「読裏クラブ」のワンツー通し

月別アーカイブ :2008年02月

フランスよ!お前もか!

フランスサッカー協会が「ナイキ」と2011年から18年まで、7年半!の契約を結んだそうな。新しい契約料は現行のなんと!4.5倍の年間約9億円。ということは今は2億円ですか。そら、2億から9億に積まれた札束の高さが変われば、誰でもクラクラとくるんでしょうが、正直「フランスよ!お前もか!」という気持ちです。 どうしても我々の時代は「ナイキ=アメリカン」という固定観念がありまして・・・。サッカー(フ......続きを読む»

鈴木啓太の受賞で思うこと

07年度Jリーグ年間最優秀選手に「鈴木啓太」が選ばれた。昨年の「闘莉王」に続いて2年連続「浦和」からの選出だ。と、いうより、2年連続DFから選ばれたという方が興味深い。もっと言えば、2年連続「カウンターアタックのクラブのDF」から選出されたとも言えなくもないか。 担当記者が選んだので、逆にミーハー的な要素が入りにくいのかもしれない。「闘莉王」はDFながら積極的な上がり(あるいはコーナー時の得点......続きを読む»

日本から見る世界のサッカー

前回の「オコチャ」の「ボルトン」から発展して最近思うことです。 今「ボルトン」の毎週の戦績を報道している所がどれだけあるだろうか?もちろん「プレミアリーグの今週の結果」というレベルではなしに。つまり「ヒデ」が居なくなった「ボルトン」のことだ。おそらく皆無なのでは? 次に最近の「フランクフルト」についてはどうだろうか?「フランクフルト」ならまだしも「ハンブルガーSV」はどうだろう?明らかに......続きを読む»

私の[天才列伝」その2回目。『ジェイジェイ・オコチャ』

久しぶりのシリーズ「私の天才列伝!」。今回はその2回目です。登場するのは『ジェイジェイ・オコチャ』!実は『バルデラマ』とどちらに登場してもらおうか?と悩んだのですが、やはり自分の中でのインパクトの強さで『オコチャ』にしました。 僕が『オコチャ』を見たときにまず思ったこと。。。。それは 『オコチャ・メチャうま!』 これはオコチャがめちゃめちゃ上手いという意。 『オコチャ・ボコうま!......続きを読む»

サッカーにおける新しい公式です。

我々は、一つの出来事を記号で表わすことが多い。ひとつの事象を説明する際に「言葉の羅列」よりもより真実が伝わるからである。  例えば「2A=B」という数式は「Aの2倍の量(多さ)がBと同じなんですよ!」ということであり、「A=B+1」は、「Bに一個足したのがAちゅううことやん!」ということになる。我々は今回の東アジア選手権でまた新たな真実(数式)を発見できた。その数式を理解することが、今後の我々......続きを読む»

東アジア選手権で勝ち得た10の収穫

我々が東アジア選手権で勝ち得たもの その1)-我々には実力が伯仲しており、甲乙つけがたいGKが二人も存在していることが判ったこと。 その2)-我々にはアジアの壁の四代目(一代目=加藤久、二代目=ホン・ミョンボ、三代目=井原)を襲名するにふさわしいボンバーというCBが存在していることが判ったこと。 その3)-我々には「今野」という非常にクレバーで対人能力にも優れている超ユーティリティ......続きを読む»

6つ目のtoto、その名も「トトセン」

先日のTOTOのニュースから少し日が経ちましたが、今年の「J」の開幕と併せて、また「TOTO」が新商品を出しました。その名も「トトセン」。これで6つ目の商品ですね。 もちろんBIGに味をしめての追加なんでしょう・・・。昨年のBIGの【当たり】については、このTOTO自体の存続の危機を救う救世主となったわけですのでとやかくは言いません。が、今度のはねぇ~~。どう考えても「2匹目のど○○○」狙いが......続きを読む»

日本のチームが決勝進出だ~!

G大阪がPP(パン・パシフィック)大会で決勝に進出!したそうな。「決勝!」といっても大会が始まった時点で「準決勝」なわけですので、イマイチ感どころかイマニ・イマサンという感じがしますが、それでも決勝は決勝です!と、いくら力んでもやはり「???」がつきますよねぇ~。 ましてそれが「CL決勝トーナメント1stレグ」の裏番組のように組まれた日にゃぁ~・・・。場所もハワイ!「ワイハ~でサッカー」っちゅ......続きを読む»

4-2-3-1は今度も是非!

中国戦。荒れたゲームでしたね。威信というものが背景にあったからでしょうか、赤い国同士の友好関係にも後押しされて、向こうは「やりたい放題」でしたね。まぁ、安田も大事になっていないようですし、まずは一息です。 荒れ荒れの中ではありましたが、昔の中国のイメージからは随分違ってきたように感じます。「つないでいく」というか「崩そうとしている」というか。「サイドチェンジ」も結構正確なタイミングで織り交ぜて......続きを読む»

ヨーロッパの8試合とアジアの1試合

2月20日(正確には20日と21日)は複雑な日になりそうです。ご承知のように「中国」VS「日本」と「バルサ」VS「セルティック」と、「アーセナル」VS「ミラン」と、「リヨン」VS「マンU」と「フェネルバフチェVS「セビージャ」と。5試合あります。さて・・・・どの試合が一番魅力的なんでしょう???? 一番スペクタルなのは「アーセナル」VS「ミラン」なんでしょう。おそろしく90分が早く感じるんじゃ......続きを読む»

我々は現実を受け入れる日本人だから

この大会を通じて、徐々に我々は「オシム」の幻想を、「オシム」の残像を、身体の中から消し去って行くのだろう。そして、徐々に、「彼ならどうするか・・・?」とか「彼との違い」とかを、論議のポイントからなくしていくのだろう。そう思うと実に哀しい。解かっているけど。 そう、「そんなことを今言ってもしょうがないじゃん!」と言う人間の方が「現実的」で「前向き」で「先進」なのだという雰囲気が今後もますます醸成......続きを読む»

東アジアについて

明日から「東アジア」が開幕します。リーグ戦の3つ・・・。中2日で残り2試合なんで、メンバーもそこそこ変更するのでしょうね。いわゆる「生き残り」というか「振るい落とし」という意味合いが強い入れ替えになるんでしょうか? もう一つは「新顔」のテスト。「安田」とか「田代」とか「前田」とかが、当落線上に入る入らないというポジションかも。「播戸」や「矢野」もそうなんでしょうかね?私としては「山瀬」がどう使......続きを読む»

身体能力って何ぞや?

今回は「【身体能力】について、その解明と分析をどなたかにお願いしたい」。という、「問い掛け」を含めたエントリーです。 最近のサッカーの会話の中で「シンタイノウリョク」ほど、使用頻度の高い「単語」はないのではないでしょうか?「スペース」と同じぐらいの頻度じゃないですかね?どちらが上位(多い)かは、誰もそんなものを数えてないでしょうから、解からんのですが、「○○の身体能力って~~~」とか、「身体能......続きを読む»

私の理想のイレブン!!

時節柄ともまったく関係なく、唐突で申し訳ありませんが、本日はちょっと嗜好を替えて「これぞ私の理想のイレブン」を発表してみたいと思います。 ここには全くもって私の好み(偏見)が盛り込まれています。ので、「勝てるチーム」という意味のベストイレブンとも、オールスターとも違う、一つの時空を超えたチームとなっております。ノスタルジックな至高のワインを味わうごとく、彼らのプレーを満喫しお楽しみください。 ......続きを読む»

モウリーニョがバルサ?

おそらく「ガセ」に近いのかも知れません。いわゆる「東スポ(関西なら大スポ)」とまではいかないまでも、「埋めクサ」記事なのかも知れません。しかし、それでも、私はこの「モウリーニョ」という文字を見るとどうしても見て(クリック)しまうのです。理由は単純で、「彼の生き方」に興味があるからです。「トルシェ」とかぶらせる御仁がおりますが、とんでもない!それは「モウリーニョ」に失礼過ぎるでしょう。。。 さて......続きを読む»

私の「天才列伝!」1回目。『礒貝洋光』

今回は勝手に「シリーズ化」を目論んでおります「私の天才列伝!」、その一回目をお贈りしたいと思っております(笑)。皆様は「天才」と聞いて誰を思い浮かべるのでしょうか?ベタな「マ○○ーナ」を筆頭に、それこそ、それぞれの好みと趣向の数だけ、この世に天才は存在しているのでしょう。そして「引退組」と「現役組」とで振り分けたら、圧倒的な、かなりの確率で「引退組」が幅を利かすのも、「人の記憶のノスタルジー」が、天......続きを読む»

「柏木陽介」が気になっています。

以前から気になっていた選手がいます。その名は「柏木陽介」。オリンピック予選で脚光を浴びた形でデビュー!というイメージですが、かの広島の育成システムの、ある種の完成形(?)とも言っていいと思っております。 「銀髪」や、「ゴール後の【おちゃらけ】」イメージが先行して、「浮ついた選手」というレッテルが貼られかかっているかも知れません。 が。。。しかし。。。 私は彼の「運動量」「ボールテク......続きを読む»

サッカー中継アナウンサー。一番好きなのは誰?

今日は我々に不可欠な「サッカー中継」のお話しをば・・・。 「サッカー中継」と言っても、古今(東西含め?)より、それほど、画期的に「画面アングル」が変わってきたことはないように思います。ほら昔々、プロ野球の画面アングルが「バックネット裏(バッター目線)」から「マウンド後ろ(ピッチャー目線)」に変更になったような、そういう「画期的」なことっていう意味では、サッカーはないでしょ? 今のサッカー......続きを読む»

坪井の引退は痛い!です!

痛い!正直言ってその一言です。確かに試合にはなかなか出られない状況が続いていました。その中で、「代表」⇔「合宿」⇔「遠征」⇔「クラブ」の『いったりきたり』というのは、真面目な性格の選手であればあるほど、ストレスが伴うことだったかと思います。彼は人間的にも非常に温厚な、人格者だと聞いています。私の現役末期のように「ふん・・・どうせ、俺は出ないんやから、明日の確認練習も適当にやっとこ!」的な人間性だった......続きを読む»

オーストラリアも韓国もキッチリ。

気になるもう一組の行方は「バーレーン」だったようですね。しかもアウェーで1-0ですか。今度の2戦目は勝ち点3同志の戦いなんで、序盤の天王山か!?というのはちと気が早すぎますかね(苦笑)。 さて、我々2組のほかもちょっと気になります。これも緒戦の勝利の余韻と余裕のなせる技でしょうか?そんな中やはり「韓国」と「オーストラリア」はキッチリ!という感じがしますね。まったく内容がわからないまま、スコアだ......続きを読む»

タイ戦の採点です。

それでは今回の採点です。 GK 川口 5.5  いやぁ~~。死角やった?ボールが揺れた?ドフリーで撃たれたしね。。。って擁護したいところなんやが、一応W杯予選やからねぇ~~!「どこ見とんねん!」というのは簡単なんですが、点を入れられるたびにキーパーを責めてたら、キーパーのなり手がいませんし。    DF 中澤 7.0  ナイスヘッド!あれで非常に楽になりました。後ろに少しさがりながら、......続きを読む»

3次予選6試合完全大予想!

前回の続きというわけではないのですが、ここで明日からの6試合を【完全予想!】してみました。お暇ならご一読でも(笑) 08.02.06 対タイ(H) 〇 2-0 「タイ」を舐めてたらひどい目にあう。「W杯予選に楽な戦いなど一試合もない」と・・・いうのはもちろん解る。が、やはりそれとて建前論、まかり間違ってもここでは負けんやろう!緒戦の緊張感から0-0の分けも考えられんでもないし、もちろん可能性......続きを読む»

いよいよ星読みの醍醐味が始まる!

さあ!いよいよだ。え?「タイ戦のことならもういいよって?」いや、ちょいと違う。始まるのは「タイ戦」ではなくて、「予選」が始まるのだ。我々は「タイ」との一騎打ち、「マッチアップ」に臨むのではなく、あくまで「4ヶ国」から「2ヶ国」勝ち抜けのリーグ戦を戦っていくのだ。それをもう一度肝に銘じておこう。 W杯予選ほど、人生の中で興奮するものはない。この6~8試合ぐらい(今回は6試合。ちょっと少ないかもね......続きを読む»

何でラスト5分はパワープレーに切り替えなければならないのだろう?

前回の続きというノリではないのですが、ロングボール(放り込み)の論議の延長戦として、私自身が以前から感じていたことを述べさせていただきます。いわゆる「パワープレー」のことです。 1点差で負けているとき、後半残り5分(~10分?)を切る時間帯になると、負けているチームは、多くの割合でこの戦法を選択しますよね。高いFWをセンターに置いて、センターラインあたりから、ロングボールを放り込む。もっと言え......続きを読む»

何故「ロングボール放り込み」に批判が集まるのか?

本日はいただいたコメントの中で私としても「目からウロコ」、とまでは行かなくても、「おっしゃる通り!御意にござりまする!」という質問がありましたので、それについて私見を述べさせていただこうかと。 質問とは 【どうして日本のクラブチームが「カウンター・ロングボール放り込み」サッカーをやると批判の集中放火を浴びるんですか?】 です。 ごもっとも。 考えてみれば我々には知らず知らずのうちに 「日本人」......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconyomiuraclub

ショートパス大好き!ヒール大好き!もちろんスルー大好き!裏を読み、裏を通すのが大好き。サッカーに限りない愛情と偏見を注ぐ方々とパス交換できればこの上ない悦びです。コラム、コピーライト、その他ライティング業務も承ります。私信等、個別のお問い合わせについては yomiuraclub◆yahoo.co.jp まで ◆は@
  • 昨日のページビュー:811
  • 累計のページビュー:9510772

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何故「ロングボール放り込み」に批判が集まるのか?
  2. 独占!モイーズ監督単独インタビュー(香川真司のプレーと自身のスタイルを語る)
  3. 世界で最も巧い選手は誰だと思いますか?
  4. それでもまだ貴方はマンチェスター・ユナイテッドを「マンU」と呼びますか?
  5. 香川を本当に必要としている監督二人が登場する香川との会話
  6. オマーン(A)戦の採点
  7. オーストラリア(A)戦の採点
  8. 『本田圭佑がマクドナルド社長の退任に関係している』という根拠はこれだ!
  9. 「今後注目される若手選手」に、要注意!
  10. いよいよW杯メンバー発表!今回のサプライズ枠の選手はこれだ!

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss