「読裏クラブ」のワンツー通し

月別アーカイブ :2010年02月

最強・無敵の幻のシュート「チャンピオンズリーグ1号」

皆さんは、「大リーグボール」をご存じだろうか?その昔、「大リーガーでも打てない魔球」として、日本のプロ野球を席巻した(らしい)。 第一号は、構えているバットを狙ってボールが当たっていく。 第二号は、あまりにも有名な「消える」魔球。なんと野球版にもその姿を現した。 第三号が、一番渋い!重力抵抗ぎりぎりのスローボール。ゆえに、バットの風圧で絶対にボールがバットに当たらない!というもの。 ......続きを読む»

J1の順位を当てよう!(企画告知・予告編)

来る3月6日から・・・いよいよ、2010年度Jリーグが始まります。そういう時期です。この時期・・・従来の2年間は、 「Jリーグ展望編1(降格クラブはどこだ?)」 「Jリーグ展望編2(崖っぷちクラブはどこだ?)」 「Jリーグ展望編3(充実した中堅クラブはどこだ?)」 「Jリーグ展望編4(ACLを狙うクラブはどこだ?)」 「Jリーグ展望編5(優勝クラブはどこだ?)」 として、J開幕前......続きを読む»

さぼれ!「遠藤」!

昨日からACLが始まった。Jの開幕前だけに、正直「もう?」という感がなくはない。それもそのはずで例年と違い、J開幕よりも先にACLが始まるのは今回が初めてのことらしい。 そう思うと、改めてACLに出るクラブの選手は「大変やなぁ~」と思う。だって去年の12月上旬にJリーグが終わって、まだ3ヶ月も経ってないわけだけど、その間に12月は天皇杯もあって、天皇杯に勝ち進んだクラブなら、もっとシーズン終了......続きを読む»

手で悩む男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。 「愛情」と「憎しみ」 「熱き心」と「冷たき心」 「慈しみ」と「蔑み」 「悪」と「善」 「強気」と「弱気」 それを人は「悪魔」と呼び、それを人は「天使」と呼ぶ。 そう、我々の中には、必ず「悪魔」と「天使」が同居しているのだ。 今一人の男が休日ののどかな昼下がり、道端に出されたバールのテーブルで一人エスプ......続きを読む»

「Jリーグ」と大学のブランディングについて

こういう手もあるか・・・ と、思わず唸ってしまったのが、一部報道されている 「G大阪と追手門大が協定」というやつである。もちろんサッカーでガンバが追手門と協定を結ぶ必要なんてのはないので、いわゆる「地域活動」「社会貢献」という、昔でいうところの「メセナ」的な要素での結びつきだそうで、これを「パートナーシップ」と呼ぶんだそうな。 発表されている内容は以下の通り。 Jリーグ1部(J1......続きを読む»

チャンピオンズリーグの8個を当てよう!(集計編)

12月から3ヶ月に渡り、2ヶ月余の期間をもって実施しました、弊企画「チャンピオンズリーグの8個を当てよう!」に多くの方々がご応募いただき、 大変、大変(以下、大変の文字を続けて相当数綴りたいのですが、あまり長々と無駄な文字を書き込みますと、そこは誌面=サーバースペースを割くばかりですので、ここは割愛させていただきます・・・と、書くスペースを使うぐらいなら、「あと少しぐらい【大変】の文字を入れて......続きを読む»

楽しみな「日めくりカレンダー」

ここはデスク読裏の机。週明け月曜日の午前中。皆が忙しそうにバタバタとしているのに、さっきからデスク読裏氏は楽しそうに作業をしている。 同僚A) 以下同A) 同A) どうしたんです?何か楽しそうじゃないですか? デスク読裏) 以下読) 読) まぁな。ルン・・ルン!♪ 同僚B) 以下同B) 同B) いつも難しい顔で僕らに説教するのに、今日は何やってるんです? 読......続きを読む»

「サッカー日本代表、3位入賞!メダルなら銅!」

ここは「読裏スポーツ」の編集部。デスク読裏はそろそろトップ見出しの決定稿をジャッジする時間だ。 読裏は最近、「報○新聞」の見出しが頭から離れなかった。 「日本の夜明けぜよ!阪本両打」! 何のことはない、巨人の坂本がフリーバッティングで右に左にライナー性の当たりを飛ばしていただけのネタをこうまで完成度を上げて見出しにするとは・・・。敵ながら「アッパレ」と思っていたのだ。 俺もあ......続きを読む»

チャンピオンズリーグの8個を当てよう!(エントリー編)

このブログに今日初めて来られた方は、ご存知ないかもしれません。 このブログに「ちょくちょく」来られる方でも、ほとんどはご存知ないかもしれません。 このブログの常連さんの方でも、もうほとんど失念状態かも知れません。 実は去る12月の中頃、「チャンピオンズリーグの8個を当てよう!」という企画を発表させていただきました。内容はご面倒ですが、当日のエントリーを見ていただくとして、その「~~......続きを読む»

新発見!「ソウタ」と「ヨシト」の法則について

今回私はある真実を発見した。それは当然知っていたようで実は知らなかったことだった。真実とはいつも自分の身近にそっと身を潜めて存在しているものなんだなと改めて思い知らされた気分だ。 変にもったいぶってもしょうがない。 私が発見した、その真実、その法則を皆さんにもご披露しよう。 それは・・・ 「いつもあと一歩でシュートを打てない男は次のシュートもやはりあと一歩シュートに届かない」......続きを読む»

みんなで「チームコンセプト」を考えよう!

今回は、ある大会に向けてかなり戦術を練って練習を積み、切磋琢磨するある高校サッカーチームの練習風景を追って見た。 やはり現場というものは良いものだ。なんと言っても活気がある。それに選手の表情も生き生きとしており、「これぞ青春!」という雰囲気がグラウンド中に、いや、グラウンド周辺に漂いまくっている。 ここの高校は部員も多く、ちょっと気を抜けばすぐにレギュラーの座を追われるという状況で、選手......続きを読む»

東アジアサッカー選手権 「中国戦」をどう見るか?

本来、このレベルの大会の試合では「採点」はしない方針なので、個々の採点は今回は控えさせていただきます。が、ちょっと感想だけを二言三言だけ・・・。 東アジア選手権の第一戦、対中国戦が行われました。 と、いうより、W杯への練習試合の2試合目が終わりました。 2試合やって「0-0」が2つです。 これをどう見るか???です。 「完封試合」を2試合連続で実現させた「守備意識の高さ......続きを読む»

「プリウス」のブレーキが利かないと「トゥーリオ」がACミランに移籍することになる話

世間では「プリウス」のブレーキで騒がしいです。「好事魔多し」とはよく言ったもんで、プリウス旋風で闊歩していた「TOYOTA」が、一転そのプリウスのお陰で窮地に立たされようとしています。何でも一気に1500億とも1800億ともの「営業利益」(←利益でっせ!?利益!売上高とちゃいまっせ!?)がすっ飛ぶ計算になるらしいです。 この額はその辺の会社ならそれこそ「青息吐息」で、もしかしたら「御家取り壊し......続きを読む»

サッカークラブの新入団選手の「呼称」と「お披露目」について

フットボールでクラブに新しく入ってきた選手を正式には何と言うのでしょ?ヨーロッパ辺りでは「移籍選手」=「新しい選手」でも間違いではないんやろう。だいたい新人選手なんてのは「昇格」とか「その他」のカテゴリーに入るはずで、カンテラがしっかり組織されてるクラブで大物大学生なんてのがいきなりトップチームに入るなんて考えられない環境やから。いわゆる鳴り物入りの補強選手ともなるとほぼ「移籍」という形で入ってくる......続きを読む»

2月の日本代表強化・【一石二鳥案】

少しご無沙汰しておりました。が、その間にもはや2月。プロ野球はいよいよキャンプイン。です。 2月1日は昔からプロ野球の元旦の日とされ、取材記者もベテラン記者の若い頃はこの日だけはスーツ姿で取材をし、それがまた「プロ野球を知っている男」というブランド力を高めていたという話も聞きました。そしてキャンプインは各球団の新戦力物見や新メンバーのご登場の場でもあります。もしかしたら新しいユニフォームのお披......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconyomiuraclub

ショートパス大好き!ヒール大好き!もちろんスルー大好き!裏を読み、裏を通すのが大好き。サッカーに限りない愛情と偏見を注ぐ方々とパス交換できればこの上ない悦びです。コラム、コピーライト、その他ライティング業務も承ります。私信等、個別のお問い合わせについては yomiuraclub◆yahoo.co.jp まで ◆は@
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9510772

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何故「ロングボール放り込み」に批判が集まるのか?
  2. 独占!モイーズ監督単独インタビュー(香川真司のプレーと自身のスタイルを語る)
  3. 世界で最も巧い選手は誰だと思いますか?
  4. それでもまだ貴方はマンチェスター・ユナイテッドを「マンU」と呼びますか?
  5. 香川を本当に必要としている監督二人が登場する香川との会話
  6. オマーン(A)戦の採点
  7. オーストラリア(A)戦の採点
  8. 『本田圭佑がマクドナルド社長の退任に関係している』という根拠はこれだ!
  9. 「今後注目される若手選手」に、要注意!
  10. いよいよW杯メンバー発表!今回のサプライズ枠の選手はこれだ!

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss