「読裏クラブ」のワンツー通し

ここで一句「フォワードの原点見たり、〇〇〇〇・・・」(ちょっと字余り)

このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和が2度目のACL制覇。週が明けてその成し遂げた事の大きさとともに、喜びが徐々にではあるが、「じわぁ~~~」っと込み上げてきているのではないだろうか?前回は10年前。当時はポンテとワシントン。そして今回はラファエル・シルバ。ともにブラジル人が大きな役割を果たしたことになるね。
一時のガンバもそうやったけど、「日本人で守って、ブラジル人で攻める」というのが、日本のクラブがACLを「いわす」典型的なパターンというか、鉄板パターンなような気がするな。
いわゆるコンチネンタルタイプの鹿島や、ポゼッション重視の往時の川崎などがボロンチョンに敗れ去ったのも、この「説」を有力なものにしているのではないのん?と、一人で悦に入っているのであります。
それにしても、この決勝の2試合。とにかくラファエル・シルバのプレーが非常に印象的でしたわ。何かサッカーの原点見たりというか、サッカーの根源を見たりというかね。
FWに求められるのは、①連動とか②連携とか、③スペースを作るとか④作らないとか、⑤ポストに入るとか⑥身体を入れるとか、⑦前で潰れるとか⑧裏を狙う動きとかさ、そんないろんな表現で何か「すっごく難しいポジション」というか「すっごく高いスキルと戦術眼を求められるポジション」のように思い込んでたけどさ。
ラファエル・シルバの2つの得点の原点というか源泉は、至極単純で至極シンプル。はっきり言って「①~⑧」の動きよりも何よりも、「前に向かって突破する力(アウェーの1点)」と「すり抜けてズドンと撃つ力(ホームの1点)」を、各々90分で1回だけ、ホンマに1回だけしっかりと出せたら「それでええやん」という・・・。
興梠はメチャメチャ頑張ってたのに、点を獲ったのは、ラファエル・シルバ。たぶん、ピッチに立っている、その瞬間、瞬間・・・。その1分、1分・・・。「ずぅ~~~~~~っと」点を狙ってたという、考えてみれば当たり前っちゃぁ、当たり前のことを、どこまで愚直に出来るか?という。もちろん興梠も柏木もそう思いながらプレーしたんやろうけど、どこかその「ずぅ~~~~~~っと」感がラファエル・シルバより足りなかったんじゃないの?なんて、やっぱり思ってしまう試合でした。
何か、非常に考えさせられる、そんなプレーだったと思いますわ。そこで一句!
『フォワードの、原点見たり、ラファエル・シルバ』(ちょこっと字余り?)
PS それを思うと、つくづく「こんなフォワード、日本代表に欲しいよなぁ~~」って思ってしまったのは僕だけではないのでは?な?ソウタもそう思うやろ?



この度、2018年1月31日のスポナビブログ様の終了・閉鎖に伴い、新たに「中小企業診断士 読裏クラブのワンツー通し」を別館にてオープンさせたっす(2018年2月1日からは本館となる予定)。

従来のフットボールネタはもちろん最大継続強化!さらに野球ネタやその他のスポーツも追加エントリー!その上、診断士としての別の顔、ちょっと役に立つマーケット・ビジネスネタからゆる~~い、ベタネタやエンターテインメントまで盛沢山?

こちらでは、同じ「ラファエル・シルバ」ネタを別角度にて斬り込んでおります!

是非是非こちらの方もご一読いただき、是非是非ブックマークのほどを、よろしくお願いしますね!

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー ヨモヤマ
タグ:
日本代表
一句
FWの原点
ラファエル・シルバ
ACL制覇
10年ぶり
浦和レッズ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

■ちょっとまた遅くなったリターンパス

>mizuha0407 さんへ
毎度です!コメント貰ってたのに、月が替わってしまってすんまへん。ま、「これでツキも変わるぜ」みたいな、ベタベタな理由でもつけてお許しくださいませな(苦笑)。ソウタのオランダ行きは彼の人生を凄く変えたよねぇ~。それまで彼は「日本のエース」やったし「将来の大器」やったんやからね。とにかくホームシックに罹って、オランダのチームメイトの誰とも話さず、練習が終わったら、まっしぐらに自転車で自分のアパートに帰っていったとか、いかなかったとか。ま、ラファエル・シルバはそんな心配はまず無いんやろうねぇ~。

ここで一句「フォワードの原点見たり、〇〇〇〇・・・」(ちょっと字余り)

ソウタにソウいうプレーをさせ続けてればソウタで良かったのになぁ。

何でオランダなんかに行ったんだっけか。。

こんな記事も読みたい

《セレッソ》監督が違うとここまで変わるか【南大阪に吹くマリンの風】

2017ACL決勝第2戦 浦和×アルヒラル 優勝【浦和な生活】

あのプレイはハンドリングなのか、ハンドリングではないのか? 名古屋vs千葉【毎日フットボール】

浦和レッズがACLで優勝。それには大きな意味も価値もある。E-1サッカー選手権とCWC。12月は国内組で盛り上がりそうだ。【FCKSA66】

【侍青の風】浦和レッズ、「完全ホーム」の埼玉スタジアムでアジアを制覇!【サムライブルーの風】

ミシャよ、あなたもこの歴史の一部だ【地球は青い!】

ACL優勝 おめでとう浦和レッズ【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

祝!浦和10年ぶりのアジア王者【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconyomiuraclub

ショートパス大好き!ヒール大好き!もちろんスルー大好き!裏を読み、裏を通すのが大好き。サッカーに限りない愛情と偏見を注ぐ方々とパス交換できればこの上ない悦びです。コラム、コピーライト、その他ライティング業務も承ります。私信等、個別のお問い合わせについては yomiuraclub◆yahoo.co.jp まで ◆は@
  • 昨日のページビュー:172
  • 累計のページビュー:9556813

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何故「ロングボール放り込み」に批判が集まるのか?
  2. 独占!モイーズ監督単独インタビュー(香川真司のプレーと自身のスタイルを語る)
  3. 世界で最も巧い選手は誰だと思いますか?
  4. それでもまだ貴方はマンチェスター・ユナイテッドを「マンU」と呼びますか?
  5. 香川を本当に必要としている監督二人が登場する香川との会話
  6. オマーン(A)戦の採点
  7. オーストラリア(A)戦の採点
  8. 『本田圭佑がマクドナルド社長の退任に関係している』という根拠はこれだ!
  9. 「今後注目される若手選手」に、要注意!
  10. いよいよW杯メンバー発表!今回のサプライズ枠の選手はこれだ!

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss