「読裏クラブ」のワンツー通し

月別アーカイブ :2011年01月

オーストラリア戦の採点

それでは(ちょっと遅れましたが)オーストラリア戦の採点です。 GK 川島 8.5 おそらくこの試合の真のヒーローは川島だろう。あのキーウェルの左足弾が脇を抜けていたらと思うとゾッとするよ。ナイスキーパー!や、ナイスセーブ!や、ビッグセーブ!が、あってこその今回の1-0の勝利だろうし、「李」の決勝弾なんだろう。あのキーウェル弾を止めたことで、初めて君は、川口を抜き、楢崎を抜いたんじゃないか......続きを読む»

「遠藤保仁にPKを蹴ってもらうための署名活動」についてのお知らせ

現在行われているアジアカップ日本代表の試合において、非常に重要な試合の分岐点となる「PK」のキッカーが「特定の選手」に限定されている(ように見える)ことは周知の事実です。 私はこの事実を確認したときに、一瞬は信じられない気持ちで身体全体に憤怒ともつかぬ、沸騰した血潮が駆け巡るものを感じたのですが、短絡的な感情に押し流されることなく、冷静に事実を受け止め「これも日本代表の将来のため」と、諦念の意......続きを読む»

韓国戦の採点

それでは韓国戦の採点です。 GK 川島 8.5 PK戦もインプレー中もほとんど満点に近い。FKの指示やポジショニングもさすがに修正してたしね。ただ欲を言えばあの延長後半の「守り切り」タイム。もうちょっとラインを上げるように指示できへんかったもんやろうか?さて、一気に上昇モードに入ったかな?決勝のゴールマウスも死守してくらはい。 DF 岩政 7.0 そらもう韓国さんよ。こっちゃ、「巻」......続きを読む»

カタール戦の採点

それではカタール戦の採点です(ちょっとまた遅くなったけど) GK 川島 6.0 前半は結構ビッグ系のセービングもあったし「どや顔」川島の復活か!?と思ったんやけど、2点目のあれはなぁ~。いくら壁の枚数が1枚と少なかったとはいえ、いくらニアに長友が立ってなかったとはいえ、いくら吉田が出て直後のセットプレーでDFがエア・ポケット状態だったとはいえ、それも全部キーパーの指示で修正可能なわけやしなぁ......続きを読む»

サウジアラビア戦の採点

それでは「サウジアラビア」戦の採点です・・・。 と、いきたいところなんですが、いかんせん、試合自体がグダグダ・ユルユルなもんで、いわゆる「試合のレベルが採点基準に満たず」ということで、全員の採点は差し控えさせていただき、目に付いたところを採点付録つきで少しコメントさせていただきます。 遠藤 7.5 というか・・・。何で後半も遠藤が出てるねん!?こんな試合のこんな状況で引っ込めてくれへん......続きを読む»

シリア戦の採点

それではシリア戦の採点です(ちょっと遅いけど・・・) GK 川島 7.0 一瞬何が起こったか信じられへんかったんやろう。完全にオフサイやんけ!?と思ってたんやろう。でも、よくよく見たらノーオフサイやし、あれがノーオフサイやったら君のやったプレーは完全に「レッド」もんやった。まぁあのプレーの前の長谷部のバックパスへの反応が一歩遅れたために、あんなクリアミスにもなったんやけど。でも、そうやってキ......続きを読む»

ヨルダン戦の採点

それではヨルダン戦の採点です。 GK 川島 7.0 失点は全然ノーカウント。久しぶりに川島を見てちょっと懐かしかったよ。それよりも「1番」をつけてゲームに出た川島。「1番」が完全に似合う男になったよな。 DF 今野 7.0 それにしても便利な選手やなぁ~。どこでもそれなりにちゃんとこなす。選手がいなければまず今野!4番をつければCBに見えるし、15番をつければサブっぽくなるし・・......続きを読む»

MIF(ミッション・インポッシブル・ファイル)-018-柏木陽介への指令

明けましておめでとう!日本の諸君!・・・いや、違った・・・。おはよう、フェルプス君・・・いや、これも違った・・・。おはよう!陽介。 ここヨーロッパ支部ではまだニューイヤーモードが抜けないでいるが、世界にくまなくネットワークを張る我々組織は既に活動を開始している。その筆頭として今注目されているのが、アジアで行われるアジアカップであり、その中でも特に注目されているのが、前年W杯でベスト16に名乗り......続きを読む»

大学サッカー日本一に「関○!」

今年の大学サッカー日本一!を聞いて、正直「びっくら」こきました! 選手諸君や当事者、関係各位の皆さんには大変申し訳ないが・・・「びっくら」こいたもんは「びっくら」こいたんやからしょうがない。 だって 今年の大学日本一は か か かん 関大 やで!? どっへぇ~~!? か か 関大って あの 関大か? 井原......続きを読む»

名門1FCケルンを知っているか?

少し旧聞に属するが、広島の槙野がドイツの1FCケルンに移籍することが決まった。号泣の記者会見も記憶に新しい彼の移籍先、1FCケルンについてのプレスの紹介に少々違和感を持ったので少しここでお断りと説明をしておこうかな・・・と。 1FCケルンは名門の伝統こそあれ、現在ドイツブンデスリーガの中位クラブで、俗に言うエレベータークラブ(別の言い方ではヨーヨークラブとも言う)。最近は1部と2部との昇降格を......続きを読む»

天皇杯決勝で見えた日本サッカーの方向性

元日の天皇杯決勝を観られたかたも多いはず。何と言っても「日本のサッカー人の正月は天皇杯決勝で始まる」と言っても過言ではないぐらいに、その身体に沁み込んでいるからね。 で、今年の天皇杯決勝は「鹿島」vs「清水」。 結果は「鹿島」の2-1の勝利。 優勝した鹿島の選手、関係者、そしてサポの皆さんには大変申し訳ないが、その内容はというと・・・ 「ダッセェ~~~」 の一言! 双......続きを読む»

これが読裏クラブの初夢です

皆さん、明けましておめでとうございます。 今年の皆さんの目標はどんなものなんでしょうか? まだ現役プレーヤーの方々は、それぞれの節目の試合での勝利がそれに当たるのでしょう。 そして現役を退かれても、そのフットボールへの情熱だけは少しも衰えない方々にとっては、ご贔屓のクラブの勝利や、ご贔屓のプレーヤーの動向に一喜一憂するのかもしれません。またもしご子息など、ご家族にフットボールプレー......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconyomiuraclub

ショートパス大好き!ヒール大好き!もちろんスルー大好き!裏を読み、裏を通すのが大好き。サッカーに限りない愛情と偏見を注ぐ方々とパス交換できればこの上ない悦びです。コラム、コピーライト、その他ライティング業務も承ります。私信等、個別のお問い合わせについては yomiuraclub◆yahoo.co.jp まで ◆は@
  • 昨日のページビュー:446
  • 累計のページビュー:9537175

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何故「ロングボール放り込み」に批判が集まるのか?
  2. 独占!モイーズ監督単独インタビュー(香川真司のプレーと自身のスタイルを語る)
  3. 世界で最も巧い選手は誰だと思いますか?
  4. それでもまだ貴方はマンチェスター・ユナイテッドを「マンU」と呼びますか?
  5. 香川を本当に必要としている監督二人が登場する香川との会話
  6. オマーン(A)戦の採点
  7. オーストラリア(A)戦の採点
  8. 『本田圭佑がマクドナルド社長の退任に関係している』という根拠はこれだ!
  9. 「今後注目される若手選手」に、要注意!
  10. いよいよW杯メンバー発表!今回のサプライズ枠の選手はこれだ!

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss