美城丈二@魂暴風;Soul storm *a martial art side

【昭和プロレスは何処?】義を貫き和を愛した“金網の鬼”「無骨を尊び人柄でファンを魅了した、国際の漢」ラッシャー木村

このエントリーをはてなブックマークに追加

 プロレスリング・ノアの終身名誉選手会長に就任されておられたラッシャー木村さん(68)が24日未明、腎不全による誤嚥性肺炎の為、逝去なされた。ここに哀悼の意を表し、謹んでご冥福をお祈り致します。合掌

 下記文章は、当ブログサイトにおけるラッシャー木村さんに関するコラム再掲作を今一度、トップ記事として掲げたものです。



 ☆本年5月(2008・5)に掲載し、多くのメールコメントを賜りました「ラッシャー木村篇」をここに再掲載させていただきます。いつもながらのご声援、ほんに嬉しき限りです。有難うございます。日々の執筆の糧にしております。


 ラッシャー木村と言えば筆者においては、どうしても“無骨”なイメージが先に立つ。その往年を知るファン、くちさが無い連中にかかれば「どんくさい」という揶揄する向きがあったことも事実だ。何より“金網の鬼”というネーミングである。甘いマスクや華麗極まる業師としてのイメージはファンに植え付けがたいものとなる。
 大相撲・宮城野部屋出身のプロレスラーが我が国初の「金網デスマッチ」を行なう。そこにあるのは薄暗い照明の下で繰り広げられる、大男ふたりのごつごつとした殴り合いが全てか?その朴訥とした人柄など窺い知る術も無い。またそれでも十二分にお客さんが入った時代である。

  監修・竹内宏介(元「月刊ゴング」編集長)、流智美(プロレスライター)に拠る『「不滅の国際プロレス1974-1981」DVD-BOX』を改めて見やる。昨年、購入したものだが、見る度に往時の断片的な記憶が尽きぬ感慨を抱かせる。“人間風車”ビル・ロビンソン、“元祖・怪物”モンスター・ロシモフことアンドレ・ザ・ジャイアント、“人間台風”ドン・レオ・ジョナサン、“岩石男”ジョージ・ゴーディエンコ、“鉄人”ルー・テーズ、“流血大王”キラー・トーア・カマタ、“放浪狼”ジプシー・ジョー、“神様”カール・ゴッチ、ダスティ・ローデスとデイック・マードック“ジ・アウトローズ”として全米を席巻することになるふたりの初来日映像、“帝王”バーン・ガニア・・・・往年のファンにとっては垂涎もののDVD-BOXだが、懐かしくも驚異の漢たちに混じってあのストロング小林と対峙したラッシャー木村の勇姿も垣間見ることが出来る。 
 
20080520-00.jpg




 
 “国際のエース”“金網の鬼”ラッシャー木村というプロレスラーに再びスポットライトが当たるのは、その「国際プロレス」が団体としての機能を停止し、「はぐれ国際軍団」として新日本プロレスのマットに躍り出た時だ。ご存知、1981・9・23、いまや伝説と化す「田コロ決戦」新日本プロレスの創立10周年記念興行第2弾・ブラディファイトシリーズ最終戦の舞台上においてメーンのvsタイガー戸口戦を前に “総帥”アントニオ猪木の眼前に現れた者こそラッシャー木村、そのひとであった。

 木村の「どんくさい」というイメージは言うまでも無く、「田コロ決戦」アントニオ猪木と対峙した際に会場の怒号・喧騒にそぐわぬ一言を吐いたことにも起因していようが、新日本という当時のメジャー団体の長である猪木に対してまるで「国際プロレス」を愛し続けたファンに報いたいが為に猪突猛進、怖れることなく前進して放つ逆水平チョップの凄みは猪木自身を大きく仰け反らせるだけでなく、ひしひしとブラウン管を通じても十二分にその威力が感じられるものがあり、「どんくさい」と蔑まれるにはあまりにももったいないプロレスラー像であった。

 時の猪木とのvs「国際軍団」、1対3マッチ。いま改めてあの闘い模様を思い描いてみても、よくぞこの屈辱のマッチメークを受けたものだと思う。昭和57年11月4日、舞台は蔵前国技館、木村・浜口・寺西の「国際軍団」に対し「新日本」は総帥・猪木、ただひとりというマッチメーク、それも「国際軍団」は猪木をフォールすれば勝ちだが猪木は三人をフォールせねば勝ちでは無い、という誠に変則的かつ無謀なルール設定。再びその翌年、2月7日、舞台も同じく蔵前国技館にて変則デスマッチを強行する運びとなる次第だが、そういうシュチュエーションで一度ならず二度も闘わねばならぬほど、この一連の猪木vs「国際軍団」抗争劇を盛り上げてみせた猪木の手腕もさることながら、徹底して悪役に身を扮した木村らの悪漢ぶりもまた見事という一語に尽きた。変則デスマッチに至る木村らの暴行、9月21日、大阪府立における猪木vs木村「敗者髪切りマッチ」では敗れたはずの木村が猪木の髪を場外で切りつけ、館内暴動騒ぎをも起こしてしまう始末。これら観客のヒートぶりはまたプロレスのリングが異様に“熱かった”時代の副産物とも言えようが、木村のひととなりを知る関係者においてはこの“抗争劇”は未曾有の出来事であったらしく、のちの証言において「あれほど憎まれる存在たるとは・・・」と目を見張るほどの“活躍”を見せてもくれた。あまりの憎悪ぶりに自宅を突き止められ、転居せざるをえぬ事態にまで至る猪木vs「国際軍団」の加熱抗争。(ちなみに1vs3変則デスマッチ発表を受け、「しかし、あまりの屈辱的マッチメークじゃないですか?」と、時の新日本事務所に電話し、抗議したのは猪木信者と称されていた、若かりし頃のまた“熱い”私自身でもあったのだが・・・苦笑)。

 そんな猪木との一連の抗争劇に終止符を打ち、UWF、全日本と流れ着き、しばし故・ジャイアント馬場と新たなる抗争劇を演じるも、「なんだか、兄貴に思えてきた」という対戦者である馬場を慕うマイク・パホォーマンスを行い始め、遂に朴訥とした普段の木村、その“らしさ”爆発という、ファンとの共有意識を前面に打ち出すことによって、一躍、リングの人気者と成したラッシャー木村という一プロレスラー。

 回顧という、懐かしさを纏う「国際プロレス」という団体の中にあって、黙々と“金網の鬼”としての任務を遂行した木村もまた昭和プロレスの一頁を飾るに相応しい武人であった。現在は病に臥し、その姿を公の場で望むことはまず叶わぬことであろうが、往時の木村ファンにとっては未だにその胸中、“勇姿”は燦然と煌いているはずである。「国際プロレス」すなわち“昭和プロレス”は遠きに在(あ)りし。だが思い起こせれば、またいまでもその残像はここ(胸中)に在ることをはっきりと自覚する次第である。(敬称略) 

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
美城流追憶稿“あの忘れがたき、漢(おとこ)”
タグ:
ラッシャー木村
国際プロレス
国際軍団
昭和プロレス
1対3マッチ
金網デスマッチ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

追悼。ラッシャー木村さん。【「論スポ」編集長の水道橋の不夜城!】

『論争の時代』到来か!?【運動科楽からスポーツ再考!!】

大毅に続き、興毅も接触事故【ムッキムキに憧れてっ♪】

ブロガープロフィール

profile-iconyoshiki812

☆A writer:
美城丈二
〔よしきじょうじ〕
1966年3月、
宮崎県生まれ。
文筆家。
美城丈二の筆名は
筆者が文筆分野、
主に格闘技関連コラム
執筆の際に用いる通称名。
他筆名にて
詩文・小説・戯曲・脚本等
文筆分野、
多岐に渡り多くの執筆発表を
経る。
著作多数。

☆YAHOO! JAPAN認証サイト

☆尽きぬ、日々一縷、
温かいご声援メールに
心より深謝致します。
孤軍執筆の糧に致しております。
有難うございます。

☆筆者プロ格関連
デジタル版ミルホンネット発
〔拙作目録〕
2010・11最新作上梓出来!!
[[|yoshiki812-202984.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代2』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=511]]
[[|yoshiki812-64693.jpg]]
⇒[[『美城丈二のセミファイナル』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=338]]
[[|yoshiki812-50946.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風6伝説光臨篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=316]]
[[|yoshiki812-40819.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=292]]
[[|20080422-01.jpg]]
⇒[[『魂暴風anthology-Act1 The best selection』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&cPath=2_8&products_id=266&]]
[[|yoshiki812-40820.jpg]]
⇒[[『魂暴風Anthology Act・1』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=226]]
[[|yoshiki812-40821.jpg]]
⇒[[『ファイト!ミルホンネット版魂暴風*a martial art side』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=161]]
[[|yoshiki812-40822.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風2感涙のトップ外国人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=163&zenid=1a34c123bdcd615af5041becf19e11ad]]
[[|yoshiki812-40823.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風3忘れ難き青春の日本人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=167]]
[[|yoshiki812-40824.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風4最強神話“流転”篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=202]]
[[|yoshiki812-40825.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風5優しみと矜持を持つ男達篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=216&zenid=4a043d7657a8595da15c57f0d9b58ae1]]

☆☆☆筆者・美城丈二への
ご要望、お問合せ、並びに
コラム、エッセイ等の
執筆に関する仕事上の事柄など、
特にご連絡をご希望される方は
☆下記メールアドレス宛て
ご依頼を受け付けております。
☆筆者宛てご連絡用メールアドレス
⇒jyouji512@yahoo.co.jp
【スパムメール対応の為、
ご面倒でも
jiを抜いてご送信ください。
こちらから追ってご連絡させて
いただきます。】

☆尚、当該コラムにおいて
事実誤認等ございましたら
是非、お知らせくださいませ。
至急、事実を確認し
訂正させていただきます。

☆SINCE/2007・01・24☆
presented byJyouji Yoshiki

☆ひとりでも多くの方々に
読んでいただきたい
主旨のもと、
基本的に当該相互リンクサイトは
受付リンクフリーとなっております。
自己責任にてお入りくださいませ。
⇒[[『相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/menu.html]]
⇒[[『一頁版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/links.html]]
⇒[[『フレーム版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/]]

【ご注意願います。筆者からのお願い】
当ブログ内に掲載されているあらゆる文章の無断転載、転用はけっしてなさらないでください。筆者・美城丈二の記す、全ての文章は日本の著作権法並びに国際条約によって保護を受けております。 Copyright 2001〜2012 Jyouji Yoshiki.The copyright belongs to the writer. Please never reprint it without permission. In addition, at first please inform the writer of the matter about the sentence. Sincere give a response.

  • 昨日のページビュー:27
  • 累計のページビュー:1197726

(11月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. あのハンセンに、マスカラスが仕掛けた!?マスクマンとしての悲哀、隠れざる“シューター”としての実力
  2. 桜庭和志の今後と、未だに忘れられぬ、あの“中井VSゴルドー”死戦
  3. “殺人風車”ゲーリー・オブライト「リング上では別人!!を地でいったフルネルソンの驚愕」
  4. “狂虎伝説”を忘れてはいけませんよ。
  5. プロレスラーとしての誇り、意地!!“原爆頭突き”大木金太郎、師を偲ぶ、荒ぶる野心
  6. “超獣”『ブルーザー・ブロディ 私の、知的反逆児 』、そして私は盟友、スタン・ハンセンのその後をも思った。
  7. 『爆弾貴公子』ダイナマイト・キッド“思わず、私は誰彼となく問いかけてしまいそうになる。「誰が為の・・・・」”
  8. FBより『小橋選手について』
  9. その想いはまさに猛々しき“世界の荒鷲・坂口征二”その人柄に隠れた異相
  10. 初代タイガーマスクの影で、ひっそりと咲き、泣いた花!!そしてSWS転出!!流転の人生“ザ・コブラ”ことジョージ高野の意気っぷり

月別アーカイブ

2013
12
2012
12
11
10
04
01
2011
12
11
07
06
2010
11
10
09
08
05
03
01
2009
06
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss