では無かったと聞き及んでおります。ゴッチ式の垂れ下げた綱を上り下りする際、まるでいとも簡単にその鍛錬をこなされておられたとも。いずれにせよまだまだ私なんぞも預かり知らぬ武勇伝をお持ちの方であろうかとお察し致す次第です。

 お二方、誠にコメント有り難うございます。丈

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconyoshiki812

☆A writer:
美城丈二
〔よしきじょうじ〕
1966年3月、
宮崎県生まれ。
文筆家。
美城丈二の筆名は
筆者が文筆分野、
主に格闘技関連コラム
執筆の際に用いる通称名。
他筆名にて
詩文・小説・戯曲・脚本等
文筆分野、
多岐に渡り多くの執筆発表を
経る。
著作多数。

☆YAHOO! JAPAN認証サイト

☆尽きぬ、日々一縷、
温かいご声援メールに
心より深謝致します。
孤軍執筆の糧に致しております。
有難うございます。

☆筆者プロ格関連
デジタル版ミルホンネット発
〔拙作目録〕
2010・11最新作上梓出来!!
[[|yoshiki812-202984.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代2』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=511]]
[[|yoshiki812-64693.jpg]]
⇒[[『美城丈二のセミファイナル』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=338]]
[[|yoshiki812-50946.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風6伝説光臨篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=316]]
[[|yoshiki812-40819.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=292]]
[[|20080422-01.jpg]]
⇒[[『魂暴風anthology-Act1 The best selection』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&cPath=2_8&products_id=266&]]
[[|yoshiki812-40820.jpg]]
⇒[[『魂暴風Anthology Act・1』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=226]]
[[|yoshiki812-40821.jpg]]
⇒[[『ファイト!ミルホンネット版魂暴風*a martial art side』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=161]]
[[|yoshiki812-40822.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風2感涙のトップ外国人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=163&zenid=1a34c123bdcd615af5041becf19e11ad]]
[[|yoshiki812-40823.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風3忘れ難き青春の日本人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=167]]
[[|yoshiki812-40824.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風4最強神話“流転”篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=202]]
[[|yoshiki812-40825.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風5優しみと矜持を持つ男達篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=216&zenid=4a043d7657a8595da15c57f0d9b58ae1]]

☆☆☆筆者・美城丈二への
ご要望、お問合せ、並びに
コラム、エッセイ等の
執筆に関する仕事上の事柄など、
特にご連絡をご希望される方は
☆下記メールアドレス宛て
ご依頼を受け付けております。
☆筆者宛てご連絡用メールアドレス
⇒jyouji512@yahoo.co.jp
【スパムメール対応の為、
ご面倒でも
jiを抜いてご送信ください。
こちらから追ってご連絡させて
いただきます。】

☆尚、当該コラムにおいて
事実誤認等ございましたら
是非、お知らせくださいませ。
至急、事実を確認し
訂正させていただきます。

☆SINCE/2007・01・24☆
presented byJyouji Yoshiki

☆ひとりでも多くの方々に
読んでいただきたい
主旨のもと、
基本的に当該相互リンクサイトは
受付リンクフリーとなっております。
自己責任にてお入りくださいませ。
⇒[[『相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/menu.html]]
⇒[[『一頁版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/links.html]]
⇒[[『フレーム版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/]]

【ご注意願います。筆者からのお願い】
当ブログ内に掲載されているあらゆる文章の無断転載、転用はけっしてなさらないでください。筆者・美城丈二の記す、全ての文章は日本の著作権法並びに国際条約によって保護を受けております。 Copyright 2001〜2012 Jyouji Yoshiki.The copyright belongs to the writer. Please never reprint it without permission. In addition, at first please inform the writer of the matter about the sentence. Sincere give a response.

  • 昨日のページビュー:16
  • 累計のページビュー:1195318

(08月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. あのハンセンに、マスカラスが仕掛けた!?マスクマンとしての悲哀、隠れざる“シューター”としての実力
  2. 桜庭和志の今後と、未だに忘れられぬ、あの“中井VSゴルドー”死戦
  3. “殺人風車”ゲーリー・オブライト「リング上では別人!!を地でいったフルネルソンの驚愕」
  4. “狂虎伝説”を忘れてはいけませんよ。
  5. プロレスラーとしての誇り、意地!!“原爆頭突き”大木金太郎、師を偲ぶ、荒ぶる野心
  6. “超獣”『ブルーザー・ブロディ 私の、知的反逆児 』、そして私は盟友、スタン・ハンセンのその後をも思った。
  7. 『爆弾貴公子』ダイナマイト・キッド“思わず、私は誰彼となく問いかけてしまいそうになる。「誰が為の・・・・」”
  8. FBより『小橋選手について』
  9. その想いはまさに猛々しき“世界の荒鷲・坂口征二”その人柄に隠れた異相
  10. 初代タイガーマスクの影で、ひっそりと咲き、泣いた花!!そしてSWS転出!!流転の人生“ザ・コブラ”ことジョージ高野の意気っぷり

月別アーカイブ

2013
12
2012
12
11
10
04
01
2011
12
11
07
06
2010
11
10
09
08
05
03
01
2009
06
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss