「読裏クラブ」のワンツー通し

月別アーカイブ :2008年06月

スペイン優勝の陰で

スペイン44年ぶりの欧州王者!というニュースの陰でひっそりと蠢いておられる方を見つけました。そう、そのEUROのトップに君臨する、あの天才にて名選手であり、今やもう一方の天分の才を生かして政治に邁進する、プラティニ。 次回からのEURO本大会の出場枠を20~24に増加させる計画だそうな。「9月の理事会で最終決定する」と、今公言するということは、事実上「決まり」なんでしょうね。 20~24......続きを読む»

なんという強運!

おいおいおいおい!本当かよ!?「悪いグループではない」だって?「移動その他を考えてもそんなに悪くないんではないか?」だって?何言ってんだよぉ!もっと本音で言ったら?ホントはこう思ってるんやろ?「うっそぉ~~~!めちゃめちゃラッキーっす!こんな願ってもない組み合わせって!もしかして俺ってやっぱり強運の持ち主なんちゃうかなぁ~~?やっぱり代表の顔は俺やろ!?」って。 いや、そう思っても決して僕は責......続きを読む»

小野伸二の代表復帰について

先日のニュースを拾い読みしてたら、「小野伸二」が「代表への意欲」を表明したそうな。「ドイツ」が終わったあとに「代表への意欲が自分自身で湧き上がるまで・・・」なんてコメントを残していた彼が、とうとう、その「意欲」が涌いてきたか!?と素直に思えるほど、僕の人生は短くないわけで。人生を横や斜めから生きてきた自分としては、このコメントを読んでつい「おいおい!今頃何言うてんねん!?」と思ってしまったわけですと......続きを読む»

やったぜ!遠藤!

やりました!遠藤!OAで北京行きです! クラブも本人も了承したとか。 しかし、遠藤、「J」と「A(代表)」と「ACL」と、で、「U23」と。。。! モテモテというか、なんというか。身体大丈夫なんやろうか?肝炎、ぶり返さんとも限らんのでは? と、他人事ながら心配しちゃいますよ。 でも、これで・・・以前にも申し上げておりましたが、いやぁ~、北京が「ぐぐっ」っと、興味対象ど真ん中大会に私......続きを読む»

私の「天才列伝」その5回目『アルベルト・タランティーニ』

久しぶりにこのシリーズです。 今回は第5回目。登場してもらうのは、アルゼンチンの金髪のサイドバック、「アルベルト・タランティーニ」です。 今でこそサイドバックは上がってなんぼ、抜いてなんぼ、上げてなんぼ・・・というのが一般的になってますが、78年当時、この類のサイドバックは皆無だったと思います。ブラジルのマリーニョぐらい?かな?だいたいこのポジション、当時は「フルバック」なんて平気で呼ば......続きを読む»

2次リーグの復活を望む。

ユーロの現在の状況を見て、ふと思ったことがあります。「やっぱり予選(1次)リーグ3連勝」のチーム(国)は苦戦するよなぁ~」と。それをもっと進めると、「3連勝」と「1勝1敗1分」とがぶち当たって一発勝負って、何か割り切れんというか、もったいないというか、イキナリ感が強いというか、逆の意味で不公平というか、とにかく私の嗜好に合わんのです。 「ほんなら、どうせぃっちゅうねん!?」ですか・・・? ......続きを読む»

ふん!ヒディンク!

高笑いが聞こえてきそうです。え?「誰の?」ですか?それはね、あのオランダ人です。 もちろんファンバステンが高笑いするわけもなく、ニステルローイがヤケクソで笑ってるわけでもなく、あの国の代表監督を勤めたオランダ人です。 しかし・・・実績で見れば、もう、本当に文句ないですな。 02W杯で同氏が率いた国が同国初のW杯(もちろんアジアとしても初)ベスト4。 06W杯で同氏が率いた国が同国......続きを読む»

水本は大物か?

ちょっと驚きました。水本のG大阪退団の一報。まぁ、今年期待されて入ったのに、なかなかその機会にも恵まれず、G大阪において「試合に出たい」という欲求不満は日に日に強まってきていたらしいですが。 それでも北京五輪(U23)では今のところレギュラーを手中にしているようだし、向こう2ヶ月間はそっちに神経が行くよねぇ~?普通。 僕が水本なら、それなりの不満は抱えながらも、どっかで 「北京でそれな......続きを読む»

バーレーン戦はプライドを賭ける?

次のバーレーン戦は、「プライドを賭けた」戦いなのだそうで。前回のアウェーでの敗戦が「一生記憶に残る悔しい負け」だったこともあるらしい。加えて、「最終予選で当るかも知れない相手に2連敗は絶対にしない!」という意味もあるらしい。 「負けたくない」=「勝ちに行く」というのはプレス用のリップサービスとしてはべつに珍しいことではないし、「今度の試合は勝負は二の次だと思っている」なんて、W杯予選として戦う......続きを読む»

ユーロ大予想(決勝トーナメント編)

決まりましたね。決勝トーナメント(=準々決勝)のカードが。私としては「チェコ」の敗退と「ロシア」の勝ち抜けが少し残念ですが、それでも大会を彩る「ポルトガル」「オランダ」「スペイン」がきっちり残ってくれたのは有り難い限りです。 で、ここからは一発勝負。 ということで、この4試合をそれぞれ勝手に予想させていただきます。 ポルトガルvsドイツ ポルトガルが残って欲しいのは山々です。......続きを読む»

獲り合いジャンケンならマケレレ

マケレレが代表を引退するそうな。まぁ、2010まではキツそうだし、当然といえば当然のタイミングでしょうが、寂しさは拭えません。 それでも現役を引退するわけではないので、まだまだ彼のプレーは見れるのでしょうが、近代サッカーにおいて、彼のような存在は「不可欠」であり、あらゆる意味でいい手本となる選手だったと思いますね。 大昔、僕ら(皆さん)が小学校(ぐらい)だったころ、「取り合いジャンケン」......続きを読む»

死のグループの選手の会話

ここはとあるホテルのロビー。二人の男がソファーに座り込んで何やら深刻な面持ちで会話をしている。 (伊) ふぅ~~~・・・・ (仏) はぁ~・・・・・ (伊) ・・・・・ (仏) ・・・・・ (伊) しかし、あいつら、あんなに強かったかぁ~? (仏) 俺達もお前らの試合見て、それなりに警戒はしてたんやけどなぁ~。 (伊) だいたいいつもきれいにボールを廻す......続きを読む»

ユーロと日本代表

ユーロが盛り上がってきました。それにつれて「寝不足だぁ~」という人達が私の周りでも多くなってきてます。最近はどこでもサッカーが市民権を得だしたので、サッカーを普段知らない人でもユーロを朝早くから見ている人、結構いるみたいやね。その昔はW杯の開催中でも「W杯って?何?」という状況だったことを考えると、ユーロで「眠い」を連発している人達が多いなんて夢のように思うし、サッカー人としては悦びを感じます。 ......続きを読む»

タイ戦の採点です。

それではタイ戦の採点です。 GK 楢崎 6.0 今日は出番なし・・・やったね。とりあえず、参加費として6.0あげるね。 DF 闘莉王 7.0 ナイスヘッド!!!高い!!!とにかくコーナーを5本取れば、1本は君とボンバーとで何とかしてくれるような雰囲気がほんと、出てきたよ。まぁ、相手が相手なんでその辺は割り引いて考えないといかんけど、でもね、そういう「ドン引き東南アジア系(=例)香港、......続きを読む»

オーバーエイジを使えるようになった人。

昨日に引き続きU23ネタで。 どうもOA(オーバーエイジ)を使うようですな。 昨年11月に決めてから今まで、その気配がいっさいなかったのに、トゥーロンが終わってから急にその可能性が高まったというのはどうなんでしょうね。もちろん、最後の最後まで「U23内での可能性に懸けた」と言われたらそれまでなんやけど、どうもそれだけやろか?最近の「反町」は「師」に褒められてから、急に自信家に見え出したと......続きを読む»

ウサギとカメ

ここでU23の所感を述べるのはおそらく初めてではないか?と思う。オーバーエイジのことではちょこっと持論を述べた記憶があるけど。 前年に北京を決めてから、は、それなりの進化を遂げているとは聞いていた。 トゥーロンも「師」がコメントしたぐらいの戦績ではあったが、残念ながらその試合内容は映像としては把握していない。 で、親善試合のカメルーン。 思っていた以上に内容がいいので、正直びっく......続きを読む»

2,000万と1,000万

2000万円と1000万円。TOTOの当選賞金の話ではない。過日、暴動(という大げさな表現を使うほどでもないと思うのだが)騒ぎを犯した浦和とG大阪への制裁金の額だ。 いったいどういう基準で何を元にこの制裁金の金額が決められているのだろう? 暴動騒ぎで被ったJリーグへの名誉毀損としての判例に基づく金額か? 制裁金設定会計事務所から出た見積もり書に従っての金額か? ○○一人当たり......続きを読む»

モウリーニョの挑戦

始まりました。ユーロ2008。しかし、天邪鬼な私としては、ユーロネタはまた別の機会に置いておいて、今回は違うヨーロッパの話題を。そう、誰あろう、あのジョゼ・モウリーニョ。 以前からこのブログをご覧になっておられる方々はご存知かも知れませんが、私、彼のファンなんですよね。ポリシー(生き方)、サッカー観(センス)、人生哲学などなどにおいて。年齢が近い(多分同じ歳)という理由もあるのかもしれません。......続きを読む»

オマーン戦(アウェー)の採点です

それではオマーン戦の採点です。 GK 楢崎 8.5 出来うるならあの点も防いで欲しかったと言っちぁ~欲しかったけど。それでもあのPKのセービングで全て帳消しです。あれが入ってたらと思うとゾッとするよね。でも今回私が高得点をつけたのはラスト5分のコーナー2本のキャッチングですな。パンチではなしに、しっかり掴んだのが大きい!あれで逃げ切れました。 DF 闘莉王 6.0 普通やった......続きを読む»

アウェー(オマーン)の戦い方

「今日の試合で決めてやるぜ!」と、思っている人達がどれほどいらっしゃるかは解りません。 が、実は今日の試合では決まりません(もちろん事実上という意味では決まるのでしょうが)。 さて、こういう状況の時に、考えうる「思考法」には二通りあると思っています。 もういちど念のために、「こういう状況」というのをご説明しますと・・・。 ●現時点で勝ち点差が「3」あり、今回の相手に勝つと当然......続きを読む»

ユーロ大予想(

今年、2008年の6月は我々にとって至極の月になりそうだ。オシムが戻り、モウリーニョが就任し、3次予選があり、そしてユーロがある。 というわけで、強引な掴みで引っ張りましたが、今回は「ユーロ大胆予想」というベタなタイトルを使用し、私なりにプチ予想とまいりたいと思います。ご異論、ご意見もちろんあろうとも、まああくまで予想ですんで。。。 グループA ダントツ本命は誰がなんといっても決ま......続きを読む»

全てにおいて全身に電気が走りました。ついに・・・ついに・・・「師」が我々の前にその姿を現し、ご自分の意思を我々に表わしてくれました。オマーンとの試合を「完勝」などと言い、ある種「このサッカーでもええやろう?結果重視やからな!」的な納まりどころを自分自身で探していた。そういう自分が情けなく感じました。 「生きている人間であれば、何かやり遂げたいという希望や目標があって当然です」 ......続きを読む»

行け!寺田!

闘利王が次のオマーン戦の出場が微妙だとか。最後の5分ぐらいで、顔をしかめていたので、「また・・・やったか?」と思ってたんですが。 彼の闘争心と勝利への執念と屈強なプレーを支える右太腿がこれほどガラスだとは皮肉なもんです。いや、ここまでそれだけ酷使してきた裏返しなのかも。 絶対的に有利な立場(対オマーンに対して)にいるわけだから無理に出る必要もないやろう。なんといっても「0-0」でええんや......続きを読む»

オマーン戦の採点です。

それではオマーン戦の採点です。 GK 楢崎 8.0 基本的には全く危なげなく、安心した90分を我々に与えてくれました。数本の相手コーナーも無難にやりすごし、GKとしてはほぼ完璧な試合ではなかったんじゃないだろうか?少し物足りなかったかな?一回ぐらいセービングもかましたかったかな?今回が川口だったらどうなってたか?いやぁ、それは誰にも答えられない設問ですな。 DF  闘莉王 8.0 そ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconyomiuraclub

ショートパス大好き!ヒール大好き!もちろんスルー大好き!裏を読み、裏を通すのが大好き。サッカーに限りない愛情と偏見を注ぐ方々とパス交換できればこの上ない悦びです。コラム、コピーライト、その他ライティング業務も承ります。私信等、個別のお問い合わせについては yomiuraclub◆yahoo.co.jp まで ◆は@
  • 昨日のページビュー:666
  • 累計のページビュー:9514057

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何故「ロングボール放り込み」に批判が集まるのか?
  2. 独占!モイーズ監督単独インタビュー(香川真司のプレーと自身のスタイルを語る)
  3. 世界で最も巧い選手は誰だと思いますか?
  4. それでもまだ貴方はマンチェスター・ユナイテッドを「マンU」と呼びますか?
  5. 香川を本当に必要としている監督二人が登場する香川との会話
  6. オマーン(A)戦の採点
  7. オーストラリア(A)戦の採点
  8. 『本田圭佑がマクドナルド社長の退任に関係している』という根拠はこれだ!
  9. 「今後注目される若手選手」に、要注意!
  10. いよいよW杯メンバー発表!今回のサプライズ枠の選手はこれだ!

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss