美城丈二@魂暴風;Soul storm *a martial art side

“80’S・プロレス黄金狂時代”Act25「ジャンボ鶴田の“自制”」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 “魂暴風”popular request column
 初出;2008・12

『美城丈二の“80’S・プロレス黄金狂時代 ~時代の風が男達を濡らしていた頃”』
 Act25「ジャンボ鶴田の“自制”」

yoshiki812-60393.jpg
 中央大学法学部在籍時におけるレスリング部入部不許可のいきさつはミスターポーゴ、関川哲夫氏の『ある極悪レスラーの懺悔 第1章』に詳しい。  これまで通説とされてきた事柄がいかに風説として歪められてきたか、関川哲夫氏の著述がそれらを雄弁に物語っているが、それはジャンボ鶴田という一時代を築いた、いわば往時の“全日本の顔”であった人間・鶴田友美にも当てはまることだろう。  漏れ伝わってきた、その人間性はまことに温厚そのものといった按配ではなく、我を完遂させようとする強い信念を匂わせるものだった。普段見せる当りは柔らかいが、一度こうと決めたら頑なに意志を貫こうとする強靭さ、やはりジャンボ鶴田も“昭和”のレスラーによく見られた“プライド”をどこか恒に醸しだしているレスラーであった、と私は往時を懐かしく思い出す次第。




 
 鶴田はその晩年、「怪物」という異名を得ていたが、「怪物」としてのイメージは天龍源一郎による87年の『天龍同盟』結成以後、90年代にかけての『超世代軍』、三沢・川田・田上・小橋といった面々に対しての“威勢”なのであり、やはり筆者がもっとも記憶に留めているジャンボ鶴田というレスラーの印象は赤星(星条旗)のトランクス、“若大将”としてのイメージの方が相応しい。「善戦マン」という、あのなんとも有り難くない時代の鶴田がより鮮明に思い出される。

 だがのち、彼が逝去したあとは様々な有為の場所でその“強さ”ぶりが回顧されてきた。三沢や川田たちと対峙してきた時代のそれと逝去後の「怪物」論は本質という点において違うようだ。
 三沢らと対峙している頃のそれは鶴田が“受ける”という立場によって作られたものであり、主にスタミナ等に代表される肉体の驚異性によるものだった。逝去後のそれは相手が“受けた”“受けさせた”場合の技等に代表される技術論に根ざしたもので、受身をより良く取らせるか?試合における対戦者との間合いを指すものが主に多く語られている。
 ある一定の呼吸法による無尽蔵のスタミナを指す「怪物」論と、対戦者にある一定の距離間を持って試合を組み立てていく「怪物」論。本質的な違いこそあれ、鶴田は賛美を多く受ける形で黄泉の国に旅立ったのだから幸せなレスラーのひとりと言えるのかもしれない。

 生前から一部では、日本人歴代最強レスラー説なるもので必ずと言ってよいほど、上位に位置するレスラーだったが、反面、その“強さ”自体に疑問符を投げかけるひともまた多く居たことも事実だ。昭和の時代では“プロレスラー最強幻想”が広く幅を効かせていたわけだし、プロレスは見るひとの主観で幾様にでも変わる世界だから、それはそれで一向に構わないとは思うが、逝去後は、もう固定されたイメージ以外の逸話をも披瀝されるようになり、より人間・鶴田友美という側面からアプローチされるようにもなった。
 
 若過ぎた第一線からの撤退、そして逝去。そこに多くのひとびとが感化を受け、“ジャンボ鶴田・日本人最強幻想論”は渦を巻くこととなる。

 見事に弧を描くバックドロップひとつにしても対戦者の受身の上手さ、下手さを考慮して放たれていた、起き上がるタイミングで相手のダメージがいかようか察し、瞬時に次の技をどうするか決めていたなどという風説はまことに彼に纏わる“幻想論”から起こったものとして興味深い。
 オリジナルホールドを持たないと揶揄された鶴田を称し「結局、生涯においてプロレスラーとして完遂出来なかったレスラーだろう」とさるファンブロガーは手厳しい見方をしているが、オールマイティであったとの解釈付けはやはり“鶴田寄り”という見方になってしまうのだろうか?
 
 そういった「プロレスラー論」とは別に、対戦者に大技を喰らった際のあの大げさな全身を痙攣(けいれん)させる仕草。今では懐かしさと共に微笑ましき感覚まで起こさせるのだから時の移ろいとは不思議なものである。

 馬場が一線を退き「悪役商会」との対戦で前座戦線を賑わせていた頃、鶴田は最前線で文字通り“全日本の顔”として活躍した。後年、ドリー・ファンク・ジュニアはアマリロのファンク道場に入門したての頃の鶴田を称し、「技ひとつひとつの覚えが悪く、試合運びも拙かった」と辛口の批評をしていたが、のちに“怪物”として全日本のリングにそびえたつ次第だから時代の変遷を追う作業は愉しいものだ。

 鶴田のファンは今でも根強く、“若大将”時代の鶴田や“怪物”説が頻繁に起こった頃の鶴田を回想し、記憶の断片を掘り起こそうとする。

 いずれにせよ、もう二度とその勇姿を見ることが出来ない昭和プロレスラーのひとりとして筆者も心から改めて哀悼の儀を送りたいと思う。
 「ジャンボ鶴田選手。本当にお疲れ様でした。」
 満場のファンと共にコーナーポストに上がって一斉にこだまする「オー!!!」連呼の雄叫び。今でも多くの人々の記憶の断片としてその胸に潜み続けている。もう、彼が亡くなって8年以上も過ぎ去ってしまったのか・・・・・・。合掌
                                (筆記・美城丈二)

  ☆往時、かなたの時代へタイムスリップ!!
    ⇒『ミスターポーゴ著作集』
    ⇒『美城丈二著作集』
  ☆美城丈二・最新稿出来!!史実をもとに再検証しております。こちらも併せて読了いただければ幸いです。筆者、自信の一作です。
      yoshiki812-64696.jpg
    ⇒『美城丈二のセミファイナル』  


1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
“魂暴風”popular request column
タグ:
ジャンボ鶴田
ジャイアント馬場
昭和プロレス
四天王プロレス
怪物

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

ブロックレスナー奇跡の復活!。やっぱりUFCにはこの男が必要だ【バーリトゥード】

爆弾発言必至!?本日水道橋で二見社長×UGPマスクT-1直前トークライブ!【極上の“T-1二見激情”見参】

レストラン【YOSHITATSU公式ブログ~SANCTUARY~】

ブロガープロフィール

profile-iconyoshiki812

☆A writer:
美城丈二
〔よしきじょうじ〕
1966年3月、
宮崎県生まれ。
文筆家。
美城丈二の筆名は
筆者が文筆分野、
主に格闘技関連コラム
執筆の際に用いる通称名。
他筆名にて
詩文・小説・戯曲・脚本等
文筆分野、
多岐に渡り多くの執筆発表を
経る。
著作多数。

☆YAHOO! JAPAN認証サイト

☆尽きぬ、日々一縷、
温かいご声援メールに
心より深謝致します。
孤軍執筆の糧に致しております。
有難うございます。

☆筆者プロ格関連
デジタル版ミルホンネット発
〔拙作目録〕
2010・11最新作上梓出来!!
[[|yoshiki812-202984.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代2』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=511]]
[[|yoshiki812-64693.jpg]]
⇒[[『美城丈二のセミファイナル』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=338]]
[[|yoshiki812-50946.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風6伝説光臨篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=316]]
[[|yoshiki812-40819.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=292]]
[[|20080422-01.jpg]]
⇒[[『魂暴風anthology-Act1 The best selection』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&cPath=2_8&products_id=266&]]
[[|yoshiki812-40820.jpg]]
⇒[[『魂暴風Anthology Act・1』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=226]]
[[|yoshiki812-40821.jpg]]
⇒[[『ファイト!ミルホンネット版魂暴風*a martial art side』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=161]]
[[|yoshiki812-40822.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風2感涙のトップ外国人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=163&zenid=1a34c123bdcd615af5041becf19e11ad]]
[[|yoshiki812-40823.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風3忘れ難き青春の日本人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=167]]
[[|yoshiki812-40824.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風4最強神話“流転”篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=202]]
[[|yoshiki812-40825.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風5優しみと矜持を持つ男達篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=216&zenid=4a043d7657a8595da15c57f0d9b58ae1]]

☆☆☆筆者・美城丈二への
ご要望、お問合せ、並びに
コラム、エッセイ等の
執筆に関する仕事上の事柄など、
特にご連絡をご希望される方は
☆下記メールアドレス宛て
ご依頼を受け付けております。
☆筆者宛てご連絡用メールアドレス
⇒jyouji512@yahoo.co.jp
【スパムメール対応の為、
ご面倒でも
jiを抜いてご送信ください。
こちらから追ってご連絡させて
いただきます。】

☆尚、当該コラムにおいて
事実誤認等ございましたら
是非、お知らせくださいませ。
至急、事実を確認し
訂正させていただきます。

☆SINCE/2007・01・24☆
presented byJyouji Yoshiki

☆ひとりでも多くの方々に
読んでいただきたい
主旨のもと、
基本的に当該相互リンクサイトは
受付リンクフリーとなっております。
自己責任にてお入りくださいませ。
⇒[[『相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/menu.html]]
⇒[[『一頁版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/links.html]]
⇒[[『フレーム版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/]]

【ご注意願います。筆者からのお願い】
当ブログ内に掲載されているあらゆる文章の無断転載、転用はけっしてなさらないでください。筆者・美城丈二の記す、全ての文章は日本の著作権法並びに国際条約によって保護を受けております。 Copyright 2001〜2012 Jyouji Yoshiki.The copyright belongs to the writer. Please never reprint it without permission. In addition, at first please inform the writer of the matter about the sentence. Sincere give a response.

  • 昨日のページビュー:20
  • 累計のページビュー:1196769

(10月02日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. あのハンセンに、マスカラスが仕掛けた!?マスクマンとしての悲哀、隠れざる“シューター”としての実力
  2. 桜庭和志の今後と、未だに忘れられぬ、あの“中井VSゴルドー”死戦
  3. “殺人風車”ゲーリー・オブライト「リング上では別人!!を地でいったフルネルソンの驚愕」
  4. “狂虎伝説”を忘れてはいけませんよ。
  5. プロレスラーとしての誇り、意地!!“原爆頭突き”大木金太郎、師を偲ぶ、荒ぶる野心
  6. “超獣”『ブルーザー・ブロディ 私の、知的反逆児 』、そして私は盟友、スタン・ハンセンのその後をも思った。
  7. 『爆弾貴公子』ダイナマイト・キッド“思わず、私は誰彼となく問いかけてしまいそうになる。「誰が為の・・・・」”
  8. FBより『小橋選手について』
  9. その想いはまさに猛々しき“世界の荒鷲・坂口征二”その人柄に隠れた異相
  10. 初代タイガーマスクの影で、ひっそりと咲き、泣いた花!!そしてSWS転出!!流転の人生“ザ・コブラ”ことジョージ高野の意気っぷり

月別アーカイブ

2013
12
2012
12
11
10
04
01
2011
12
11
07
06
2010
11
10
09
08
05
03
01
2009
06
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss