美城丈二@魂暴風;Soul storm *a martial art side

「易々と穏やかな目の、かつての悪童」私見“マイク・タイソン”

このエントリーをはてなブックマークに追加

 “魂暴風”popular request column

 優しい目を宿していた。さも起きがけの軽食を喰らい、ほっと満足感に浸っているかのような。
 穏やかに易々と伝わってくる、かつて“悪童”と謳われた男の微笑。

yoshiki812-57742.jpg
 まるで毒気の抜けた貌(かお)を覗かせている。彼の中で“争い”は終わったのか!?とふと、殊更に思う。思う私は、そんな私に少しばかりの“道化”を感じて、それは淋しさという感情よりも、“時の魔術師”がここにも居たのか?という、嘲りにも似た感情。  時代はとうに過ぎ去ってしまっていたのだ。彼はかつて“最強”を欲しいままにした、そう、屈指のファイターだった。  やがて彼はぽつりと呟いた。  「記憶してもらうだけで幸せだ」  彼にいまや寄り添う風は、もはや彼のものでは無いことをはっきりと自覚しているかのような風情で。      どこにでもいそうな、どこにいても出遭えそうなありふれた目を湛えている。それがまたどことなく温かい思いをも抱かせる微笑であった。  マイク・タイソン。  かつて世界を席巻した、男。  南アフリカの地にて、ロイターのインタビューに応じた際の、彼のこの一言。    「記憶してもらうだけで幸せだ」  婦女暴行罪で刑務所に収監されたことを?  イベンダー・ホリフィールド戦にて無性か否か、耳を噛み千切ろうとしたことを?・・・  子ども向けチャリティー募金活動に勤しむ彼は、 「戦争のない場所であればどこへでも行きたい」と述べ、更に「だが、ケニアには行けない。あそこは内戦状態にあるから」と補足したとも伝えられた。  そうして「もう、自身は“悪童”でもなんでもない。ボクシングへの関心も無い」とコメントを発している。  「年を取り過ぎたと感じる。記憶してもらうだけで幸せだ」と最後に彼は微笑と共にそう、呟いたそうである。
yoshiki812-57741.jpg




 私の“悪童”への想い出は鮮烈だ。たった一度っきり、この目で直に見たが、その一度っきりの試合が彼のプロ初の“負け試合”であった。

 1990年2月11日、東京ドーム、vsジェームス・ダグラスにおける10ラウンドKO負け。この年、私は東京・文京区は本郷の地にあって、住処から春日通りを降りれば頭上、見渡せる東京ドームへと自転車を漕いで向った記憶がある。

 私と同世代に当たる彼はまさしく当時、“時代の寵児”であった。多くのマス・メディアが彼を白日の下に晒していた。格闘技系の雑誌はこぞって彼の“特集”を組み、またよく売れたそうだ。私は知り合いから頂いたチケットをスラックスのポケットにしまい、その日は“歴史的一戦”をこの目で見るが為に通常より更に早めに住処を離れたはずである。

 まるで自身が闘うかのような興奮と期待を胸に潜め、坂道を転げたはずでもある。

 “歴史的一戦”そう、当座から格闘技ファンはきっと少なからずこう、思っていたことだろう。マイク・タイソン、奴はボクシングの歴史に名を刻む、後世、語り継がれる男に必ずやなるであろうと。そのタイソンが、この日本でタイトル・マッチを行なう。

 “歴史の目撃者”足れ!!私の中でハイライトシーンは望む前から決していた。壮絶なる、タイソンのKO負けシーン。つんのめって倒れても良い。当時の私なりの邪な観念だが、そういう虫が働いたというよりも、その方がはるばる海を渡ってやって来る“時代の寵児”にはお似合いのように思えた。

 そうして彼は、私、私たちが予見していたかのような、預かり知らぬタイソンらしからぬ闘いを見せ、さもあっさりと敗れた。

 敗れた瞬間のち、「これではつまらないな」と苦虫を噛んだ。苦虫を噛んだが、また「ここからの」彼を見たい、見続けてみたいという、新たなる欲求が私の中で渦を巻いた。“時代の寵児”だからこそ「負けるが良い」「負けたあとこそ見たい」。

 その後のタイソンはもう、拳闘ファンならずともよくご存知の通り、様々なパホォーマンスを見せつつも往年の煌きは少しずつ、失せていった。過年、ロープに寄たりかかり尻餅を付く彼を見やった時、「だから真剣勝負は切ない」と素直に思った。墜ちだせば坂道を転げるように墜ちる者が有り。筋書きの無い、作意無き世界。

 タイソン、彼こそもその範疇の外では無かったか!?・・・

 やがて彼にスポットライトを当てるマス・メディアも引き潮の波間の如く、緩やかに緩やかに減っていった。

 世情の者達が彼を話題に乗せぬいまとなってロイターはまるで突如として、彼をトピックスという形で発信してきた。その話題の“一言”が、

 「記憶してもらうだけで幸せだ」

 私の中で、確かに臥すまで消えぬであろう、“時代の寵児”足りえた者の記憶。微かかもしれぬがいまはただ、そういう“一言”を吐いた彼に対して口惜しさがあることを私はここに白状しておきたいと思う。


 ☆美城丈二、ミルホンネット・タイアップコラム著作集
  今後も続刊予定しております。読了くだされば幸いに存じます。
  ⇒『ファイト!ミルホンネット版魂暴風*a martial art side』
  ⇒『ミルホンネット版魂暴風2感涙のトップ外国人レスラー篇』
  ⇒『ミルホンネット版魂暴風3忘れ難き青春の日本人レスラー篇』
  ⇒『ミルホンネット版魂暴風4最強神話“流転”篇』
  ⇒『ミルホンネット版魂暴風5優しみと矜持を持つ男達篇』

 ☆誠に多くの有識者のお声にお応えすべく、編まれました。電子書籍統合版、発売です。  
  ⇒『魂暴風Anthology Act・1』

 ☆美城丈二・ミルホンネットHP不定期連載コラム、こちらもどうぞ宜しく読了くだされば幸いです。
  ⇒『美城丈二の“80’S・プロレス黄金狂時代 ~時代の風が男達を濡らしていた頃”』 

  ☆美城丈二・最新稿出来!!史実をもとに再検証しております。こちらも併せて読了いただければ幸いです。筆者、自信の一作です。
      yoshiki812-64696.jpg
    ⇒『美城丈二のセミファイナル』  

  
   


1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
美城流追憶稿“あの忘れがたき、漢(おとこ)”
タグ:
マイク・タイソン
悪童
イベンダー・ホリフィールド

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

問題山積で年越し!大相撲【スポーツ万歳】

プロとしての自負【総合格闘技森羅万象】

Pursuit of Happiness 〜女性ボクサー・中村チカが8連勝達成!【杉浦大介の「スポーツ見聞録 in NY」】

ブロガープロフィール

profile-iconyoshiki812

☆A writer:
美城丈二
〔よしきじょうじ〕
1966年3月、
宮崎県生まれ。
文筆家。
美城丈二の筆名は
筆者が文筆分野、
主に格闘技関連コラム
執筆の際に用いる通称名。
他筆名にて
詩文・小説・戯曲・脚本等
文筆分野、
多岐に渡り多くの執筆発表を
経る。
著作多数。

☆YAHOO! JAPAN認証サイト

☆尽きぬ、日々一縷、
温かいご声援メールに
心より深謝致します。
孤軍執筆の糧に致しております。
有難うございます。

☆筆者プロ格関連
デジタル版ミルホンネット発
〔拙作目録〕
2010・11最新作上梓出来!!
[[|yoshiki812-202984.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代2』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=511]]
[[|yoshiki812-64693.jpg]]
⇒[[『美城丈二のセミファイナル』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=338]]
[[|yoshiki812-50946.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風6伝説光臨篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=316]]
[[|yoshiki812-40819.jpg]]
⇒[[『美城丈二の80’sプロレス黄金狂時代』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=292]]
[[|20080422-01.jpg]]
⇒[[『魂暴風anthology-Act1 The best selection』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&cPath=2_8&products_id=266&]]
[[|yoshiki812-40820.jpg]]
⇒[[『魂暴風Anthology Act・1』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=226]]
[[|yoshiki812-40821.jpg]]
⇒[[『ファイト!ミルホンネット版魂暴風*a martial art side』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=161]]
[[|yoshiki812-40822.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風2感涙のトップ外国人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=163&zenid=1a34c123bdcd615af5041becf19e11ad]]
[[|yoshiki812-40823.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風3忘れ難き青春の日本人レスラー篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=167]]
[[|yoshiki812-40824.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風4最強神話“流転”篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=202]]
[[|yoshiki812-40825.jpg]]
⇒[[『ミルホンネット版魂暴風5優しみと矜持を持つ男達篇』|http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=216&zenid=4a043d7657a8595da15c57f0d9b58ae1]]

☆☆☆筆者・美城丈二への
ご要望、お問合せ、並びに
コラム、エッセイ等の
執筆に関する仕事上の事柄など、
特にご連絡をご希望される方は
☆下記メールアドレス宛て
ご依頼を受け付けております。
☆筆者宛てご連絡用メールアドレス
⇒jyouji512@yahoo.co.jp
【スパムメール対応の為、
ご面倒でも
jiを抜いてご送信ください。
こちらから追ってご連絡させて
いただきます。】

☆尚、当該コラムにおいて
事実誤認等ございましたら
是非、お知らせくださいませ。
至急、事実を確認し
訂正させていただきます。

☆SINCE/2007・01・24☆
presented byJyouji Yoshiki

☆ひとりでも多くの方々に
読んでいただきたい
主旨のもと、
基本的に当該相互リンクサイトは
受付リンクフリーとなっております。
自己責任にてお入りくださいませ。
⇒[[『相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/menu.html]]
⇒[[『一頁版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/links.html]]
⇒[[『フレーム版・相互LINK集』|http://www.quick-links.com/emlj/lp/121465/]]

【ご注意願います。筆者からのお願い】
当ブログ内に掲載されているあらゆる文章の無断転載、転用はけっしてなさらないでください。筆者・美城丈二の記す、全ての文章は日本の著作権法並びに国際条約によって保護を受けております。 Copyright 2001〜2012 Jyouji Yoshiki.The copyright belongs to the writer. Please never reprint it without permission. In addition, at first please inform the writer of the matter about the sentence. Sincere give a response.

  • 昨日のページビュー:43
  • 累計のページビュー:1197583

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. あのハンセンに、マスカラスが仕掛けた!?マスクマンとしての悲哀、隠れざる“シューター”としての実力
  2. 桜庭和志の今後と、未だに忘れられぬ、あの“中井VSゴルドー”死戦
  3. “殺人風車”ゲーリー・オブライト「リング上では別人!!を地でいったフルネルソンの驚愕」
  4. “狂虎伝説”を忘れてはいけませんよ。
  5. プロレスラーとしての誇り、意地!!“原爆頭突き”大木金太郎、師を偲ぶ、荒ぶる野心
  6. “超獣”『ブルーザー・ブロディ 私の、知的反逆児 』、そして私は盟友、スタン・ハンセンのその後をも思った。
  7. 『爆弾貴公子』ダイナマイト・キッド“思わず、私は誰彼となく問いかけてしまいそうになる。「誰が為の・・・・」”
  8. FBより『小橋選手について』
  9. その想いはまさに猛々しき“世界の荒鷲・坂口征二”その人柄に隠れた異相
  10. 初代タイガーマスクの影で、ひっそりと咲き、泣いた花!!そしてSWS転出!!流転の人生“ザ・コブラ”ことジョージ高野の意気っぷり

月別アーカイブ

2013
12
2012
12
11
10
04
01
2011
12
11
07
06
2010
11
10
09
08
05
03
01
2009
06
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss