美城丈二@魂暴風;Soul storm *a martial art side

遂に来たーッ!!“キン肉万太郎”総合デビュー!!時空を超えて夢を繋ぐ格闘大河浪漫

このエントリーをはてなブックマークに追加

 【本年も残すところ、あと僅かとなりました。ご愛読賜り、まことに嬉しく、また多くの暖かいメールコメントも頂戴し、有難うございました。明くる年は文筆業様々、少しづつでも結実していけたらと思案致しております。今後とも宜しくお見知りおきくださいませ。皆様の明くる年、より良き年であられますよう、心より祈念致しております。良いお年を! 筆記2008・12・29 美城丈二】


 
yoshiki812-62410.jpg
 まさしく、その男、田中章仁(あきひと)。  キン肉万太郎への転身。  夢を壊すも何も、FEG谷川貞治代表&DREAM笹原圭一イベント・プロデューサーが「全日本レスリング7連覇、学生レスリング6冠ですよ。高校時代から負けてないんですよ。」などと正体をばらしているのだから誰でも容易に想像がつく(厳密には03年の全日本選手権で2位に甘んじたり、北京五輪予選最終ステージ第1戦ではロシアの強豪・ムスルベスに判定負けを喫していたりするが・・・・・・)。  その実績は北京オリンピック柔道男子100kg超級で金メダルを獲得した石井慧(さとし)と同様、超一線級である。  福岡県出身の田中は当年、25歳。  まさしく夢を繋ぐやも知れぬ逸材だ。  高校時代からレスリングを始め、フリー・グレコで全国制覇。  専大進学後はフリー130kg級全日本選手権で優勝。  02年からはフリー120kg級で連覇を達成。  史上6人目となる学生4冠  (全日本学生選手権フリー&グレコ、  全日本大学選手権、全日本学生グレコ)  という快挙をも成し遂げた男である。  それにしても世界各地で予選トーナメントを行い、優勝者が一同に会し真の王者を決するだの、K-1の下部組織として「闘魂クラブ」ならぬ「(仮)K-1クラブ」を設置しようとする案があるなど、FEG谷川貞治代表の発想はどこまでも往年の新日本プロレスの模倣のようにも思えるのだからなんとも可笑しい。新日本プロレスの模倣というよりもその発案の下地にかつて格闘技界を席巻したプロレスフィーバーなるものが仄見えて仕方ない。  




 
 視聴率優先主義は
 放映権料を主軸とした資金源を元に構成されうる
 格闘技イベントとしては至上命令とも言うべき必然ごとでは
 あるにせよ、
 いまだ超目玉とも呼ぶべきカードが提出されてはいない
 大晦日イベントなるものにおいて、
 「キン肉万太郎かよ?しかも相手はボブ・サップかよ?遂になりふりかまってはいられねえのかよ?」
 と揶揄されてもいたしかたない背景論というものが
 確実に横たわっていることはやはりむげにも
 否定しかねることではあるだろう。
 一競技としての求道性からはどうしても遠のくという
 漫画キャラの出現なるものは
 その登場を発表した時点から、
 負わされている宿命でもあるのだ。
 ここを、どう、切り崩していくか?
 
 その舞台はプロレスのリングでは無い。
 一部ファンから指摘のあったハッスルでも無い。
 れっきとした総合格闘技の舞台であるという、妙。
 (試合形式「DREAMルール」1R10分、2R5分)

 マスクを被る者がこれ以上はそうそう居まいと思えし逸材ともなれば、そこに茶番など施す必要性も無く、DJ OZMAの演出よろしくド派手に入場、だが試合はあっさり転がして腕を取り、タップ一本でも良いのである。かえってその方がリアルに思えて相応しいのではないか?

 対戦はあくまでもシュールに!!脇はあくまでも大晦日イベント、お祭りとして!!これで良いのかも知れない。

 求道性を思わせる、またそういう視点で
 イベントを選手をコアな観点から見つめ続けたい
 と思う反面、
 未来へと繋ぐ“明日を担う若きスター”が登場
 してほしいと思う、あくまでも
 一格闘技ファンとしての願い。

 エンターティメントとしての側面には
 恒に世間へと届く“ハレンチ”感と
 “はちゃめちゃさ”が遇しており、
 コアなファン層ばかりに受けそうな
 マッチメークだけをずらり並べても
 競技性ばかりが際立ってライト層は
 話題にも乗せてくれないだろう。

 この二律離反をどう、料理するか?
 マッチメーカーはいつの時代も
 頭を悩ませていよう。

 胸踊る爽快感丸出しの対戦と
 息を呑む、まさに一挙手一投足を追い続けるかのような
 じりじりと一瞬のまばたきも許されぬほどの対戦。


 私事をひとつ披瀝すれば、あの初代タイガーマスク出現時に10代時分の私が抱いた「あのアニメのタイガーマスクが現実のリングに!?」素直に童心の頃のような気分にさせてくれた、わくわくさせてくれたなんとも言いがたい高揚感を私の子供たちがいま味わっていようという、
 おおげさな物言いが許されるなら
 “時空を超えた”
 高揚感を親子二代にして味わえるという、現実。
 下の子も上の子も私の影響なのか、どうか?かなりのいま時分、奇特な(!!)プロレスファンであり、しかもキン肉万太郎は大のお気に入りキャラのひとりでもある。

 田中章仁・・・・・・夢を繋ぐ為にどういう闘い模様を魅せてくれるのか?
 圧力で押し込まれても「ここぞの火事場のくそ力!!」見事勝利して向けられたマイクに向かって「屁のツッパリはいらんですよ!!」そこですかさず実況アナが「うーん、言葉の意味は解らんがすっごい自信だ!!」でも良いではないか?(笑)。 
 こてんぱんに負けて
 「やっぱり、こういうのが現実なんだろうね。ここからなにくそ!!と這い上がって強くなってくればかえって人気が出るかもね」
 そんな台詞をどうか、私が子供たちに呟かぬよう。

 田中章仁の現トレーナーはあの桜庭和志である。vs田村戦を睨みつつ、もう一方で夢をも繋ごうとしているなんて、まことに天晴れな異才と言う他は無い。

 
 FEG谷川貞治代表!!もう、へたな演出は必用要りません。
 どうぞ、夢をこれ以上、壊さないでくださいませ。
 「マスクマンの正体は決してばらさない。」
 私もかつてのプロレス界の“美徳”なるもの、
 その正体は決して子供たちにはばらしませんので(笑)。 

yoshiki812-62405.jpg
  ☆美城丈二・最新稿出来!!史実をもとに再検証しております。こちらも併せて読了いただければ幸いです。筆者、自信の一作です。       yoshiki812-64696.jpg     ⇒『美城丈二のセミファイナル』  


1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
魂暴風【pickup report】
タグ:
キン肉万太郎
ゆでたまご
田中章仁
桜庭和志
総合格闘技
Dynamite!!~勇気のチカラ2008~

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconyoshiki812

☆A writer:
美城丈二
〔よしきじょうじ〕
1966年3月、
宮崎県生まれ。
文筆家。
美城丈二の筆名は
筆者が文筆分野、
主に格闘技関連コラム
執筆の際に用いる通称名。
他筆名にて
詩文・小説・戯曲・脚本等
文筆分野、
多岐に渡り多くの執筆発表を
経る。
著作多数。

☆YAHOO! JAPAN認証サイト

☆尽きぬ、日々一縷、
温かいご声援メールに
心より深謝致します。
孤軍執筆の糧に致しております。
有難うございます。

☆筆者プロ格関連
デジタル版ミルホンネット発
〔拙作目録〕
2010・11最新作上梓出来!!
[[|yoshiki812-202984.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代2』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=511]]
[[|yoshiki812-64693.jpg]]
⇒[[『美城丈二のセミファイナル』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=338]]
[[|yoshiki812-50946.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風6伝説光臨篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=316]]
[[|yoshiki812-40819.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=292]]
[[|20080422-01.jpg]]
⇒[[『魂暴風anthology-Act1 The best selection』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&cPath=2_8&products_id=266&]]
[[|yoshiki812-40820.jpg]]
⇒[[『魂暴風Anthology Act・1』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=226]]
[[|yoshiki812-40821.jpg]]
⇒[[『ファイト!ミルホンネット版魂暴風*a martial art side』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=161]]
[[|yoshiki812-40822.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風2感涙のトップ外国人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=163&zenid=1a34c123bdcd615af5041becf19e11ad]]
[[|yoshiki812-40823.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風3忘れ難き青春の日本人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=167]]
[[|yoshiki812-40824.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風4最強神話“流転”篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=202]]
[[|yoshiki812-40825.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風5優しみと矜持を持つ男達篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=216&zenid=4a043d7657a8595da15c57f0d9b58ae1]]

☆☆☆筆者・美城丈二への
ご要望、お問合せ、並びに
コラム、エッセイ等の
執筆に関する仕事上の事柄など、
特にご連絡をご希望される方は
☆下記メールアドレス宛て
ご依頼を受け付けております。
☆筆者宛てご連絡用メールアドレス
⇒jyouji512@yahoo.co.jp
【スパムメール対応の為、
ご面倒でも
jiを抜いてご送信ください。
こちらから追ってご連絡させて
いただきます。】

☆尚、当該コラムにおいて
事実誤認等ございましたら
是非、お知らせくださいませ。
至急、事実を確認し
訂正させていただきます。

☆SINCE/2007・01・24☆
presented byJyouji Yoshiki

☆ひとりでも多くの方々に
読んでいただきたい
主旨のもと、
基本的に当該相互リンクサイトは
受付リンクフリーとなっております。
自己責任にてお入りくださいませ。
⇒[[『相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/menu.html]]
⇒[[『一頁版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/links.html]]
⇒[[『フレーム版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/]]

【ご注意願います。筆者からのお願い】
当ブログ内に掲載されているあらゆる文章の無断転載、転用はけっしてなさらないでください。筆者・美城丈二の記す、全ての文章は日本の著作権法並びに国際条約によって保護を受けております。 Copyright 2001〜2012 Jyouji Yoshiki.The copyright belongs to the writer. Please never reprint it without permission. In addition, at first please inform the writer of the matter about the sentence. Sincere give a response.

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1197700

(11月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. あのハンセンに、マスカラスが仕掛けた!?マスクマンとしての悲哀、隠れざる“シューター”としての実力
  2. 桜庭和志の今後と、未だに忘れられぬ、あの“中井VSゴルドー”死戦
  3. “殺人風車”ゲーリー・オブライト「リング上では別人!!を地でいったフルネルソンの驚愕」
  4. “狂虎伝説”を忘れてはいけませんよ。
  5. プロレスラーとしての誇り、意地!!“原爆頭突き”大木金太郎、師を偲ぶ、荒ぶる野心
  6. “超獣”『ブルーザー・ブロディ 私の、知的反逆児 』、そして私は盟友、スタン・ハンセンのその後をも思った。
  7. 『爆弾貴公子』ダイナマイト・キッド“思わず、私は誰彼となく問いかけてしまいそうになる。「誰が為の・・・・」”
  8. FBより『小橋選手について』
  9. その想いはまさに猛々しき“世界の荒鷲・坂口征二”その人柄に隠れた異相
  10. 初代タイガーマスクの影で、ひっそりと咲き、泣いた花!!そしてSWS転出!!流転の人生“ザ・コブラ”ことジョージ高野の意気っぷり

月別アーカイブ

2013
12
2012
12
11
10
04
01
2011
12
11
07
06
2010
11
10
09
08
05
03
01
2009
06
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss