美城丈二@魂暴風;Soul storm *a martial art side

ある雑感【INOKI SPIRAL】『タダシ☆タナカ+シュ-ト活字委員会 徹底検証!猪木vs.アリ戦の“裏”』を読む。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
yoshiki812-71918.jpg
            山口敏太郎事務所 くまき由佳画伯    ある雑感【INOKI SPIRAL】タダシ☆タナカ+シュ-ト活字委員会 徹底検証!猪木vs.アリ戦の“裏”を読む。(筆者注;このコラムはミルホンネットブログ欄とダブルポストにて記したものです。)  いよいよと言うべきか?或いは、やはり一筆したためられたのだなとの想い。タダシ☆タナカ先生の最新作、 『タダシ☆タナカ+シュ-ト活字委員会 徹底検証!猪木vs.アリ戦の“裏”』(ミルホンネット刊) を読ませていただいた。    「世紀の大凡戦」から「これこそ真剣勝負の極み」、との評価変遷のち、とかくダークな部分をも後世に様々な形で伝わっている、猪木vsアリ戦。筆者も先だってのTV放送(テレビ朝日開局50周年特別編成番組)を見て、感慨を自身のサイトに吐露させていただいたが、あくまでも少年時の記憶を呼び覚ますものであり、突っ込んで論評した次第では無い。  主旨は飽くまでも一ファンが見た記憶をなぞっておくことも一興かなと思って記した次第であるから、無論、この一戦のダークな部分への紐解きまでは突っ込んで筆をしたためてはいない。  タナカ先生のお作は、無論、こういった一ファンの感慨の外にあり、また論評する主旨が違うのだから、読む心構えまで変えて読まねばならない。  その視点・解析はこれまでのお作同様、微に入っており、秀逸だった。  
yoshiki812-71808.jpg
 




 
 
yoshiki812-71807.jpg
 猪木vsアリ戦は闘う以前から“ケツ決め”があったと断じられ、引き分け裁定を下した三人のジャッジに言及なされて、その根拠を示されておられる。また当時のTVサイドへの“ケツ決め”裁定のあらかじめの申し渡しがあった!との見解をも示され、様々な観点・角度から論評なされてもおられる。  筆者のような“最強幻想論”に覆われていた時代のファンタジープロレスをこよなく愛しつつも、そんなファンタジープロレスを演出してきたプロレスラーこそ、最高のエンターティナーだ!と考えられるプロレス者はよいが、こういった検証物を読んで、「ある程度はそうなのかな?と思ってはいたが、裏切られたような・・・・・・」等と思い巡らしてしまう読者には本編はやはり、毒というか、刺激が強すぎるかも知れない。  真実を知るということが現実を思い知らされる、もしや嘆きの対象でしかないなら、先生のお作は実際、読まないほうが無難かも知れないとも思うのだ。後付にてさも真実であるかのようにでっち上げられたルール等のまさに“出来レース”とも言うべきこれまでの検証物の記述に関して言及がなされると、先生の健筆は更に加速を増し、非難の一言は容赦が無い。  あの『1976年のアントニオ猪木』の著者・柳澤健氏のお作にも断を下されておられるから、その論評はこれでもか!といった按配で読者に迫ってくる。事実は事実として受け止めつつも読み物として一線を画せるような、言わば“遊び心も保てる”大人の読者でなければ、その先々と読み進めてはいけない代物かとも思う次第である。  先生はあらかじめの“ケツ決め”決着を猪木、アリがしっかりと遂行し、が為、その後もふたりの“友情”は続いたのだ!と記され、だがリアルファイトであったとの賛美論評には断固として拒否声明を改めて唱えられてもおられる。  アリはあくまでもボクシングvsプロレスのエキシビションマッチをやりに日本へと乗り込んできたのであり、猪木は「プロレスなんて八百長だ!」と揶揄する世間への“徹底抗戦”として暗躍し、最終的にはアリとの前約束を守った・・・・・・との筆者なりの読後感。  ひとそれぞれの思いはそれこそ百人百様尽きぬだけに、本編への解釈はここまでとしたいが、ご興味お有りの方々以外にも是非、本編を読了なされ、様々な誤解認識を解いていただきたいとの想いも強い。  「読めば納得」との宣伝文句等を他書などでよく拝見するが、本書こそ、そういった類いの極みだろう。事実誤認を修正しつつ、読み進め、新たなる自身の見識眼を携えたい読者には一読の価値ある好書物である、とここに一筆啓上させていただく次第である。                             (筆者・美城丈二)  ☆追記;カクトウログさんのコラムに共感を得るものがございましたので、ここに謹んでリンクさせていただきます。   ⇒【猪木×アリ戦を考えることはプロレスを考えること~『徹底検証!猪木vs.アリ戦の“裏”』発刊】


1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
美城丈二の「僕らは格闘探偵団」
タグ:
INOKI SPIRAL
猪木vsアリ
タダシ☆タナカ
シュ-ト活字
検証物

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconyoshiki812

☆A writer:
美城丈二
〔よしきじょうじ〕
1966年3月、
宮崎県生まれ。
文筆家。
美城丈二の筆名は
筆者が文筆分野、
主に格闘技関連コラム
執筆の際に用いる通称名。
他筆名にて
詩文・小説・戯曲・脚本等
文筆分野、
多岐に渡り多くの執筆発表を
経る。
著作多数。

☆YAHOO! JAPAN認証サイト

☆尽きぬ、日々一縷、
温かいご声援メールに
心より深謝致します。
孤軍執筆の糧に致しております。
有難うございます。

☆筆者プロ格関連
デジタル版ミルホンネット発
〔拙作目録〕
2010・11最新作上梓出来!!
[[|yoshiki812-202984.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代2』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=511]]
[[|yoshiki812-64693.jpg]]
⇒[[『美城丈二のセミファイナル』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=338]]
[[|yoshiki812-50946.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風6伝説光臨篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=316]]
[[|yoshiki812-40819.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=292]]
[[|20080422-01.jpg]]
⇒[[『魂暴風anthology-Act1 The best selection』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&cPath=2_8&products_id=266&]]
[[|yoshiki812-40820.jpg]]
⇒[[『魂暴風Anthology Act・1』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=226]]
[[|yoshiki812-40821.jpg]]
⇒[[『ファイト!ミルホンネット版魂暴風*a martial art side』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=161]]
[[|yoshiki812-40822.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風2感涙のトップ外国人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=163&zenid=1a34c123bdcd615af5041becf19e11ad]]
[[|yoshiki812-40823.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風3忘れ難き青春の日本人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=167]]
[[|yoshiki812-40824.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風4最強神話“流転”篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=202]]
[[|yoshiki812-40825.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風5優しみと矜持を持つ男達篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=216&zenid=4a043d7657a8595da15c57f0d9b58ae1]]

☆☆☆筆者・美城丈二への
ご要望、お問合せ、並びに
コラム、エッセイ等の
執筆に関する仕事上の事柄など、
特にご連絡をご希望される方は
☆下記メールアドレス宛て
ご依頼を受け付けております。
☆筆者宛てご連絡用メールアドレス
⇒jyouji512@yahoo.co.jp
【スパムメール対応の為、
ご面倒でも
jiを抜いてご送信ください。
こちらから追ってご連絡させて
いただきます。】

☆尚、当該コラムにおいて
事実誤認等ございましたら
是非、お知らせくださいませ。
至急、事実を確認し
訂正させていただきます。

☆SINCE/2007・01・24☆
presented byJyouji Yoshiki

☆ひとりでも多くの方々に
読んでいただきたい
主旨のもと、
基本的に当該相互リンクサイトは
受付リンクフリーとなっております。
自己責任にてお入りくださいませ。
⇒[[『相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/menu.html]]
⇒[[『一頁版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/links.html]]
⇒[[『フレーム版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/]]

【ご注意願います。筆者からのお願い】
当ブログ内に掲載されているあらゆる文章の無断転載、転用はけっしてなさらないでください。筆者・美城丈二の記す、全ての文章は日本の著作権法並びに国際条約によって保護を受けております。 Copyright 2001〜2012 Jyouji Yoshiki.The copyright belongs to the writer. Please never reprint it without permission. In addition, at first please inform the writer of the matter about the sentence. Sincere give a response.

  • 昨日のページビュー:21
  • 累計のページビュー:1195303

(08月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. あのハンセンに、マスカラスが仕掛けた!?マスクマンとしての悲哀、隠れざる“シューター”としての実力
  2. 桜庭和志の今後と、未だに忘れられぬ、あの“中井VSゴルドー”死戦
  3. “殺人風車”ゲーリー・オブライト「リング上では別人!!を地でいったフルネルソンの驚愕」
  4. “狂虎伝説”を忘れてはいけませんよ。
  5. プロレスラーとしての誇り、意地!!“原爆頭突き”大木金太郎、師を偲ぶ、荒ぶる野心
  6. “超獣”『ブルーザー・ブロディ 私の、知的反逆児 』、そして私は盟友、スタン・ハンセンのその後をも思った。
  7. 『爆弾貴公子』ダイナマイト・キッド“思わず、私は誰彼となく問いかけてしまいそうになる。「誰が為の・・・・」”
  8. FBより『小橋選手について』
  9. その想いはまさに猛々しき“世界の荒鷲・坂口征二”その人柄に隠れた異相
  10. 初代タイガーマスクの影で、ひっそりと咲き、泣いた花!!そしてSWS転出!!流転の人生“ザ・コブラ”ことジョージ高野の意気っぷり

月別アーカイブ

2013
12
2012
12
11
10
04
01
2011
12
11
07
06
2010
11
10
09
08
05
03
01
2009
06
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss