「読裏クラブ」のワンツー通し

月別アーカイブ :2012年05月

ブレない力

Jリーグも、J1が34節のうちの12~13節分を、J2が42節分のうちの16節が終了した。これで約1/3を終えたことになる。で・・・、そんな現在、現時点で、J1のトップ3とJ2のトップ3を、同じくJ1のラスト(もっと卑近的に言えばベッタとかベベ)3つとJ2のラスト3つを、何の資料もどこのサイトも見ずに、そのまま言える(当てられる?)人がどれぐらいいるだろうか? 例えばJ1トップ3に関する一般的......続きを読む»

アゼルバイジャン戦の岡田監督への独占ロングインタビュー

今回のアゼルバイジャン戦は、キリンチャレンジといういつもの冠の「練習試合」だったので、恒例の採点は見送らせていただいた。その代わりと言ってはなんだが、あの「岡田監督」をお呼びして、試合の中身や、今後の代表の方向性、また最も大事な「14ブラジル アジア最終予選」の展望などを中心にインタビューした。今回はその内容をまとめて読者にご提供しよう。聞き手は「読裏クラブ」(以下本文内 読)。 読) 今回は......続きを読む»

バイエルンが負けることになった自然界の法則について

今年(2011-12)のチャンピオンズリーグが終わった。優勝はチェルシー。 だが、今回の結果は「チェルシーが勝った」というよりも「バイエルンが負けた」という表現の方が正しいのだろう。 チャンピオンズリーグの決勝を自らのホームのピッチで戦えるクラブはそうそう滅多にない。それは元々決勝戦の舞台そのものが、予め大会から指定され、決められている。それは滅多に巡ってこないし、幸運にもその決勝戦に自......続きを読む»

とうとうやった!マンチェスター・シティ

マンCが44年ぶりに優勝を決めました。なんと最終戦のロスタイムに奇跡の大逆転優勝!1点ビハインドのロスタイムに2点を決めての狂喜乱舞の優勝劇!セリエAのユーベの優勝も感傷的になりましたが、このマンCの優勝もそれ以上に感じるものがあります。 「感じるもの」=を、もっと平易に表現すると、「ついにマンCが優勝したんかぁ~」となり、それをもっとリアリティーのある、親近感のある、日常的な表現で言い直......続きを読む»

帰ってきたユーベ

今年のセリエAで、ユベントスが28回目の優勝を成し遂げました。それも無敗で。この優勝がなんと9季ぶりだそうな。 一昔前までは、チャンピオンズリーグの常連であり、常にチャンピオンズリーグのベスト8やベスト4に名を連ねていたユベントス。もちろん常にセリエAの優勝候補に上げられてたユーベ。 いよいよ来季のCLにユーベが入ってくるんやなぁ~。これはなんともええ感じです。ローマやフィオレンティーナ......続きを読む»

異国の地で悩む日本人の若者と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。 「愛情」と「憎しみ」 「熱き心」と「冷たき心」 「慈しみ」と「蔑み」 「悪」と「善」 「強気」と「弱気」 それを人は「悪魔」と呼び、それを人は「天使」と呼ぶ。 そう、我々の中には、必ず「悪魔」と「天使」が同居しているのだ。 今、一人の日本人若者が異国の地で悩んでいる。世間一般から見た場合、彼の悩みは「......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconyomiuraclub

ショートパス大好き!ヒール大好き!もちろんスルー大好き!裏を読み、裏を通すのが大好き。サッカーに限りない愛情と偏見を注ぐ方々とパス交換できればこの上ない悦びです。コラム、コピーライト、その他ライティング業務も承ります。私信等、個別のお問い合わせについては yomiuraclub◆yahoo.co.jp まで ◆は@
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9508301

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何故「ロングボール放り込み」に批判が集まるのか?
  2. 独占!モイーズ監督単独インタビュー(香川真司のプレーと自身のスタイルを語る)
  3. 世界で最も巧い選手は誰だと思いますか?
  4. それでもまだ貴方はマンチェスター・ユナイテッドを「マンU」と呼びますか?
  5. 香川を本当に必要としている監督二人が登場する香川との会話
  6. オマーン(A)戦の採点
  7. オーストラリア(A)戦の採点
  8. 『本田圭佑がマクドナルド社長の退任に関係している』という根拠はこれだ!
  9. 「今後注目される若手選手」に、要注意!
  10. いよいよW杯メンバー発表!今回のサプライズ枠の選手はこれだ!

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss