「読裏クラブ」のワンツー通し

海外サッカー

ピケの気持ちはよくわかる

サッカーをやっていると、いや、フットボールを知るようになると、いろいろと勉強できることがあります。 私はその事をかなり痛感している一人です。ん?痛感というのはちょっとおかしいか。実感か?ま、そんなことはどうでもよくて。もちろん私以外の人で常識的な人は、その知見から私が知り得たような事実や史実を十二分に、当たり前のように掌握しているのでしょう。 で、しょうもない掴みはどうでもよくて、そのサッカーで......続きを読む»

スナイダーって誰よ?

先日こんなネタを流し読みの中から見つけました。 「神戸、ポドルスキに続いて元同僚のスナイダー獲り!ホットライン再びか?」 ポドルスキが最初にニュースになった時も「ま、ガセやな・・・」と思ってたぐらいだったので、今回のこのネタも「ま、ガセやね・・・」と、言い切れないところがあるよね。 だから、別にこのネタを上げた某発信元には何の文句もないのです。ないのですが、ちょっとだけ言いたいことがあります。......続きを読む»

「ロッベン右足」の慣用句

先日、ブンデスリーガで非常に珍しい場面が生まれた。 それはバイエルンvsマインツ戦。の、前半11分。 なんと!あのロッベンが右足でシュートを決めたのだ!オープンに開いたいつもの右サイドに、スルー気味のグラウンダーが足元に収まり、そのままキーパーに向かってドリ。 このブログの読者ならロッベンのプレースタイルは、目を閉じていても脳裏に映すことができるだろう。左足で切り返してゴールラインギリギリに......続きを読む»

誰もかれもが!(思えば遠くへ来たもんだ・・・)

ロシアW杯の出場権を獲得して、本当の意味で落ち着いてフットボールを見ることができる昨今、プッシュ情報や、スマホポチポチをしていると、いろんな情報が飛び込んできます。 そんな中でもやはりニュースバリューとして価値が高いのは(バリューとして価値が~~←はい、これ、ちゃんと自覚して書いてます。はい、私の得意技の二重表現です・・・笑)日本人選手の得点ゲットのニュース。 その昔は、そもそも海外でプレーす......続きを読む»

イケイケ(ニョーニョー)バルセロナ

どうやら、バルセロナが、あのパウリーニョを獲得したらしい。 これはパウリーニョにとっても、他の選手にとっても画期的な移籍と言えるかもしれない。 なんといっても、フットボールの世界では僻地も僻地。そらもう未開の奥地・・・みたいな中国リーグから、ヨーロッパの一流も一流、トップ・オブ・トップと言われるバルセロナへの移籍が実現したからだ。 つまり、「金はゴマンと貰えるけれど、もはや帰らぬ途」であった......続きを読む»

やったぜ!ザキオカ!

今日は8月12日。いつの間にか出来てしまった「山の日」なんていう休日のお陰で、お盆休みモードが8月11日からスタートしているので、まさに「お盆真っ最中」。 そんな中で、今年も17-18シーズンのプレミアが開幕しました。 チェルシー、トッテナムのワンツーフィニッシュが今年も再現されるのか?(まず無いやろね) FAカップの覇者となったガナーズは? いつも危険な薫りがするモウリーニョの2年目。 ......続きを読む»

驚異の22年目

な・・・な・・・なんと! あのベンゲルが! またまたアーセナルの監督を引き続き務めることになったらしい。 22年目なんだとか。 スゲー! あれだけガナーズサポからボロンチョンに、ボロコソポンになじられていたのに。 「ベンゲル以外に人がいないって?いや、俺はベンゲル以外だったら誰でもいいぜ!」って、なんと担当記者からもなじられていたのに。この春からはガナーズサポの間では「ベンゲル・アウト!......続きを読む»

チェルシーの連勝ストップで解ったこと

チェルシーが(ようやく)負けたらしい。 これで、連勝記録は13でストップだとか。 で、プレミアの連勝記録は、なんと「アーセナル」がもっていたらしく、その数は「14」。 あともう少しだったんやね。 以前、このブログで(何年前だったかいつ頃だったかもう全く記憶にございません・・・汗)、『連勝記録は破った時点で止まるの法則』があると書いたけれど、記録前で途絶えるのも結構多いように思うね。あと、一......続きを読む»

あの方の! ご就職先が! お決まりに!なりました。

ついに!とうとう!ようやく! あのイブラ様のご就職先が決まったようです。 噂はあくまで噂・・・。という、フットボール界の常識を覆すように、噂通りのご就職先でした。 初めてのプレミアです。 それにしても、モウリーニョとイブラ様とルーニーとが同じクラブにいるなんて。 これだったら、ついでに香川ももう一回戻ってもいいかも?なんて・・・ついつい思ったりもします。 ルーニーとイブラ様のツートップも......続きを読む»

レスター優勝の奇跡度を測りました

とうとう、レスターが優勝した。プレミアで優勝するのは、ここ最近の格付けからすれば、マンチェスター・シティ、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、そして数年後にはリヴァプールも入ってくるぐらいか。。。トッテナムはまだそこまでには入ってないでしょ? 世界最高峰のフットボールリーグと言われるプレミアでまさかこんなことが現実に起ころうとは。。。小説でも映画でも漫画でも、実名入りでこんなス......続きを読む»

奇跡的瞬間に立ち会う時に

「奇跡の大番狂わせ」と呼ばれることになるであろう、レスターのプレミア優勝。 7カ月前までは誰も想像もしなかったその瞬間が、4カ月前まではまだ誰も信じなかった瞬間が、3カ月前までは誰もが疑っていたその瞬間が、そして1カ月前まででも誰もがまだどこか間違いなのでは?と思っていた瞬間が、とうとう現実に迫ってきており、一番早ければ5月1日のマンチェスター・ユナイテッド戦にレスターが勝てば、それがやってくる。......続きを読む»

行ったれ!ザキオカ!

なんと!2月も半ば、14日になってしまいました。世の中はバレンタインデーでチョコの匂いがプンプン!てな感じでもないですが、前回のネタのアップ(といっても新年のご挨拶)からまたまた1カ月も間が空いてしまいました。 その間、オリンピック予選で日本男子は堂々の予選突破!なでしこももうすぐ予選を迎えようとしています。 Jリーグの開幕直前のネタや、香川や本田のネタが毎日のようにアップされてます。 でも......続きを読む»

僕がずいぶん長く休んでいる間に「辞めて」いった人シリーズ その①

僕が(ブログを)休んでいる間に、ずいぶんと変わってしまったことがある。 そんな中でやっぱり心に強く訴えられるのは、僕が(ブログを)休んでいる間に、「辞めて」いった人達の存在だ。 そんな人達を回を追いながら「振り返って」いこうと思うこのシリーズ。題して「僕が休んでいる間に辞めていった人シリーズ」。ええ。そうです。相変わらずの「まんま」です。あかんのん? まずなんといっても初回の今回は、(初......続きを読む»

シャビ!シャビしいぜ!

いやぁ~・・・ずいぶんアップがご無沙汰してしまいました。そらもうメチャメチャひシャビぶり。そんなひシャビぶりの間に、あのバルセロナの至宝、シャビ・エルナンデスが、その愛するバルサを去る決断をしたという。 まぁ、最近はめっきり出番が減ったので、本人もかなり忸怩たる思いもあったのだろう。 「俺のテクニックとサッカースタイルは、まだまだシャビついてはいないんだぜ!?」 そう思っても全然不思議で......続きを読む»

「ズラタン」が動詞になりました。

その昔、そのまた昔、大昔・・・。スポーツ選手の名前が動詞化したことがある。 例えば「王 貞治」 このときは「サダハル」・・・。 例えば40歳を超えて頑張ることを「サダハル」と言っていた。 例えば悟りを開いたかのような境地に至ることも「サダハル」なんて言っていた。 その後は「エガワル」・・・。 例えばそれは「自分勝手にふるまう」とか「わがままな行動をする」とか「ルー......続きを読む»

岡崎のゴールと同じくらい日本人として誇らしく嬉しかった事

岡崎慎司が日本人最多ゴール14点目を入れた試合は、清武と長谷部が所属しているニュルンベルク。 この試合の岡崎のゴールは日本人として嬉しいし誇らしいのだけれど、実は僕は、この岡崎のゴールよりも日本人として嬉しい事があったんだよね。 その嬉しい事とは以下の記事。 長谷部は今シーズン中の復帰が難しいとも言われているが、残留争い中のチームは、長谷部の力を必要としたよ......続きを読む»

チャンピオンズリーグの8通りを当てよう!

いよいよベスト4が出揃いました。13-14チャンピオンズリーグ。 残すは準決勝と決勝のみです。 一応残った4つのクラブは・・・ バイエルン・ミュンヘン レアル・マドリッド アトレティコ・マドリー チェルシー 4つともそれなりです。 ビッグクラブです。あのアトレティコでさえ「新人さん」に見えるから恐ろしい。 ということは、ベスト4のうち、マドリッドの街から2つ......続きを読む»

クリロナと少年と奇跡と神様と量子力学の話

スポーツの世界では、今もこれからも語り継がれるであろう「伝説」がある。 例えば「ベーブ・ルースと少年」の話。病を患って瀕死の状態だった少年の父親がベーブ・ルースにサインボールを頼んだところ、ベーブ・ルースは自らその少年を訪ね、「明日の試合でホームランを打つ」と約束。そして本当にホームランを打つと(おまけにバットをライトスタンドに向けた予告付)、その試合をラジオで聞いていた少年は勇気付けられ、見......続きを読む»

モイーズに見習うこと

人は順風満帆ばかりではない。 逆境にある時にどう生きていくか?が重要だ。 自分と向き合うことが大切だ。 そこには反省もあれば、自己批判もあるだろう。 そこは自分を見つめ直して、自分の足りない部分を自覚することから始まる。 と・・・ 僕なんかは、思っていたんだよ。 日本人だからね。 「上手くいかなければ、それはまず自分の行いを正しなさい」......続きを読む»

マルディーニと同じ気持ちの人。

人間、何が悲しいかといって、長い時間をかけて、営々と築きあげたものが、一瞬にして崩れ落ちたり、一瞬で消え去っていくのを見るほど悲しいものはない。 例えば、伝統を誇る企業がトップ(主には社長)が替わったために、その方針が変わり、「時代感」とか「スピード感」とかの言葉とともに、歴代の従業員が築きあげたものが崩れていくさま。 例えば、こつこつとノウハウを積み上げて維持してきたその部署の業績......続きを読む»

1 3 4 5 6 7

ブロガープロフィール

profile-iconyomiuraclub

ショートパス大好き!ヒール大好き!もちろんスルー大好き!裏を読み、裏を通すのが大好き。サッカーに限りない愛情と偏見を注ぐ方々とパス交換できればこの上ない悦びです。コラム、コピーライト、その他ライティング業務も承ります。私信等、個別のお問い合わせについては yomiuraclub◆yahoo.co.jp まで ◆は@
  • 昨日のページビュー:666
  • 累計のページビュー:9514057

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何故「ロングボール放り込み」に批判が集まるのか?
  2. 独占!モイーズ監督単独インタビュー(香川真司のプレーと自身のスタイルを語る)
  3. 世界で最も巧い選手は誰だと思いますか?
  4. それでもまだ貴方はマンチェスター・ユナイテッドを「マンU」と呼びますか?
  5. 香川を本当に必要としている監督二人が登場する香川との会話
  6. オマーン(A)戦の採点
  7. オーストラリア(A)戦の採点
  8. 『本田圭佑がマクドナルド社長の退任に関係している』という根拠はこれだ!
  9. 「今後注目される若手選手」に、要注意!
  10. いよいよW杯メンバー発表!今回のサプライズ枠の選手はこれだ!

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss